艦これ 潮 裏切り。 やどかり艦隊 (やどかりかんたい)とは【ピクシブ百科事典】

【艦これ】潮ちゃんの成長記録【2013~18年】

艦これ 潮 裏切り

vip2ch. 今回の敵の動きは通信の後に急激に変化、こちらの警戒網をかいくぐっての襲撃でした」 大淀「もしも、通信の傍受がなされているのなら。 提督が死んだという噂を流して相手の出方を見る、というのはいかがでしょうか」 提督「それは……良いのか?」 大淀「混乱による誤報であれば、叱責程度で済むかと」 提督「それを受けるのは俺だろう……まあ、いいさ。 だが俺が姿を隠す間の報告はどうする?」 大淀「間宮さんと伊良湖さんを経由しましょう。 あの二人ならほかの艦娘とかかわる時間は少ないですから」 提督「そうか……わかった。 愉快な芝居ではないだろうが、ひとつ打ってみるとしよう」 大淀「では実際の伝達は各艦隊及び後詰めの旗艦までにして、後は全体放送で死亡を臭わせる報を出しますね」 提督「任せたよ。 さて、そうなると俺の隠れ場所とここからの脱出か」 大淀「艦娘達が報告に来る前に移動しましょう。 幸い、こそこそ逃げるには十分隙間がありますから」 提督「ああ……なにせ、建物自体がボロボロだからな。 全く夜の闇に乗じてとはいえ、鎮守府が攻められるとはとんだ失態だよ。 さすがにクビかな」 大淀「私には分かりかねますが、少しでも取り戻せば違うかもしれません。 では行きましょう。 ちょうど裏の雑木林まで通れるように崩れていますし、敵も撤退したようです」 提督「着替えだけは後で持ってきてくれよ。 執務室は半壊状態です』 『執務室には血痕がありましたが、遺体の確認はされていません。 もし提督を発見したら、すぐに司令部まで連絡を』 『また、昨日の今日ですから鎮守府近海に深海棲艦が滞留している可能性があります。 後方支援を含め全艦隊は厳戒態勢、予備隊及び非番予定だった艦娘のみで瓦礫の撤去、提督の捜索にあたります』 『では現時刻をもって長門秘書官を提督代理とし、艦隊の指揮を執ります。 以上、緊急放送終わり』 加賀「……」 赤城「加賀さん、顔色が悪いですよ。 少し休んだ方が」 加賀「いえ、大丈夫。 少し寝不足なだけ……行きましょう、直ちに抜錨して哨戒にあたります」 加賀「ええ、少し、頭が痛いだけ。 少し、息が、しにくいですが、大丈夫です」 赤城「加賀さん……」 赤城(酷い顔ね。 足取りも良くない、体も震えてる。 前線に出るのは難しいかしら) 赤城(誤情報による敵部隊のかく乱。 半分は司令棟へ向かい提督の捜索へ向かってください」 鳳翔「残り半分をさらに分割。 最優先は入渠施設、工廠です。 残りは運動場に帰還した艦隊の休む場所を設営します」 鳳翔(予備隊は駆逐艦が多いせいか動揺も大きいですね。 けれど本当の事を話しては……せめて深海棲艦が動きを見せるまでは) 鳳翔「では各自、全力を尽くすように! 私は間宮さん達と炊き出しの準備をしますから、何かあれば運動場へ来てくださいね」 鳳翔「……あら、朝潮さん。 どうかしましたか?」 朝潮「せ、僭越ながら、あの、よろしいでしょうか。 なぜ、司令棟を全員で探さないのですか? い、今すぐに、早く探さないと!」 鳳翔(涙はとっくに流した後……それはみなさん同じですね) 鳳翔「ええ、ですから半分の人員をあてがいます。 けれど、大淀さんの放送通り深海棲艦が近海に潜んでいる可能性もあります。 露払い程度ならともかく、大艦隊が居座っていた場合、入渠や補給ができないと嬲り殺しにされてしまいます」 朝潮「それは……ですが、司令官がいないと、指示が!」 鳳翔「既に長門さんが代理で指揮を執っています。 今は一刻一秒を争う時。 お喋りをする暇はありませんよ」 朝潮「っ……わ、わかり、ました……失礼します……」 鳳翔「……大丈夫、提督は無事ですよ。 あの人はこんな簡単に死ぬような人ではないでしょう?」 鳳翔(言えるのはここまで、ですね。 本当に人が悪い。 どれだけ好かれているか、自覚が薄いんですから) 鳳翔(本当に通信が傍受されているのなら、敵の動きも早いでしょう。 提督不在なら相手には好機のはず) 鳳翔「炊き出しも急がないといけませんね。 怒り狂ってたり意気消沈してたり、色々みたいね」 長門「『網』の方は?」 陸奥「そっちは順調よ。 幸いというか、こっちは湾だもの。 侵攻方向は一方向しかないから、島風を中心に高速艦でありったけの機雷を設置してもらってるわ」 長門「分かった……そろそろ時間だな」 陸奥「そうね。 どうする? 事情を知ってる旗艦だけに絞って、殉職確定の無線でも出してみる?」 長門「いや、どの無線が傍受されているか分からん。 今は誘い込みのために全体に出すべきだろう」 長門「まったく、嫌になるな。 さっき出て行った第五遊撃部隊の顔を見たか?」 陸奥「吹雪ちゃん達のところね。 金剛、北上、大井が殺気立ってるって泣きながら連絡が来たわ。 逆に加賀と瑞鶴は調子が悪いみたい」 長門「球磨型は全員姉妹だな。 どの部隊も手が付けられんらしい」 陸奥「お葬式で使えないよりはマシよ。 さ、提督の死亡の可能性が高まったことにしましょう。 艦隊の配置もそろそろ終わるわ」 長門「電撃決戦、か。 日暮れまでに終われると良いが」 陸奥「あら、もしかしたら通信傍受なんてなくて、敵さんも全員撤退してるかもしれないわよ?」 長門「それで終わればそれでよし。 警戒しつつ通信の変更、提督も見つかって一段落だ」 長門『定時連絡をおこなう。 提督の捜索状況だが芳しくない、全体の修復作業も遅れ気味だ』 長門『それと多少鎮守府の守りが薄くなるが哨戒中の艦隊は警戒網を広げるように。 イライラするんだよね、凄く、ねえ大井っち」 大井「ええ、それはもう! 引きずり出して引き千切っても足りないくらいです!」 加賀「……」 瑞鶴「……」 吹雪「あ、あの……加賀さん、瑞鶴さん、大丈夫ですか?」 加賀「大丈夫よ。 ええ、私は大丈夫。 頭が、少し、痛いけれど」 瑞鶴「……大丈夫な奴がいたら頭イカれてるわよ。 でも、仕事はするわ」 吹雪「は、はい。 握り飯だ、一つでも食べておけ」 大和「ありがとう、いただきます。 敵艦発見の報は?」 武蔵「まだらしいな。 しかし、ここに留まらねばならんのは口惜しいものだ。 もう少し足が速ければな」 大和「仕方ないわ。 私たちにできることは固定砲台として、敵が来たら叩き潰すまで。 機が来るまでは身を隠し、守りが薄いように見せないと」 武蔵「それはそうだ。 どれ、私も座禅でも組んでおくか……どうした?」 大和「……何か、空気が変わった気がする。 来るわ」 武蔵「そうか。 よし、抜錨準備と行くか」 大和「ええ、一匹たりとも逃がさないわ。 生意気な鼠は、すべて駆除しないとね」 武蔵「ふ、こそこそしている提督もそろそろ表に出してやらねばいかんからな。 司令官への愛情が薄いんちゃう?」 扶桑「そうかしら? これでもはらわたは煮え滾っているのだけれど……」 扶桑(私が旗艦じゃなくて提督の無事を知らされていなかったら、悲嘆したかもしれないわね) 龍驤「ま、その方がええよ。 愛宕もパンパカ言わへんし、隼鷹も酒飲む気にならなへんっちゅーし。 こっちまで気が滅入るわ」 扶桑「そうね。 でもそれくらい真剣に鎮守府と提督を想っているということでしょう?」 龍驤「んー……ちょい待ち、来よった! 五時の方向、一直線に鎮守府に向かっとる! 艦種は……あかん、戦艦、空母、重巡に鬼や姫までおる!」 扶桑「私も確認したわ。 こちら扶桑、敵艦隊を発見。 構成は姫級や鬼級の混在した全艦種。 数は確認されただけで40!」 長門『了解した。 既に大和型が抜錨している。 機雷設置部隊は後退、補給部隊に再編だ』 島風「りょーかい! 行くよ、急がないと敵が来るってさー」 天津風「ふうん……いい風。 これなら勝てるんじゃない?」 島風「なにそれ? てゆーか余裕じゃん、朝は提督がいなくて泣いてたのに」 天津風「ばっ!? ぐ、だ、だって生きてるんでしょ。 よくわかんないけど、作戦ってことだろうし」 島風「あー。 やっぱりそーだよね」 天津風「じゃなかったら朝まで無茶苦茶キレてた大和さんが、長門さんに呼ばれた後いきなり大人しくなったりしないでしょ」 島風「あれ怖すぎだったし……っと。 機雷設置部隊、後退完了です! これより補給部隊に合流します!」 大和「お疲れ様でした、後は任せてくださいね……一匹残らず吹き飛ばしてやるわ」 島風「はい! ……でもさー、やっぱりキレてるよね?」 天津風「キレてるキレてる。 11 ID:OPCbeEDk0 暗号…ミッドウェー…うっ!頭が….. 姫はほとんど倒せず、鬼も半分残して逃がすか……ここまでか……」 提督「すまん遅れた! 長門、今すぐ抜錨しろ。 アイオワ、ビスマルク、伊勢、ローマは護衛艦とともに包囲を維持したまま扶桑の穴を埋めるよう時計回りに移動!」 長門「提督! ここは任せた! 長門、抜錨する!」 大淀「後方にいる艦娘達への装備換装、抜錨も完了しました。 これで鎮守府は予備隊を残して文字通りもぬけの殻ですね」 提督「こちら提督、全艦隊に告ぐ! 驚く者も多いだろうが悪いが後にしろ!」 提督「こっちは轟沈なし、敵は姫と鬼を残して壊滅。 このまま逃がしても打撃を与えたには変わりない」 提督「だが、お前達の家を壊した敵をみすみす見逃せるか? お前らの中に、ぶん殴ったらそれで満足な奴がいるか?」 提督「敵は潰せ。 一匹逃がせば蛆のように湧いて出る。 わたくしはまだまだ忙しいのですけど、貴方はどうしますの?」 鈴谷「……言ってくれるじゃん。 どうもなにも、やれって言われたらやるだけでしょ」 熊野「あらあら、それなら良いのですけど。 さっきまで府抜けたツラでしたから、てっきり泣きべそ掻いて提督の所まで戻るかと思ってましたわ」 鈴谷「そんなの駆逐艦じゃあるまいし……っよし! 全力全開、行くしかないっしょ!」 熊野「あらまあ、本当に分かりやすい。 なら競争ですわ! より多くの敵を沈めた方が提督に抱き着く権利でどうですの?」 鈴谷「いや、意味わかんないんだけど。 っていうか敵って、後はほとんど鬼か姫じゃん?」 熊野「淑女たるもの姫の一匹も吹き飛ばしてナンボですわよ。 投げちまったらもう刀も使えなくなっちまったじゃねーか。 戦えないならさっさと戻れよな」 睦月「天龍さん! あ、あの、如月ちゃんが全弾撃つまではって」 天龍「あ? あー、なら他の駆逐艦に弾渡してさっさと戻れよ。 あのバカ提督、オレ達には心配させるくせに、自分が心配させられると怒りやがるからさ」 睦月「そうだよ如月ちゃん……早く戻ろう?」 如月「……そう、よね。 司令官に会えなくなる方がずっと嫌……ごめんなさい。 如月、離脱します」 天龍「おう。 睦月は戻ってくるときに弾の補充ありったけ頼む。 敵の、戦艦棲姫を討ち取ったぞ……鬼どもも、皆が倒してくれた』 提督「ご苦労さん、一旦引いて体を休めてくれていいぞ」 長門『心配ない、と言いたいところだが難しいな。 言葉に甘えさせて貰おう。 では、また後で』 提督「ああ……全艦隊、こちら提督だ。 長門が戦艦棲姫を撃破、これで残るは五体だ! 敵も疲弊している、現時点で戦線にいる者は包囲及び牽制を怠るな!」 神通『提督、敵は波に潜んで脱出口を探っているようです。 牽制弾で押し戻してはいますが、どうしますか?』 提督「破れかぶれの突撃はありそうか?」 神通『今のところその兆候はありませんが、この状態が続けばおそらく打って出るでしょう。 けど、私達もほとんど中破か大破で、とどめを撃つには……』 提督「分かった、そのまま包囲を続けてくれ」 提督「……予備隊! 後はお前たちに任せる。 川内以下六名、直ちに抜錨し敵艦隊を沈めてこい!」 川内『了解! こんなに良い夜戦なんてそうそう無いからね、一匹たりとも獲物は逃がさないよ!』 望月『ぅあー、めんどくせー……一発で沈んでくんないかなー』 文月『よぉーし、頑張るよぉ~!』 提督「……というわけだ。 それとも神通、お前に任せた方が良かったか?」 神通『ふふ、いいえ。 何か言いたい事ある?」 駆姫『ク……ミンナ……!』 川内「お、仲間が大事だった? でも残念、喧嘩を売ったからには仕方ない。 悪いとは言わないよ。 当たり前の反撃だもん」 川内「じゃ、おやすみ」 駆姫『ガ……ッ! ア、アア……あ、ああ……月が、きれい……』 川内「お、夜戦の良さがわかってるじゃん。 そうだよ、今日は月がとっても綺麗……もう沈んじゃったか」 川内「こちら川内。 提督、敵艦隊の全滅を確認したよ」 提督『そうか。 酒も食い物も解禁とする! みんな、よくやってくれた!」 提督「入渠施設のバケツも全て開放するから、帰還次第入渠、その後運動場に来てくれ。 以上、通信終わり」 提督「……やれやれ、本当に忙しい一日だったな」 大淀「ええ、まったくです。 それより提督、何人もの艦娘からいろいろな問い合わせが来ていますよ」 提督「……中身は」 大淀「生きていて良かった、という娘もいれば、怒り心頭の子もいますね。 上への報告は私が準備しておきますから、艦娘の説得はお任せします」 提督「おいおい……まあいいか」 大淀「あ、それともう一つ。 どうしてもという艦娘がいたので、一人だけ今お会いしていただけますか?」 大淀「なにぶん一番練度の高い艦娘ですから……カッコカリとはいえ、奥さんの怒りは旦那様が解いてあげてくださいね」 大淀「それでは失礼します。 78 ID:5QWVMBIk0 これでおしまいです。 徹頭徹尾突然で尻切れトンボ。 ありがとうございました。 DMM GAMESのを行う 2. DMMにクレジットカードの情報を登録する 3. にアクセスして「初回無料500pt取得はこちら」のボタンをクリックする まだ艦これ、やってないの? 艦これはDMM GAMESから配信されているゲームで、アニメ化もされた有名タイトルです。 アニメで初めて知った人も多く、まだゲームをやったことがない人も多いと思います。 DMM GAMESのにアクセスします。 アクセスしたら、「 今すぐ出撃」をクリック。 DMMアカウントをまだ持っていない人は、を行います。 既にDMMアカウントを持っている人はログインして、DMM GAMESのを行います。 DMM GAMESアカウント登録画面 ニックネーム、性別、生年月日を入力したら、「 登録してゲームを開始する」をクリックして登録完了です! スマホ版 艦これの始め方 艦これは実は、スマホ(Android)でもプレイすることができるんです。 PC版とデータ連動しているので、PCとスマホ、両方で楽しむことができます。 DMMゲームズのアカウントが未登録の場合、を行う。 DMMゲームズストアのアプリをダウンロードします。 DMMGAMESストアのアプリを起動、艦これのアプリを検索、ここからダウンロードします。 カテゴリー• 783• 304• 125• 223• 139• 121• 187• 258• 483• 3 アーカイブ• メタ情報•

次の

【MMD艦これ】裏切りの瑞鶴 エンターテイメント ニコニコ動画のニコッター

艦これ 潮 裏切り

コメント一覧• 艦これ発で一般化した言葉ってこれくらい?• 素で言うな。 おさらばです」と「私の部下に太鼓持ちは必要ない。 次、お前言え」はいつか言ってみたい• ってつい出るなw• 大丈夫です。 って答えた後で「あ、今の榛名っぽい」とか思い返すことならたまにある• 怖いのいっぱいみーつけちゃったぁ。 いろいろ• まあ、そうなるな こちらに 落ち度でも? はたまに使うわ• 大丈夫!!

次の

艦こレーンとは (カンコレーンとは) [単語記事]

艦これ 潮 裏切り

メニュー• アップデート等• 外部イベント• 佐世保関連• 瑞雲 サバト祭り -• コミケ企業ブース 委託• 三越伊勢丹• 騒動等 艦これ関係者• クソアニメ関連• 人物関連• 派生タイトル• C2・艦王関連• ネタ各種• 艦これ以外のゲーム関連• 日本艦• 騒動等 他艦船擬人化ゲー• アズレン関係• 現在進行• リンク• 一つ目はゲーム上の問題点である。 ゲーム内では制空権の確保が重要であるため必須クラスの艦種であるが、同時に一種の足枷と化していることである。 は打たれ弱く、中破(装甲空母は大破)するか艦載機が全滅すると行動不能になる。 艦載機には熟練度が存在し、撃墜されると低下するため頻繁に鍛え直す必要がある、といった欠点を抱えている。 これらの欠点は空母はおろか戦艦をもワンパン大破させる火力を持つ敵、強力な艦載機を飛ばす敵、狂った防空力を持つ敵がわんさか出現するイベントマップで顕著になる。 艦載機熟練度システム実装前でも実装後でも、空母には可能な限り対空の高い艦戦をガン積みして制空権を確保するのが(イベントでの)最適解と言われる始末だが、攻撃の手が自然と足りなくなりボスを撃破できないなどの事態も頻発する羽目になった。 頻繁に空母は中大破、艦載機は全滅させられるため、肝心な時に置物化したり、撤退を余儀なくされ、リトライのために熟練度を上げ直す作業を強制されるのである。 余りにもあからさま過ぎるパクリに対して当然のように集中放火を浴び逆ギレした艦王は、 6年半後にこのイラストを描いた本人を公式に原画家として登用すると言う信じ難い行動を取った。 (もっとも本人も「いっそ艦これ絵師に参戦してしまえばよろしいのでは!?」と言われたことに対して「そうですね。 運営さんどうですかー? チラ」(2014年3月24日)と返答しているほどなのでむしろ本人の希望が叶った形ではあるが) 雇い入れたから過去の作品も含めて全て俺様のもの、よってパクりではないと言っているのと同じであり、遡及法的・盗人猛猛しいと言わざるを得ないムーヴに愚痴スレ住民は呆れ返った。 イキ風で大荒れだったの翌日、ポール・アレン財団により赤城の実艦が発見された時の キャラ性能面についてはもう一つ、これはシジツッに深く絡むところではあるのだが、各艦の搭載数について大半は無印状態の搭載数が大よそ史実準拠の数値設定になっているのだが、全員改以上になるとこの搭載数が一回り多くなる。 中には改二まで含めて 最終的に3割以上増えるキャラまでいる始末。 どうなってんだお前のシジツッゲームシステム上、開幕航空戦の性能が搭載数に のみ左右されるため、これを向上させるにはそうするしかないのだが、一部数字の延び方が怪しいキャラがいる感じも否めない。 というかそもそもシステムデザインがおかしいせいなんだが。 また、搭載機の違いなどにより少なめの傾向にある大戦後期のデータしかないキャラに関しては、そのデータを基準にして搭載数を設定されるしかないのはそうなのだが、早期から存在しており、より搭載数の数字が大きいデータの存在するキャラはそちらを搭載数として設定されている。 この為、実際の運用可能性とは関係なく、概ね早期から存在していた艦の方が搭載数が多く、使い勝手が良くなっている。 ただ、そこら辺を厳密に設定すると、大半のキャラは現在艦これに実装されている範囲の主力航空機を積んだ場合の搭載数はかなり下がる+運用可能な航空機がかなり減る事が予測される為、相当数の空母がゴミと化す可能性が高い。 プレイヤーサイドが一方的に不利を被るだけだからあまり深く考えても仕方ないなと割り切るか、ふざけんな正確に作れと思うかは人それぞれ。 同型艦なし 序盤の任務で入手可能であるため、序盤から中盤にかけての主力となる。 しかし、それが災いしてシステムについて知られていなかった初期に戦闘機の護衛をつけずに攻撃機を突撃させ、大量のボーキサイトを溶かすプレイヤーが続出した事に加え、 最初期は航空機の補給周りにバグがあった為にボーキサイトを異常に消費していた事も相まって、とにかく鎮守府のボーキサイトを食い荒らすため 「ボーキサイトの女王」なる渾名をつけられた。 (特にレベル上げのため演習に出すと、相手の艦隊に艦載機を撃ち落とされわずかの経験値と引き換えに大量のボーキを溶かされることも珍しくなかった) 更に、最初期の低コストかつ修理も短時間で済む中・小型艦ばかりの環境下で、周りに比べて激烈に高コストかつ入渠時間もハンパなく長いというとにかく時間も資材もバカ食いするイメージが先行した為に、二次創作においてだらけ癖+大食い属性をつけられることとなった。 ただこれにはちょいと裏話もあって、稼働初期は制空権による優位が曖昧だったため「役に立たたない戦闘機よりも攻撃機ガン積みした方が有利じゃん」という発想をした者が多く、敵の艦載機にバタバタ落とされてボーキ消費量が増える、というものがあった。 『提督の決断』等をプレイしてきたり仮想戦記などを読みまくっていたりしたミリオタ系プレイヤーからは嘲笑されていた。 それだけなら二次創作の話で終わりだが、あろうことか に逆輸入され、まともな出番がほぼなくクッチャ寝ばかりしている上に、食事シーンでは下品に山盛りされた うんこにしか見えないカレーや ゴミの山にしか見えない肉じゃがを食べる汚食事シーンや、挙げ句の果てには カレー大会で調理用に用意されたジャガイモを生のまま貪るという直球池沼行為に及ぶ様が放送され、これらを総合して「赤城ブリブリアンドパクパーク」という蔑称で呼ばれるようになった。 年号からして既にギャグ時空へ突入している。 しかし、改二の追加をほのめかした矢先、かつて艦これとコラボしたアルペジオが日本製としては2作目のと、かつとして殴り込みを仕掛け、その中には赤城と同じく藤田咲がCVを担当するヒュウガも登場している。 そしてその改二のコンセプトは 「もし戦没せずに終戦時まで生き残っていたら……」という ifのようだ。 それだと赤城を屠った米国最高武勲艦エンタープライズを実装するには矛盾が生じるし、MIでの四空母喪失が原因で生まれた航空戦艦伊勢型があるのも矛盾が生じるんじゃないのか?謙チョン? ファミ通で表紙に起用されるなど同イベにおける最大の目玉にしようとしていた節が見受けられるが、立ち絵の問題や同イベでは 相対的に コロラドなど海外艦が目立ったため殆ど話題にならずであった。 戦少Rではさすがにアズレンほどのインパクトは持っていないが、当初は艦これ赤城と近いデザインであったことから艦豚に攻撃対象にされたことがある。 現在は改造によって黒を基調とし、さらにケモミミのような艤装パーツが付いた事によってた全く違うデザインとなり、艦これ・アズレン赤城の両方の要素を足して優しくしたような感じになっている(ただし、改デザインが登場したのは16年の事であり、アズレンの中国版サービス開始よりも先である。 むしろアズレンがRの赤城を意識した可能性もある)。 改造後に選択できるスキルに「敵艦隊の対空値を最大30%減少させる」という割とぶっ飛んだものがあり、艦隊の速力を上げられるフッドと並んで、高難易度海域やイベント海域では必須といえるキャラとなった。 またブラウザゲーム「空戦乙女 スカイヴァルキリーズ」とのコラボイベントでは同作のキャラクター「風乃(震電の空乙女)」とのコラボ限定衣装が配布され、戦少Rの看板キャラの1人であるレキシントンに迫る優遇を受けている。 一航戦で赤城の相方。 元はワシントン海軍軍縮条約の関係で建造が中断された加賀型戦艦のネームシップ(後述)を空母に艦種変更して完成させた経緯があり、同型戦艦には2番艦「土佐」(未成、標的艦として使用)も存在していた。 )で、乗組員の風紀も非常に悪かったことで有名。 艦王がよくやる艦娘に対するおちょくりの恰好のネタなのだが、何故か艦これでは一切言及された事がない。 正規空母及び装甲空母のステータスの基準として引き合いに出され、この加賀を上回らないように露骨な調整が加えられることがある。 史実って何だよ また、実艦のカタログ速力が正規空母としてはかなり低速の部類に入るのだが、艦これ内においては速力高速となっている。 このため、高速か低速かで著しい差が生まれる艦これにおいては加賀のカタログ速力が、新キャラ予告時点で使い物になるか判断する為の簡単な目安の一つとなっている。 ぶっちゃけ、加賀があらゆる判断の基準になっている。 二次創作ではお局的な役回りが多く、五航戦に対してはやたら当り散らす。 また、度を越して露骨に胸部が盛られることが多い。 いくらなんでもやる気無くし過ぎだろ。 つーか、そこはせめてしばふに金出してでも描いてもらえよ…。 極めつけは、三越伊勢丹コラボで制作中だった 加賀の飛行甲板がプリントされたトイレットペーパーであろうか。 企画として通ったとはいえ未だ試作品の段階の代物だが、加賀嫁提督を憤慨させるには十分な代物と言える。 代えるも何もブラゲでの登場時から加賀を演じていたのは井口だったので、艦豚たちがブラゲ版の加賀役を誰と勘違いしていたのかは未だ謎のままである(まさか「赤城の相方だから当然2番艦で赤城役の藤田咲だろう」と根拠無しに思い込んでいた?いや、思い込んでいた艦豚が散見されただけでなく、赤城も藤田咲に「代えられた」と文句を垂れる艦豚も居た。 調べろよ)。 中国では1932年と37年の二度の上海事変で日本側の主力艦として猛威を振るい、当時の中華民国海軍を壊滅寸前まで追い込んだことによりその名前が「 悪魔艦」の異名と共に強く記憶されている。 アズレンの大陸版ではこの上海事変をベースにしたイベントも開催されたが、日本版他では開催されていない。 アズレン加賀はバトルマニア的気質が強く、前述の通り赤城とのセット運用は極めて強力なため入手が大変ながら赤城と並んで人気のあるキャラクターである。 五航戦に対してはあくまで本人の気質から戦闘では厳しいというぐらいで、明確な確執は描かれていない。 こっちは 赤城がいろいろ暴走しそうな性格なせいででストッパー的立ち位置に置かれているので、場合によっては瑞鶴に対して制御の利かなさそうな艦これ加賀より良心的ではないかとも解釈されることがある。 同人誌の中には艦これ加賀とアズレン加賀をコラボさせる「艦こレーン」本も作られている(どちらの加賀も実力のあるものを無碍にする性格ではないので、互いに認め合ってることが多い)のだが、艦豚たちはこれを非常に敵視し、妨害しようとしている。 制御効かないのはお前たちじゃねーか。 2018年12月、戦艦少女Rでは加賀の改造を追加することが発表され 艦これが途中で放棄したも同然の日本空母全艦の改造が可能になった。 悔しさの余り発狂した艦豚はと斬りかかるも、前述の通り加賀は元々戦艦として建造されため盛大にガバ知識を晒してしまった。 ストーリー上でもワシントン海軍軍縮条約のようなものがあった事を示唆する過去の物語として纏められているため「シジツガー」というお気持ち表明も真正面から叩き伏せられた。 そもそも、 艦これの図鑑説明でも(「八八艦隊三番艦として建造されました」という微妙に変な説明ながら) 元々、戦艦として建造された事を説明しているのだが、艦豚くん的には存在しない艦船らしい。 嚮導艦といいこれといい、何故艦これ内にも記述のある設定ばかりを「存在しないもの」と言ってしまうのだろうか 二航戦の片割れ。 後述の通り相方の飛龍は準同型艦と言えなくもないが、通常は同型艦として扱われておらず、ブラゲ中の説明では蒼龍型1番艦となっている。 しかし、何故か前述のPVでは「飛龍型正規空母2番艦」と紹介された。 一応艦これにおいては、改以前であれば性能的には飛龍とコンパチの関係にある。 むしろそっちの方が何でそうなるって話ではあるのだが。 また、KADOKAWAが 提督のずる休みを止めさせて発売した『艦これ白書』では 「戦艦蒼龍」と盛大に艦種を間違えられた。 艦これにおいては2014年に実装された「蒼龍改二」が良くも悪くも艦これの体質を物語る一隻として知られる。 「九九式艦爆(江草隊)」を初期装備として持参しており、これが開発可能な最強の艦爆「彗星一二型甲」の完全上位互換であることから多くの提督が必然的に牧場する事となる。 2013年に開発可能になった装備から新規開発可能になったものは殆どなく、強力な装備を持つ艦娘は複数所持して装備をむしり取るしかまともに強くなれる道はない事を無意識に悟ったがゆえか。 その後もこちらが強くなる事を簡悔する田中の方針か、「艦攻・艦爆は改修工廠のラインナップに含ませない(一応「零式艦戦62型(艦爆)」は改修できるが対空しか上がらない)」「強力な艦攻・艦爆が実装されてもランカー報酬か高難易度の海域突破報酬限定」などこと艦載機に対しては極端な冷遇が繰り返される事となり、その方針を作り出した戦犯ともいわれる。 なお、キャラ設定的には飛龍の性能を平坦気味にした感じになっており、ぶっちゃけほぼほぼ下位互換になっている。 艦これは装備ゲー 雑調整なのは装備・性能面に留まらず、 2018年11月16日実装の秋の私服mooodeのまま2019年2月を迎えた。 秋冬どころかもう春まで一月切ってるんすけど 困惑 2019年11月20日のメンテにてなどと誤魔化しつつ再度登場。 そのまま無事2020年を迎えた。 二航戦の片割れ。 蒼龍とは準同型艦と言えなくもないが(アズレンで姉妹のように扱われているのもそのため)、条約の関係で設計が大幅に異なるため一般には同型艦とはされていない。 ブラゲの説明中でも蒼龍型・飛龍型で分かれている。 前述のPVでは「飛龍型正規空母1番艦」と紹介された。 性能的には基本的に蒼龍のコンパチだが、4空母中最後まで生き残っていたという逸話を反映してか、飛龍の方が回避・運が高くなっている。 但し計算式の関係上、誤差の範囲。 「艦これ」においては「飛龍改二」が2014年に実装されるも、初期装備の「九七式艦攻(友永隊)」が開発可能な最強の艦攻「流星改」の完全上位互換となっていない事、「九九式艦爆(江草隊)」に比べて複数所持する必要性が薄いことから、相棒の蒼龍ほどヘイトは買っていない。 性能面では意味不明に盛られた高火力と、いらん所は徹底的に減らし他は丁度いい具合に盛られた搭載数により、バカみたいな高性能キャラと化した。 キャラ設定面では事あるごとに多聞丸を連呼する為「元カレの話を延々し続ける彼女みたいだ」と揶揄されて一定のヘイトを買っている。 リアイベなどではほぼ必ず多聞丸に絡めた名前のものに飛龍が喋っているようなセリフをつけるのが定例となっているが、居酒屋コラボにて 語源が「多摩」である「多満自慢」という酒に対するコメントを飛龍担当という事にして「多聞丸」と語りかけたケースもある。 このフィギュアはさっぱり売れなかったとみられ、その後もリアイベの物販で毎回並び続けた末、では遂に来店者用のお土産となる有り様だった。 このラッピング広告、期間は不明だが。 広告価格の改定があった可能性もあるが、3ヶ月広告の場合3500万円、半年広告の場合6000万円である。 (上記のR飛龍と違い蒼龍と同じ青なのは作中で姉妹関係が強調されている為だと思われる) と思いきや、赤城と加賀が0. なお、特に意味は無い プレイアブルキャラとしては、蒼龍と同様の二航戦スキルを持ち、更に致死ダメージを受けた際に即時航空攻撃を発動し一定時間無敵になるスキルという形で「最後まで生き残り戦った空母」を表現している。 このスキルの名前も、かの有名な電文「飛龍ハ健在ナリ」がそのまま使われている。 艦これにはそんな物はない 艦これ初の装甲空母で、中破していても攻撃可能、という特性を持つ。 しかし入手が大型艦建造限定であり、資材の中で一番回復率の悪いボーキサイトを大量に要求される為、1回まわすのも一苦労。 出現率もそこそこである為、運が悪いと1年近く大型建造を回しても手に入らない。 仮に出たとしても燃費が悪く普段使いに不向き(それでも演習でわずかの経験値と共に大量のボーキを溶かすよりは、通常海域で育成した方がマシ)で、イベントでは艦種制限に引っかかり力を発揮できない…と不遇まみれの艦娘。 最近ではイフッ改装により他にも装甲空母が手に入る事と、それらがシジツッ縛りに適合している イベントの舞台の関係上、大鳳はほぼハブられる 事などが合わさって、更に隅っこに追いやられている。 CVは能登麻美子であるが、能登氏の持ち味を完全に殺した風邪声ボイスに「ガッカリした」、「こんな声でやらせるとか運営はふざけてるのか?」などの批判が多かった。 未だに草百科の能登病の項目にあきつ丸とまるゆと春風を含めてキャラの名前が全然挙がらない辺りお察しである。 キャラの推し方も、目立つ物はガス自爆という不謹慎ネタのみで、それに伴って運の値を非常に低く設定された。 挙句の果てはガス=屁という安易な連想からオナラをかけてきそうというマジキチな二次ネタを蔓延らせガン人提督からクレイジー(意訳)と驚かせた。 中破絵が臀部を強調したようなイラストだったのもこのマジキチ二次ネタの一因だろーね… そして現状最後発のアズレンでは日本版1周年で満を持して登場し、強烈な性格と豊満な肢体にCV:悠木碧で爆発的な人気を獲得した。 但しキャラスト最後の飛びついてくる表現をイメージしたシーンが軽くホラー この際、史実上で大鳳を沈没させたアメリカの潜水艦アルバコアも同時に登場(アズレンに限らず、艦これ以外はどのタイトルでも大鳳と共にアルバコアが登場している)。 作中では大鳳がアルバコアのことを「良きライバル」として認めている描写があることから、案の定と言うべきか艦豚はムガールを爆発させた。 その際、艦豚くんらは何故か直近で瞬間的に流行っていたクッパ姫を持ち出して勝ち誇っていた。 何がしたかったのか全くもって不明。 2018年12月14日のアップデートの際Live2Dイラストが誤って大陸版の差分が使用されていたのだが、案の定運営はこれを不具合扱いし、更にはツイッターの告知にて「 布地が多い」というド直球な記述をした。 同様のケースはシュルクーフでも発生していたが、その時はあくまで「想定と違う」とだけ記述していたため、改めてアズレン運営の姿勢を示したと言える。 この一連の流れが受けたのか、ツイッターでは「布地」がトレンド入りする事態にまで発展し、「単なる不具合報告がバズる」という快挙 ? をも成し遂げた。 同日昼の「戦艦加賀」からの怒濤の連撃に艦豚が発狂またはグロッキー状態に追い込まれたのはもはや想像に難くないだろう。 翔鶴型 知名度こそ一航戦には及ばないものの、ヨークタウンを撃破、レキシントン、ホーネットを撃沈、翔鶴に至ってはかのエンタープライズを何度もドック送りにした経歴を持つ武勲艦姉妹である。 かの『ドラゴンクエストVI』でも、この二隻から名前を付けられたモンスターとして「ズイカク」と「ショウカク」が存在する。 殆どの艦船が世に名を知られる事が少なかった時代で元ネタにされるのだから、その実力は侮ることは出来ない。 しかし、艦これにおいては 一航戦との確執をネタにする方が面白いと思われたせいで経歴について触れられることは皆無である。 このため、 五航戦=弱いという風評を作り上げてしまった。 艦豚たちもそのことを自覚している為か、後にアズレン翔鶴の「何故か弱い印象がついちゃって」と皮肉めいたセリフや茶目っ気たっぷりに苔翔鶴のセリフを引用したセリフを見た際には「自分たちの翔鶴と艦これに喧嘩を売った」と勝手に思い込みを爆発させ、みずから艦に対して不遇な扱いをしていた事を告白して自爆した。 またネット上ではそれを真に受けてなのかは知らないが、ツイッターやレビューサイトなどで 擬人化キャラに限らず 五航戦に対し強烈な憎しみと殺意を吐露する キ〇ガイのアカウントが見られる。 ただし、艦これブラゲ内においては幾多の贔屓とも取れる強化を受けており、装甲空母への豚バート改装や専用装備である墳式強襲機の存在、18冬で瑞鶴が主役級の扱いを受けたことなどから日本艦の中では最強の一角であり重要なメタキャラの一つである。 艦豚くんエアプやから知らんのや 一方で、初心者・復帰勢お断りの簡悔仕様の象徴としても知られている。 まず入手に難あり:通常建造でも出るとはいえ要はガチャ。 資源を貯めるのも一苦労なのにその確率は低く、まず出ない。 かと言ってドロップは早くて4-4ボスドロップ と、それ以降のボス なのでそこに行くまでの主力を鍛えるのに時間がかかる。 今は資源貯めて建造回した方が早いかも 2-4突破がワイワイ言われてた時期に追加されたキャラなんだけどなぁ…• 改二実装任務群の簡悔ぶり:随分経ってから改二が実装されたのだが設計図の他に試作カタパルトという限定アイテムが必要となる。 このアイテム、イベント報酬でごく稀に配られる他は任務で4つしかもらえない。 その任務も幾つもの難関任務をクリアして初めて出現するものであり初心者はイベント報酬の方が先に貰える場合もあるほど入手が面倒である。 そうして改二および装甲空母である甲形態にして初めて専用装備である墳式強襲機の「作成 支給ではない 」任務が出現する。 クッソ重いネジ消費と資源を使って得られる墳式強襲機、今でこそ制空を取りつつある程度の攻撃力で先制可能な強力装備として猛威を奮っているがつい最近まで敵の対空砲火で容易く吹っ飛ぶゴミ装備だった 今は対空砲火に対する耐性が付き、普通に使えるようになった。 もちろん一点物でありロストしてしまったら再入手の手段は一切ない。 貴重な装甲空母:大型建造限定である大鳳とサラトガを除けば通常入手できる唯一の装甲空母であり、その生存性と専用装備の攻撃力などから一航戦二航戦の芋空母を完全に過去のものへと追いやった。 搭載数では加賀が上回るものの中破すれば置物、攻撃力も低いなどから優位性は低く、国産空母内では頭一つ抜けた地位にある。 イベント報酬で実装され、日本語版では2018年1月に改造が追加された。 性格はおっとりで迷子になりやすいとの事で、これは珊瑚海海戦の戦線離脱のエピソードを基にしたと考えられる。 そのようなキャラ付けのためか、本国版のプレイヤーからは隔壁太太 隣の奥さん と呼ばれている。 因みに太太 奥さん はレキシントンの愛称であり、現実でのライバル関係も加味した愛称である。 性能は正規空母の中では高速かつスロットの機数がゲームシステムの関係上有利な数となっているため、優秀な艦となっている。 スキル名は直球の「被害担当」であるが、自分だけが被弾する=味方の艦を攻撃から守ると解釈され、艦隊内の空母の代わりにダメージを受ける防御スキルとなっている。 追加衣装ではなぜかヤンキーの スカジャンに道着というぶっ飛んだものが追加される。 しかも用意したのがよりにもよって鳳翔だったりする。 誓約後に幻の翔鶴型航空母艦三番艦龍鶴や潮に関連するセリフが追加される。 いわゆる獣要素は名前の通りというべきか「鳥」であり着物の袖などにそれが垣間見える。 瑞鶴同様プレイアブル化前後でデザインが大きく異なる。 2番艦の瑞鶴と並んで「 CV:種田梨沙」という極大ムガ要素を持ち、更にはアズレン翔鶴が艦これ翔鶴に対する皮肉と化している。 瑞鶴とのセット運用で 主に瑞鶴が 更に強力となるが、彼女の第二スキルは味方全体に対する時限バフであり単独でも強力と評価が高い。 また、清楚な見た目に反して毒舌家という強烈な個性づけがされているが、主に一航戦に対してのみであり単に一航戦に対して強い憧憬と羨望及び嫉妬を抱いているだけのひねくれ者である。 故に着せ替えこそ長らく無かった 日本版二周年でLive2D対応のものが追加 が一周年記念人気投票で8位にランクインし、二周年記念人気投票でも日本では赤城と共にファイナルに残るなど確固たる人気を有している。 艦豚からは前述の通り「毒舌で皮肉とか、ぼくちんたちの翔鶴と艦これに喧嘩売ったムガ!」と勝手にキレて暴れていたのだが、 艦これZ級クソアニメの翔鶴は相当な毒を吐くキャラにされていたのはお忘れですかね。 艦これでは「鶴翼の絆」やでの扱いなど、主役級の扱いを受けている一方で、「七面鳥」や「甲板胸」など、少なからずヨゴレ要素を持つ。 七面鳥の由来は、マリアナ沖海戦で練度が落ちまくった機動部隊が一方的に虐殺されるザマをレキシントン(エセックス級)の乗員が 「まるで七面鳥のように楽に墜とせるぜ」と嘲笑したことによる。 加えて 重度級のシスコンであり、特に2018以降は悪化しており余計に二次の貧乳かつ野水ボイスからの提督ラブイメージを持っている人はかなりギャップに苦しむ羽目になるので注意。 瑞鶴以外のキャラのボイス追加の際に、「七面鳥」に関する話題を出されてそれにキレるといったネタで弄られる事が多い。 最近では、 むしろ瑞鶴自身がキレる為だけにその場面に突っ込んできたようなボイスが追加される事もままある。 瑞鶴改二実装に伴い実装された任務にも問題点がある。 「零式艦戦21型(熟練)」から「零式艦戦21型(付岩本小隊)」「零式艦戦21型(付岩井小隊)」に機種変更する一連の任務である(全て瑞鶴改二を秘書艦にする必要がある)。 「烈風(2019年3月8日に「試製烈風 後期型」に改称)」が山程ある鎮守府ならまだしも、大抵の提督は対空の高い艦戦を確保するのが難しいまま戦っているため、この任務及び報酬は提督たちのいがみ合いの元ともなっている。 キャラデザインについて、最近は中性的・男性的な格好をする事が多く、やたら貧乳要素を強調して、 公式に 初期実装の立ち絵にはある 胸部の膨らみが無い描き下ろしを描かれたりと、見た目のショタ化が著しい。 18年冬イベ限定立ち絵では鎧武者然とした格好をしていた事もある。 もしかしたらアズレンの男前な出で立ちで刀を構え、主人公然とした扱いをされている瑞鶴にむがった結果かもしれない。 グラそのものは割とカッコいいと評判だったが、そのせいでイベ限定という仕様に落胆する声も多い。 課金で着せ替え衣装にすれば割と買う奴いるだろうに。 特にメインを務めた7話は終始典型的な出来の悪い瑞加賀同人状態であり、手柄はモブキに奪われるという有様であった。 しかし、それでもZ級クソアニメの被害者に挙げられることはなく、普段から彼女がどう認識されていたか伺える。 けんちょん、艦これでの扱いが悪いのはそういう扱い方しているお前自身のせいやろ アビホラではなぜか関西弁。 神戸で造られたからだろうか。 スキル「百花繚乱」は攻撃後いわゆる毒のように徐々に相手のHPを奪っていくもの。 名前のわりに地味とか言ってはいけない。 史実に基づき、自分を幸運の女神と称するほど運に自信があるようだが、アビホラで幸運値が関係するのはクリティカル率であって生存性には関係ないためか、ゲーム内での幸運値は空母として並。 赤城が実装されたイベントでは実質主人公を担当し、自身が瑞鶴の魂を背負っていることへの誇りを語るシーンや、史実では敵であったヨークタウンを救おうとするシーンは非常にカッコイイ。 幸運自慢をしたら敵鬼姫のアミーに『最後は沈んだくせに』とディスられたけど。 まあアミーの正体は異能生存体なので仕方がない。 アズレンでは敵サイドの赤城、加賀とは別の思惑を持って行動する艦としてイベント「紅染の来訪者」に登場し、その後もエンタープライズを「グレイゴースト」と呼んでライバル視したり、三笠イベントで三笠から教えを受けたりする。 奇しくも艦これと同じく主人公的な立ち位置である。 性能面では単独でもかなり強力だが翔鶴の補佐を受けると更に強くなる。 しかし、生放送のイベント予告で立ち絵が公開されると、そのデザインが(全く関係ないのに) 艦これ瑞鶴に比べ圧倒的に胸が大きいことや声優が艦これでも多くの艦を担当した種田梨沙だったことで、彼女は艦豚による非常に厄介な攻撃を受けることになる。 また、アズレンでも秘書艦にすると「七面鳥の丸焼きが嫌い」と言う台詞があるが「艦これのdisネタを持ち込んでいる」と言う批判があった。 しかも、これを公式が(リプライやコメント欄によく出ているネタを中心とした趣旨の)LINEスタンプに取り入れたことが余計に事態を拗れさせてしまう。 艦豚サイドは「ずいずい踊りをアズレンがパクった」と大激怒し、アズレンサイドも「艦これネタを思い出すから嫌だ」「単純に使いどころがない」と不満の声が出たことから、ゲーム内のチャットのスタンプでは「ずいずい」という文字が削除されてしまった LINEのスタンプはそのままである。 所詮ただの二次創作ネタなのにここまで拗れるあたり艦これの罪の重さがさえわたってるともいえるな こちらも長らく衣装スキンが無かったが日本版2周年直前に衣装が追加され、更に2019年11月と12月のイベントではどちらも主役級ポジションとして登場し高い人気を有している。 ちなみにアニメなどでもエンタープライズをライバル視しているが、あくまで純粋な強さ比べをしたいらしく同一艦隊に編成すると エンタープライズと一緒に戦える事を喜ぶ発言をする。 この辺りも艦これの日本艦と海外艦ではまず実現できない関係性と言える。 2018年11月現在、にはアズレンの敵艦限定を含めてこの艦型は一切登場していない。 艦これにおいては、何故か全員共通で異常なまでに入手が絞られている上に、 改 改ニではない にする為に改装設計図を要求される。 そこまでして改にしても、性能面では他空母の改と同等か むしろ若干弱いぐらいの性能となっている。 改二なんかがそこここにいる現状ではどうあがいても覆らない。 一応、全員正規空母の中ではトップクラスにコストが安い。 だからなんだと言われればそれまでだが また、キャラデザ的には全員人体部分の原型を留めつつも、無印と改とで見た目が派手に変わる。 最近の社員連中による差分レベルの改変からするとそれはもう派手に変わる。 画:くーろくろ• 他:無し 巻物甲板型。 超巨大おっぱい 一部任務の遂行に必要なのだが、ドロップが滅茶苦茶渋いので進められない。 場当たり的に任務を増やし、後にかつての任務と整合性の取れない要素を増やした田中が悪いのであり、雲龍に罪はないのだが。 大和型戦艦3番艦から建造途中での艦種変更を経て空母となったが、就役早々からアメリカ海軍のバラオ級潜水艦アーチャーフィッシュに撃沈された稀代の不幸艦として有名。 その間に戦少Rとアビホラで登場し、前者の戦少Rでは大陸では2016年12月のイベント報酬として登場し、装備スロットの4つ目にアーチャーフィッシュの魚雷を持参していることで話題になった。 (この魚雷は一度装備から外すと再装備不可、建造時は未所持)日本版では2017年12月22日イベントレイテ沖海戦の報酬として先行実装され、2018年4月28日に建造イベントから建造可能になった。 2019年に改が実装され改装すると「景雲改」「天河」艦これでは幻の装備となっている 「震電改」のジェット機三点セットを持参する。 後者のアビホラでは事前登録報酬(通常入手も可能)かつ艦船擬人化ジャンルでは初の大和型3隻コンプリートにしてCVが裏切り認定を受けている洲崎綾とムガ要素の塊も同然であり、の宣戦布告直後に開催されたでの「洲崎ハブ事件」の要因と言うのが定説になっている。 アズレンには大和型自体が登場していないこともあり信濃が登場する気配も無かったが、大陸版2周年を控えた2019年5月に(ただし、図鑑番号はこのデータ流出の直後に廃止されている)。 その後、2019年12月のイベント内で「眠りに入っている」と存在を言及され、遠からず実装されるものと思われる。

次の