ヤフー 在宅。 在宅勤務やリモートワークのメリット・デメリット、問題点まとめ

ヤフー、子どもの教育など在宅生活に役立つ「Stay Homeポータル」4/24開設

ヤフー 在宅

ヤフーが従業員に在宅勤務を禁止すると通達したことが、大きな波紋を呼んでいる。 大方の予想通りとなった格好だが、同社に対する反応のなかには「会社の体質が古い」という批判もあれば、「最近の従業員は甘やかされ過ぎだ」というような反論もあった。 ここで、一度こういった反響から距離を置いてみることにする。 そこですぐに思いつくのは次のようなことだ。 つまりヤフーの数々の失策には顔をしかめる人も多いが、誰よりも慎重に選ばれたマリッサ・メイヤーCEOが、たいした考えもなしにこのような方針を採用したとは考えづらい。 「これがヤフーが直面する問題に対する究極の回答だというなら、マリッサ・メイヤーはたいしたもんだよ」と皮肉るのは、のCEOであるトニー・シュワルツ。 同社はフォーチュン100企業を対象に、より柔軟な就業環境を推奨するコンサルティングを行っている。 シュワルツは、従業員の労働時間の長さと彼らの生産性や生み出される価値が比例するとは言えず、給与を支払う代わりに一定時間、彼らを職場に拘束するという企業のやり方は「時代遅れ」だという。 その代案として同氏が提唱しているのは、従業員に明確な目標を示し、彼らがいちばんいい方法で自由に目標を達成できるようにする、という自律と責任に基づいたやり方だ。 目標達成を最優先するこうしたアプローチでは、在宅勤務の是非をめぐる議論は意味を失う。 問題は、目標が異なればそれに応じた就業形態が必要とされる時代にあって、 画一的なシステムを強制しようとする非合理さにあり、在宅勤務とオフィス勤務のどちらが生産性が高いかといった点は、それに比べればたいして重要ではない。 実際、こうした考えを支持する人はシュワルツ氏以外にも存在する。 「全社員に固定的な就業場所や就業時間を守るように求めることは、組織の硬直化を進める可能性があります。 また、チームの協調性が高まったり、高度なイノヴェイションを生み出せる保証もありません」ハーヴァードビジネススクールの教授で、企業文化やイノヴェイションに詳しいは、WIRED宛のメールにそう記している。 しかし、グーグル出身のメイヤーなら、そんなことはあらためて言われなくても知っているだろう。 グーグルが古臭い就業環境とは無縁の企業であることはよく知られているし、オフィス環境への型破りなアプローチが大きな成功や収入につながることを、彼女が実体験として知っているのは間違いない。 一部のヤフー社員は新たな方針について、 本当に生産的の高い従業員と、会社の規則を悪用して自宅でサボっている従業員とを分別するためのフィルターなのではないかと。 おそらく、メイヤーは今回打ち出した在宅勤務禁止令を使って、会社に対する従業員のコミットメントを試すつもりなのだろう。 そして、これは就業場所や就業体系にかかわらず、本当に信頼できる社員を見分ける手助けになるだろう。 また、結果的に精鋭揃いとなったヤフーは、いまよりも優れた企業になるかもしれない。

次の

ヤフーの「在宅勤務禁止令」、本当の狙いは何か

ヤフー 在宅

インターネット大手、米ヤフーのマリッサ・メイヤー最高経営責任者(CEO)が出した在宅勤務原則禁止の通知について賛否両論が連鎖的に拡散している。 グーグルからリクルートされた37歳の女性CEO。 就任直後にいきなり妊娠発表。 しかも、無料昼食やスマホ無料供与などの従業員優遇策を相次いで実施した。 そのCEOが、唐突に「在宅勤務禁止」メールを人事担当者名で全社員に流したので、特に意外感が強かった。 転送禁止とされた社内メールには、こう書かれているという。 「この数カ月、様々な従業員優遇策を導入してきた」と前置きしたうえで、「最上の職場になるためには、コミュニケーションとコラボレーションが大事。 ゆえに、私たちはサイド・バイ・サイドで(机をならべて)働く必要がある。 社内にいることが肝要なのだ。 ベストの決定や見解は、社内の廊下や社員食堂での、新たな人たちとの出会い、いや即席チームミーティングから生まれることもある。 在宅勤務だと、スピードと仕事の質がしばしば損なわれる。 私たちは、ひとつのヤフーにならねばならぬ。 そして、それは物理的に一緒にいることから始まるのだ。 この6月から、在宅勤務の全ての従業員に、ヤフー社内で働くことを求める。 もし、あなたがその対象であれば、既に人事から連絡が行っている。 その対象外の人たちも、たまに自宅のケーブルテレビ修理を待たねばならぬときは、コラボレーションの精神で最善の自己判断で臨んでほしい」と、オフィス空間での人のつながりの重要性を強調している。 これに真っ先に反論したのが、英ヴァージン・アトランティック航空創業者のリチャード・ブランソン氏。 同氏のブログをのぞくと、こう書いてある。 「他人と働き、成功するには、お互いに信頼せねばならない。 社員がどこにいるか監視せずに信用して仕事を進めることだ。 権限移譲が『アート』ともいえる。 社員が社内のデスクにいようと、自宅の台所にいようと、自由に働けることでやる気も出て、実績も良くなると期待できる。 それだけに、ヤフーの今回の決定は理解に苦しむ。 後ろ向きの決断だ。

次の

在宅勤務やリモートワークのメリット・デメリット、問題点まとめ

ヤフー 在宅

〜 フードデリバリーなど、他社が提供するサービスも含めて 新型コロナウイルス感染症がもたらす社会課題の解決を目指す 〜 ヤフー株式会社(以下、Yahoo! JAPAN)は本日、自宅で過ごす時間が増えているユーザーが便利かつ快適に過ごすために、料理や子どもの教育、在宅勤務などに役立つコンテンツを集約したポータルサイト「Stay Homeポータル」を開設しました。 インターネットを通じた社会課題の解決を目指しているYahoo! JAPANは「Stay Homeポータル」での情報提供を通じ、ユーザーの便利かつ楽しい在宅時間の支援を行います。 本サイトで提供するコンテンツは主に、料理や子どもの教育、買い物をはじめとした日常生活を便利に過ごすための「おうちで役立つ」カテゴリーと、マンガや映画、エクササイズなどの娯楽や趣味で在宅時間を充実させるための「おうちで楽しむ」カテゴリーに分類されています。 また、ユーザーのさまざまなニーズに応えるため、Yahoo! JAPANやグループ企業が提供しているサービスだけではなく、本取り組みに賛同いただいた他社が提供するサービスも多数紹介していきます。 掲載コンテンツは毎日更新し、新たな企画やサービスなども随時追加する予定です。 「Stay Homeポータル」へは、PC版「Yahoo! JAPAN」トップページの検索窓下のリンクや、スマートフォン版「Yahoo! JAPAN」または「Yahoo! Yahoo! JAPANは、困難な状況においてもユーザーが快適かつ便利で楽しい生活を送ることができるように、インターネット業界が一丸となって新型コロナウイルス感染症がもたらす社会課題を解決するために努めていきます。 ニュース みんなの意見」で行った、「外出自粛で、家族の関係は変化している?」という調査では、約2万3千人の回答者中、3割以上のユーザーが家庭内で「けんかやストレスが増えた」と回答しています。 また、「外出自粛中、運動している?」という調査では、約1万2千人の回答者中、5割以上のユーザーが外出自粛中に「特に運動していない」と回答しています。 「毎日のおうちごはん」:レシピやテイクアウトなどの情報 ・クラシル(提供:dely株式会社) など 2. 「おうちでお仕事」:在宅勤務に役立つ情報や豆知識など ・Yahoo! JAPAN クリエイターズプログラム など 3. 「おうちでお買い物」:自宅で過ごす時間を快適にする商品情報 ・Yahoo! ショッピング ・LOHACO(提供:アスクル株式会社) ・PayPayモール ・PayPayフリマ など 4. 「おうちで子育て」:休校中の子どもの教育に役立つサービス ・Yahoo! きっず など 5. 「おうちでフードデリバリー」:飲食店からのフードデリバリーサービス(今後提供予定) 6. 「おうちでマンガ」:電子書籍のおすすめマンガ ・ebookjapan(提供:株式会社イーブックイニシアティブジャパン) など 2. 「おうちで映像作品」:国内外の人気ドラマや映画など ・GYAO! (提供:株式会社GYAO) など 3. 「おうちで音楽&ライブ」:人気アーティストのライブ映像やプロモーションビデオなど ・GYAO! (提供:株式会社GYAO) など 4. 「おうちで運動」:プロの監修による簡単なエクササイズ動画 ・スポーツナビ(提供:スポーツナビ株式会社) など 5. 医療従事者などへの応援コメントの投稿(Yahoo! ニュース) ・【 最前線のあなたへ】新型コロナウイルス感染症の対応にあたる人々への応援メッセージを書きませんか ・【 おうちでがんばるあなたへ】新型コロナウイルスの感染拡大が続くいま、あなたが思うことを書きませんか 2. 新型コロナ感染症についてのまとめページ.

次の