今日の内閣支持率。 内閣支持率(ないかくしじりつ)とは

【朝日世論調査】内閣支持率29%、発足以来最低に [蚤の市★]│エンがちょブログ

今日の内閣支持率

今日の内閣支持率 あなたは現内閣を支持しますか? 支持 不支持 あなたは現内閣総理大臣を支持しますか? 支持 不支持 投 票 7月16日の内閣支持率 支持 1. 7% 不支持 98. 3% 有効投票 5,924票 7月16日の内閣総理大臣支持率 支持 1. 6% 不支持 98. 4% 過去一週間の内閣支持率 支持 4. 5% 不支持 95. 5% 有効投票 68,059票 過去一週間の内閣総理大臣支持率 支持 4. 1% 不支持 95. 9% 過去30日間の内閣支持率 支持 5. 3% 不支持 94. 7% 有効投票 323,831票 過去30日間の内閣総理大臣支持率 支持 4. 3% 不支持 95. 7% 2020年7月16日、13時06分10秒現在の支持率調査結果。 総投票数 2,509,509票 過去30日間の内閣支持率の推移 過去30日間の内閣総理大臣支持率の推移.

次の

内閣支持率36%(+9) 不支持率56%(

今日の内閣支持率

世界的に新型コロナウイルス拡散の勢いが止まらない中、これまでのところ日本では他国ほど感染者が爆発的に増えていない。 この間、安倍政権は大規模イベント自粛や小中学校などの一斉休校、中韓両国などからの入国規制強化措置など様々な対応を打ち出してきた。 それに対して多くのメディアは対応が後手にまわっているとか、求職や失業を余儀なくされた人たちへの手当が不十分だなどと批判的な報道を続けてきた。 ところが3月に実施された新聞社やテレビ局などによる各種世論調査の結果を見ると、安倍内閣の支持率は下がるどころか一部の調査では上がっている。 一斉休校など政府の対応についても、6割以上が「評価する」と回答している。 戦争など国家が危機に直面した時はしばしば為政者の求心力は強まり、国民の支持が増えることが多いが、安倍政権とコロナウイルスの関係もそうなのであろうか。 昨年から今年にかけても、河井案里参院議員(自民党)の公選法違反事件とそれに伴う夫の克行氏の法相辞任、自民党を離党した秋元司衆院議員の逮捕(収賄容疑)などと不祥事が続いている。 さらに経緯が不透明な東京高検検事長の定年延長問題まで起きた。 首相主催の「桜を見る会」問題も事実関係が解明されないまま時間が過ぎている。 公文書の破棄や不透明な政策変更など、安倍政権の体質が露骨に現れた問題がこれだけ次から次へと表ざたになるというのは政治的にはかなり危機的な状況である。 一昔前であれば内閣支持率が急落し、マスコミの批判が強まり、さらに支持率低下に拍車がかかるという悪循環に陥って、やがて与党内から首相退陣論が出て、首相は辞任に追い込まれていただろう。

次の

安倍内閣支持率27%(−13) 不支持率64%(+19)

今日の内閣支持率

安倍政権に衝撃が走っている。 全国メディアの世論調査でもは30%台と低迷しているが、沖縄と長野の世論調査で、20%を割ったからだ。 地方の安倍不信はハンパじゃない。 自民党内からは「もう解散はできないのではないか」との声が上がっている。 国会が終わった途端、安倍首相周辺は解散風を吹かせ始めている。 甘利明自民党税調会長は、衆院解散の時期について「秋以降、経済対策と合わせてする可能性はゼロではない」と語り、発言に慎重なはずの森山裕国対委員長も「今年はひょっとしたら衆院選があるかもしれない」と言ってみせた。 安倍首相本人も「解散というのは常に意識している」などと口にしている。 「安倍周辺が解散風を吹かせているのは、党内を引き締め、首相の求心力を高め、同時に野党を牽制するのが狙いでしょう。 コロナ対応が後手後手になり、黒川問題や河井夫妻の逮捕など不祥事も相次ぎ、安倍1強が揺らいでいますからね」(自民党関係者) 安倍首相が解散に打って出るとしたら「9月末解散、10月25日投開票」のピンポイントだとみられている。 国際オリンピック委員会(IOC)のコーツ調整委員長は10月中に東京五輪開催の可否を判断すると明言している。 11月3日には米大統領選がある。 「五輪中止」や「トランプ敗北」が決まると、安倍首相のパワーはますます低下する。 解散するならその前しかない。 しかも、年明けからは景気が一気に悪化すると予想されている。 コロナ第2波襲来の恐れもあり、解散は打ちにくい。 しかし、支持率20%割れでは、とてもじゃないが9月に解散は打てない。 琉球新報などが沖縄県民を対象に実施した世論調査(6月13〜14日実施)では、内閣支持率は18・73%、不支持率は66・33%に上った。 また、信濃毎日新聞によると、長野県内の世論調査(5月30〜31日実施)の内閣支持率は18・6%だった。 法大名誉教授の五十嵐仁氏(政治学)が言う。 「安倍内閣の支持率が地方で1割、2割なのは、当然の結果です。 30%台が出ている全国メディアの数字は、東京、名古屋、大阪など都市部を含む全国平均の支持率です。 地方経済はコロナ禍に直撃されています。 観光産業などはモロに影響を受けました。 それでなくとも、この7年間、都市と地方の格差は広がり、地方にはアベノミクスの恩恵は及ばなかった。 内閣支持率が下落する一方、さんの人気が上昇しているのも地方の怒りの表れです」 自民党議員は地方の怒りをどこまで分かっているのか。

次の