エクセル 新しいシート ショートカット。 【Excel】シートを0.5秒でコピー(複製)する超速時短技

エクセルでシートが表示されない

エクセル 新しいシート ショートカット

Office には、小さい変化だけれど使いやすくなったなーと感じる機能があります。 逆に、昔から変わらないから覚えてしまえばずっと使える効率のよい操作というものもあります。 今回はそんな 2 つが含まれるシートの操作についてご紹介します。 短くまとめると、 「アクティブ シートの左側に新しいシートを挿入するショートカット キーは [Shift] + [F11] です。 」 「Excel 2013 以降の [新しいシート] ボタン は右側にシートを追加できます。 」 なんですが、興味があれば使い分けや詳細を本文でご覧ください。 紹介をするにあたって、勝手ではありますが、Excel 2007、2010 を「グループ A」、Excel 2013 と 2016 を「グループ B」とします。 ということは、2013 を境にして違いがあるってことですね^^ 新しいシートの挿入 極端な例かもしれませんが、Excel 2010 を使って 2 つのパターンを比較します。 パターン 1 たとえば、「青森」シートと「宮城」シートの間に、「岩手」シートを追加したいとき、下記が代表的な方法だろうと思うのですが、みなさんだったらどれを使いますか?• ほかのシートをコピーする• どこでもいいから新しいシートを挿入して、場所を移動する• 「宮城」シートを選択してリボンの [ホーム] タブ - [セル] グループ - [挿入] - [シートの挿入] をクリックする• 「宮城」シートを選択して [Shift] + [F11] を実行する• 考えるより先に手が動いているかもしれません。 ほかのシートをコピーする• どこでもいいから新しいシートを挿入して、場所を移動する• 「鹿児島」シートを選択してリボンの [ホーム] タブ - [セル] グループ - [挿入] - [シートの挿入] をクリックする• 「鹿児島」シートを選択して [Shift] + [F11] を実行する• 逆にいうと、大昔 Excel 2003 以前 はなかった [ワークシートの挿入] はうれしい機能ではあるのですが、これもどんな場面でも便利、というわけではなさそうです。 [ワークシートの挿入] と [新しいシート] は違う グループ A の [ワークシートの挿入] とグループ B の [新しいシート] には違いがあります。 "新しいシートを挿入する" というアクションは同じなのですが、"どこに" が違います。 Excel 2007、2010 の [ワークシートの挿入] [ワークシートの挿入] は、どのシートを選択していても 末尾 右端 に新しいワークシートが挿入されます。 勝手に正式名称をつけるとしたら、「末尾に新しいワークシートを挿入」かな。 Excel 2013、2016 の [新しいシート] [新しいシート] は、 選択しているシートの右側に新しいワークシートが挿入されます。 こちらの勝手な正式名称は「アクティブ シートの右側にシートを挿入」ですかね? ながいなー。 たとえば、「愛知」シートを選択して [新しいシート] をクリックすると、「愛知」シートの右側に新しいシートが追加されます。 アクティブ シートの右側に追加できる、というのは、地味にすごいんですよ。 ショートカット キーも、右クリックからの操作も、リボンからの操作も、基本的にシートの挿入はアクティブ シートの左側!というのが当たり前で、「すばやく右側に追加したい」というリクエストには、マクロを作成して対応していたのですから。 グループ A の [ワークシートの挿入] は、右端のワークシートのさらに右側にあったので、使うためにそこまで移動しなければならなかったのですが、[新しいシート] は、いつでも表示されているので、使うために右端まで移動する必要はないです。 昔から変わらない [Shift] + [F11] というショートカット キーを知っていればすばやく確実にシートを追加できます。 ただ、これだけではまかなえない、"右側に追加したい" という部分を新しい機能がフォローしてくれます。 昔からのよいところ、変わることのよいところ、両方を上手に使い分けられるといいですね。 石田 かのこ.

次の

【Excel エクセル】シートの挿入、削除のショートカットキー

エクセル 新しいシート ショートカット

スポンサードリンク エクセル エクセルファイルを開いてもシートやブックが表示しない。 エクセルファイルを開きなおしても、やはり表示しません。 そのエクセルファイルには、データなど確かに入力されているはずなのにシートが表示されないと、表示方法を聞かれ、調べましたのでメモしておきます。 原因 シートやブックが表示されない原因は、 「表示」タブの「表示しない」を実行してしまったからでした。 ショートカットキーなどで、ひょんなことで知らぬ間に「表示しない」を実行してしまったのかもしれません。 「表示しない」を実行するとウィンドウ シートやブック が非表示になり、「再表示」を実行するまで表示しません。 表示方法 1.エクセルのメニューで「表示」タブを選択。 「表示」タブの「再表示」を選択します。 また、 エクセルのウィンドウの幅が小さいと「再表示」の文字がなくアイコンだけになり分かりずらいです。 エクセルのウィンドウの幅を広げると「再表示」の文字が表示されます。 2.「ウィンドウの再表示」というダイアログが表示されるので、表示するブックの一覧から選択してOKボタン 3.非表示だったシートが表示されるようになりました。

次の

シート間を移動してシート名を変更するショートカット

エクセル 新しいシート ショートカット

「会議の資料作り」、「データ分析」、「事業部の営業結果の集計作業」など、、マネジメント業務をしていると、エクセルを使った業務に日々追われてしまうことはありませんか?エクセルの知識がない中で取り組むとカンタンな作業でも数時間掛かってしまうこともあるでしょう。 そこでマネたまでは、「」として、マネジメントの皆さんにとって役立つエクセルの使い方をたっぷりご紹介していきます。 今回ご紹介するのは「シートのコピー方法」についてです。 ここでは、エクセルのワークシートのコピーについてご紹介します。 1つのエクセルファイル内で単純にシートをコピーする方法と別のファイルにシートだけをコピーする方法を、エクセル2016を使って画像付きでご説明します。 2016 エクセルのシートをコピーして面倒な作業を簡略化! 毎回同じデータを同じように入力するケースでは、まず基本となるフォーマットを作ってしまい、そのフォーマットが入力されたシートをコピーしてしまえば、あとは数字を入れるだけでOKなので無駄な手間が要りません。 たとえば、日々の売上を入力したデータシートを来月も使う、というケースでは、そのデータシートごとコピーして、項目名や数値をいじれば良いだけなので大幅な時間の節約となります。 今回は、単純にデータシートをコピーする方法と、別のエクセルファイルにシートをコピーする方法もご紹介します。 30秒で終わるシートのコピー エクセルのシートコピーはとても簡単です。 まず、エクセル画面下部に表示された「Sheet1」を右クリックします。 様々な項目が表示されましたが、ここでは「移動またはコピー」を選択しましょう。 すると、新たなウインドウが表示されてシートの移動先を選択できます。 しかし、ここでは特に難しい操作は必要ではなく、下部に表示された「コピーを作成する」にチェックを入れるだけでOKです。 わずかな作業でシートのコピーが完了しました。 わずか30秒程度で同じシートが作れたので、新規にデータフォーマットを作るのに比べて格段に時間を節約できましたね。 5秒で終わるシートのコピー さきほどは30秒もかからないくらいの早さでシートのコピーが完了しましたが、もっと早く、簡単にシートをコピーする方法もあります。 さきほどと同じように「Sheet1」にカーソルを合わせますが、今回はキーボードのctrlキーを押しながら「Sheet1」をクリックして右方向に少しドラッグしてみましょう。 たった数秒ですが、これでさきほど行ったコピーと全く同じ作業ができました。 驚くほどに早く、そして簡単にエクセルのシートのコピーはできるのです。 エクセルのシートを別のファイルにコピーする方法 エクセルで使っているシートを、現在使用しているファイルではなく別のファイルにシートだけを移したい、という時は、まず移動先のファイルもエクセルで開いておくことが条件です。 今回は、「移動先ファイル」という全く何もデータが入っていないファイルに別のシートをコピーするので、まずは「移動先ファイル」を開いておきます。 移したいデータシートに戻り、コピーした手順と同じく画面下部に表示された「Sheet」を右クリックし、「シートの移動またはコピー」ウインドウを表示させます。 今回は、「移動先ファイル」にシートをコピーしたいので、「移動先ファイル. xlsx」を選択します。 単純にデータを移動するのならそのままでOKですが、元のエクセルファイルにデータを保持して移動先にデータをコピーするなら、画面下部の「コピーを作成する」にチェックを入れておきましょう。 これで、「Sheet5」が「移動先ファイル」にコピーされました。 シートのコピーを使って無駄な手間を省けば、それだけで大幅に作業効率が上がりますね。

次の