市大 ユニパ。 東京電機大学 学生ポータルサイト 2

東京電機大学 学生ポータルサイト 2

市大 ユニパ

化学バイオ工学科は、化学技術やバイオテクノロジーを基に環境調和型の「ものづくり」に挑戦します。 「ものづくり」を通じて、持続的な発展と地球環境保全が両立した豊かで安全な社会の構築に貢献する人材を育成します。 研究面では、化学の原理や方法に基づき、原子や分子の世界から生活に欠かせない物質や材料を創り出す分野と、複雑な生体分子や細胞機能に基づき先端バイオ技術を創造する分野が共存し融合することで、化学・生物・工学をキーワードとした新しい分野を開拓していきます。 教育面では、専門知識だけでなく、科学技術が社会に及ぼす影響について地球的規模で総合的に洞察し、自ら適切に判断できる専門技術者・研究者の養成を行うためのカリキュラムを整備しています。 東 雅之 教授 酵母や大腸菌をモデルとして、微生物の可能性を探究 バイオテクノロジー分野で重要な役割を担っている微生物の利用。 すでに細胞内の多くの現象が解き明かされ、本格的な応用研究が進んでいます。 なかでも当研究室では、酵母や大腸菌をモデルとして微生物の新たな可能性を探究している。 遺伝子工学的手法を用いた改良によって、食品・環境・エネルギー・医薬など幅広い分野への応用をめざしています。 特に私が注目しているのは、酵母の表層構造です。 古来、発酵や醸造などに利用されてきた酵母は、増殖スピードが速く、応用性が高い。 その表層は頑強で、加工にも適しています。 しかも酵母の表層には、免疫を活性化させる構造体があるため、例えば食品分野であれば、免疫機能を最大限に発揮できるパン酵母が作れないかと改変を進めています。 さらにパン酵母の変異株には細胞自体に強い乳化作用があることを見出し、特許を出願。 免疫賦活作用と乳化作用を併せ持つ成分の応用に向けて、メーカーと協働し研究を進めています。 最新の技術を駆使することで、新しい世界を開ける分野 一方、金属を吸着させる酵母細胞壁の機能を活用すれば、有害な重金属や稀少なレアメタルを回収することも可能です。 研究では、多糖のリン酸化を行うことで吸着力が高まる現象を発見。 実用化に向け、さらなる高機能化や低コスト化にチャレンジしています。 ほかにも酵母を活用した副作用の少ない抗真菌薬の開発や、微生物燃料電池に適した触媒微生物の開発などにも取り組んでいます。 微生物燃料電池とは、微生物が糖などの有機物を代謝することで作り出される電子を、電気エネルギーとして取り出す装置のこと。 大腸菌の遺伝子を改変することで、実用化に必要な出力の向上をめざしています。 現在すでに、遺伝子組換えだけでなく、酵母の染色体を人工合成する技術も確立されています。 さらに研究を進めれば、思いも寄らないところにも微生物を応用できるはず。 古くから活用されている細胞に対し、最新の技術を駆使することで、新しい世界を開ける…非常に面白い研究分野だと感じています。 アドミッションポリシー 本学科における教育では、少人数教育と4年一貫教育という本学の教育理念に則り、物質・生命およびその変化を原子・分子レベルや遺伝子・細胞レベルで理解できる基本的考え方を身につけ、化学・バイオに関わる基礎理論と技術の実際を学びます。 さらに、化学・バイオの先端領域で活躍し、かつ技術者としての責任感・倫理観を身につけ、広く社会に貢献できる人材を育成することをめざしています。 そのため、本学科では次のような人を求めています。 化学・バイオについての基礎知識を理解できる能力を有し、意欲的に勉学に取り組める人• 化学現象や生命現象に対する興味と探究心が強く、新技術の開発に熱意を有する人• 実験や自然観察が好きな人• 論理的な記述、論理的な発表力など、研究能力とともにコミュニケーション能力を高めることに努力する人幅広い教養の 習得に熱意をもち、倫理観のある人.

次の

東京電機大学 学生ポータルサイト 2

市大 ユニパ

化学バイオ工学科は、化学技術やバイオテクノロジーを基に環境調和型の「ものづくり」に挑戦します。 「ものづくり」を通じて、持続的な発展と地球環境保全が両立した豊かで安全な社会の構築に貢献する人材を育成します。 研究面では、化学の原理や方法に基づき、原子や分子の世界から生活に欠かせない物質や材料を創り出す分野と、複雑な生体分子や細胞機能に基づき先端バイオ技術を創造する分野が共存し融合することで、化学・生物・工学をキーワードとした新しい分野を開拓していきます。 教育面では、専門知識だけでなく、科学技術が社会に及ぼす影響について地球的規模で総合的に洞察し、自ら適切に判断できる専門技術者・研究者の養成を行うためのカリキュラムを整備しています。 東 雅之 教授 酵母や大腸菌をモデルとして、微生物の可能性を探究 バイオテクノロジー分野で重要な役割を担っている微生物の利用。 すでに細胞内の多くの現象が解き明かされ、本格的な応用研究が進んでいます。 なかでも当研究室では、酵母や大腸菌をモデルとして微生物の新たな可能性を探究している。 遺伝子工学的手法を用いた改良によって、食品・環境・エネルギー・医薬など幅広い分野への応用をめざしています。 特に私が注目しているのは、酵母の表層構造です。 古来、発酵や醸造などに利用されてきた酵母は、増殖スピードが速く、応用性が高い。 その表層は頑強で、加工にも適しています。 しかも酵母の表層には、免疫を活性化させる構造体があるため、例えば食品分野であれば、免疫機能を最大限に発揮できるパン酵母が作れないかと改変を進めています。 さらにパン酵母の変異株には細胞自体に強い乳化作用があることを見出し、特許を出願。 免疫賦活作用と乳化作用を併せ持つ成分の応用に向けて、メーカーと協働し研究を進めています。 最新の技術を駆使することで、新しい世界を開ける分野 一方、金属を吸着させる酵母細胞壁の機能を活用すれば、有害な重金属や稀少なレアメタルを回収することも可能です。 研究では、多糖のリン酸化を行うことで吸着力が高まる現象を発見。 実用化に向け、さらなる高機能化や低コスト化にチャレンジしています。 ほかにも酵母を活用した副作用の少ない抗真菌薬の開発や、微生物燃料電池に適した触媒微生物の開発などにも取り組んでいます。 微生物燃料電池とは、微生物が糖などの有機物を代謝することで作り出される電子を、電気エネルギーとして取り出す装置のこと。 大腸菌の遺伝子を改変することで、実用化に必要な出力の向上をめざしています。 現在すでに、遺伝子組換えだけでなく、酵母の染色体を人工合成する技術も確立されています。 さらに研究を進めれば、思いも寄らないところにも微生物を応用できるはず。 古くから活用されている細胞に対し、最新の技術を駆使することで、新しい世界を開ける…非常に面白い研究分野だと感じています。 アドミッションポリシー 本学科における教育では、少人数教育と4年一貫教育という本学の教育理念に則り、物質・生命およびその変化を原子・分子レベルや遺伝子・細胞レベルで理解できる基本的考え方を身につけ、化学・バイオに関わる基礎理論と技術の実際を学びます。 さらに、化学・バイオの先端領域で活躍し、かつ技術者としての責任感・倫理観を身につけ、広く社会に貢献できる人材を育成することをめざしています。 そのため、本学科では次のような人を求めています。 化学・バイオについての基礎知識を理解できる能力を有し、意欲的に勉学に取り組める人• 化学現象や生命現象に対する興味と探究心が強く、新技術の開発に熱意を有する人• 実験や自然観察が好きな人• 論理的な記述、論理的な発表力など、研究能力とともにコミュニケーション能力を高めることに努力する人幅広い教養の 習得に熱意をもち、倫理観のある人.

次の

東京都市大学|受験生の方へ

市大 ユニパ

7月2日から本学のWeb履修登録システムが「OCU UNIPA」に変わる。 これまでのシステムとは何が違うのだろうか。 変更にあたり、大学運営本部教育改革担当課長の富澤信介さんと学務企画課教務システム担当係長の名加能延さんに、新システムや履修に関する様々なお話を伺った。 現行教務システムの老朽化対策が主な原因です。 加えて、情報セキュリティの強化と学生サービスに繋がる教務業務の円滑化を図りました。 今までは学生の成績を付ける際、教員が手書きで記入した採点表を大学内で記入もしくは郵送対応して、採点データとして読み込んでいました。 しかし、郵送は紛失のリスクがあり、学生の名前・学籍番号・成績といった個人情報が漏洩する可能性があります。 また、教員の字が特徴的で機械が読み込めない場合は、その都度、職員が教員に確認していました。 しかし、これからは教員が「OCU UNIPA」に採点データを直接入力することができるので個人情報漏洩の可能性が低くなり、教員と職員の作業が効率化できます。 その結果、学生への成績開示が前倒しできます。 見た目はもちろんですが、機能面は主に四つの変更点があります。 一つ目は、ポータルサイトのTOPページに表示されるお知らせが、個人に必要な情報に絞られる予定です。 しかし、誰を対象に情報を発信するかは、情報を発信する側(教職員)が設定するので、どこまで細かい設定が実施されるかは未知数です。 新しいシステムは、配信相手を絞りやすいシステムになったので、教員や職員には、学生の利便性を考え、情報発信の対象を的確に設定してもらうように呼びかけます。 職員に情報発信の対象を絞るよう呼びかけています。 また、休講・補講情報もメールで受け取れるようにしたいと思っています。 二つ目は時間割が表示される画面に休講情報が表示されることです。 お知らせの欄からわざわざ自分の授業の休講情報を探しにいく手間は省かれます。 しかし、自分の授業の休講情報しかわからないため、「友達の授業の休講情報が出てるから教えてあげよう」といったことはできなくなります。 三つ目は総合教育科目の抽選方法です。 2018年度前期までは、総合教育科目全体から第15希望まで登録してもらい、できるだけ希望順位の高い授業が受講できるよう、最低でも1科目は受講できる繰り上げ方式の抽選を行っていました。 新システムでは曜日時限ごとに抽選を行います。 今までよりも、1科目も当選しない確率、当選しすぎる確率は高くなると推測しています。 四つ目は、成績開示日が早くなる点です。 先ほども説明したように、教員が「OCU UNIPA」に採点データを直接入力することで、郵送の日数を確保でき、作業量が減ることで、成績開示までの時間を短縮することができます。 他にも、Web履修登録画面がスマホ画面に対応したり、成績異議申し立ての期間が変更されたりします。 また、抽選で確定した総合教育科目を取り消すことも可能になります。 4年生が最も当たりやすいのは本当ですがそれ以外は嘘です。 4年生には卒業を控えている人が多いので優先していますが、他の学年は全て平等に抽選を行っています。 たくさん入れた方がその分抽選にかけられる回数も多くなるので、新旧のどちらの抽選方法でも多く申請した方が当選の確率は上がります。 新システムに変更されてからは成績開示日が早まりますが、履修登録の時期を早めることはシステム年度を変更するなどの事務処理があるため難しいです。 シラバスについては従来よりも早めにWebで公開するようにしたいです。 抽選に時間がかかるので難しいです。 特に、前期は新入生が入学してからの抽選申請になるため、今のところどうしても当日発表になってしまいます。 これも今後改善していきたいです。 学生の皆さんの利便性に配慮して、新システムを設計しています。 ぜひ活発に活用してください。 また、新システムではこれまでよりも個人に特化した情報が配信されるので、自分の情報は自分で取りに行くという習慣を身につけてほしいです。 「OCU UNIPA」のイメージ図 =名加能延さん提供.

次の