アベノマスク ミャンマー。 【アベノマスク】製造3社は興和・伊藤忠・マツオカコーポレーション!不良品《カビ・髪の毛・虫》で配布停止!|ドラママ

【アベノマスク】製造3社は興和・伊藤忠・マツオカコーポレーション!不良品《カビ・髪の毛・虫》で配布停止!|ドラママ

アベノマスク ミャンマー

スポンサーリンク アベノマスクがカビノマスク不良はデマ?製造元はどこでミャンマー説? アベノマスクがカビノマスクがデマの理由? 縫い方が違う アベノマスクがカビノマスクと問題となった画像ですが、 「縫い方が違う」とカビノマスクとアベノマスクで比較されていました。 左・問題のカビのマスク 右・アベノマスク マスクの素材とか縫い方違くない? これ、自作自演の可能性あるべ。 ただ、様々な製造元からとにかく生産した可能性があり、縫い方もまばらで、酷いところはカビノマスクなのかもしれません。 カビの生え方がおかしい アベノマスクがカビノマスクとなったといいいますが、 ここまで一朝一夕でカビが出るのはおかしいと言われています。 こんなにまでカビがはえてるマスクがあるわけないです。 おかしい。 — 宮古島の風?? Qi1y77velgurg3e 工場管理者視点だとあり得ない不良かと… 製造過程でミスがあったとしても カビなど数週間要しますし、良品多数の中、これのみカビが生える湿気・養分があると想定しづらいし、目視検査あればはじかれます。 長期在庫にしても、密閉状態でこうなるものなんでしょうか… 現品回収しての検査を期待。 — Yoshi Thailand YoshiakiSabaiDi 確かに急激にカビが生えるのもおかしいですし、そんなカビが生えるほどの前のガーゼを使ったなら、多数のマスクがカビノマスク生産されて発送する前段階で気づくと思うのですが… アベノマスクの受注3社はどこ? アベノマスクの受注を受けたのは、興和、伊藤忠商事、マツオカコーポレーションの3社だと明らかになりました。 厚生労働省は21日、新型コロナウイルスの感染防止策として政府が全世帯向けに配布する布マスクについて、受注企業3社とそれぞれとの契約金額を明らかにした。 同省マスク班が社民党の福島瑞穂党首の問い合わせに書面で回答した。 政府は当初、製造元などを明らかにしておらず、野党から開示を求める声が上がっていた。 回答によると、受注したのは興和、伊藤忠商事、マツオカコーポレーションの3社で契約金額はそれぞれ約54・8億円、約28・5億円、約7・6億円の計約90・9億円だった。 マスクの枚数など契約の具体的な中身は示されていない。 布マスク配布に投じられる予算は約466億円で、福島氏側は3社の契約金額との差額について、さらに問い合わせているという 引用: アベノマスクの製造元はミャンマー? そんなアベノマスクはミャンマーで製造されたようです。 ミャンマーで日本向けガーゼマスクを1か月に5,000万枚生産へ 「日本政府、経産省の要請」って書いてあるんで、FAでは。 ちなみに日本ミャンマー協会の名簿には麻生、甘利、加藤厚生大臣らの名前がズラリ。 — kizitora anyatoraneko そもそも、パンツの会社で、マスクを作った経験がない会社に、なぜ安倍晋三さんは466億円もかけて発注をかけたのだ?? 『マツオカコーポレーション』 ミャンマー工場?? 不良品の布マスクを生産?? ベトナム工場?? 使えないパンツ型マスク生産?? 国から補助金も出てます。 別にミャンマーは悪くないですが、外注生産により、粗悪な布で生産されてしまい、アベノマスクがカビノマスクになったのかもしれませんね… スポンサーリンク アベノマスクがカビノマスク? コロナウイルス対策として配られたアベノマスクですが、 不良品でカビが生えているものがあるとすっぱ抜かれて「カビノマスク」と言われてしまいました。 政府の対策班に配られた内部文書によると、18日時点で妊婦向け以外の全戸配布用に包装を始めた200万枚のうちでも、虫や髪の毛、糸くずの混入、カビの付着など200件の異物混入などの問題事例を確認。 これについては公表しなかった。 マスク配布を担当する厚労省経済課は、妊婦向け以外の不良品を非公表とした理由について「回答できない」とし、全戸向けのマスク配布については「現時点で中止は検討していない」としている。 相次ぐ異物混入などの発覚を受け、政府は各都道府県に注意喚起の通達を出し、一部の業者が製作したマスクについては全品回収を始めた。 マスクの製造企業名などは公表されていないが、政府関係者によると、国内の商社など納入業者5社が中国やベトナム、ミャンマーから調達している。 引用: アベノマスクがカビノマスク不良はデマの?製造元はミャンマー? アベノマスクがカビノマスクと騒がれていますが、確かに縫い方が違ったりと工作デマの可能性もあるようです。 ただ、アベノマスクを生産しようと様々な工場から作られたと思うので、粗悪な生産をした工場がカビノマスクを作って可能性もあると思います。 カビノマスクを手に入れた市民は可愛そうですが、普通のアベノマスクをもらったと人に関してはコロナ対策として有効活用していきましょう。 せばな~.

次の

アベノマスクの生産国はミャンマー?ミャンマー協会の最高顧問は麻生太郎で安倍昭恵も?異物と利権問題を調査!

アベノマスク ミャンマー

どうも! きらさんです! 新型コロナウイルス対策として 政府から配布されるマスクについて、 『アベノマスク』と呼ばれておりますが、 異物混入やらカビなど問題が発生しています。 その 『アベノマスク』の生産国が話題に なっていて、協会名簿の最高顧問には なんと、 『麻生太郎』さんの名前が・・・ そして、 『安倍昭恵』さんの名前も 出てきているのです。 今回は、 『アベノマスク』の発注先と 異物混入や協会について調べてみました! 製造元について別記事もありますので、 気になる方はどうぞ! 目次 1. 『アベノマスク』の生産国はミャンマー? 2. ミャンマー協会の最高顧問は『麻生太郎』』 3. 『アベノマスク』に異物が混入? 4. まとめ スポンサードリンク 1. 『アベノマスク』の生産国はミャンマー? 新型コロナ対策の一環で、日本国内に ようやく 『アベノマスク』の配布が始まりました。 日本のどこを探しても手に入らないマスクが 配布されるので、いろいろと言われていますが、 うれしい人もいるのではないでしょうか。 そのアベノマスクですが、すべて日本国内で 生産されていると思ったのですが、一部海外で 生産されているという情報がありました。 厚労省によると、今月14日から妊婦用に配った布マスク計50万枚のうち、17日時点で変色や異物混入などの報告が80市町村から計1901件あった。 政府が配布する布マスクは、国内メーカーの4社が製造。 企業名は現在は明らかにしていないが、5月までに同省のホームページで公表するという。 業界関係者によると、4社の中にはミャンマーの工場で生産している会社もあるという。 引用先: 生産国のなかに 『ミャンマー』とあります。 その 『ミャンマー』に関係している政治家が いました。 『麻生太郎』副総理。 最近、いろいろと話題を提供してくれている 『麻生太郎』さん。 今回のアベノマスクでもいろいろと関係 しているのではと言われています。 ミャンマー協会の最高顧問は『麻生太郎』 アベノマスクの製造元は公表されていません。 その理由が、 『麻生太郎』さんが関係しているから ではないかと言われています。 日本ミャンマー協会の最高顧問に 『麻生太郎』の名前があります。 この事から、製造元を公表しないのは 政治的な背景があるからか?と 言われています。 製造元も仕様も明かさない。 ググったら興和㈱経由でミャンマーが受注と… で、ミャンマー協会の役員名簿を見てみたら、 最高顧問は「麻生太郎」だ甘利も居る… まさか利権で動いた? — Muraquix muraquix 『麻生太郎』の名前以外でも、• 古賀 誠:元衆議院銀• 加藤 勝信:厚生労働大臣• 甘利 明:衆議院議員 政治家の名前が並んでいます。 風が吹けば桶屋が儲かる 風が吹けば麻生が儲かる — 時計仕掛けのオレンジ 9n7eWQtutsamatw そして、配送の日本郵政の株主にも 『財務大臣』の名称があります。 一時期、給付金ではなく、 『旅行券』『和牛券』などなど 利権が絡んでいるのではと疑いたく なるような話もありましたので、 『アベノマスク』でもか! と思ってしまいますよね・・・ そして、安倍首相の奥様、 『安倍昭恵夫人』の名前も出てきました。 出典元: 『ミャンマー祭り2016』の実行委員会名簿の 名誉会長に名前があります。 今は名誉会長を退任しているみたいですが、 ミャンマーに関係している人が、安倍首相の 近くにはたくさんいるのです。 スポンサードリンク 3. 『アベノマスク』に異物が混入? このようにいろいろな疑惑がある中で、 アベノマスク配布が開始されていますが、 異物混入やカビなどの問題が出てきています。 郵便ポストに「マスクは必要な方へ回して」とお願いのお手紙を貼って受け取らないつもりだったが、想定外で小学校からアベノマスクが配布されてしまった しかも、異物混入のおまけ付き。。。 466億円かけてコレが出てくるとは。 まとめ 新型コロナの対策が遅いと言われ、 やっと給付金がきまったと思ったら、 今度は、 アベノマスクでも、 利権疑惑や 異物などの衛生面の問題が浮上しています。 このような疑惑は無いと信じたいのですが、 いろいろと突き合わせてみると、疑いたく なります。 はやく政府はアベノマスクの製造元を公表 して、事実を明らかにしてもらいたいです。 今回も最後までご覧いただきありがとうございました。

次の

アベノマスクの生産国はミャンマー?ミャンマー協会の最高顧問は麻生太郎で安倍昭恵も?異物と利権問題を調査!

アベノマスク ミャンマー

アベノマスクとミャンマーの闇は深い:昨年5月、川崎で殺害された外務省職員はミャンマー語が喋れた希少日本人だった 新ベンチャー革命2020年4月24日 No. 2640 1.あのアベノマスク配布策は、日本で新型コロナウイルス蔓延が起こる前から、すでに計画されていた? 本ブログ前号 注1 にて、アベノマスク利権のキーワードはミャンマーではないか指摘しました。 あの安倍氏は、この4月1日のエイプリルフールに、アベノマスクの全世帯配布を発表しています。 本件、菅氏や萩生田氏などの側近にも事前相談はなく、安倍氏が単独で、唐突に発表しています。 さて、ネット情報によれば、アベノマスクのミャンマーでの生産は3月初頭に開始されていたそうです 注2。 ということは、アベノマスク配布策は、3月以降、日本での新型コロナウイルス蔓延を見越した上、それを先取りするカタチで計画されていた可能性があります。 このアベノマスク・プロジェクトには、厚労省ではなく、なぜか、経産省が関与していることから、安倍氏の最側近・今井氏 経産省出身 が安倍氏をサポートしていたと想像されます。 2.安倍昭恵氏の修論タイトル 立教大大学院修士 は「ミャンマーの寺子屋教育」だった 安倍氏が、上記、アベノマスク・プロジェクトにて、当初から、ミャンマーにこだわったのは、やはり、昭恵夫人の影響を無視できないのではないでしょうか。 なぜなら、昭恵夫人が2009年に入学した立教大学の大学院における修論のタイトルは「ミャンマーの寺子屋教育」だったそうだからです 注3。 したがって、アベノマスク・プロジェクトは、コロナ禍を利用して、ミャンマーでマスクを生産し、ミャンマー好きの昭恵夫人を喜ばす目的もあったのではないかと疑われます。 いずれにしても、安倍氏の公私混同は到底、許されません。 3.ミャンマーで思い出されるのが、川崎・登戸殺人事件 昨年5月 さて、上記、ミャンマーで思い出されるのが、昨年5月に起きた川崎・登戸殺人事件 注4 です。 このとき、殺害された一人が外務省職員であり、ミャンマー語のしゃべれる人物 日本では希少人物 でした。 日本でミャンマー語のできる人はほとんどいないと思われますが、なぜ、この人が殺されたのかは、運が悪かっただけで、偶然の災難だったかもしれません。 ちなみに、彼を殺したとされる犯人は、現場で自刃死したことになっています。 しかしながら、この事件には謎が多く、ネットでも、日本とミャンマーとのつながりが指摘されています 注5。 いずれにしても、アベノマスク配布策の背後に、日本とミャンマーのつながりがあり、何らかの深い闇利権が潜んでいそうです。 注1:本ブログNo. こんな連中が「みんなして買いに行くスーパーライフ」か。 「アベノマスク利権」の半分を占める額を仲良くいただいているわけだ。 このところの立憲民主の「コロナ情勢」をめぐる「非常事態宣言」におけるナヨナヨした動きがよくわかるね。 旧民社党ー労働争議屋ー連合に緊付りけられている立憲民主が最早国民の側に立つものでは無いと言うことがわかる。 維新の会並みの補完勢力化していると言うことか。 「コロナ情勢」は日本の政治構造を「腑分け」すると言う「激烈な構造」を持っているんだな。 「腑分け」と言うのは「痛みを伴う激烈な行為」なんだから。 一生懸命隠しても、「痛みに耐え兼ねた奴」が最初にギブアップする。 無駄なことやめて、「傷が深くならないうち」にキリキリ白状するんだな。 : : [687].

次の