目の周り 内出血 早く治す。 青あざの治し方!いち早く「青あざ」を消すために効果的な方法

この酷い内出血は何日で消える?治し方や早く治す薬は?

目の周り 内出血 早く治す

目のまわりにできた青あざの対処法は? 青あざとは、皮膚の下における内出血のことです。 なんらかの原因でができても、重症でなければそれほど深刻ではなく、自宅で治療できる場合がほとんどです。 数日後には腫れが引いて、青くなっていたところがおうど色に変化し、やがて消えていきます。 ほかの青あざと同じように、 目のまわりの青あざも1~2週間ほどで完全に消えます。 また、重力の関係で数日間かけて下の方に青い部分が広がっていくかもしれませんが、自然経過で起こる症状なのでそれほど心配する必要はありません。 以下に、目のまわりにできた青あざの対処法をご紹介します。 早めに氷などでやさしく冷やす 特に 初日は15~20分くらいかけて、数回冷やすようにします(冷やすことで痛みが和らぎ、腫れを抑えます) 市販の痛み止めを服用する アセトアミノフェンやイブプロフェンなどを配合した市販の痛み止めは、痛みを和らげるのに効果的です 関連記事: 病院に行ったほうがいい青あざは? 以下のような症状があるときは、病院を受診してください。 頭を打って、両目に青あざができている(頭蓋底骨折の可能性もあります)• 顔面を殴られて意識を失っている• 物が二重にみえる、もしくは目が見えない• 目にも出血がみられる• 傷ついて皮膚が裂けている• ではない、鼻水のような液体が鼻から出続ける また、以下にご紹介する頭部外傷が重症であることを示す症状が診られる場合も、病院で診てもらってください。 ある場合も病院で診てもらいましょう。 記憶喪失• 激しい頭痛• 何度も嘔吐を繰り返す• 目が動かない 関連記事: おわりに:青あざが痛みや腫れ、熱をもっているときは病院で診てもらいましょう• 青あざは、症状がひどくなければ自宅で様子を見ることもできる• ただし、深刻な怪我を引き起こしていることもあり、直ちに病院で治療を受けたほうがよい場合もある 痛みや腫れがひどいときや、数日たっても腫れが引かない、また患部が熱をもったり、赤くなったり、膿(うみ)がでているときは、病院で診察を受けてください。 このような症状がみられる場合、感染症を起こしている可能性もあるため、注意が必要です。 関連記事:.

次の

内出血の治し方5選!正しい処置で早く治すようにしよう!

目の周り 内出血 早く治す

まずは、内出血の症状や原因を確認していきましょう。 内出血の症状 内出血というのは、文字の通り 皮膚の下で出血している状態のことを言います。 また、内出血をした時の見た目の色も、時間と共に変化していきます。 内出血したときの皮膚の色って、赤黒いまたは青黒いイメージがありませんか? ですが、内出血をした時に最初の段階では、あざはの色は青というより赤くなっています。 そして、徐々に時間が経過していくうちに、血液が劣化していくこと、良く見かける内出血の色、つまり赤黒い、または青黒いあざに変色いしていくんです。 内出血の原因は? 続いて、内出血の原因についてみていきましょう。 内出血が起こる原因は外的要因と内的要因の2つあります。 まず外的要因とは、打撲や打ち身、捻挫など外からの強い衝撃によって血管の損傷が起こることによって内出血ができることです。 対して、内的要因とは、病気などで血管が破れやすくなっていて内出血ができることです。 ほとんどの内出血は、外的要因からできるものですが、いつのまにかあざができていたり、ちょっとした衝撃ですぐにあざができてしまっているということがあれば、内因性の病気が潜んでいる可能性があります。 特にぶつけた覚えがないのに内出血が繰り返しおきている場合は、皮膚科や内科に受診して検査を受けるようにしてください。 内出血を早く治す方法ですが、内出血をした、または手足をどこかにぶつけたなど、内出血をしそうな状態になったら、 まずはその患部を素早く冷やしてください。 冷やし方は簡単で、氷を入れたビニール袋を用意して、痛みのピークが過ぎるまでひたすら冷やし続けることです。 ここで1つ注意することは、氷を直接患部にあてすぎて凍傷しないようにしてください。 まずは、痛みが落ち着くまでは冷やす、というのが内出血の治し方の最初の行動です。 そして、 患部の痛みがひいたら、今度は患部を温めて血流を促します。 患部に温湿布を貼るというのが、簡単でおすすめできる方法です。 お風呂で温めるというのも効果的なのですが、お風呂の場合は注意が必要です。 熱いお湯だと痛みが再発してしまうので、お風呂で温めるときはぬるま湯でゆっくりとつかるようにして下さい。 つまり、内出血を治す方法には冷やす、温めるは両方必要ということですが、それをする順番が重要になります 最初の段階は冷やす。 そして、落ち着いたら温める、というようにしてくださいね。 冷やす・温めること以外の内出血の治し方 患部を冷やす、温めること以外にも、内出血を早く治す方法があるので、紹介していきます。 まず1つめとして、 鉄分やビタミンCを積極的に摂取することも内出血を治す方法としておすすめです。 このような食事療法は、継続させることで効果が出てきますので、一度に大量摂取ではなく毎日無理のない範囲で続けていくことが大切です。 そして、患部に血流を良くしたり、 皮膚の新陳代謝を良くする効果の軟膏を塗る方法もあります。 ただし、受傷直後(内出血が発生したあかりの段階)は控えて下さい。 受傷直後は、内出血の量も多く炎症をおこしているので血流を良くすると痛みや腫れがひどくなる可能性があります。 ですから、内出血の治療に軟膏を使用する場合は、痛みや腫れがひいてから使用するように注意してください。 いろんな方法がありますが、あなたにとってやりやすい方法を使い分けながら内出血を治してくださいね。 まとめ 内出血をしないのが一番良いのは間違いないところですが、不意に机など硬いものに手足をぶつけてしまい、内出血ができるということはどうしても避けられないですよね。 内出血をしたらかなり痛いたいし、見た目もすごく痛そうですが、早く治す方法を知っているとすぐに対処できますので、今回説明した治し方をぜひお試しください。 そして何より、今回説明したように内出血をしたらまずは冷やす。 そして、痛みがおさまってきたら今度は温める! 間違えると逆効果ですから、この順番はぜひ覚えておいてください。

次の

青あざの治し方!いち早く「青あざ」を消すために効果的な方法

目の周り 内出血 早く治す

SPONSORED LINK では結膜下出血を発症した場合、 どうすれば早く治るのでしょうか? まず一番安全なのが眼科へ行くこと。 結膜下出血とひと口に言っても程度が異なります。 目は繊細な部分ですし、 放置して悪化すれば視力にも関わって来ます。 病院を受診することは必ずした方が良いと言えます。 ただし私が眼科を訪れた際には、 「軽度のものであれば自然に完治していく」とも言われました。 ものすごく簡単に言ってしまうと、 目の中で出血している状態なので、 すり傷切り傷と根本的には変わらないとのこと。 自然治癒していくという話にも納得感が持てました。 とはいえ一度眼科で検診を受け、 点眼薬をもらった方が安心します。 SPONSORED LINK さて、程度によりますが10日前後で結膜下出血は完治します。 これを早めるためには、 血管の修復、そして血の吸収を早める必要があります。 オススメなのが目の周辺に温かいタオルをつけて寝ること。 あるいはメグリズムの様なアイマスクでも良いでしょう。 血の吸収を早くしてくれますのでオススメです。 結膜下出血を早く治すためのオススメ目薬 また結膜下出血に対して効果のある目薬は市販でも売っています。 眼科で点眼薬をもらった場合、 併用はしない方が良いといえますが、 眼科へ行かなかった場合は市販の目薬を使いましょう。 個人的にオススメなのが です。 またドラッグストアへ行けば、 店員さんがオススメの目薬を紹介してくれます。 症状が症状なだけに、 まずは専門家の意見を聞いて下さい。 結膜下出血の原因も知っておこう 結膜下出血を何度も繰り返さないために、 なぜ起こるのか原因をお伝えします。 ところが結膜下出血の原因については、 実はそこまで解明されていません。 原因不明で突発的に発症するケースもあり、 完全に予防するのは難しいとも言われています。 それでも現時点ではっきりしている原因。 これをお伝えします。 まず最初の原因が外傷。 ボールをぶつけた時などですね。 私も中学生の時にドッジボールを不意に顔面に受け、 結膜下出血を発症してしまいました。 次の原因はストレス。 人間関係や仕事のストレスが溜まって、 突然目の血管が切れてしまうことがあります。 その他に考えられる原因としては、 糖尿病や腎臓炎、貧血の合併症です。 必ずしも予防することはできませんが、 万が一発症した場合は今回紹介した方法を使って、 できる限り早く治療してくださいね。

次の