さつまいも カビ。 さつまいもにカビが生えたけど食べれるのだろうか?捨てるべき?

さつまいもにカビが!!変色しないように保管する方法紹介|サトマガ

さつまいも カビ

スポンサーリンク さつまいもを保存すると腐る原因は? さつまいもを保存していたらいつの間にか腐っている事がありませんか? 端っこがブヨブヨに柔らかくなっていたり、カビが生えていたり… 早いと1週間も経たないうちに傷む事があります。 芋だから腐りにくく、長持ちして保存にも手間がかからなそうなのにどうしてダメになってしまうのでしょうか? なぜ腐るのか、実はさつまいもは腐りやすいものなのか? まずはその点を確認しましょう さつまいもが腐る原因は? さつまいもが腐る原因は、湿気か温度です。 湿気に関しては、スーパーで買ってきた状態のままビニール袋に入れて置いておくと、蒸れて腐ります。 ですので、買ってきてからはビニール袋から出して保存しましょう。 そしてもう一つの原因、温度についてです。 基本的に食べ物は温度が低い所で保存しますよね。 さつまいもも家の中の寒い場所や冷蔵庫に入れて保存した方がいいように思います。 しかし、これが間違いです。 さつまいもが腐ったのは、気温の低い場所で保存していたからです。 実はさつまいもは寒さにめっぽう弱いんです。 さつまいもの原産地はメキシコ周辺の熱帯のアメリカです。 熱い地域で生まれたさつまいもは、寒い場所に置いておくと低温障害を起こして腐ってしまうんです。 秋以降にさつまいもを気温が低い玄関や屋外のベランダ、軒先にそのまま置いておくと確実に腐ります。 さつまいもを寒い場所に保存するのはNGです! 寒くない場所で保存して下さいね。 さつまいもを上手に保存する方法 さつまいもを保存する時にはビニール袋に入れっぱなしにしない、寒い所に置いてはいけないという事がわかりました。 さつまいもの保存に適した温度 南国出身で寒いのが苦手なさつまいも。 さつまいもの保存方法 さつまいもを保存する時、湿気がこもるのはカビが生えるのでダメなんでしたよね。 かといって乾燥してしまうのもよくありません。 ですので、適度に湿気を保ち乾燥させないようにするため、 さつまいもを新聞紙で包んで保存します。 さつまいもの量が3本とか5本とかの少なめであれば、新聞紙に包んで居間などの暖かい部屋に置いておきます。 1つにまとめるなら1個ずつ包んだ新聞紙を紙袋や小さい段ボール箱に入れておいて下さい。 ビニール袋厳禁です。 キッチンの場合、意外と冷蔵庫の上が暖かいので、さつまいもの存在を忘れないのであれば冷蔵庫の上に乗せておくのもアリです。 さつまいもがたくさんある場合は段ボール箱で保存です。 段ボールの底にいらないタオルなどを敷き、その上に1個ずつ新聞紙で包んださつまいもを並べて保存します。 1本ずつ包むのが面倒なら数本まとめて包んで下さい。 この箱を暖かい部屋に置いて保存して下さいね。 実は、さつまいもは新聞紙で包むよりも箱に詰めた『もみ殻』に埋めておくのが保存に適しています。 もし籾殻が手に入るのであればこちらを使ってみるのもいいですね。 さつまいもが保存できる期間は? さつまいもはきちんと保存すればかなり長持ちします。 ご紹介したやり方で保存すると、大体1ヵ月は問題なく保存できる事がほとんどです。 さらに温度と湿度管理を徹底していれば秋に収穫したさつまいもは春先まで保存できますよ。 ただ、種類にもよりますがあまり長く保存していると水分が抜けるので味も落ちます。 スポンサーリンク さつまいもが大量にある時の保存は? 暖かい部屋の中で保存できる量のさつまいもなら、先ほどご紹介したように気温に注意して保存すれば大丈夫です。 しかし、さつまいもが大量にある場合はどうしたらいいでしょうか? たくさんあると長持ちしてくれないと困りますし、そもそもスペースを取るので部屋で保存する事ができません。 部屋の中以外でさつまいもを保存する場合、大体場所は玄関だったり物置小屋になりがちです。 気温が低い場所だと芋が腐る… 保存場所が寒い場所になってしまいがちな大量のさつまいもの保存について調べてみました。 さつまいもを寒いところで保存する場合は? 小さいさつまいもは大きいものに比べると傷みやすいです。 ですので保存する時は大きさを選り分けて小さい物をはじいて下さい。 小さい物は家の中の暖かい所で保存するようにして、早めに食べて下さい。 問題は残りのさつまいもの保存です。 これらを暖かい部屋以外の場所でどう保存するか、その方法をご紹介します。 さつまいもを発泡スチロールの箱で保存する 魚とかの保冷箱として発泡スチロールの箱を使いますよね。 そのとおり、発泡スチロールには断熱性があります。 段ボールではなく 発泡スチロールの箱を使えば箱の中の温度が下がり過ぎませんので、発泡スチロールの箱で保存して下さい。 ただし通気性が悪いので、日中の暖かい時にフタを開けたり箱に小さな穴を数か所開けて芋が呼吸できるようにしてあげないといけません。 さらに新聞紙ではなく保温性のある 籾殻を詰めて、そこにさつまいもを埋めて保存すると尚良し。 籾殻は米農家さんから譲ってもらえたりもしますが、ホームセンターでも売っています。 なぜなら家庭菜園や園芸でも保温のために使う事があるからです。 楽天でも販売しているのを発見してしまいましたよ。 そして発泡スチロールの箱を 毛布で包めば更に箱の中の温度が下がるのを防げます。 ビニールシートだと通期性がよくありませんので、毛布で包むようにして下さい。 最後に さつまいもは生で保存する以外に、蒸かしてから冷凍保存もできます。 冷凍後に解凍して食べる時はホクホクにはなりませんので、スイートポテトや栗きんとんのように潰した状態で食べます。 冷凍する前にさつまいもを潰してマッシュポテト状態にしてから保存袋に入れ、平らにならして冷凍しておくといいですよ。 そしてよくさつまいもを土に埋めて保存すると言いますが、埋めて保存する場合はとにかく深く穴を掘らないと意味がありません。 重機があればできるかと思いますが…一般家庭では無理です。 さつまいもは熱帯生まれの寒い所が苦手なお芋です。 低温にならないように、暖かい部屋に置いたり発泡スチロールの箱を使って大事に保存しましょう。

次の

さつまいもの病気の種類や、発病したときの対策方法!

さつまいも カビ

皮に傷がついた芋や、小さい物の方が傷みやすいため先に使いましょう。 1 土を簡単に落として日に当てて乾燥させます。 3 さつま芋を1本ずつ新聞紙でくるんで 2 に、縦向きにして入れます。 芋の保存温度について さつま芋の長期間保存には上記のように新聞紙や毛布等を使って寒くならないようすることが大切ですが、その理由としては次の2つがあります。 ・収穫後も生き続けて熟成していくため。 ・さつま芋は芋類の中で一番寒さに弱く、温度によって状態が大きく変化するため。 また、さつまいもの温度と状態は次のようになります。 10~17度・・・適温。 この状態で2~3ヶ月保存すると熟成する。 5~10度・・・短時間なら大丈夫。 0度以下・・・短時間でも芋が傷んで腐ってしまう。 芋掘り後に洗うのはOK?その後の保存は? さつま芋の特性を知らないと、汚れているのは嫌と思い、土を落としたくなるものです。 間違ってすぐに水洗いしてしまった人もいるのではないでしょうか。 さつま芋は一度水気がついてしまうと皮が傷つくし、逆に腐りやすくなるため長期保存できません。 もし水洗いしてしまった場合は、よく拭いて新聞紙に1本ずつくるんで日の当らない風通しの良い場所に保管して、早めに使い切りましょう。 さつま芋の冷凍保存方法 さつま芋は冷凍できないと思い込んでいる人も多いようですが、実は冷凍できるのですよ。 間違って水洗いした場合や、ちょっと傷んできたと感じた場合には、その時点で冷凍保存すれば長期間の保存も可能で、使いたいときに取り出して使えるので便利です。 冷凍方法は、一度蒸してから冷凍する方法と、生のまま切って冷凍する方法があります。 保存の形が異なるので、使う目的に応じて使い分けて下さいね。 1.一度蒸してから冷凍する方法 【ペースト状で保存】 1 丸ごと蒸します。 2 皮を剥いてマッシャーかフォークで潰します。 3 ジップロックに入れて薄く伸ばし、空気を抜いて冷凍します。 【輪切り状態で保存】 1 洗って皮を剥き、輪切りにして水にさらしてあく抜きします。 2 蒸します。 3 冷めたらジップロックに入れて冷凍します。 2.生のままスティック状で冷凍保存する方法 1 洗って皮を剥き、一度輪切りにしてから千切りにします。 2 水にさらしてあく抜きをした後、ザルに上げて乾かします。 3 暫くして水分が残っていた場合はキッチンペーパーを使って拭き取ります。 4 ジップロックに入れて冷凍します。 5 冷凍庫から取り出して、解凍せずに直ぐに調理します(大学芋やフライドポテト等)。 スポンサーリンク 芋の青カビは大丈夫?白色の場合は? さつま芋は寒さに弱いので傷みやすいのですが、その原因となるのは、ほとんどがカビです。 このカビは特別なものでなく、みかんやお餅のカビと同じように、空気中のどこにでも存在するものです。 芋が元気なうちは抵抗力があるのでカビに冒されませんが、一度弱ってしまうとカビに負けてしまい、カビが芋の養分を取り込んで中に入ってしまいます。 芋の皮があれば入りにくいのですが、皮のない場所からカビは入ってくるのです。 (傷ついた箇所や両端の切った部分はデンプン質が露出して入りやすいです。 ) このカビは多少なら問題ないのですが、苦味があるし、放置するとどんどん中に入って味が落ちてしまいます。 少し切ってみて、中が白くきれいなら大丈夫でしょう。 もし中まで黒くなっていたら完全に「寒さ負け」してしまった状態なので、直ぐに調理して食べるか、食べる予定がなければ諦めて捨てることになります。 (これを過ぎると味が落ちて急に甘みが無くなり、苦味だけになってしまいます。 ) カビが生えている芋を食べていいの? カビを食べるのは良くないという見解もありますが、芋の場合はパンのように中まで空気が入りやすい構造ではないため、カビの内部侵入はパンほど早くなく、カビが表面についた程度では全部捨てなくても問題ないでしょう。 黒い部分を多めに取ってみて白くなっていれば調理して食べて大丈夫ですが、全て問題ないとは言えませんので、実際に味が問題ないかご自身の目と舌で確認してくださいね。 切り口が黒ずむけどカビ?白い芋にならないの? 芋の端の切り口が黒くなることがあるのですが、これは芋のアクが沁み出たためであり、カビではありません。 これは空気に触れることで変色して黒ずむだけです。 さつま芋をきれいな白色で使いたい場合は皮を厚く剥いて、芋を最初にたっぷりの水に5分程度さらすことでアク抜きが出来て、きれいな色で調理できます。 さいごに スーパーで販売されている芋は何故長持ちするのだろう?と思うかもしれませんが、最初に「キュアリング」という処理をすることで長期保存可能になるのです。 これは、40度以上の高温と80~90%の高い湿度の環境に約24時間置いておくことでカビ退治をするという方法です。

次の

さつまいもが変色して黒や緑になったものの正体と食べてみた感想

さつまいも カビ

もくじ• goo. シワシワになる• 小さくなる• ヌルヌルしている• 異常にベタベタしている• 弾力がなくなる• 異臭がする 水分が抜ける 成分の殆んどが水分のさつまいもは、鮮度が落ちて腐ると乾燥してきます。 その結果、 小さくなったり、滑らかな表面がシワシワになったり、表面が溶けたようにヌルヌルとしたり、触ると生でもグニャグニャして弾力が無くなってきます。 腐敗が進むと、触っただけで凹んだり、折れたり崩れたりもします。 異臭がする 生でも加熱後でも、 鼻にツンとくるような酸っぱい臭い、カビの臭いなど、さつまいもらしくない異臭がします。 異臭がするさつまいもは、腐っている物の中でもかなり古く鮮度も悪いので、絶対に食べないで下さい。 irasutoya. html 切り口の変色 切り口に 黒や茶色っぽい斑点のように変色している場合、 低温障害が原因の可能性が高いので、食べる事はできます。 低温障害は、野菜が風邪を引いて傷んでいる状態で、適温より低過ぎる温度で保存すると起きます。 しかし、腐っている訳でもカビが生えている訳でもないので、変色して傷んでいる部分を取り除けば、普通に食べられます。 変色した部分も食べられますが、傷んで 食感も味も落ちているので、おすすめはしません。 芽が出ている さつまいもは芽が出てしまっても 食べられるので安心して下さい! と言うのも、さつまいもの芽には毒性がないので、食べても人体に何も影響はありません。 しかし、芽が出たまま放置すると、芽の成長に芋の部分の養分が取られて 味や食感など鮮度が落ちるので、見付けたら速やかに取り除きましょう。 スポンサードリンク さつまいもにカビが生えるとどうなる? 出典:photo. martle. html• カビ臭くなる• 変色する• 綿ゴミのような物体が付着する カビ臭くなる さつまいもの表皮や表面に変色や付着物が見られなくても、 カビっぽい臭いがしたら、内部にカビが生えている可能性が高いです。 変色する 黒カビや白カビ、青カビなどカビの種類に応じて、さつまいもの 表皮や表面が変色します。 変色だけではカビが否かの判断が難しいですが、完全に取り除けない程に 変色している部分が多かったら、カビによる変色の可能性が高いです。 綿ゴミのような物体が付着する 綿のように フワフワした物体が表皮の広範囲に付いていたら、それは確実にカビです。 白カビなら白色をしていますし、黒カビなら黒色をしています。 irasutoya. ヤラピンとは、健康維持に効果がある成分で有名なポリフェノールの1つです。 ポリフェノールは酸素に触れると酸化して、黒くなります。 切る時に金属が触れたり空気に触れた時に、乳白色のさつまいもが徐々に黒くなったら ヤラピンの酸化による変色です。 他にも、両端が黒くなっていたら、それもヤラピンの酸化が原因です。 緑の変色 これも黒の変色と同様に、ポリフェノールの1つである クロロゲン酸の反応による変色です。 クロロゲン酸はアルカリ性の物質と反応すると、 緑色になる性質があります。 ポリフェノールの色はさつまいもの品種によっても異なるので、変色後の色も違ってきます。 さつまいも全体をラップで包むと風通しが悪く、さつまいもが苦手な高温多湿な環境になり、腐りやすくなります。 野菜室があればそこに入れるのが理想ですが、なければ冷蔵室の中でも温度が高めな ドアポケットに入れて保存して下さい。 洗った場合は、水を張ったタッパーにさつまいもを完全に浸して冷蔵庫で保存します 張った水は毎日変えます。 冷凍すると、 最低でも1ヶ月、状態や環境が良ければ 数ヶ月は保存が効きます。

次の