あ なん もえ か。 山口もえ

伊織もえ 公式ブログ Powered by LINE

あ なん もえ か

いわゆる「病院で受けるちゃんとしたIQテスト」ってやつです。 検査結果の信頼性は数ある知能検査の中で最も高いといっても過言ではありません。 また、この 落差が大きい場合は発達障害の傾向が疑われるなど、医学的な診断の領域でも大変重要な役割を果たしています。 なぜ受けたのか ADHD、ないしはASD(発達障害の一種)の傾向を自覚していたからです。 例えば、私には以下のような傾向がありました。 ・意欲が湧くタイミングが限られている(気分に左右されやすい) ・やるべきことを先送りにしてしまう(技術書の積ん読がものすごい量に) ・人とのコミュニケーションが不得手(できるが、疲れてしまう) ・スイッチが入るとマシンガントークをしてしまう(オタク特有のやつ) ・熱しやすく冷めやすい(何でもできる一方、何も極められていない) ・片付けられない(定期的に片付けの得意な友人に自宅に来てもらってる) ・忘れ物が多い(多くの日に忘れ物をして出掛けてしまう) ・落ち着きがない(小さい頃から椅子にじっと座っているのが苦手) ・衝動的な行動が多い(無駄な買い物、無計画な爆食い) ・感覚過敏である(特に音に異常に敏感。 作曲編曲や聴音ができるというプラス面もある) これらの傾向がありつつも、仕事の上ではあらゆる工夫を凝らして解決しているため、表面上は何も問題はありませんでした。 しかし、徐々に「工夫しないと解決できない」という状況がしんどくなってきており、いよいよ何とかしなければならないと思い立ったわけです。 そこで今年の抱負として「自分を知ること」を掲げ、自分の特性を知ることで、具体的な打ち手に繋げることにしました。 場合によっては医学の力で解決を図れるかもしれません。 このように、 今後の人生をより豊かなものにしたいというポジティブな思いから検査を受けることを決めました。 ちなみに、私には「できること」「できないこと」「できるけど疲れること」の3つがあり、特に「できるけど疲れること」に分類されるアクティビティが非常に多いです。 各項目19点満点で、同年齢内の平均を10点として評価点が計算されます。 評価点が13点以上の項目はStrength(強み)とされます。 「10科目の得点で4教科のスコアが決まる!」という理解で大丈夫です。 この各4教科のスコアを「群指数」と呼びます。 ・言語理解:言葉の理解の深さや語彙力、知識量、表現力。 ・知覚推理:目で見て物事を理解したり、パターンを読み取る力。 ・ワーキングメモリー:耳から受け取った情報を一時的に記憶し、取り出す力。 聞いて考える力。 PCのメモリの人間版。 (集中力や数の処理能力も含まれる) ・処理速度:情報処理のスピードや、筆記の速さ・正確さ。 手の力。 (注意の持続力も含まれる) 全検査IQとは 群指数4教科の総合評価です。 「4教科のスコアで総合評価が決まる!」という理解で大丈夫です。 一般的に、IQといえばこの全検査IQを指します。 同年齢内で平均的な結果であればIQ100で、結果が良ければ良いほどスコアが高くなっていきます。 IQ131以上という結果の希少さがどの程度なのか?が下図から読み取れるかと思います。 (赤い領域がIQ131以上) 難しい話は抜きにして、ざっくり言うと以下のような感じです。 単なるIQの高低ではなく、群指数間の落差(ディスクレパンシー)が被検者の特性を紐解くヒントになります。 ディスクレパンシーの解釈については諸説ありますが、群指数間の差が15、ないしは30あると発達障害の傾向が疑われるといわれています。 (詳細は私の検査結果とあわせて説明します) もえ氏の検査結果 全検査IQ141と、上位0. (以下の赤い領域が上位0. 3 ) しかし、重要なのはここから先です。 7 ) ちなみに 全くもってどうでもいい話ではありますが、本記事に出てくる確率密度関数はpythonで書きました。 scipyって本当に便利です!正規分布が一行で書けてしまいます。

次の

穂志もえか

あ なん もえ か

いわゆる「病院で受けるちゃんとしたIQテスト」ってやつです。 検査結果の信頼性は数ある知能検査の中で最も高いといっても過言ではありません。 また、この 落差が大きい場合は発達障害の傾向が疑われるなど、医学的な診断の領域でも大変重要な役割を果たしています。 なぜ受けたのか ADHD、ないしはASD(発達障害の一種)の傾向を自覚していたからです。 例えば、私には以下のような傾向がありました。 ・意欲が湧くタイミングが限られている(気分に左右されやすい) ・やるべきことを先送りにしてしまう(技術書の積ん読がものすごい量に) ・人とのコミュニケーションが不得手(できるが、疲れてしまう) ・スイッチが入るとマシンガントークをしてしまう(オタク特有のやつ) ・熱しやすく冷めやすい(何でもできる一方、何も極められていない) ・片付けられない(定期的に片付けの得意な友人に自宅に来てもらってる) ・忘れ物が多い(多くの日に忘れ物をして出掛けてしまう) ・落ち着きがない(小さい頃から椅子にじっと座っているのが苦手) ・衝動的な行動が多い(無駄な買い物、無計画な爆食い) ・感覚過敏である(特に音に異常に敏感。 作曲編曲や聴音ができるというプラス面もある) これらの傾向がありつつも、仕事の上ではあらゆる工夫を凝らして解決しているため、表面上は何も問題はありませんでした。 しかし、徐々に「工夫しないと解決できない」という状況がしんどくなってきており、いよいよ何とかしなければならないと思い立ったわけです。 そこで今年の抱負として「自分を知ること」を掲げ、自分の特性を知ることで、具体的な打ち手に繋げることにしました。 場合によっては医学の力で解決を図れるかもしれません。 このように、 今後の人生をより豊かなものにしたいというポジティブな思いから検査を受けることを決めました。 ちなみに、私には「できること」「できないこと」「できるけど疲れること」の3つがあり、特に「できるけど疲れること」に分類されるアクティビティが非常に多いです。 各項目19点満点で、同年齢内の平均を10点として評価点が計算されます。 評価点が13点以上の項目はStrength(強み)とされます。 「10科目の得点で4教科のスコアが決まる!」という理解で大丈夫です。 この各4教科のスコアを「群指数」と呼びます。 ・言語理解:言葉の理解の深さや語彙力、知識量、表現力。 ・知覚推理:目で見て物事を理解したり、パターンを読み取る力。 ・ワーキングメモリー:耳から受け取った情報を一時的に記憶し、取り出す力。 聞いて考える力。 PCのメモリの人間版。 (集中力や数の処理能力も含まれる) ・処理速度:情報処理のスピードや、筆記の速さ・正確さ。 手の力。 (注意の持続力も含まれる) 全検査IQとは 群指数4教科の総合評価です。 「4教科のスコアで総合評価が決まる!」という理解で大丈夫です。 一般的に、IQといえばこの全検査IQを指します。 同年齢内で平均的な結果であればIQ100で、結果が良ければ良いほどスコアが高くなっていきます。 IQ131以上という結果の希少さがどの程度なのか?が下図から読み取れるかと思います。 (赤い領域がIQ131以上) 難しい話は抜きにして、ざっくり言うと以下のような感じです。 単なるIQの高低ではなく、群指数間の落差(ディスクレパンシー)が被検者の特性を紐解くヒントになります。 ディスクレパンシーの解釈については諸説ありますが、群指数間の差が15、ないしは30あると発達障害の傾向が疑われるといわれています。 (詳細は私の検査結果とあわせて説明します) もえ氏の検査結果 全検査IQ141と、上位0. (以下の赤い領域が上位0. 3 ) しかし、重要なのはここから先です。 7 ) ちなみに 全くもってどうでもいい話ではありますが、本記事に出てくる確率密度関数はpythonで書きました。 scipyって本当に便利です!正規分布が一行で書けてしまいます。

次の

【WAIS

あ なん もえ か

1992年生まれ。 神奈川県出身。 2009年にドラマ「小公女セイラ」で女優デビュー。 以降映画、ドラマ、舞台と様々な作品に出演、2016年、NHK大河ドラマ「真田丸」で主人公・真田信繁の側室・たかを演じ注目を集める。 2017年、映画『おじいちゃん、死んじゃったって。 』で映画初主演を務め、第39回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞を 受賞。 同じく2017年の舞台「髑髏城の七人 Season風」の沙霧役も好評を博した。 主な出演作に映画『悪の教典』(2012)、『銀の匙 Silver Spoon』(2014)、『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』(2014)、『サムライフ』(2015)、『ピンクとグレー』、『森山中教習所』、『だれかの木琴』、『闇金ウシジマくん Part3』、『太陽を掴め』(すべて2016年)、『ここは退屈迎えに来て』(2018)など。 ドラマでは「99. 9-刑事専門弁護士-」(TBS)、「モンテクリスト伯-華麗なる復讐-」などに出演。 2018年連続テレビ小説「まんぷく」(NHK)では、主人公福子の姪・タカを演じ、登場時14歳の役を演じたことも話題に。 1993年生まれ。 埼玉県出身。 翌2014年フジテレビNEXT smartオリジナルドラマ「FLASH BACK」で俳優デビューを果たし、映画『飛べないコトリとメリーゴーランド』(2015)で映画初出演。 2019年も『チワワちゃん』、『翔んで埼玉』、『さよならくちびる』、『カツベン!(仮)』などが待機する。 1991年生まれ、静岡県出身。 「乃木坂46」の初期メンバーとして数多くのヒット作と共に活動してグループを牽引する存在となる。 女優業に専念するべく2016年にグループを卒業。 映画では、第30回東京国際映画祭特別招待作品となった今泉力哉監督の『パンとバスと2度目のハツコイ』(2018)で初主演。 第10回TAMA映画賞最優秀新進女優賞を受賞。 1989年生まれ。 東京都出身。 陰のある役から、アクの強い役まで幅広い演技力で、数多くの作品に出演。 2016年公開の映画『葛城事件』で、第8回 TAMA映画賞にて最優秀新進男優賞を受賞。 1980年生まれ。 兵庫県出身。 2002年映画『金融破滅ニッポン 桃源郷の人々』でスクリーンデビュー。 『ジョゼと虎と魚たち』(2003)、『スウィングガールズ』(2004)などで個性を発揮し、『月とチェリー』(2004)で映画初主演を果たした。 2006年『お姉ちゃん、弟といく』で第2回シネアスト・オーガニゼーション・大阪エキシビション女優賞を受賞。 映画、ドラマ、舞台とその出演作は膨大な量に及ぶ。 近作に映画『戦争と一人の女』(2012)、『横道世之介』(2013)、『ソロモンの偽証(前篇/後篇)』(2015)、『最低。 』、『あさひなぐ』、『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』、『彼らが本気で編むときは、』(すべて2017)など。 2019年は「唐版 風の又三郎」、「奇跡の人」の2本の舞台が決定。 山梨県出身。 早稲田大学在学中の1982年、第三舞台に在籍し初舞台を踏む。 1994年映画『男ともだち』で映画初主演。 近年の主な映画出演作は『希望の国』(2012)、『クロユリ団地』(2013)、『真夏の方程式』(2013)、『家族ごっこ』(2015)、『みんな!エスパーだよ!』(2015)、『淵に立つ』(2016)、『ANTIPORNO』(2017)、『3月のライオン』(2017)、『ウタモノガタリ Kuu』、『名前』、『散り椿』、『飢えたライオン』、『累~かさね~』、『jam』、『かぞくいろ』(すべて2018)など。 第69回カンヌ国際映画祭にて「ある視点」部門の審査員賞を受賞した『淵に立つ』では、第38回ヨコハマ映画祭主演女優賞、第31回高崎映画祭最優秀主演女優賞、第71回毎日映画コンクール主演女優賞などを受賞し高く評価された。 1971年生まれ。 愛媛県出身。 1993年映画『二十才の微熱』でスクリーンデビュー。 翌1994年『愛の新世界』での熱演が注目を集める。 1995年『KAMIKAZE TAXI』で第15回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞を受賞、1997年『鬼火』では第17回ヨコハマ映画祭最優秀助演女優賞を受賞。 スマッシュヒットとなった『ハッシュ!』(2001)では、キネマ旬報賞、第45回ブルーリボン賞主演女優賞を受賞するが、2002年に病に倒れ一時休業。 映画『帰郷』(2005)で女優復帰した。 以降の主な作品に『ぐるりのこと。 』(2008)、『ヘヴンズストーリー』(2010)、『まほろ駅前多田便利軒』(2011)、『武曲MUKOKU』(2017)、『榎田貿易堂』(2018)、『ミスミソウ』(2018)、『純平、考え直せ』(2018)など多数。 公開待機作に『楽園』(2019)。 角川文庫 520円(税抜) 1967 年神奈川県生まれ。 早稲田大学第一文学部卒。 90 年「幸福な遊戯」で海燕新人文学賞を受賞しデビュー。 96 年『まどろむ夜のUFO』で野間文芸新人賞、98年『ぼくはきみのおにいさん』で坪田譲治文学賞、03 年『空中庭園』で婦人公論文芸賞、05年『対岸の彼女』で直木賞、06 年「ロック母」で川端康成文学賞、07 年『八日目の蝉』で中央公論文芸賞、11 年『ツリーハウス』で伊藤整文学賞 、12 年『紙の月』で柴田錬三郎賞、『かなたの子』で泉鏡花文学賞、14 年『私のなかの彼女』で河合隼雄物語賞受賞。 最新作は古典訳の『源氏物語』(上・中巻まで発売中)。 映像化された作品も多く、近年は社会派の小説も多数発表。 2003年刊行の『愛がなんだ』は純度100%の恋愛小説として注目を集めた。 京都を拠点に活動する4ピース・バンド。 2016年2ndフルアルバム『SALE OF BROKEN DREAMS』、2017年に5曲入りEP『SYMPHONY』をリリース。 【フィルモグラフィー】• たまの映画(2010)• 終わってる(2011)• こっぴどい猫(2012)• サッドティー(2014)• 鬼灯さん家のアネキ(2014)• 知らない、ふたり(2016)• 退屈な日々にさようならを(2017)• パンとバスと2度目のハツコイ(2018)• 愛がなんだ(2019) 1981年生まれ。 福島県出身。 数本の短編映画を監督した後、2010年『たまの映画』で長編映画監督デビュー。 2013年、こじらせた大人たちの恋愛群像劇を描いた『サッドティー』が第26回東京国際映画祭日本映画スプラッシュ部門に出品。 『知らない、ふたり』(2016)、『退屈な日々にさようならを』(2017)も、それぞれ、第28回、第29回東京国際映画祭日本映画スプラッシュ部門に出品されている。 他の長編監督作に『鬼灯さん家のアネキ』(2014)、深川麻衣を主演に迎えた『パンとバスと2度目のハツコイ』(2018)など。 新作に伊坂幸太郎原作&三浦春馬主演の『アイネクライネナハトムジーク』(2019年秋公開予定)が待機中。

次の