ウラン ベータ。 ウラン

超ウラン元素の発見 (16

ウラン ベータ

ウンベラータはハートの形をした可愛らしい姿で写真を見るとつい欲しくなってしまいますよね。 そんな時「枯らさずに育てられるかな」「直射日光に当たらない場所だけど大丈夫かな。 」「置きたい部屋があるけれどすぐ枯れたりしないかな。 」「どれぐらいの大きさがちょうどいいんだろう」と気になることはありませんか。 ここでは観葉植物のウンベラータがどんな場所ならイキイキ育つのか、お部屋で育てる際の適度なサイズ、ライフスタイルに合わせた育て方をご紹介します。 目次 1.ウンベラータの性質 2.ウンベラータを飾れる場所 3.ウンベラータのおすすめサイズ 4.水やりのタイミング 5.ライフスタイルに合わせた育て方 6.まとめ 1.ウンベラータの性質 ウンベラータはゴムノキの仲間で、ふわっとした大きな葉が印象的な観葉植物です。 ハート形の優しい葉をつけ人気は観葉植物の中でもトップクラス。 枝がわかれていたり、幹を曲げたりしたユニークな樹形を選ぶと、センスの良いお部屋にガラッと変わります。 冬の時期に寒さで葉を落とすことがあっても、翌年の春以降には元気に芽を出してくれます。 2.ウンベラータを飾れる場所 ウンベラータは室内で飾ることができます。 一番良い場所は日光が直接当たる場所ですが、レースのカーテン越しに日光が差し込む明るい日陰でも元気に育ちます。 また日陰にも強いため、日光が当たらない蛍光灯の光だけの場所でも耐えることができます。 でも、どのぐらいの明るさなら大丈夫なのかはっきりとわかりませんよね。 そこで明るさを比較した写真を用いて説明します。 このようにウンベラータは日当たりのよい部屋には適していますが、寝室や玄関などの暗い場所には不向きといえます。 また、どうしても白熱球だけのお部屋で育てるときには頻繁に日光が当たる場所まで移動する必要があります。 手のひらサイズのパキラであれば移動も楽ですが、大きいサイズになると重くて大変ですよね。 そんな時はキャスター付きの鉢台を手に入れておけばスイスイ移動ができて楽です。 インターネットで「キャスター付き鉢台」と検索すると山ほど出てきます。 またホームセンターなどでも購入できますので、ぜひ探してみてください。 html 3.ウンベラータおすすめのサイズ ウンベラータは生長が早く、1年で20㎝ほど伸びます。 最初から大きなウンベラータを選ぶと、後々置き場所に困ることになります。 そこで、置きたいサイズのひと回り小さなサイズを選ぶことをお勧めします。 でも、購入するときにサイズを数字で示されてもわかりづらい。 そう思われる方も多いでしょう。 実際に商品が届くと、大きすぎる!なんてこともよくあります。 そこでサイズを選ぶときの参考になるように、比較写真で説明します。 存在感だすには十分で、大きすぎず扱いやすいサイズです。 またこれからの生長のことを考えても長く楽しむことができるでしょう。 このサイズを選ぶときは樹形が広がっていても邪魔になりにくいので、思いっきり樹形にこだわって、オブジェを楽しむ感覚で飾ってください。 お部屋のシンボルとしても存在感があるサイズです。 贈り物にも適したサイズといえます。 大きくなり過ぎたウンベラータは春に枝を切って、直射日光に当てておくと、夏には新しい芽を出してくれます。 お部屋に合ったサイズに切って形を整えることができるのもウンベラータの魅力です。 biguppalm. html 4.水やりのタイミング 水やりは 「土が乾いたらたっぷりと与え、受け皿に水をためない」が基本です。 でも「土が乾いたら」という表現は、どんな状態かわかりづらいですよね。 写真で説明します。 土の表面を指で触っても湿っていません。 指触ると湿っているのがわかります。 水をたっぷりと与えるとはどういう意味か分かりづらいと思います。 写真で説明します。 これが「たっぷり与える」ということです。 そのあと受け皿にたまった水は捨てます。 そのままにしておくと根腐れをおこして枯れてしまうからです。 水やりのタイミングは 1月から4月は1週間に1回。 5月から9月は1週間に3~4回。 10月から12月は5日に2回。 これが目安です。 もちろん部屋の明るさや乾燥具合によって変わりますので、あくまで目安ととらえておいてください。 そして、水やりとセットで覚えておきたいのが葉水です。 葉水は霧吹きで葉に直接水を吹きかけることを指します。 ウンベラータのように大きな葉を持つ観葉植物は、葉水を与えることでつやのあるイキイキとした葉を育てることができます。 また葉水は病害虫を防ぐ効果があるので、できれば毎日葉水を与えてください。 ここでは、出張が多い方への育て方を紹介します。 5-1.長期間水やりできないときの対処法 ウンベラータは1週間水やりをしなくても枯れません。 その時は受け皿にしっかり水をためておけば大丈夫です。 1週間程度出かけるときは受け皿に3㎝ほど水をためておきましょう。 2週間程度だかけるときは、その倍の5~6㎝程度。 受け皿に水をためたままにしておくのは根腐れの原因になるのでよくないのですが。 長期滞在の場合は別です。 しっかり水をためてください。 その後戻られたときに、まだ水がたまっていれば捨ててください。 乾燥してカラカラになっていれば、大至急水を与えてください。 これで大丈夫です。 5-2.長期間不在のときの置き場所 長期間不在をする前にウンベラータをできる限り明るい場所へ移動しておいてください。 その時は2の項目で紹介したキャスター付き鉢台があると便利ですね。 戻ってきたときも元気な姿で迎えてくれるでしょう。 6.まとめ いかがでしたでしょうか。 この記事が購入前の不安や悩みの解消に役立つことができれば幸いです。 あなたはオフィスについてこんなお悩みを抱えていませんか? ・机とパソコンばかりで、室内が殺風景なのが気になる ・観葉植物を設置したくても、どんなものがオフィスに合うか分からない ・観葉植物を購入してみたが手入れが面倒ですぐに枯らせてしまう 自分で選んで、設置して、世話をして、枯れたら交換して・・・と観葉植物の手入れは大変ですよね。 井上熱帯園の観葉植物レンタルでは、プロがあなたのオフィス空間に最も最適な植物を選定し、設置を行います。 また設置後も、定期訪問による植物ケアで、常に新鮮な状態をキープするのであなたは何の手間もなく観葉植物をお楽しみいただけます。 この機会にあなたのオフィスでも、ぜひ観葉植物レンタルをご検討されてみてはいかがですか? はじめまして。 観葉植物の管理方法を検索していて、こちらのサイトに巡り会うことができました。 とてもわかりやすい、好感の持てる素敵なサイトですね。 さて、購入してから5年ほどの、140cm程になるウンベラータ(購入時は120cm程でした)を所有していますが、これまでの管理のしかたが良くなかったせいか、枝葉が幹の上の方ばかり伸び、幹の下の方がスカスカの「間延び」した状態になってしまいました。 こちらのサイトに掲載されているウンベラータは、どれも幹の下から上までバランス良く枝葉が付いていていて羨ましい限りなのですが、私のウンベラータも剪定や施肥などによって下の方に枝葉を伸ばすことが出来るのでしょうか? パキラの剪定のページは読ませていただきました。 私のウンベラータには、幹の下の方にも「成長点」は多数あり、それらから芽のような小さく硬い1〜3mm程の突起が出てはいるのですが、かれこれ数年間、いっこうに伸びてくる気配がありません。。 美しい樹形に出来るのなら、一時的に丸坊主にしてしまうことにも躊躇はありません。 良きアドバイスをいただければ幸いです。 apple lover様 メッセージ、また励みになるお言葉を頂き誠にありがとうございます。 早速ですが、本題に入らせていただきます。 ウンベラータは切り戻しは可能です。 ざっくりではございますが、簡単にやり方をご説明いたします。 やり方は、あまり難しくなく、簡単にできます。 室内では、光量が足りないので、屋外の日光が当たる、風通しの良い場所に移動させましょう。 次に、思い切って短めに剪定をします。 切った枝の下からわき目が出て、葉を展開させますので、短めに切るということがポイントです。 ここで長めに剪定してしまうと幹の下の方は、スカスカのままになってしまうので気を付けましょう! 次に、肥料をあげます。 化成肥料などを規定量、幹の足元へあげましょう。 土の乾きを見ながら水の管理を行って下さい。 早ければ2~3週間ほどで新芽の展開が始まります。 日差しが強くなる夏まで屋外に置いておくと、葉焼けを起こしてしまうので、7月位には再び室内へ戻してあげて下さい。 その頃には、見違える程の容姿になっているかと思います。 また、今現在ウンベラータが間延びしているということは、光量が不足している恐れがあります、置き場所を見直しても良いのかもしれません。 今以上レースのカーテン越しのような、やさしい光があたる場所へ配置してみることをお勧めいたします。 ウンベラータの場合、下葉から枯れることは、古い葉を落とすという自然現象なので、どうにも防げません。 このように、成長期に入る春頃に定期的な切り戻しをしてあげると良いかと思いますよ。 購入して5年も育ててらっしゃるウンベラータ。 これからも元気に育つことを心より願っております。 最後になりますが、また不明な点などがございましたらご遠慮無くメッセージをお送り下さい。 とてもわかりやすいサイトに出会えて感動してます。 ウンベラーダを大事な人からプレゼントにもらい大切に育ててきました。 葉焼けが心配で窓際から少し離して置いてましたが、今年窓際に移動してからかなりのスピードで成長してくれました。 他の方へのコメントを見て、自分のウンベラーダを見ると下の方は節目?の間隔が長く、窓際に置いてからの節目は間隔が短いです。 この子が日光に当たって喜んで成長してくれたんだ、と実感しました。 ぐんぐん成長しだした時はしっかり葉がついてくれて私も喜んでいましたが、気付けば天井につきそうになり、焦り出しました。 剪定をしたらいいのだろうけど何だか怖くて、するなら思い切って短くしないと後々形が変になるかな、とか不安だらけで手をつけれずにいたら遂に天井に。 とりあえず元の場所に避難したら成長スピードは止まりましたが、剪定する場合思い切ったとこまでした方がよいのでしょうか。 チョコチョコきってもその横から芽が出るなら形が変になりますよね?そして切る場合はどこを目安に切ればいいのでしょうか。 節目みたいなラインに沿ってでしょうか。 お願いします。 ブランキー 様 メッセージありがとうございます。 お話しを伺った感じではとても育て方がお上手で、ウンベラータの環境もとても良いと思います。 それだは早速本題に入らせていただきたいと思います。 選定は、チョコチョコカットするよりも、樹形を見ながら、「少し短かすぎるかな…」と思うくらいから、思い切ってカットしてあげた方が良いでしょう。 どの辺りからカットしたらよいかは、節なども含め気にされなくても良いかと思いますよ! 極端に株の根元などではない限り、どこでも大丈夫です! カットして、その脇から芽が出てきて樹形がどのようになるのかを何となく想像して、お好みでカットされてみて下さい。 更に、カットした後は直射日光の当たらない風通しが良い屋外へ出してあげると、脇芽や生長の具合が著しく良くなります。 是非こちらもお試しになってみられてはいかがでしょうか? 時期的にも今の時期がよろしいかと思います。 寒くなってくれば、生長も鈍りますので、出来るだけ秋口までには行ってみて下さい。 また、冬場になってしまえば、カットを避け、来年の春以降に行って下さい。 ブランキー様のウンベラータが格好の良い樹形になり、今まで以上に元気に育ってくれることを心よりお祈りいたしております。 TAMANOYA 様 メッセージありがとうございます。 お子様方からプレゼントされてた観葉植物、絶対に枯らすことはできませんね! お持ちのウンベラータも葉が出てきているようであれば今のところは水加減も日当たりも問題無いかと思います。 しかし、これから寒い寒い冬がやってきます。 お住まいの地域が不明ですが、最低気温が10度を下回ってきたら、玄関ではなく、リビングなどの暖かいお部屋の少しでも日光が当たる所へ移動してあげると良いでしょう。 そして来春、最低気温が10度以上になり暖かくなってきたら再び日当たりの良い玄関に配置してあげて下さい。 他には、「ハダニ」「ワタカイガラムシ」という害虫がウンベラータつきやすいです。 最悪枯れてしまう恐れもございます。 定期的に葉をしっかりと観察し、霧吹きや濡れ雑巾などで葉を拭きあげてあげると良いでしょう。 これからも大切に育成されて、今以上に活き活きとした元気なウンベラータになることを心よりお祈りいたしております。 観葉植物も生き物です。 お子様と接する時のように優しく愛情をかけてあげれば簡単に枯れることはありませんのでご安心下さい。 また、今後とも何かわからない事やお困りのことなどがございましたら、お気軽にメッセージを下さい。 シバママ 様 メッセージありがとうございます。 その白っぽかったり茶色かったりするものは、手で触ってみるとベタついたりしていますか? べたついているようであれば、ワタカイガラムシの可能性が高いでしょう。 付着している部分を塗れ雑巾などて丁寧の拭き取ってあげると良いでしょう。 また、害虫の場合は拭き取ってもまた数日したら増えている場合ほとんどなので、毎日様子を見てあげ、いたは拭き取ってあげるということを繰り返し行うことがよろしいかと思います。 それでも一向に減らない場合は、置き場所を今より風通しが良い場所へ、移動してあげて下さい。 可能であれば消毒をお勧めしたいのですが、扱い方が分からないようであれば、自己責任でというかたちにはなりますが「キンチョール」を軽く散布しても効果を得られるかと思いますよ。 スプレーをする時のポイントなのですが、植物からある程度の距離を置き散布しましょう。 距離が近ければ、スプレーから噴射される冷たい薬剤により、植物が凍傷を起こしてしまい大幅に痛む恐れがあるからです。 その点に注意し、雑巾で拭き取っても置き場所を変えても、改善が見られない場合は、実践されてみるのも良いでしょう。 シバママ様のウンベラータとトラブルが解決し、活き活きと元気に成長してくれることを心よりお祈り致しております。 谷川 様 メッセージありがとうございます。 現在お持ちのウンベラータのサイズ感が分かりかねる為、的確なアドバイスとまではいきませんが、剪定(切り戻し)をすれば脇芽が出てきます。 もちろん、100%成功することは言えないので予めご了承下さい。 切り戻しの時期は成長期である春~秋にかけてなので、時期的には今が丁度良いでしょう。 やり方の手順としては以下の3となります。 )最低幹の半分程の長さを残し、切り口が垂直になるようにカットしましょう。 )直射日光の当たらないレースのカーテン越しのような優しい光が当たる、風通しの良い屋外へ出しましょう。 )水管理は、「表土が乾いたことを確認し、鉢底から水が染み出てくるまでたっぷり与える」というサイクルで行いましょう。 以上になります。 育成環境にもよりますがうまくいけば1ヶ月前後で切り口の脇芽から新たな芽がでてくることと思います。 また、カットした上の部分も捨ててしまうのではなく、挿し木ができます。 こちらも必ず成功すると言う保障はないのですが、上手くいけばウンベラータを増やすことができますよ。 是非挑戦されてみて下さい。 谷川様のウンベラータが無事に再び美しい姿となり、いつまでも元気に活き活きと成長してくれることを心よりお祈りいたしております。

次の

季節や置き場所に注意!ウンベラータの育て方

ウラン ベータ

かわいいハート型の葉が魅力で定番人気のウンベラータ。 ウンベラータの管理方法や、植え替え時期などに注意しながら上手に育てていきましょう。 今回は、ウンベラータの正しい育て方を6つのポイントにまとめました。 ウンベラータの育て方のポイント1.温度調節と置き場所 温度調節方法や置き場所、日当たりなど、管理方法に注意が必要です。 その2点について注意点を中心にお伝えします。 ウンベラータは初心者でも育てやすい観葉植物なので、これから紹介するポイントをおさえて、枯らさないようにしましょう。 温度調節 耐寒気温は5度なので、それ以上であれば成長しますが、寒暖差があり過ぎると枯れやすくなってしまうので、10度以上を保てる場所で管理して育てるようにしたほうが良いでしょう。 冬は寒いので外に出さないように注意してください。 置き場所 日当たりを好む植物ですので、年間を通じて日当たりの良い室内でも楽しむことができます。 冬以外は戸外のほうが良いですが、真夏の直射日光は葉焼けするので、明るい日陰に置くようにしましょう。 真夏以外でも、急に強光線を当てると葉焼けや変色の原因にもなりますので、徐々に慣らしながら、明るい場所へ移動させます。 秋の最低気温が15度を下回りだしたら、室内に入れて管理します。 耐陰性に強いとはいえ、冬は日照不足になりがちなので、なるべく窓辺で太陽光に当てるほうが良いでしょう。 ウンベラータの育て方のポイント2.季節によって違う水やり 季節によって、水やりの方法も異なります。 特に気温や湿度が下がる冬は注意が必要です。 季節別に、水やりの方法をご紹介します。 春と秋 鉢土の表面が乾いてきたら、鉢底から水が出るまでたっぷりの水を与えましょう。 夏 夏は気温が高く、土がよく乾くので、乾く前にたっぷりと水を与えて水切れに注意してください。 ウンベラータの葉が下へ向きだしたら水分不足のサインです。 水をやってしばらくすると、また元に戻りますので、少し多めにあげると良いでしょう。 冬 温度が安定している暖かい室内で、日当たりの良い窓辺で育てるのがいいでしょう。 だんだん気温が下がると、水を吸い上げる力も弱くなってきますので、少しずつ水やりの間隔を空けて、土の表面が乾いて2~3日後に与えるようにします。 冬の水の与え過ぎは、根腐れの原因となりますので、霧吹きで育てるように管理する等、注意してください。 1年を通じて霧吹きで葉水を 空気も乾燥しているので、葉水も忘れずに。 冬場は、暖房器具の使用などで乾燥しがちになり、ハダニなどの病害虫が発生し葉が傷んで落ちるなどの原因になります。 葉っぱの表と裏の両方に、霧吹きなどを使って水分を与えるようにします。 一年を通じて、葉水は行ってください。 ウンベラータの育て方のポイント3.最適な植え替え時期 2、3年に1度のペースで、新しい用土に入れ替える必要があります。 また、鉢の底に根が出てきて、根詰まりぎみになったときも植え替え時期のサイン。 寒い冬の植え替えは、ウンベラータの負担が大きいので、5月~6月の日中が理想的。 使う土はできるだけ水はけの良い用土がよいでしょう。 慣れないうちは自作ブレンドより、観葉植物専用の土が1番手軽で失敗も少なく済むでしょう。 自作する場合の配合の比率は、赤玉土(小粒)と腐葉土を6:4にするのがおすすめです。 ウンベラータの育て方のポイント4.肥料の与え方 植え替え直後はウンベラータの状態も不安定ですので、12ヶ月は肥料を与えないほうが良いでしょう。 春・夏・秋の3回程度、緩効性の化成肥料(置き肥)を与えます。 ウンベラータの育て方のポイント5.挿し木を行う 挿し木というのは、剪定した枝を新しい苗として育てる方法のこと。 挿し木をする際は、枝の切り口を斜めにして表面積を大きくすることで、水分や栄養分を吸収する力が強くなります。 寒さには弱いので、成長期に向けて、5月~8月頃までに行うのがベスト。 繊維をつぶさないように枝をカットするのがコツ 繊維がつぶれると、そこから腐ってしまう可能性があるため、先端の頂芽や幹をだいたい3節分くらいをカットしてください。 ウンベラータの育て方のポイント6.剪定は必ず行う ウンベラータは成長スピードがはやいため、放っておくと樹形がくずれてしまいます。 また、上へ上へ伸び続ける性質があるため、室内では天井まで届いてしまう可能性も。 よって、室内では剪定なしに育てると、せっかくお気に入りの樹形を購入しても形が崩れてしまい残念なことに。 ウンベラータの剪定時期 寒さや乾燥に弱いため、冬は避けて夏の成長期に向けて行いましょう。 暖かくなってくる春頃からが最適と言えます。 これからの理想の樹形をイメージ 剪定をはじめる前、必ず樹形の完成イメージをはっきりしてから行いましょう。 ウンベラータを置く部屋に合ったイメージをバランスで、イメージしてみると良いかもしれません。 インテリアにぴったり!ウンベラータの魅力 ここまでウンベラータの育て方についてご紹介してきました。 ここからは少し視点を変えて、ウンベラータの魅力に迫ってみましょう。 インテリアアイテムとしても人気のウンベラータには、どんな魅力が詰まっているのでしょうか。 この可愛らしい見た目が好まれ、自宅用の観葉植物としてはもちろん、雑誌やCM、企業広告など「おしゃれな暮らし」を体現してくれるアイテムとして広く親しまれています。 植物の成長にあわせてさまざまな大きさのハート型が楽しめるウンベラータは、眺めているだけで幸せな気分に浸らせてくれる観葉植物です。 ウンベラータには幸せを象徴する花言葉が 実はウンベラータの花言葉には、「すこやか」「永久の幸せ」「夫婦愛」といった幸せを象徴する意味が込められています。 結婚や出産のお祝い用に、プレゼントアイテムとして選ばれることが多いのもそのため。 また、家族やパートナーとの幸せを祝うために、寝室やリビングに飾ってみても良いでしょう。 しっかりとした枝ぶりは、植物ならではの生命力を感じさせてくれます。 また、曲線状に枝が成長すると個性を感じさせてくれるだけでなく、インテリアとして活用する際も置く角度によって違った表情を見せてくれます。 曲げ木でオリジナルの形を楽しもう ワイヤーなどを使って幹の形を変える「曲げ木」に挑戦してみるのも、ウンベラータの魅力をより楽しむ方法の1つです。 自分好みの形に幹の成長を促すことができるので、日々の成長がますます楽しいものに変わります。 ワイヤーなどが難しい場合は、紐などを使って形を整える方法もあるので、興味がある方は挑戦してみてください。 そこで、葉っぱの量を剪定などで調整しながらイメージチェンジ! 全体のバランスを整えるだけでも、それまでとは違った表情に仕上がり、新しい魅力を発見できます。 葉っぱの大きさも剪定の参考に 全体のバランスを整える際は、葉っぱの大きさも参考にしましょう。 サイズの大小がどちらかに偏ってしまうと、全体のバランスが崩れてしまいます。 葉っぱの量を調整する場合も、枝や幹の剪定前とおなじく完成形をイメージしておくと良いでしょう。 お部屋に置くならここ!ウンベラータのインテリア例 最後に、ウンベラータをお部屋に置く際のインテリア例をいくつかご紹介します。 窓際で太陽の光と共演させる 窓際はウンベラータの置き場所の中でもおすすめの箇所です。 太陽の光に緑の葉っぱが輝く姿は、お部屋全体を明るい印象に変えてくれます。 時間帯によっては、光の中に浮かぶハート型のシルエットを楽しむことができ、ウンベラータの魅力をより一層引き立ててくれます。 寝室でリラックスタイムを演出 寝室にウンベラータを置いてみるのもおすすめです。 植物ならではの温かみのある雰囲気が、お休み前のリラックスタイムを演出してくれます。 ウンベラータには幸せを象徴する花言葉があることから、ゆったりとした空間づくりにはぴったりです! 育て方のポイントを押さえて存分に魅力を満喫 ウンベラータは育て方のポイントさえ押さえておけば、誰にでも育てることができます。 ハート型の葉っぱや個性ある幹の形は魅力に溢れており、インテリアアイテムにもぴったりです。 APEGOの通販サイトでも大人気のウンベラータ。 入荷してもすぐに売り切れになることが多いので、入荷のチャンスを見逃さないよう、こまめにショップをのぞいてみてくださいね!.

次の

核分裂反応と原発の基本原理

ウラン ベータ

ウランとプルトニウム 4 原子力 化学エネルギーで生命を維持しているわれわれ人類が(地球型生物が)、本当に核エネルギーを制御できるであろうか。 4・2 ウランとプルトニウム (1) 自然界のウランは、おもにウラン235とウラン238という2種の同位体(原子核の中の中性子の数が違うだけで化学的な性質はまったく同じもの)として存在する。 そしてその割合は、地球上のどの場所からとってきても、さらに太陽系のどの場所のウランでも、1:137. 8(0. 7%:99. 3%)になっている。 下のを参照。 そして、核分裂の連鎖反応を起こすのは、自然界にはわずか0. 7%しかないウラン235の方である。 これでは濃度が低すぎるので、ふつうはウラン235の割合を高めて(濃縮して)利用する。 軍事的な目的では、ウラン235の割合がほぼ100%近くまでになるまで濃縮するが、発電用では3%程度にまで濃縮したものを使う。 ウラン235の濃度を高めたものを濃縮ウランという。 ただし、ウラン235とウラン238とでは化学的な性質はまったく同じなので、ウラン235の濃縮は、ウラン238とのごくわずかな質量の違い(235:238の違い)だけを頼りに行う。 ガス拡散法とか遠心分離法などがあるが、実際には非常に難しい技術で、かつ大量のエネルギーが必要である。 軍事にも密接にからんでいるので、各国において重要な機密事項になっている。 公開が原則の日本の核だが、このウランの濃縮工場は公開されていない。 もっとも、日本の発電用濃縮ウランは、日本の工場だけでは各発電所に供給できるだけの量を生産できない。 そこで、ふうつはまずウラン鉱石を諸外国から買い付け、それをアメリカに送って濃縮してもらい、その濃縮ウランを購入している。 もともとウラン鉱石は日本では実質的にはとれない。 (しかしなぜか、国の統計では「準国産エネルギー」となっている。 参照)。 つまりほとんどを輸入に頼っている。 ウランを濃縮するということは、残りの天然ウラン中のウラン235の濃度が低くなっているということである。 この残りを劣化ウラン(ウラン235の割合は0. 25%程度)という。 100万kW級の軽水炉1基が1年間で使う濃縮ウランを製造するためには、天然ウランが約160トン必要で、それから出来る濃縮ウランは約25トン、残りの135トンは劣化ウランとなる。 つまり、六ヶ所村のウラン濃縮工場からは、年間約600トンの劣化ウランが発生することになる。 その使い道は未定であるが、に混ぜるということも検討されている。 ウランなどの放射性物質の放射能(放射能を持っている元素の量)は、一定の時間ごとにその強さ(その量)が半減する。 その時間を半減期という。 この半減期は、熱・圧力、あるいはいかなる化学反応でも変えることができない。 逆にこれを利用して、放射性同位元素をとすることができる。 ちなみに、ウラン235の半減期は約7. 0億年、ウラン238の半減期は約45億年である。 地球の年齢は約45億年と考えられているので、地球が誕生したころのウラン238の量は、ちょうど今の倍あったことになる。 なお、半減期については。 図4-2 半減期 放射性同位元素 半減期 放出するおもな放射線 人工の放射性物質 (原子炉内で自然にできてしまう) ヨウ素131 8. 0日 ベータ線 コバルト60 5. 3年 ガンマ線 セシウム137 30年 プルトニウム239 24000年 アルファ線 自然界の放射性物質 ラドン222 3. 8日 ラジウム226 1600年 ウラン238 45億年 表 おもな放射性同位元素とその半減期(放射線については) 補足2: 鉄よりも重い元素は、重い恒星の一生の最後を飾るによって生成される。 ウラン235もウラン238も、その後一定の割合(半減期)で減っていく。 ウラン235とウラン238の比が、地球上、いや太陽系上で一定だということから、太陽系の元素の起源となった超新星爆発は単一(あるいは同時期の複数)だということが推定できる。 また、もし理論的に元素生成時のウランの同位体の比が計算できるなら、その超新星爆発が何年前に起きたものかもわかる。 例えばウラン235:ウラン238の生成時の割合が0. 6:1(過去に遡ると、半減期の短いウラン235の割合は相対的に増加する)だったとすると、太陽系の元素をつくった超新星爆発は約54億年前に起きたことになる。 ともかく、地球上の物質は一度はどこかの恒星の物質だったわけで、われわれの体もかつては恒星・として光り輝いていたことになる。 補足3 天然原子炉 過去に遡ると、核分裂の連鎖反応を起こすウラン235の割合がいまよりも大きくなる。 つまり、ウラン235の濃度が高かった大昔、流水によって密度の大きいウランが集まった場所ができ、さらにそこに水が存在していると(自然に核分裂の連鎖反応が始まる最低量)が小さくなることも加わり、ウラン235が臨界に達し、自然に核分裂の連鎖反応が起きた可能性がある。 このことを最初に指摘したのは日本の黒田和夫で、1956年のことである。 そして、実際に天然原子炉の跡が発見されたのは、1972年、アフリカのオクロ鉱山(ガボン共和国)であった。 ここで採掘されたウランは、当然ウラン235の濃度が通常の0. 7%よりかなり低く、0. 4%程度のものもあった。 天然原子炉が運転していたのは約17億年前(20億年前という説もある)、それは60万年間ほど続き、合計で大きな発電用原子炉の4年分の発電量に相当するエネルギーが放出されたという(数世帯のエネルギーをまかなえる発電が60万年間続いたことになる)。 図4-3 オクロの天然原子炉:(株)三菱重工業 原子炉ゾーンの一部を保存している。 プルトニウムは自然界には存在しない元素である。 核分裂の連鎖反応を起こさないウラン238の原子核に中性子をぶつけると、中性子が原子核に吸収され、プルトニウム239になる。 すなわち、プルトニウム239は原子炉(中性子が飛び交っているし、燃料の大部分はウラン238)さえあれば簡単につくることができる、というより、いやでもできてしまう。。 このプルトニウム239は核分裂の連鎖反応を起こす。 そして、その名前「地獄の神」(プルートー)のとおり大変な物質である。 まず強い放射能を持っていること(半減期は24000年)、そして化学的にも非常に毒性が強いこと(ダイオキシンと並び、人類が創り出してしまった最悪の物質の一つ(参照)、また連鎖反応を起こすので原爆の材料にもなる(核拡散)こと、という三つの問題がある。 そして、プルトニウムはウランとは違う元素なので、化学的に分離・濃縮が可能である。 つまり、原子炉さえあればどの国、どの組織でもプルトニウム239を材料とした原爆ならば製造できてしまう。 強い放射能、強い毒性のため個人レベルでは無理であろうが。 補足:原爆 原爆(原子爆弾)は、ウラン235やプルトニウム239を、臨界量よりごく小さいブロックにわけておき、火薬の力で一瞬にして圧縮、臨界量を超えさせて爆発させる。 プルトニウムの生産は原子炉さえあればできるし、濃縮も化学的に可能なので、プルトニウムを使った原爆は、技術的に難しいウラン235の濃縮が必要なウランを使った原爆より容易にできる。 実際、アメリカ、ロシア、イギリス、フランス、中国以外の国の原爆は、すべてプルトニウムを使っている。 ただし、上の5カ国以外にも、ウラン235で原爆を作ったといっている国もある。 ちなみに、日本に落とされた原爆は両方のタイプで、広島に落とされたもの(通称リトルボーイ)はウラン235を使ったもの、長崎に落とされたもの(通称ファットマン)はプルトニウム239を使ったものである。 リトルボーイ(長さ3m、直径0. 71m、重さ4400kg、、15キロトン原爆) ファットマン(長さ3. 25m、直径1. 5m、重さ4656kg、21キロトン原爆).

次の