ご 容赦 の ほど。 どんなときに使う?「ご容赦ください」の正しい意味や使い方を例文付きで解説 【もう間違えない! 定番ビジネス敬語集】

「ご理解のほど」の意味とは?ビジネスシーンでよく使う文例も紹介!

ご 容赦 の ほど

「ご容赦願います」の読み方は「ごようしゃねがいます」です。 「容」という文字には「形」や「姿」のほかに「おさめる」や「聞き入れる」という意味があり、「赦」には「ゆるす」という意味があります。 「ご容赦願います」は「状況を聞き入れて許してください」という意味になり、ビジネスシーンでよく使われる言葉です。 こちらでは「ご容赦願います」の使い方が、よく分からないという方のために分かりやすくご紹介します。 「ご容赦願います」の使い方 「ご容赦願います」というフレーズは、よく見聞きする言葉ですが、今回は実際にどのようなシーンでどう使われているのかを詳しくご紹介します。 「ご容赦願います」は目上に使ってよいのか、ビジネスメールではどのように使うのか、類語や例文などもご紹介します。 「ご容赦願います」は敬語として使えるか? 「ご容赦願います」は、敬語として正しいですが使える相手の範囲は限られてきます。 「ご容赦」は「お許しください」とう意味で問題ありませんが、「願います」は丁寧語にはなっています。 できればより丁寧な言い方に直すのが好ましいです。 丁寧語なので社内であれば問題なく使える場合が多いですが、目上や取引先やお客様には例えば「ご容赦くださいますようお願いいたします」や「ご容赦いただきたく存じます」として使えば問題ありません。 特にメールでは顔が見えませんので「許してください」とお願いをするのですから、より丁寧な言葉にした方が有効です。 ビジネスシーンで使われる「ご容赦願います」 「ご容赦願います」は、ビジネスシーンで使うことはよくあることで、全く問題ありません。 特に親しい取引先との対面での会話では、口調や表情も伴うため柔らかく表現することもできます。 しかし、いくら親しい取引先とはいってもメールの場合はもう少し丁寧な敬語にすることを強くおすすめします。 「ご容赦願います」とすると、相手によっては「このメールってちょっと微妙」と感じてしまう可能性があります。 したがって、丁寧語ではなく尊敬語や謙譲語を使うことをおすすめします。 例としては「ご容赦の程よろしくお願いいたします」といった文章があります。 「ご容赦願います」はメールで使えるか? 「ご容赦願います」をメールで使う場合は、社内までとしましょう。 「願います」が丁寧語で謙譲語になっていないからです。 目上や取引先、お客様に対しては「ご容赦くださいますよう、どうぞよろしくお願いいたします。 」のように、少し堅苦しい感じがするくらいがちょうどよいくらいです。 「自分がもらったら納得できるメールかどうか」を考えればよいでしょう。 「ご容赦願います」の例文として、さまざまなシーンをあげてみましょう。 「ご容赦願います」を使う場面は、こちらの過失に対して謝るだけではありません。 例えば広告の品などに限りがある場合にも「広告の品には限りがございますので、売り切れの場合にはご容赦いただきたくお願い申し上げます。 」などと了承を促す場合にも使われます。 「ご容赦願いますよう」は使えるか? 「ご容赦願います」だけでは丁寧さにかけると感じる場合は「ご容赦願いますよう」としてその後に「お願いお願い申し上げます」を付け加え、「ご容赦願いますようお願い申し上げます」とする文章はいかがでしょうか。 これですと「お願い」という言葉が重なってしまうため、よくありません。 文章は、言葉が重ならないようにすることが正しいので「お願い」の代わりに「ください」を使います。 「ご容赦くださいますようお願い申し上げます」としましょう。 「ご容赦」を使ったその他の例文 ここまで「ご容赦願います」をご紹介してきましたが、例文をもう一度挙げて復習してみましょう。 ・ご容赦のほどよろしくお願いいたします。 ・ご容赦いただきたく存じます。 ・ご容赦くださいますようお願い申し上げます。 ・ご容赦いただければ幸いです。 「ご容赦」は「申し訳ございません」とは少しニュアンスが異なります。 「申し訳ございません」は、とにかく謝るときに使います。 「ご容赦」は、「本当に申し訳ありません。 どうか聞き入れてください。 お許しください。 」という「許して欲しい」という意味合いが強いときに使います。 本当に自分サイドに過失があり相手が怒り心頭の場合は「ご容赦」という言葉を前面に出してはいけません。 最初から「許して」と言うのは少し違います。 そのような場合には、まずは相手の怒りが収まるまではひたすら謝りましょう。 「ご容赦」を使う時のシチュエーションは? 「ご容赦」を使うときのシチュエーションには、どのような場合があるのか例を挙げてみましょう。 ・売り出しの品の数に限りがある場合「数には限りがございますので、売り切れの場合はご容赦くさい。 」 ・行き違いで督促状を送った場合「なお、このはがきと行き違いで既にお支払いが完了している場合はご容赦ください。 」 ・チケットなどが完売した時「ご好評につきましてチケットは完売いたしましたので、何卒ご容赦くださいませ」 ・突然仕事を休んだときのお詫び「本日は突然に休みをいただきまして、誠に申し訳ございません。 何卒、ご容赦くださいますようお願い申し上げます。 」 ・報告が遅れたとき「ご報告が遅れてしまいましたが、どうかご容赦ください。 」 ・配達が遅れるとき「先日の地震の影響で配達が遅れる場合がございますが、何卒ご容赦くださいますようお願い申し上げます。 」 「ご容赦願います」の類語は?.

次の

本気謝罪に使うと大問題!「ご容赦ください」の覚えておきたい使い方【今さら聞けない大人の敬語講座vol.8】

ご 容赦 の ほど

社会人になるとさまざまな謝罪の言葉を覚えることになります。 これは語彙力の向上に一役買っていますが、謝罪の場面が増えるというのはちょっと寂しい気持ちもする部分です。 こうなってしまうのは「何卒ご理解」のように、使い勝手がよく文章を急いで考えるとテンプレートのように出てきてしまう言葉が原因と考えられます。 何卒ご理解ご協力 シンプルな謝り方として使われることが多い「何卒ご理解」という言葉ですが、ご協力とセットにすると多少言葉が柔らかくなります。 具体的な例文は「何卒ご理解、ご協力くださいますようお願いいたします」となるでしょう。 多少言葉が前後することがありますが、「何卒ご理解」とセット運用した場合はこれが定型文となります。 意味のとらえ方について 「何卒ご理解、ご協力くださいますようお願いいたします」といった例文を紹介しましたが、この言葉はどのような意味で捉えられるのかを考えましょう。 人によって解釈の仕方は多少変わることもありますが、おおむね「相手に何らかの事柄に対してお願いするときに使う」というイメージがあり、「相手に強制的に了承を求める言葉ではない」という認識になります。 つまり、「ご了承下さい」という言葉とセット運用ができないと言うことです。 一つ一つの言葉遣いは間違っていない状態でも、他の言葉と組み合わせることで文章がおかしくなることは多々ありますので、その実例として覚えておくといいでしょう。 何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします 多少硬い言葉であっても断定的な表現を使わないことで柔らかい印象を持たせるものもあります。 それが「~のほど」という表現です。 それを「何卒ご理解」という言葉とセットにすると以下のような例文になります。 「何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします」や「何卒ご理解ご協力のほどよろしくお願いします」や「何卒ご理解ご了承のほどよろしくお願いいたします」といった表現です。 意味のとらえ方について 日本語における「~のほど」という表現は使い勝手がよく、意識しないでついつい多用している方もいますが、これは表現を柔らかくする効果があります。 断定的な表現を避ける使い方ができるため「何卒ご理解」とセットにすれば表現が柔らかくなり、「理解を求めることよりも、理解してもらいたいというお願いがこもっている」という意味になります。 何か頼み事をしたいけど命令口調を使いたくないし、なんとか言葉のニュアンスを柔らかくして角が立たないように立ち回りたいという人にとって頼りになる言葉です。 何卒ご理解賜りますよう 「賜る」という表現は難しいので使ったことがないという人も多いでしょう。 この「賜る」という表現と「何卒ご理解」をセットにして使うこともできるので、「何卒ご理解」の違った運用方法の一つとして覚えておくと役立ちます。 具体的な使い方は「何卒ご理解賜りますようお願いいたします」とか「何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます」となります。 多少難しい表現ではありますが、「弊社の置かれている状況を何卒ご理解賜りますよう~」といった表現になると自分たちの苦労している様子も見せることができるでしょう。 意味のとらえ方について 「何卒ご理解」と「賜る」のセット運用で躓くのが「賜る」です。 この「賜る」という表現は「もらう」の謙譲語なので、商品や品物をもらう時に使う言葉でもあります。 しかし、「指導してもらう」といった表現の「もらう」の敬語表現として「ご指導を賜る」という使い方もできると言うことです。 「何卒ご理解」の意味は「理解して下さい」や「察して下さい」となりますので一つ一つ解説すれば意味も見えてくるでしょう。 答えは「なんとか理解してもらいたいです、どうかよろしくお願いします」となります。 「賜る」は使い過ぎないこと 謙譲語の一つである「賜る」という表現を多用するのはNGです。 「賜る」の多様がNGというよりは、謙譲語を大量に使うことが間違っていると考えて下さい。 「賜る」は自分を下げる意味がある謙譲語の一つなので謙譲語を重ねて使いすぎると、「へりくだりすぎて堅苦しい」というイメージを与える恐れがありますし、人によっては「この人は本当に言葉を理解して使っているのか」と疑問を抱かれてしまいます。 難しい表現の使い回しを覚えるとついつい使いたくなるものですが、謙譲語のように自分を下げる言葉を使いすぎると、逆に印象を悪くする恐れがありますのでバリエーションを豊富にして偏らないようにすることが大切になります。 何卒ご理解ご了承 いくつか具体例を用いて紹介してきましたが、同じような意味を持つ言葉を重ねて使うことで意味を深める言葉もあります。 それが「何卒ご理解ご了承」といった表現です。 「ご了承」には「理解して承諾する」という意味や「これから起こることに対して納得してもらう」という意味があります。 具体的な使い方は「何卒ご理解ご了承のほどよろしくお願いいたします」とか「何卒ご理解ご了承いただければと存じます」とか「何卒ご理解ご了承いただければ幸いです」となります。 「何卒ご理解」の使い方 それでは具体的な使い方をシーンごとにまとめてみましょう。 ある程度謝るときに使う定型文となっているので使う場面も限られてきますが、先に紹介したように他の言葉との組み合わせによってニュアンスが異なってきますので、状況次第では使い分けすることができます。 口頭で「何卒ご理解ください」といった表現をする人は現代社会では少ないでしょうが、メール文章では頻繁に登場しますので書き方に注意しましょう。 ビジネスシーンでは やはり謝る必要があるシーンで使うことが非常に多いです。 先の例文で紹介した「何卒ご理解賜りますようお願いいたします」とか「何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます」といった表現は謝る必要が無い場面では使わないでしょう。 自社の商品や担当者が何らかのトラブルを起こして、お客に対して何らかの不都合が発生している場面で「お客様には大変ご迷惑をおかけいたしまが、何卒ご理解賜りますようお願いいたします」といった表現をします。 場内アナウンスや連絡案内といった仕事をしている方々ならば使う表現の一つと言えるので、先輩から教わったという人も多い表現です。 何らかのマニュアルや説明文 商品において絶対に必要なのが使い方や保存方法などをまとめたマニュアルです。 このマニュアルにしっかりと使い方が解説していないとトラブルに繋がり後に面倒なことになります。 しかし、最初から書いてあればトラブルにはなりにくいです。 たとえば、「この禁止事項に該当する使い方をしてトラブルが発生しても一切の責任を負いかねますがご理解賜りますようお願いいたします」といった使い方ができるということです。 メールでの使い方 メール文章になるとテンプレートや特定の言い回しを使い回すことが可能になりますので、「何卒ご理解」といった表現も使いやすくなります。 こちらも何らかのトラブルが発生したときに謝るメール文章として「何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします」とか「何卒ご理解いただけますようお願い申し上げます」といった例文を使います。 それ以外には不合格の通知をするときに理解してもらいたいという言葉を柔らかくするために、「今回は不合格とさせていただきます。 何卒ご理解ご了承のほどお願いいたします」といった使い方をすることもあります。 「何卒ご理解」と「ご容赦」の違い 「ご容赦」の意味とニュアンスを理解する ここでポイントとなるのは「ご容赦」の意味です。 似たような言葉として使われることが多い「ご理解」と「ご了承」と「ご容赦」ですが、意味は一緒でもニュアンスは違います。 「何卒ご理解」の意味は「どうかわかって下さい」ですがニュアンス的には伝えることが最優先であり、「ご了承」とは「理解して下さい」という意味ですが「納得してもらいたい」というニュアンスです。 「ご容赦」は「理解して下さい」よりは「許して下さい」という懺悔のニュアンスが強いです。 ニュアンス的には「ご容赦」のほうが「何卒ご理解」よりも丁寧な表現と感じられることが多く「ご容赦下さいますようお願い申し上げます」という表現のほうがすんなりと受け入れられることがあります。 ニュアンスを大切にしよう.

次の

「ご理解ください」と「ご了承」「ご容赦」の正しい使い分けと例文集

ご 容赦 の ほど

「ご容赦ください」の使い方 「ご~ください」の形なので、「ご容赦ください」は目上の人にも使える表現です。 より丁寧にしたい場合には、「何卒ご容赦ください」として使われることが多いでしょう。 「ご容赦ください」は、大きく分けて2つのニュアンスがあります。 申し訳ないという気持ちを意味する時よ、近い将来に起こりうることに対して理解を求める=前もってお詫びする時があるでしょう。 「ご容赦」・「ご了承」と「ご理解」の違い 「ご容赦ください」と似た表現として「ご了承ください」や「ご理解ください」が挙げられます。 これらの違いは、「許す」強さにあります。 「ご了承ください」や「ご理解ください」も、「ご容赦ください」と同じように相手へ理解を求める場合に使用されます。 しかし、 「ご容赦ください」の元の意味が「許してください」であったのに対し、「ご了承ください」「ご理解ください」には「許してください」という意味は含まれていません。 したがって、「ご了承ください」「ご理解ください」は自分たちのミスや相手の不利に対して詫びる意味合いがないので、場合によっては配慮不足の印象を相手に与える可能性があります。 もちろん、シチュエーションによっては詫びるニュアンスを入れる方が不自然であることもあります。 その場合は「ご容赦ください」よりも「ご了承ください」や「ご理解ください」を使った方がよいでしょう。 ご容赦くださいの例文.

次の