えらい こっち ゃ ニュース。 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」 (毎日新聞)

こっちもコロナ国家非常事態。トランプ、欧州入国制限を盛大に言い間違え空港パニック(2020年3月16日)|BIGLOBEニュース

えらい こっち ゃ ニュース

「分かっていたかのように、未来から来たかのように…ミルクボーイの売れ方は凄いですよ。 12月に売れ出して、12月に吉本が 給料制度を 変えて。 12月からのテレビのギャラがみんな半々になったんで。 テレビ、ラジオは。 今月末の給料はビックリするよ、本人」と解説した。 ギャラの配分などをめぐり、多くのタレントたちが経営陣への不満を漏らした昨夏以降の騒動を経て、ミルクボーイが一番良いタイミングのブレークだったと主張。 怖いから。 舞台ギャラが上がっちゃうと 仕事に 呼びづらくなるじゃないですか」と冷静。 野田の姿勢には今田も賛同。 「あるある、やな。 我々の。 仕事が忙しくなるほど売れてくると、「これで調子に乗って ギャラを 上げんといてや」とくぎを刺され、「俺も昔、若い時…ここで調子に乗ったらアカンなと思って」と欲張らずに応じたという。 今となっては「それ、良かったか、悪かったか、知らんで」としつつ、自身は「安くてフットワーク軽い方」を売りにしてきた。 「ダウンタウンさんとかが超ハイブランドとしたら、こっちは安くて、えらいしっかりした生地やんという方の芸風。 結果的に「多分うまくいったから、こう、お仕事を頂けた」と振り返り、「だから ギャラの 上げ時っていうのは難しいな」と続けた。

次の

生垣の断面がえらいことになっていた件

えらい こっち ゃ ニュース

えらいこっちゃよいよいセブンとは、時代、志士達の間で盛んに読まれたである。 なお、後の世に、が大したことは、あまりに有名である。 このがとうとうされることとなったため、えらいこっちゃよいよいセブンも再び日のを浴びる …かもしれない。 主人公 くらうど・すとらいぷ 「ばすたあそおど」と名付けた大きなをとして使う士。 一年前よりの宿敵・せふぃろすとの えれぇを背負いながらも、攫われた人え、親友のれっどさあふぃいんを救うべくを続けている。 ばれっつ・うぉーれす 集団「あち」の格で、くらうどの友人。 大岩「かたすとろふぃ」を振り回す快な戦い方を信条としているが、の依頼に対して、本来報酬を受け取る側であるにも関わらず 「報酬ははずむぜ?」と言い放つなど、その性格も快そのものである。 関連動画 下の冒頭に、の一場面をしたものを見ることが出来る。 やがて日は過ぎ、を変え始まることとなる・・・。 関連項目•

次の

【えらいこっちゃニュース】優香38が夫・青木崇高との夫婦生活を明かした結果

えらい こっち ゃ ニュース

Getty 13日の金曜日、片道200万円オーバーの搭乗券が空を舞った… WHOのパンデミック宣言を受けて入国制限、国家非常事態宣言と大忙しのトランプ。 生中継で欧州入国30日間禁止措置のテロップを読み間違えたり、非常事態宣言でウソをついて誤魔化したり、そちらも大忙しです。 側近の訂正が追いつかないペースで事態が急展開中ですので、少し中締めを…。 言い間違いその1「欧州からの入国は全面禁止」国民に向けた会見後、欧州旅行中のアメリカ人に大混乱をもたらしたのがこちらの発言です。 This does not apply to American citizens or legal permanent residents or their families. 欧州全土の空港と航空会社のサイトには「13日の金曜日の前に帰らないと1か月帰れなくなる!」とアメリカ人が殺到。 「帰国便の搭乗券を1枚2万ドル(約215万円)で買い求める人までいた」と、シャルル・ド・ゴール空港で修羅場に居合わせたNew York Times記者が書いています。 「夜中の2:15am。 アメリカの親せきに叩き起こされてTVをつけて知った。 帰国は土曜。 金曜に間に合わない。 ネットで日付を変えようにも…できない。 デルタ航空に電話したら4時間待ち。 あきらめて新規購入に。 どんどん値がつり上がって、目の前で消えていく。 えいっと購入。 住宅ローン1か月分以上が消えた。 …と思ったら、TVで先ほどのはトランプの言い間違いで、アメリカ人は禁止対象「外」と訂正している。 大慌てでキャンセル…だめだ、できない。 デルタに電話。 今度は6時間待ち。 Amexの窓口は2時間音楽が流れて切れた。 ド・ゴール空港。 せめて土曜の便のお金を返金してもらいたい。 でもデルタのカウンターには100人も並んでる。 もういいやと思って搭乗していま機内。 ゲッソリしたアメリカ人に囲まれてピーチベリーニ飲んでるとこ」 Mike McIntire記者の連続ツイートより アメリカに入国禁止になったのはシェンゲン協定加盟26か国です。 当初「英国は除外」とされましたが、「鉄道や飛行機でロンドンに行って乗り換えればOK?」、「英国(感染1395件、死亡35人、3月16日時点 ジョン・ホプキンス大学調べ)が除外って、トランプ大統領が経営難のリゾートを3つ抱えているから?」(Politico)などの批判が高まり、その後英国も禁止対象になりました。 もちろんEUはカンカン。 「世界の危機なのに、一方的に何の相談もなく禁ずるなんて」と、ウルズラ欧州委員会委員長とミシェル欧州理事会議長が共同で抗議中。 言い間違いその2「貿易と輸入も禁止」「入国禁止は大量の貿易・物資輸入のみならず、今後承認するさまざまな品目にも適用される」 これも演説後、大統領自身がツイートで「モノは禁止対象に含まれない。 人だけだ」と訂正しましたが、経済界は大混乱でした。 おそらくテロップの「will not apply」を「will not only apply」と間違え、正反対の意味になったものと思われます。 言い間違いその3「治療費も免除する」 医療保険業界の社長たちと今週話し合って、コロナウイルスの治療費は患者負担分まで全額免除することで了承を得た。 もうサプライズの請求もない。 一瞬ぬか喜びしたのですが、米医療保険最大の業界団体「米国医療保険プラン(AHIP)」に直接メールで確認したら、免除になるのは検査代だけで、治療代ではないとのこと。 まだ同意していない保険会社もあるので、大統領の言葉を真に受けて、事前の見積りをとらずに検査を受けるとえらいことに…。 言い間違いその4「検査は絶賛急増中」「COVID-19の検査の規模は日々拡大中。 急ピッチで進めている」 かけ声ばかりで検査不足は続いています。 3900万人近くが住むカリフォルニア州でも、「感染者と接触がある人は数千人いるのにまだ1138人しか検査していない」(3月12日付、Los Angeles Times紙より)のが現状。 検査キットは増えたんですが、検査に必要なRNA抽出キットの製造が追いつかなくて、国の対応もありえない遅さです。 試薬メーカー最大手のQiagenは「パンデミックの影響で製造キャパが落ちているが、社員を増やし、土日を返上して1日3シフトで回し、ドイツ、スペイン、米国で増産化を図る」のだそうで、おつかれさまです… 国家非常事態宣言では「Googleが全米規模のCOVID-19検査専用サイト制作中」と発表しましたが、あれも「Alphabet傘下のVerilyがサンフランシスコ・ベイエリア限定で医療関係者向けに制作中のドライブスルー検査所紹介サイトを一般公開する」というだけで、詳細は一切不明です。 言い間違いその5「パンデミック対策本部を解散したのは自分ではない」 「ホワイトハウスのパンデミック担当部局をなぜ解散したのですか?」と記者に突っ込んだ質問をされると、トランプ大統領は「愚問。 自分は預かり知らない」と答えて、記者のマイクを切ってしまいました。 これについてはSherrod Brown上院議員が「事実ではない」とツイート。 「ホワイトハウスのパンデミック対策チームのスタッフを全員クビにしたとき、抗議の質問状をあなた宛てに送ったはずだ」と質問状の画像を公開しました。 Not true, realDonaldTrump. I wrote to you more than 600 days ago demanding answers after you fired the entire White House pandemic team. twitter. NY Timesが入手したCDC部内の最悪のシナリオでは、「1. 6億〜2. 14億人が感染し、240万〜2100万人が入院、全米の病床92万5000台ではとても間に合わず、20万〜170万人が死亡する」んだそうな。 ティム・アップルと言い間違えるくらいならまだしも、国家非常事態にこんなポロポロ間違えるんじゃ…不安です。 わたしも飛行機が飛んでるうちに日本帰ろうかな…。

次の