メープル リーフ 金貨。 メイプルリーフ金貨の買取価格一覧|金貨の買取なら記念硬貨の金貨買取本舗

メープルリーフ金貨

メープル リーフ 金貨

カナダを含む16ヵ国の主権国家の君主として、多くの金貨・銀貨に登場します。 このおばさんは誰?は 裏面の刻印はカナダを代表する木であり、同国の国旗のデザインにもなっているサトウカエデ(砂糖楓)の葉です。 メイプルリーフ金貨はカナダ王室造幣局から発行されている純度99. 1979年以降毎年発行され続けており、その美しく繊細なデザインとカナダ政府保証という信頼性の高さから非常に人気があります。 世界で初めて99. 99%以上の純度で発行され、現在は数ある地金型金貨の中でも世界一の流通量を誇ります。 コイン裏面のデザインは美しいカエデの葉。 動物をモチーフにした金貨は数多くありますが、植物をモチーフにしたものは珍しいです。 なお、カエデ(maple-メイプル)の樹液を煮詰めたものはメイプルシロップ。 カエデの葉(leaf-リーフ)をデザインした金貨はメイプルリーフ金貨(Canadian Gold Maple Leaf)です。 メイプルリーフ金貨の重量別データ 重量 重量(グラム) 直径 厚さ 額面価値 1 トロイオンス 31. 1 g 30. 0 mm 2. 6 g 25. 0 mm 2. 78 g 20. 0 mm 1. 11 g 16. 0 mm 1. 55 g 13. 9 mm 1. 55 mm 1 カナダドル メイプルリーフコイン メイプルリーフコインには、メイプルリーフ金貨だけでなく純度99. 99%のメイプルリーフ銀貨や純度99. 95%のメイプルリーフ プラチナ貨などもあり、全て共通のデザインが採用されています。 メイプルリーフ金貨 表面 裏面 金貨を購入してもあなたの資産は減らない 金貨の購入は、決して安い買い物ではありません。 しかし購入してあなたの資金は減っても資産が減る訳ではありません。 その後、金価格の変動により資産の増減は起こり得ますが、購入そのものによるマイナスは無いのです(手数料・送料等は除く)。 そしてもし日本円が必要になったら売却しましょう。 金貨はキズを付けない限り、中古だから安くなるということはありません。 その時の金価格で売却できます。

次の

メープル金貨の種類と価格一覧|ブランドバック・高級腕時計・金・宝石の買取なら買取エージェント

メープル リーフ 金貨

ここのところ金(きん)の価格が上がっているらしい、ということはなんとなく見聞きして知っていた そーです。 なんでも40年ぶりの高値水準なんだとか。 まあ、1枚だけなんですけどね。 メイプルリーフ金貨を買取してもらおうと思ったものの、これまでの人生で金を売ったことがないので、どこでどう売ればいいのか分からないし、できれば なるべく高く買い取ってもらいたい。 町中にたくさんある「金買取りますよ!」というお店に持ち込むのは一番簡単で楽そうだけど、メイプルリーフ金貨を1枚だけ見積もりしてもらって、思っていた金額より低かったら、、、気がちっちゃくてビビりな僕は引っ込められるかどうか分からない。。。 そんなわけで、自分なりにメイプルリーフ金貨の買取価格を調べてみると、なにやら 「田中貴金属工業」というところの買取価格が一番高いらしい、ことが分かりました。 それじゃあ、その 「田中貴金属工業」の買取価格で買い取ってもらうにはどうすればいいの?どこで買取りしてもらえるの?ってなことを調べて、実際にメイプルリーフ金貨を売ってきました。 その様子なんかをまとめてみました。 メープルリーフ金貨の買取価格はいくらなの? 金の買取価格、メイプルリーフ金貨の買取価格はネットで簡単に調べることができます。 見積もり自体はLINEを使って簡単にできるようなのですが、メイプルリーフ金貨は規格も同じなので金額を表示しておいてくれたほうが、売る方としては「買取」に踏み切りやすいですよね。 田中貴金属とその他の買取店の価格の差は2000円以上ありますが(大黒屋とは6000円以上)、田中貴金属以外の買取店は、 宅配買取での価格(送料や保険など込の価格)なので、一概に田中貴金属が一番とは言えません。 ですが、 金額だけで見れば田中貴金属に買い取ってもらうのが一番高い。 田中貴金属の店舗は ギンザ タナカの名前で、銀座や新宿、横浜をはじめ、高級ホテルや伊勢丹の中など全国に数店舗しかありません。 僕の住む千葉からだと 東京まで往復で4時間弱かかりますし、 交通費も2000円ほどかかります。 そもそも銀座本店やらデパートの貴金属店といった 高級感漂う店内で変な汗をかきたくない。 それなら、宅配買い取りに出したほうが、交通費を差し引いたら金額もほぼ一緒だし、行く手間もかからない。 と思っていたのですが、ふとあることに気が付いたのです。 田中貴金属工業の特約店(代理店)が全国にあることに! 田中貴金属工業の特約店になっているお店は、金の売買などができる貴金属を扱っている所ではあるのですが、 町のメガネ屋さん、時計屋さん兼、貴金属店といった感じの入りやすいカジュアルなところも多いです。 僕の住んでいる千葉県の特約店は子供の頃からあるメガネ屋さん(だとずっと思っていた)、 「勉強堂」です。 県内に金貨の売買ができる勉強堂は14店舗あり、家から自転車で10分ほどのところにあります。 自宅や仕事場の近くに田中貴金属の特約店があれば、 田中貴金属のホームページに書かれているメイプルリーフ金貨の買取価格で買い取ってもらえます。 特約店は、表示価格から手数料やマージンを取ったりはしていません。 もし、近所に特約店がなければ、宅配買い取りを使ったほうが、金額もスッキリ分かりやすく、手間もかからないかもしれません。 宅配買い取りについては後ろの方で書いています。 田中貴金属の特約店でメープルリーフ金貨を買取してもらうときの注意点 田中貴金属の特約店(勉強堂)でメイプルリーフ金貨を買い取ってもらうときの注意点を先にまとめておきます。 メイプルリーフ金貨を買取してもらうのに必要なもの 買取してもらうメイプルリーフ金貨以外に必要なものがあります。 コピーはお店で取ってくれます。 田中貴金属の特約店での売却代金の受け取り 田中貴金属の特約店での売却代金の受け取りについては、その特約店に直接問い合わせるようにホームページに書かれています。 僕が買取してもらった特約店の勉強堂では、支払いは 現金か、または銀行振込で、買取の手続きをしてから 実際に代金が支払われるまでに一週間ほど時間がかかる、と言われました。 振込自体は特約店ではなく田中貴金属からされます。 売却する金額が大きければ銀行振込にしたほうが安全ですが、僕の場合は10万円以下の売却金額に対して 880円の振込手数料は高いし(千葉銀の口座持ってないし、550円でも高い)、わりと近所だし、連絡をもらったら現金を取りに行くことにしました。 ではでは、田中貴金属の代理販売店の勉強堂に行ってメイプルリーフ金貨を買い取ってもらった様子です。 田中貴金属の特約店でメープルリーフ金貨を買取してもらった様子 僕が子供の頃からずっとある 勉強堂。 店内は、眼鏡やら時計やらが置かれていて 特別な威圧感もなく庶民の僕でも入りやすい。 「金貨を買取してもらいたいんですが、、、」というと、お店の一角にある眼鏡を調整したりするのとは別のカウンターに案内されました。 おお〜っ!田中貴金属の特約店らしさのあるカウンター。 置いてある金塊はもちろん本物ではありません。 おそらく、ちゃんと本物かどうかが確かめられているんだと思います。 ちなみに1/2オンスのメイプルリーフ金貨の重さは15. 5517gです。 そしたら今度は、この日(2020年1月6日)の 買取価格を案内されて、確認します。 間違いなく、 89974円になっています。 実際にお金を受け取るのは一週間くらい先ですが、 買取価格は金貨を持ち込んだ日の価格での買取になります。 金額を確認したら、 「地金・コイン ご売却申込書」に記入をします。 紙は大きいですが記入するのは左上の部分だけ。 日付と署名、名前と、生年月日、住所、電話番号を記入して、 職業、入手経緯、換金後の利用目的などを選択肢から選びます。 用紙に記入したら、 身分証明書の運転免許証を渡してます。 身分証明書のコピーをとったり、手続きをしたりしている間、しばし待ちます。 手続きが終わったら、 「売却計算書のコピー」と金貨の売却代金との 「引換証」を受け取ったら、メイプルリーフ金貨の買取の手続きはおしまいです。 あとは、連絡をもらったら、お金を取りに来るだけです。 この記事を書くために店員さんに、いろいろ質問したり、写真をパチパチ撮ったりしながらで、お店に入ってから出るまで 大体20分くらいでした。 メープルリーフ金貨の代金の受け取り 僕がメープルリーフ金貨を売りに行った1月6日から8日後の1月14日に、「金貨の代金をお渡しできますよ」という連絡がきました。 前日の13日は成人の日で祝日だったので、もし祝日でなければちょうど一週間の7日後に連絡が来ていたのかもしれません。 どちらにしても、 予定通り「一週間くらい」でした。 さっそく受け取りに行きました。 受け取りには、先日もらった「引換証」を持って行くと現金を受け取れます。 手数料などは、一切取られません。 最後に受け取りました、という証明のためにサインをしたら、コインの売却は完了です。 何でもネットで手続きできて、自宅にいながら大抵のことが済む時代ですが、 田中貴金属の特約店が近所にあれば、難しいこともなく、分かりやすい買取価格で買い取ってもらえました。 けれども、やっぱり店舗に行ってる暇とかないし、面倒くさい、家で全部手続きしたーい。 という人のために宅配買い取りもちょこっと紹介しときます。 ここでは、最初にも紹介したメイプルリーフ金貨の今日の買取価格を出している買取店で買取金額が高かったお店を紹介します。 金貨買取本舗 金貨買取本舗はその名の通り、 金貨を専門に買取をしています。 とは言っても、インゴット(金塊)や貴金属全般、ジュエリーなどの査定買取もしています。 メイプルリーフ金貨の買取価格を提示してはいますが、その日の価格というわけではないようで、 最新の金貨の価格は問い合わせする必要があります。 ・LINEでのリアルタイム査定 ・送料・査定料・手数料 無料 ・商品到着後、迅速振込 ・会員の出張買取あり ・実店舗での買取も可(都内近辺のみ) Refastaリファスタ リファスタではメイプルリーフ金貨のその日の買取価格が表示されているので安心です。 が、宅配買い取りの場合は、商品がリファスタに到着した日の買取価格が適用されるので、ちょっと注意が必要です。 リファスタでは、金貨や金地金から、ダイヤモンドのような宝石やブランド物の時計やアクセサリー、財布、バッグ、服、靴などの買取もしています。 ひとつでも値段が付けば、買取できないものの返品送料も無料なので、これは値段がつくのかな?というものもまとめて出せば安心です。 ・簡単LINE査定 ・送料・査定料・手数料・キャンセル料・返品送料 無料 ・最短で取引を承諾した当日中に全額振込み ・30万円の配送保証が付いている ・出張買取あり ・店頭買取あり(池袋) メイプルリーフ金貨の買取の基礎知識 メイプルリーフ金貨の買取の基礎知識というほどではないのですが、僕がメイプルリーフ金貨を買取してもらうときに気になったメモ。 金には「販売価格」と「買取価格」がある 当たり前といえば当たり前なのですが、金や金貨を扱っているところはこの「販売価格」と「買取価格」の差で利益を得ています。 販売価格のほうが高い金額が付いているので、くれぐれも見間違わないようにしたい。 金の価格はキロバーの価格 田中貴金属工業など金を扱っているところの「金の価格」は販売価格にしても、買取価格にしてもキロバー(1キロの金の延べ棒)の1gの価格です。 なので、金貨の重さにこの金の価格をかけたものが買取価格になるわけではありません。 単に「金の価格」と書かれているときは 純度999. メープルリーフ金貨もk24。 1オンスは何グラム? メープルリーフ金貨をはじめ多くの金貨で使われている単位のオンスは、「オンス」とだけ書かれていますが、金や銀などの貴金属の重さの単位で 「トロイオンス」のことです。 1gです。 1g となります。 そんで、ややこしいのですが、トロイオンスとは別にふつうの 「オンス」という重さの単位もあります。 3gです。 釣り道具などで使われているのを見かけます。 金の売却にかかる税金 年間を通して金地金や金貨を売って50万円以上の売買益(買った金額から売った金額を差し引いた利益)が出たときには注意が必要です。 確定申告をして所得税を払わなければいけません。 (税率は収入によってかわります) 5年以内に買った金の売買益が80万円だった場合は、50万円を差し引いた30万円に税金がかかります。 (10%なら3万円。 20%なら6万円) 注意が必要なのは「年間を通して」なので1回の金の売却だけの金額ではありません。 金以外のものでは ゴルフの会員権や絵画や骨董などの売買益も含まれます。 土地や建物、株式など売買益は別で計算されるので含まれません。 とまあ、めんどくさいことを書きましたが、 売買益が50万円を超えていそうだな、、、と思ったら近くの税務署に相談すれば教えてくれます。 ちなみに200万円を超える売却取引は税務署へ支払調書が提出されます。 200万円を超える売却の場合はマイナンバーが必要 金地金・プラチナ地金・金貨・プラチナ貨を売却した額が 200万円を超える場合は、マイナンバーを記した支払調書の税務署への提出が義務付けられています。 支払調書なので提出するのはお店側ですが、200万円を超える売却取引では身分証明書の他に マイナンバーが記載されている書類が必要になります。 まあ、今回みたいに10万円にも満たない売却には関係ないけど。 メイプルリーフ金貨を売ってみた感想 僕もその昔メガネを作った「勉強堂」がまさかの田中貴金属工業の特約店だったなんて、びっくりです。 おかげで思っていた以上に簡単に、一番高い金額でメイプルリーフ金貨を買い取ってもらえました。 今、金を売るか、まだまだ持っておくか、更に金を買い足すか。。。 メイプルリーフ金貨や金地金などを買取してもらう、売却するときの参考になれば幸いです。

次の

メープルリーフ金貨

メープル リーフ 金貨

アイテム• その他のアイテム• 価格 15,600円 価格 19,900円 価格 15,500円 価格 44,000円 価格 5,500円 価格 5,500円 価格 4,700円 価格 4,900円 価格 120,000円 価格 120,000円 価格 120,000円 価格 119,999円 価格 5,370円 価格 6,499円 価格 6,000円 価格 5,900円 価格 16,899円 価格 19,609円 価格 19,499円 価格 43,899円 価格 6,000円 価格 6,900円 価格 6,000円 価格 4,690円 価格 36,920円 価格 39,722円 価格 15,500円 価格 31,900円 価格 9,979円 価格 1,899円 価格 4,600円 価格 4,900円 価格 19,499円 価格 82,600円 価格 85,000円 価格 178,999円 価格 7,499円 価格 7,000円 価格 7,499円 価格 9,000円 価格 65,000円 価格 65,000円 価格 50,000円 価格 46,486円 価格 43,791円 価格 87,593円 価格 87,799円 価格 117,507円 価格 9,000円 価格 9,000円 メイプル金貨は1979年に創鋳され、以後毎年発行されています。 表面にエリザベス2世の肖像、裏面にサトウカエデの葉がデザインされています。 コインを鋳造するカナダ王室造幣局 ロイヤル・カナディアン・ミント は、カナダ政府直轄の公社であり、国際的に最も信頼されている造幣局の一つです。 メイプル金貨の人気は非常に高く、その流通量は世界一といわれています。 また、メイプル金貨の純度は、99. 99パーセント以上の純金製 24金・K24 です。 尚、カナダ王室造幣局が発行するメイプルコインには、メイプル金貨の他に、メイプル銀貨 品位:99. 95% 純プラチナ があります。 金で作られた貨幣(すなわち金貨)は、本物のお金として人々に使われてきた歴史があります。 金貨は、銀貨・銅貨とともに、古くから世界各地で流通しました。 金融資本主義がいきすぎた現代において、紙キレにならないという特徴をもった現物の資産という認識を多くの投資家達は持っています。 そのために、リスクの高い金融商品を購入する際には、必ず金貨などの現物も同時に購入するなどして、資産を守っています。 金貨は金を素材として作られた貨幣。 美しい黄色の光沢を放ち、見栄えがいいこと。 希少性があり偽造が難しいこと。 柔らかく加工しやすいこと 幣。 銀貨・銅貨とともに、古くから世界各地で流通しました。 美しい黄色の光沢を放ち、見栄えがいいこと。 希少性があり偽造が難しいこと。 柔らかく加工しやすいこと。 化学的に極めて安定しており、日常的な環境では錆びたり腐食しないなどの理由で、古来、世界各地で貨幣の材料として使用されてきました。 ただし、純粋な金は、流通を前提とした硬貨として使用するには柔らかすぎるため、 通常は、銀や銅などの他の金属との合金が用いられます。 イギリスでは、22カラット(金91. 中世ヨーロッパでは長らく金貨が鋳造されず、東ローマ帝国(ビザンツ)からもたらされるビザント金貨か、イスラム圏からもたらされるディナール金貨が儀礼用などに使用されるのみでした。 この金本位制は1816年にイギリスで世界最初に確立された。 金本位制が崩れた現在、法定の平価に相当する額面価値分の金を含有した本位金貨は発行されていない。 日本における小判や金貨について 日本では、淳仁天皇の天平宝字4年(760年)に開基勝宝(かいきしょうほう)という金銭が発行されています。 しかし金銀銭は実際には殆ど流通せず、中世まで金銀は秤量貨幣として通用しており、砂金のままで使用されることも多かったようです。 産地の偏在から、銀が西日本中心に使用されたのに対し、金は東日本中心に使用されました。 金は銀に先駆けて定位貨幣として整備されていきました。 戦国時代には、甲州金が発行されました。 流通貨幣ではないが、豊臣秀吉が作った天正大判は、表面積が世界最大級の金貨でした。 江戸時代に入ると本格的な全国流通を前提とした小判、一分判など定位金貨の発行が幕末期まで継続し、当初は秤量貨幣として発足し江戸時代末期になってようやく定位銀貨が受け入れられてきた銀貨とは対照的です。 日本の通貨型金貨補助貨幣的な性格を有する。 日本では10万円および5万円の記念金貨がこの形式で発売されたが、 世界的にはほとんど例を見ません。 近代の本位貨幣 明治時代に導入された通貨単位の圓(円)は金の量目をもって規定 1871年より1・2・5・10・20円金貨が発行さていました。 金貨の年銘別発行枚数と暦年上の発行枚数は、必ずしも一致しません。 「明治8年」銘が存在しない20円、10円、2円、1円の各金貨であって、1875年(明治8年)製造のものは、同年の12月に製造された「明治9年」銘です。 大型・小型の2種がある5円金貨および1円金貨,これらの新旧の本位金貨は1987年制定、1988年4月施行の通貨の単位及び貨幣の発行等に関する法律によって正式に廃止されました。 金貨は、お金として使われてきた歴史があり、金融資本主義が発達しすぎた現代は、ますます重要な本当のお金になってきています。 自動販売機は、テレビや新聞等に多数取り上げられ、多くの方に金貨や銀貨を購入いただいております。 設立年月日 平成13年10月9日 ・本物の貴金属であることを証明する保証書を添付いたします。 保証書にはご購入商品の品位(金、銀、プラチナの含有量)と、重量が明記されております。 ・弊社よりご購入いただいた商品に関しましては、保証書と商品をお持ちいただければお買取も承ります。 郵送でのお買取は承れませんのでご注意ください。 ショップ屋号:「金銀の貯金箱」運営会社: スペースインターナショナル株式会社 〒104-0033 東京都中央区新川1丁目21-2 茅場町タワー1階 104 TEL:0570-666-496 Copyright C スペースインターナショナル株式会社 All Rights Reserved.

次の