精神 障害 者 手帳 デメリット。 うつ病で障害者手帳を取得できる?メリット・デメリットや申請方法を紹介 | 【うつ病バイブル】

障害者手帳のメリットとデメリット!貰わないのは損ですよ!

精神 障害 者 手帳 デメリット

障害者手帳ってほぼデメリットないですよね? 最近ADHDとアスペルガー症候群だと判明しました。 今日職場の人に『障害者手帳を発行して障害者枠として雇用してもらおうかと思ってるんだ』って言ったら『え?やめた方が良いよ、障害者枠だと手当付かないし昇給もないし給料も下がるし違うところ行くにしても就職に不利だよ』と言われました。 私は障害者手帳についてはあまり詳しくないですが、この人に打ち明ける前に自分で色々調べた限りではそんな話聞いたことないし、単に私が市から援助してもらうのを快く思ってないから付いた嘘だとしか思えません。 私の認識では障害者手帳を発行してもらえれば ・市から職場に援助金が出してもらえるから私の給料は下がらないが職場が私に支払う給与が減らせるから職場的には金銭的に助かる ・市から私が金銭的な援助を受けれる 電車、バス、タクシー、携帯料金の割引 ・市民税や住民税の全額免除もしくは減額 ・一般枠だけでなく障害者枠としても就職できるから就職の幅が広がる、更に発達障害や精神障害の方向けの転職エージェントを通せば面接先の企業にも自分が障害者だと理解してもらえるしその職場にも障害を抱えて障害者枠で働いている人が恐らくいる 等々、きっと他にもメリットはあるでしょう 強いてデメリットを挙げるとすれば ・面接官以外にも障害者だとバレる ・出世はしにくくなるかもしれない ・結婚の際、相手の両親が快く思わないかもしれない くらいでしょうか。 デメリットが全くないわけではないですが私にはメリットが大きすぎるので発達障害なら進んで障害者手帳を発行してもらうべきだと考えています。 皆さまの意見をお聞かせください。 一部国家資格の受験資格剥奪。 これなんか怖いですね。 知りませんでした。 障害枠ってブログで見たら、別に特別扱いされる訳でもなく、酷い扱いで最悪ですぐ辞めた人とかいます。 あなたが女性で若いなら、そうでも無いかもしれません。 ブログの人とかテレビで見た人は男性でしたから。 日本の世の中って(基本は男社会なので)、若い女には、セックス目的で男が優しくするので病気とか何とか関係ないです。 そのせいで女とは、ギスギスしたりしますけど。 枠で勤めて問題無い人もいっぱいいるのだろうと思います。 かなり会社を整えて、イイとこだけテレビで放送してる会社もありましたがあんなの相当、少数で給与額は出さなかったので恐らく安くこき使う代わりに、サービス満点にしますよ!って感じなのでしょう。 ありませんね。 メリットとして挙げられている部分も、使えるのは公共交通機関や 博物館などが障害者料金になるだけで、市からの助成が受けられる わけではありません。 税金に関しては、1級障害者限定の話ですので、ここでこんな文章 が書ける人は当然対象外です。 見た目に健常者にしか見えない発達障害では無理です。 重度の知的障害を伴い、排泄からして誰かのお世話にならないとい けないくらいのレベルでないとね。 障害者枠、それも中途半端な障害で、ほぼほぼ健常者に混じって仕事 が出来るのに、わざわざ障害者枠で所得を大幅に減らしてまで安易な 道に進もうとするのは、将来を自分で消しているような愚行です。 障害者枠に期待すべきメリットは皆無です。 特に発達障害なんか、健常者寄りの障害です。 うまくコントロールで きれば健常者ヅラして生きていくことも出来ます。 正直、手帳を受けるメリットってJAFカードみたいに割引を期待すると いう部分以外ありません。 どうせ障害がある時点で出世が無理としても、一般枠で働いてそこそこ の世帯年収を稼ぎ出す方が、生涯所得で大きな開きが出ます。 とりあえず障害者枠に流れるのは疑問だらけです。 発達障害で言えば過敏症があり働けないくらいの、なにか理由がない限り は、一般枠で働き、障害の特性が隠しきれなくなったらこっそり関係者 限定でカミングアウトして手帳を見せる.... くらいで十分です。 私は一般枠で働いていますが、これが障害者枠になったら... と思うと、 ぞっとしません。 給与なんかアルバイト並でしょ。 生活も無理だし、家族 も養えないし、相続税も払える気がしません。 おまけに障害者って言っても、行政からなにか援助してもらえるわけじゃ ないし、手帳は取るだけ取ってもいいけど、単にそれだけの話です。 初回の診断書代は自腹だし、自立支援医療と同時にやらないと経費の方が かさみますよ。 特に都市交通が極端に発達していない地方なら、手帳はほぼ取るだけで赤 字です。 公共交通機関なんか使いませんから。 マイカーが当たり前です。 北海道とか四国・九州.... 電車も無ぇ、バスも無ぇみたいな感じですもん。 ちなみに下の人の言う、アスペルガーの症状です... という下りは誤りです。 アスペへの誤認識というやつで、積極的理解の無い悲しい一言です。

次の

精神障害者保健福祉手帳3級のメリットとデメリット

精神 障害 者 手帳 デメリット

動画を再生するにはvideoタグをサポートしたブラウザが必要です。 ライター: 精神障がいのある方にとって障害者手帳(正式名称は「精神障害者保健福祉手帳」)を取得すると、いったいどんなメリット・デメリットがあるのでしょうか。 地方自治体によって違いはありますが、等級等によってさまざまな福祉サービスが整えられており、手帳の取得によって、治療による経済的な負担や、精神的な負担を軽くして、治療に集中できる環境を作るきっかけになるかもしれません。 手帳の取得を迷っている方や、まだ一部のサービスしか利用していないという方は、ぜひ、参考になさってください。 メリット1)障害者雇用での就職・転職活動ができる 障害者雇用促進法に基づき、50人以上の従業員数を雇っている一般事業主は、従業員数の2. この雇用率を達成していなければ、事業主は国から一定のお金 障害者雇用納付金 を徴収されますし、雇用率を達成し、かつそれ以上の雇用数であれば国からお金 障害者雇用調整金 が支給されます。 こうした法律もあって、企業は障害者雇用を進めています。 実は、この雇用率に算定されるのは、障害者手帳を持っている人のみ。 ですから、障害者手帳を持っていると、就職を目指すとき、一般採用だけでなく、障害者雇用での募集にも応募できますから、選択肢が広がります。 精神障がいがあると、継続的に仕事を続けることが困難だったり、就職そのものが難しい場合もあります。 障害者雇用として就職した場合、自分の能力と適正に応じた仕事に就ける、通院や治療に配慮してもらえる、周囲の理解が得やすい、など無理なく仕事を続けられます。 精神的な安定が得られるメリットもあります。 メリット2)等級によって所得税・住民税・自動車税などが軽減される 納税者か、控除対象配偶者や扶養親族が精神障害者保健福祉手帳を交付されていると、 所得金額から、級に応じて一定の金額の控除を受けることができ、所得税や住民税が軽減されます。 また 1級の方と同居している場合、配偶者控除・扶養控除に加算があります。 障害者手帳の等級によって金額が変わります。 手続きは年末調整か確定申告で行います。 ほかにも相続税や贈与税でもさまざまな特例が受けられます。 参照:国税庁 障害者と税 障がい者が所有する自動車の、自動車取得税・自動車税・軽自動車税の減免を受けることもできます。 減免内容や、対象となる障がいや等級は、自治体によって異なりますが、重度の1級のみを対象とすることが多いようです。 メリット3)さまざまな公共料金の割引サービス 鉄道やバスなど、公共交通機関の割引サービスは身体障害者や知的障害者に限られるケースが多かったのですが、 精神障害者も運賃割引の対象とする交通事業者が増えてきています。 よく利用する交通機関のサービス内容を確認してみてはいかがでしょう なお、残念ながらJRは精神障害者保健福祉手帳による割引制度はありません。 自治体によっては、タクシー利用券の交付やガソリン代の助成をするところもあります。 NHKの放送受信料は、障害や世帯の状況によりますが、半額割引と全額割引があります。 携帯電話会社の料金割引サービスも見逃せません。 NTTドコモのハーティ割引、auのスマイルハート割引、ソフトバンクのハートフレンド割引、各社で内容が異なりますが、 基本料金の割引など大きなメリットがあります。 ほかにも、 美術館や博物館、動物園など、公共施設の多くで、手帳を提示すると入場料割引が受けられます。 精神障害者手帳を持つことにデメリットはあるの? ここでは手帳を持つことで得られる主なメリットをご紹介しましたが、逆にデメリットはあるのでしょうか?医師への診断料がかかること、二年に一度の更新が負担といったこともありますが、 「手帳を持つ」こと自体に抵抗を感じる方もいらっしゃるようです。 上記のようなことが心理的に負担だ、と思われる方は無理にとる必要はありません。 自分にとって必要だと感じるサービスがあれば、取得を考えればよいのです。 実は、手帳を持たなくても受けられる福祉サービスもあります。 たとえば、障害年金や、自立支援医療 精神通院 の申請は手帳がなくても可能です。 一方、都道府県、市町村などの自治体には 「心身障害者医療費助成制度」などの名称で、心身に重度の障害がある方が保険証を使って病院で受診したときの自己負担金の助成が受けられる制度があります。 この制度は、自治体によって内容が大きく異なるのですが、精神障がい者も助成対象としている自治体の場合、精神障害者保健福祉手帳なしで申請できるところもあれば、手帳の所持者を対象とするところもあるので、要注意。 お住まいの自治体の条件を調べておくとよいでしょう。 ほかにも、自治体ごとにさまざまなサービスがあります。 手帳がどのくらい自分の生活を助けてくれるか、ぜひ一度、市区町村のホームページなどを調べてみてください。

次の

就職・転職活動で障害者手帳を使うメリット・デメリット【体験談】

精神 障害 者 手帳 デメリット

Contents• 発達障害者が障害者手帳を取得するデメリット 発達障害者が障害者手帳を取得して起こりうるデメリットは大きく分けて2つあるという話でした。 デメリット1:障害者枠での雇用の限界 障害者手帳を持っていれば、障害者枠での求人に応募できるので 就職活動時の選択の幅が広がります。 通常の雇用に加え、障害者雇用枠での求人に応募できるので選択肢が増えます。 障害者枠での雇用の場合、雇う側も障害をあらかじめ知った上で雇うことになるため、 得意分野・不得意分野のある発達障害者にとっては就職後の職場での心理的負担は少なくなるはずです。 しかし、障害者枠での雇用は良いことばかりではありません。 障害者枠で就職してしまうと出世に限界が生じる場合もあるとのことでした。 発達障害者だけどバリバリ働いてお金を稼ぎたいと思っているなら 「障害者手帳」を使った障害者枠での就職はリスクになります。 発達障害者が障害者枠で雇用された際に出世に限界が生じるかどうかは、最終的には企業によるそうです。 ただ単に働くだけでなく、会社の中でも実力を認められたいと思っている場合は 「障害者手帳」に頼らず就職したほうが無難かもしれません。 現時点(2019年)で発達障害者向け障害者枠の求人は 8割が事務職だと言われています。 事務の仕事が自分には合わない、選びたくないと思っている方は障害者手帳を持っていても就職したくなる企業の幅は広がりません。 デメリット2:結婚や交際で相手にバレる可能性 障害者手帳を持っていれば、さまざまな福祉サービスを受けられます。 「障害者控除」(税金)や「公共料金の割引サービス」など使えば 生きていく上での金銭的負担も軽くなります。 しかし、そういった制度を活用した影響で、障害者手帳を持っていることを周りに言ってなくても、 周囲に「障害者手帳を持っていること」がバレてしまう可能性があります。 結婚するつもりだった男女が相手の親に自分が 「障害者手帳」を持っていることを知られたばかりに、保守的な親によって結婚が破断になったケースも実際にあったそうです。 自分の子供を発達障害者と結婚させたくないという親はいるということですね。 こういったことを無くしていくには、世の中の発達障害者に対する悪いイメージを少しずつ変えていくしかありません。 障害者手帳のメリット・デメリットを知っておく 障害者手帳には多くのメリットがありますが、 デメリットもゼロではないということを発達障害者の就労支援を行っている人の話を聞いて思い知らされました。 今年はが明るみになり、 発達障害者に限らず「障害者」そのものが国から酷い扱いを受けていることが分かってきています。 障害者手帳を申請するなら、メリットもデメリットも社会情勢も加味した上で すべてを納得した上で後悔がないように手続きしたほうが良さそうですね。

次の