マンホール カード レア。 マンホールカード|中古あげます・譲ります|ジモティーで不用品の処分

マンホールカードとは…?初心者必見「マンホールカード」の見方・貰い方を徹底解説!

マンホール カード レア

マンホールカードというものをご存知でしょうか? その名の通り、マンホールの蓋の写真が描かれているだけのカードなのですが、これが一部の方の間で話題となり、現在ではオークションなどで取引されるほどになっています。 ただマンホールの写真が載っているだけのカードなのに…どんな魅力があるのか? マンホールカードの入手方法、配布場所一覧、またレアなカードや遊び方についてなど調べてみました! マンホールカードとは?入手方法は? マンホールカードとは、文字通りマンホールの蓋が描かれたカードのことで、2016年4月に配布が始まりました。 きっかけは、マンホールの製作を依頼された会社が 「 こんなにカラフルでデザイン性のあるマンホールの蓋なんだから、カードに印刷して配布してみたらどうですか?」 というひと言だったそうです。 最初は自治体も、「カードねぇ…そんなの貰いに来る人いるのかしら??」と半信半疑状態だったようですが、いざマンホールカードの配布が始まると、口コミで少しずつ広まり、• 第1弾:2016年4月1日• 第2弾:2016年8月1日• 第3弾:2016年12月1日 と、だんだん増え続け、2017年4月3日には第4弾が導入され、 151自治体・170種類となるまで配布されるようになりました! さて、そんなマンホールカードの 入手方法はといいますと、 配布場所や施設に行くだけで無料でもらうことができます。 注意点としては、以下の通りです。 配布は1人1枚• 事前予約や郵送での取扱は不可• しかも、カラフルなマンホールの蓋は全て 手作業で色付けをしているそうです! マンホールカードの配布場所一覧 さて、お次にマンホールカードの 配布場所についてです。 これは、マンホールカードの種類によって市役所だったり、科学館などの施設だったりと本当にバラバラなので、配布場所について調べてから訪れる必要があります。 以下に マンホールカードの配布場所一覧や、日本全国マンホールカードの分布地図などのリンクを記載しますので、参考になさってくださいね。 マンホールカードのレアカードはどれ? さて、現在ではオークションなどでも取引されることのあるマンホールカードですが、一体どのマンホールカードがレアなのでしょう? 一般的にプレミア価値の付くものは、入手が難しい・配布数が少ないといった要素が挙げられます。 中でも、2016年2月に横浜で開催された全国自治体の下水道職員が集まる駅伝大会で配られたマンホールカードは、 配布数が500枚・一般では入手不可能というものだったため後にかなりの高価格が付いたレアカードとなっています。 後は、広島市のカープ坊やが描かれたマンホールカードや、北九州市のマンホールカードは、貯水池や浄化センターを見学した方 という条件が付いているため、これらも入手がやや難しい部類に入るかと思います。 配布リストを見ると、「配布を終了しました」と赤字で記載のあるマンホールカードもありますが、その下に増刷予定と書かれていますので、配布が再開されればまた入手することが可能になります。 なので、イベントのみで配られたものや、施設を見学するなど入手するための条件付きのマンホールカードはレアになりやすいようですね。 マンホールカードの遊び方は? カードと聞くと、トレーディングカードゲームのようにカード同士の数値を競い合うような遊び方を想像しますが、マンホールカードの遊び方については数値などはないためバトル要素はありません。 マンホールカードの遊び方としては、• 実際にそのマンホールがある場所を訪れて記念写真を撮る• 配布場所を巡ってマンホールカードをコレクションする といった、一見すると地味?(失礼!汗)なようですが、実はマンホールカードについて調べてみると、とっても奥深い遊び方があるのです! まず、マンホールカードは実際のマンホールの蓋の写真が描かれており、カードに経度・緯度が記載されているので、スマホの地図アプリなどを利用してピンポイントでマンホールの場所まで訪れることができます。 もちろん、スマホなどがない方でも配布場所などで尋ねれば、マンホールの場所を教えていただけるかと思います。 あるマンホールカードのコレクターは、お孫さんと2人で配布場所を巡りながらマンホールカードを収集されているそうですが、 世代を超えて遊べることや、 配布場所の見知らぬ土地を知るきっかけになったりと、マンホールカードのおかげでお孫さんとの絆が深まったそうです。 このような遊び方も、マンホールカードならではですね! また、マンホールカードを提示することで、施設の入館料や飲食店などでお得な割引サービスを受けることができるため、「マンホールカードがあるから入ろうと思う」きっかけにもなるようで、 配布場所付近での地域活性化にも繋がっているようです。 マンホールカードを入手するために配布場所を訪れることが、新しい旅のカタチになりそうですね! まとめ マンホールカードの他にも、 ダムカードや 港カード、 灯台カード、 発電所カード、さらには こどもきっぷ(駅でこどものみがもらえる正規ではないこども専用のきっぷ)などなど、これらはまとめて インフラカードと呼ばれ、実際にその施設に訪れることで入手できるカードです。 カード自体は、原価も低コストで作成することができるでしょうし、品切れになっても増産することが容易いですので、各自治体などもカードを配布することのメリットを感じてきていると思います。 マンホールカードや、他のカードを通じて、日本のインフラ整備に少しでも興味を持てたら、知識や会話も広がるきっかけになりそうですね!.

次の

岩手県

マンホール カード レア

ちょっとユニークな手のひらサイズのカードが話題になっている。 その名は、マンホールカード。 実際に各自治体で使われている下水道のマンホールのふたのデザインが描かれている。 今年4月からすでに74種類、23万枚が発行されているというが発行枚数もまちまちで、レア度によってはネットオークションで高値で取引されることも。 一体どんなカードなのか。 カードは、縦約9センチ、幅約6・5センチ。 表には各地のマンホールのふたの写真と設置場所の緯度・経度が記載され、裏面にはデザインの由来が紹介されている。 例えば、平成31年のラグビーワールドカップの試合会場である大阪府東大阪市のカードでは、ラガー3人が勇壮に駆ける姿が描かれている。 マンホールといえば無機質な鉄板というイメージしか浮かばないが、もしこんなマンホールを見かけたなら必ず足を止めてしまいそう。 実際に東大阪市内には3カ所で使用されているという。

次の

マンホールカード|中古あげます・譲ります|ジモティーで不用品の処分

マンホール カード レア

マンホールフェス2019 in 東急ハンズ 先日、新宿高島屋前で開催されていた 「マンホールフェス」という展示イベントを見に行きました。 (2月1日から2月3日までの、超短期イベントでした) ねずみは特にマンホール好きなマンホーラーということでもないのですが イベントの広告があまりに面白そうだったので、興味が湧いて行ってみました。 マンホールがここまで凄まじい芸術品だとは 「日本のマンホールには色々な絵柄があって面白い」と 日本を訪れた外国人がおどろくという話は その手の番組や何かで時々話題になるので、知っている人も多いと思います。 ねずみも「ふーん、マンホールって凄いんだなあ」というくらいには思っていました。 しかし、このマンホールフェスに行って その想像を絶する凄さを目の当たりにして、ねずみは驚愕しましたよ。 これが、ご当地マンホールというやつなのか。 なんとデザインマンホールの実物展示ですよ。 実物!! デザインマンホールの実物展示 全部凄くて選べないので、もう全部紹介しちゃいますよ。 これは 福岡県北九州市の「銀河鉄道999マンホール」です。 これを見た瞬間、今まで持っていたマンホールのイメージが完全に変わりました。 何という美しさ。 メーテルですよ、メーテル! 松本零士先生のサインまで入ってる。 銀河鉄道999のマンホールは、松本零士先生が福岡県生まれということで 北九州市のデザインマンホールとして9種類作成されたそうです。 静岡県富士市の「富士山マンホール」 北側に富士山、南側に駿河湾の白波をイメージしたデザインになっています。 色合いがステンドグラスみたいですね。 現地では、このマンホールは 富士山の向きと下水の流れる方向が合うように設置されているそうです。 つまりこのマンホールを見るだけで、山頂に向かうように下水が流れているのが分かるという。 よく考えられていますね。 大阪府大阪市の「大阪城マンホール」 大阪市の市花である桜と、水流を組み合わせたデザインになっています。 大阪城カッコいいっすなあ。 「城と桜」ってまさに日本の風景ですね。 下水道の原型は、大阪城の築城と城下町の整備に合わせて造られたので 大阪市は下水道の原点とも言える場所なのだそうです。 なるほどなるほど、って。 鳥どこーー!? 周りをぐるっと、取り囲んでいる白い波線が鳥だそうです。 ふむふむ、そういうことかあ。 トリだけにかあ。 神奈川県横浜市の「ベイブリッジマンホール」 横浜の観光名所の1つ、ベイブリッジ。 そして外側が船の操舵輪のデザインになっています。 青が鮮やかで美しいですね。 元町公園にいくつかあるそうです。 ハローキティが雨上がりの街を散歩しているようすと 背景には、多摩センターにあるサンリオピューロランドがデザインされています。 ちなみにハローキティは 多摩市から「多摩センター親善大使」に任命されているそうです。 のんきな顔しやがってー 多摩市と連携協定している日本アニメーションのキャラクター 「あらいぐまラスカル」と、市の木であるイチョウがデザインされています。 これはイチョウデザインですが ヤマザクラデザインのものもあります。 そっちもピンクできれいですよー 栃木県大田原市の「那須与一マンホール」 弓の名手である平安時代の武将、那須与一がデザインされています。 源平屋島の戦いで、波に揺れる平家の船に掲げられた扇の的を 一矢で射落とした姿が描かれているそうです。 大田原市では毎年8月に「与一まつり」が開催されて 甲冑を着た400人もの武者行列が通りを練り歩くそうです。 すっごいな、それは。 そうとう迫力あるでしょうね。 岡山県岡山市の「桃太郎マンホール」 岡山県と言えば桃太郎を連想するくらい、桃太郎は岡山のシンボルですね。 もちろん犬猿雉と一緒にデザインされています。 鬼退治というより、観光に来ているような平和な雰囲気。 「桃太郎のまちおかやま」の「おもてなし」に一役買っているので 『ももてなし』と呼ばれているそうです。 にぎやかな感じが最高ですね。 王子動物園の入口付近に設置されているそうです。 王子動物園の園内には、動物デザインのマンホールが数多くあるようです。 本物の動物より、そっちを見るのが目的で行く人もいるだろうな。 マンホールは美しい 「マンホールは美しい」というテーマで、会場には他にもいろいろと展示してありました。 改めて見ると、こういう幾何学的な模様も確かに美しいですよね。 そして普段は見ることのできないマンホール蓋の裏側も。 これは本物と同じ製法で造られたミニチュアマンホールです。 細部まで、恐ろしく精巧に造られています。 このマンホール蓋にかける情熱って、何なんでしょうかね。 職人魂でしょうか。 見てください。 こんなですよ! マンホールグッズとして売っていましたので、こうして実際に持つことが出来ましたが・・・ ヤバいなこれ。 とてつもないな、これは。 本物と同じ「ダクタイル鋳鉄」というのを使っているということで、ずっしりとしています。 手で持っていないと、このサイズだとは思わないでしょうね。 リアルすぎて。 マンホールグッズが盛りだくさん ミニチュアマンホールだけでなく、マンホールグッズの充実っぷりは凄かったです。 全部載せるのは大変なので、一部だけ載せていきます。 グッズ販売は、展示イベントが終わっても2月24日まで 東急ハンズ新宿店7Fで行われているそうです。 さて、まずは・・ マンホールボールペンか。 なるほどなあ。 って、なんぞこれw 学校で「お前どこ蓋よ?」なんて会話しながら使うんでしょうか。 マンホールストラップにマンホールキーホルダー。 マンホールのことを知らずに聞いたら、ギャグかと思いそうですが。 こうして見ると最高のオシャレグッズだと思えてきました。 どれだけオシャレグッズかというのは、これを見れば分かります。 亜鉛合金製のリアルご当地ミニチュアマンホールです。 インテリアとして飾る選択肢の1つとして、いずれ絵画や彫刻と並ぶ定番になるのでは。 「いやあ、素晴らしいマンホールをお持ちで」 なんて言うのが日常になるかも。 ベイスターズとのコラボ商品までありました。 マンホールクッションや、マンホールインテリアマットや、マンホール収納ボックス。 さらに、カープとのコラボ商品も。 マンホールタオルやマンホールショルダーバッグまで。 もう何でもありですな。 真のマンホーラーとは 突き詰めたらどこまでも深い世界ですね。 このTシャツを着て。 マンホールグッズを入れるためのトートバッグには 当然、マンホールの模様をプリントするべし。 このように。 イベント会場では、こんなことまでやっていました。 主催者側の遊び心が爆発していますね。 マンホールカード人気投票 「マンホールカード」とは全国のご当地マンホール蓋の、写真と詳しい情報が載っているコレクションカードです。 今回のイベントでは、478種類全てのカードが地域ごとに分けられて展示されていました。 本来これだけで1ブログになるくらいの魅力的なコレクションアイテムであり、圧倒的なカード枚数なのですが その中から、たった1枚を選んで人気投票するという とんでもない企画が行われていました。 478枚から1枚を選ぶんですよ! 全部見るだけでも大変なのに。 しかも1枚1枚が綺麗だったり美しかったり面白かったりで・・・ そこからたった1枚を選ぶなんて、そんな無茶な。 しかしこれは楽しい。 実際の人気投票ランキングも、公式発表されました(2019年2月8日) ちびまる子ちゃんやシナモンや、キャラクター系が人気ですね。 そして花火の組み合わせが、めちゃ美しい。 「くきのうみ花火の祭典」というのが、ここで行われているそうです。 第4位は、 山形県上山市の「かかしマンホールカード」 ここまで1枚1枚きれいなカードを見てきて、これを見たときに吹き出しました。 この潔いデザインは 「上山市かかしランドシンボルマーク」というそうで 「かみのやま温泉全国かかし祭」というイベントが行われることから採用されたそうです。 第3位は、 神奈川県横浜市の「あさひくんマンホールカード」 地元びいきというわけではないですよ。 横浜市旭区のマスコットキャラクターあさひくんと、帷子川(かたびらがわ)がデザインされています。 この童心に返るような、柔らかな色合いとデザインが大好きです。 あさひくんと握手すると幸せが訪れるとか。 第2位は、 滋賀県大津市の「琵琶湖マンホールカード」 このワチャワチャしたデザインがたまりません。 琵琶湖には「外輪船ミシガン」 空にはマンホールのゆるキャラ「ホール・まん蔵」 左下には、ちはやふるでお馴染み「おおつ光ルくん」 すっごいにぎやかで楽しいマンホールです。 そして第1位は、 北海道芦別市の「おおくま座マンホールカード」 星をモチーフにしたマンホールまであるとは! ! これを見た瞬間、心を奪われました。 芦別市は「星の降る里あしべつ」のキャッチフレーズで、まちづくりを進め 1988年に環境庁のコンテストで「星空の街」に認定されました。 このデザインは芦別市から観測できる星座の1つとして、おおくま座が描かれたものです。 ねずみの選ぶベスト5は、この5枚でした。 さらにもう1周じっくりと見れば、また変わるかもしれませんが。 マンホールの蓋が、こんなに凄い世界だとは思いませんでした。 nezumileader.

次の