ジブラルタル ガン シールド。 プロが教える「ジブラルタル」 戦い方、立ち回り、オススメ武器を動画付きで解説【Apex Legends攻略】

【Apex】クリプトの使い方と対策を解説!【監視活動の達人】

ジブラルタル ガン シールド

現環境では、ジブラルタルが 撃ち合い最強キャラになったことは間違いないでしょう。 シーズン3に入る際に、ジブラルタルには大幅な強化が入りました。 それにより、かなり実用的なキャラに生まれ変わったため、 使用する人が圧倒的に増えました。 ランクマッチではどのパーティにも必ずいるようになり、シーズン2以前ではありえない光景が繰り広げられています。 特に使われるようになった要因は 被ダメ軽減率の上昇です。 10%から15%まで引き上げられました。 これに加え、ガンシールドの耐久値が75もあります。 なのでヒットボックスはデカめですが、エイム時に展開するガンシールドと被ダメ軽減で 正面での撃ち合いはまず負けません。 しかし、 過信は禁物です。 あくまでも硬くなったというだけで、弾が敵にあたらないようでは勝てるものも勝てなくなります。 エイム練習は引き続き続けるようにしましょう。 ジブラルタルは大幅強化により、 正面から堂々と潰してやる脳筋プレイが可能になったので、 使うキャラで迷ってる方はぜひジブラルタルを練習してみてください。 漁夫とは、「漁夫の利を得る」の漁夫のみを取って、バトロワ界隈で 頻繁に使われる用語です。 主に、あるパーティが他パーティ同士の戦闘後を狙って強襲することをいいます。 漁夫るや漁夫られたといった具合に使います。 多くのパーティが漁夫を狙って動いているため 戦闘後のケアは特に意識しなくてはなりません。 シーズン3に入ってからこの漁夫るという動きがランクマッチで顕著になったため、それを対策するためにジブラルタルのドームシールドが活用されるようになりました。 その他にも エリアの不利を覆すためにも利用されたりします。 どんな弾も受け止めるドームシールドは任意に展開できる巨大オブジェクトと同じです。 なので、エリアが迫っている中で、仕方なく射線を切れない開けた場所を通らざるを得ない場面で大活躍してくれます。 しかし、20秒ものクールタイムがあるので、やたらめったに展開するといざというときに出せないなんてことが起こりかねないので、 使用する場面が慎重に選択する必要があります。 おすすめは、 デスボックスを漁ってる最中と 味方をリバイブしている最中です。 シーズン4に入った時に、 ドーム内で味方を蘇生する時間が短縮されました。 これにより、よりサポートキャラとして優秀なアビリティ持ちになり、どこのパーティにも必須キャラに仕上がりました。 それ以外では、味方の邪魔にもなりかねないので、控えた方がいいかもしれません。 漁夫という行為は、 バトロワゲーにはつきものです。 その漁夫をいかに阻止して、自分たちが漁夫るのかが勝負の鍵になってきています。 そこを意識して立ち回りやパーティ構成を考えると勝率も上がっていくでしょう。 ジブラルタルは撃ち合いが最強なのは間違いありません。 しかし、動作のひとつひとつがゆっくりで、お世辞にも使いやすいキャラとは言えません。 スタイリッシュな立ち回りはほぼ不可能でしょう。 なので、 味方のダウンをカバーできるように立ち回ることが重要になってきます。 動きが遅くて機敏に動けないのもそうですが、ジブラルタルのドーム内リバイブ高速化によって、現状では積極的にダウンを狙いに行くよりかは自分がダウンをしないように心掛け、味方のダウンのカバーを狙いに行く方が、最終的な勝利につながるでしょう。 ジブラルタルが最初にダウンしてしまっては、漁夫の対応にも間に合わなくなってしまうので、余計にダウンは避けるべきです。 しかし、ジブラルタルはドームシールドを展開して、ある程度逃走に時間が稼げるので、前に出て戦うこともできます。 それは パーティのキャラ構成に応じて、前に出る具合をその都度変えるといいでしょう。 ジブラルタルのアビリティはどれも応用の幅が広い便利なものばかりです。 彼がひとりいるだけで、戦いやすさ、立ち回りやすさが段違いです。 しかし、使いづらさゆえに、愛用する人はまだ少ないです。 仲間にジブラルタル使いがおらず、使うキャラに迷ってるのであれば、ぜひジブラルタルを練習してみてください。

次の

『APEX』チャンプ考察 ジブラルタル編 無駄のない後衛サポート

ジブラルタル ガン シールド

使いやすさの解説 初心者~中級者におすすめのレジェンドです。 ドームシールドを使うタイミングや位置などに気をつけなくてはならずやや難しいですが、 銃を撃つときもシールドがあるので比較的エイムに集中でき、前線でも動きやすいキャラでしょう。 少しずつ周りを見られるようになってきた頃に使うとよいのではないでしょうか。 アビリティの解説 ドームシールドは、内側から一方的に撃つことはできないものの、リロード中に中に入って、完了後に外に少し身体を出して撃つ、という動きが基本です。 また、味方が瀕死状態のときは周囲の状況を見ながら蘇生したり、隠れる場所がないときは隠れる場所にしてあげるということもできます。 また、アルティメットは敵にダメージを与えられますが、自分自身もダメージを受けてしまいますので、使用する際にはその単に気をつけるようにしましょう。 また、非常にクールタイムが長いため、そこも留意する必要があります。 ジブラルタルのアビリティ パッシブ ガンシールド 照準器越しにエイムを行うとガンシールドが展開し、被弾を防ぐ。 戦術アビリティ プロテクトドーム クールタイム:20秒 攻撃を15秒間ブロックするドームシールドを投下する。 アルティメット 防衛爆撃 クールタイム:4分30秒 スモークでマーキングした地点に追撃砲の集中攻撃を要請する。 パッシブ シールドを構えながら銃を撃つため、敵からするとやや固く感じます。 ただし、 エイムがいい人はシールドのない部分を狙ってくるため、すばやく隠れられる場所 をみつけて、より強固な立ち回りができるようにしておくと更に良いです。 もちろんのことですが、シールドがあるからと言って油断して前に出すぎると、すぐにやられてしまいます。 戦術アビリティ 先述したように、どこにおくのか、 どのタイミングで置くのかによりかなり味方の行動を左右する ので、見極める必要があります。 味方が攻撃をしているときにドームを置いてしまうと、味方の射線を切ってしまいます。 一方で、きちんと引き際を見極め、味方が撤退する際や、味方がダウンしたときなどに出して使うのも良いでしょう。 しかし、そういうときは敵がシールドの中に入ってきて蘇生を阻止しようとしたり、キルしてしまおうと攻めてきますので、ショットガンなどの近距離武器に切り替えて、応戦しましょう。 それからでも遅くないはずです。 アルティメット 敵がすぐに隠れられる建物の近くなどで使わない こと、また 自分がダメージを食らう(味方は食らわない) ことを念頭に置いて使うようにしましょう。 そのことに気をつければ、かなりダメージを与えられ、かつ敵を撹乱することができる強力なアビリティです。 ジブラルタルのおすすめ立ち回り 立ち回り解説動画! 前線に出て、 ガンシールドを張りながら、遮蔽物に隠れつつ敵のヘルスを削り、味方がしんどそうであれば味方の前に出して射線を切り、中に入ってきた敵をつぶす、というのが基本です。 怖がらずに味方の前に出て戦いましょう。 シールドがあるので、少しくらい被弾しても大丈夫です。 ただし、加減はありますので敵の武器がなにか、体力がどのくらい削られそうか、相手は何人いるかなどをきちんと把握しておく必要があるでしょう。 ジブラルタルを使うときの注意事項 前線に出ても味方の状況を見られなければ意味がなく、単身で突っ込むと体格が大きいため被弾しやすく、自分が最初にダウンしてしまっては味方を守れず意味がありませんので、そのあたりに注意するようにしましょう。 また、アルティメットのクールタイムが非常に長いので、使い所に注意しましょう。 終盤になり、マップが狭くなると狭くなるほど強力なので、終盤に使えるよう時間管理をしっかりすることが重要です。 ジブラルタルと相性の良い武器 ジブラルタルにおすすめのレジェンド編成 防衛型「ジブラルタル+ ライフライン +バンガロール」 全体的に防御寄りの性能を持ったレジェンドでかため、守りつつ戦う編成です。 ライフラインのパッシブアビリティで味方の蘇生はかなりしやすくなるものの、やはり敵が距離を詰めてきたら対応しきれません。 そのような場合はジブラルタルのシールドで守ってもらいつつ、もしくはバンガロールのスモークで目をくらましながら蘇生してあげることもできます。 序盤はやや不安かもしれませんが、終盤にかけてかなりその強さを感じられる編成ではないでしょうか。 まとめ ジブラルタルは基本的に野良でもパーティでも、どんなレジェンドが味方にいても自分の立ち回りを意識していればある程度活躍できるレジェンドです。 初心者の方も、怖がらずにピックして練習してみてはいかがでしょうか。

次の

【Apex】ジブラルタルの使い方と解説

ジブラルタル ガン シールド

スキルに関してもパッチノート1. 1では強化が入りまして、ガンシールドの耐久が上がっています。 ジブラルタルの特徴 ADS時のシールドとプロテクトドームでタンクのような立ち回りができるレジェンドです。 ドームとADSシールドで敵の攻撃を防ぎつつ、前線に立ちながらヘイトを集めて戦うような立ち回りになりますが、あんまり強くない気がします…。 アルティメットは広範囲爆撃なので、敵の強制移動に役立ちますが、バンガロールと被るアルティメットで、バンガロールのスモークや駆け足のほうが役に立つので…、といった感じでしょうか。 防御的な立ち回りはあまり強くないゲームなので、ちょっと使い方が難しいな~という印象です。 ジブラルタルのスキル• パッシブ:「ガンシールド」• 照準器越しにエイムを行うとガンシールドを展開し被弾を防ぐ• 戦術アビリティ:「プロテクトドーム」• 攻撃を15秒間ブロックするドームシールドを投下する• アルティメット:「防衛爆撃」• スモークでマーキングした地点に迫撃砲の集中攻撃を要請する パッシブ:「ガンシールド」 ガンシールド:照準器越しにエイムを行うとガンシールドを展開し被弾を防ぐ ADSをするとシールドを展開できるパッシブです。 ADS時にシールドをはることができるので、上半身を守ることができますが、下半身は当たります。 しゃがみながらのほうがカバーできる範囲は広がりますね。 戦術アビリティ:「プロテクトドーム」 プロテクトドーム:攻撃を15秒間ブロックするドームシールドを投下する 戦術アビリティのボタンを押すと、ドームの発生装置を投げ、そこを中心に攻撃をブロックするシールドのドームを作成できます。 敵の爆撃等を防ぐときに便利ですし、百パーセント不利な状況でとりあえずドームを使って逃げるのもありです。 このドームは味方の銃弾も敵の銃弾も通さないので、攻撃時に使うには向かないアビリティですね~。 また敵も味方も関係なく中に入ることはできるので、使いどころが難しいところもあります。 ドーム内での戦闘は近距離で強い武器を使いたいところです。 パッシブのADS時シールドと合わせて前線に出てタンク敵に立ち回りたいところではありますが、ドームは弾を通さないので、なかなかに難しいところです。 周りに敵がいて、でも敵とはそこそこ距離があり、その状態でも回復しなければいけないときの時間稼ぎとかには使えるので、うまくタイミングをはかって出したいところです。 アルティメット:「防衛爆撃」 防衛爆撃:スモークでマーキングした地点に迫撃砲の集中攻撃を要請する スモークでマーキングした場所に爆弾を落とすアルティメットです。 バンガロールのものと似たようなアルティメットですね。 バンガロールと同様にダメージソースというよりは有利ポイントの敵を強制的に移動させるときに使うほうが使いやすいかな~という印象です。 ジブラルタルの使い方 ドームとADSシールドを使ってタンクのように前に出たいところなのですが、ドームは弾を通さず自分も撃てなくなるため少し戦い方が難しいですね~。 アルティメットの防衛爆撃はかなりの距離を投げられるので、敵の強制移動を促すという意味では使いやすいですが、最終的に相手を追い詰めるのは自分のエイムになるので難しいところです。 前線でADSシールドを上手く使いながら敵のヘイトを集めておいて、味方が少し違う角度からその敵を狙う、などをして有利に撃ち合いたいところですが、イマイチうまく使えないんですよね~。 ジブラルタルの弱点 現状、最弱といっても良いレジェンドになりますが、その理由がヒットボックスが他のキャラに比べてかなり大きいことです。 また、頭も大きいため、ヘッドショットも当てやすく、シールドの意味がほとんどないぐらいに、的として非常に優秀、という残念な状態になっています。 こちらは運営からシーズン1で修正する、という話が出ていますが、現状ではこのキャラをピックする理由がほとんどない状態です。 レジェンド一覧.

次の