マイプロテイン ホエイ bcaa。 マイプロテインのBCAAをレビュー!味や飲み方を紹介!

マイプロテインのBCAAをレビュー!味や飲み方を紹介!

マイプロテイン ホエイ bcaa

BCAAは2スプーンで5gです。 250ml-350mlの水またはジュースをマイプロテインのシェーカーに混ぜて飲用ください。 とのことです。 僕は今まで1スプーンで水に溶かして飲んでいたので、2スプーンって書いてあったことは以外でした。 1スプーンの量を測定する このスプーンはマイプロテインのBCAAやクレアチンに付属しているスプーンです。 プロテイン用のものとサイズがとても小さいです。 このスプーンにすり切れ一杯までBCAAを取ります。 その時の量を測定しました。 結果は 3gでした。 残念ながら僕の持っている、この計量器は1g単位でしか測定できないので3gより少し多いのか少ないのかは定かではありませんが、スプーン2杯で6gなのでマイプロテインの推奨通り、2杯注ぐとちょうどいいのではないかと思います。 BCAAの過剰摂取は問題ないのか BCAAはアミノ酸です。 そのアミノ酸は体内に入ると肝臓から吸収されるので、過剰摂取すると内臓に負担がかかります。 参考 しかし、上記のような1g程度では過剰摂取とはなりません。 一度に10g、さらに1日何回も摂取するとなると過剰摂取になります。 BCAAの効果が発揮する最低の量とは だけど6gでも推奨の量より多いし、気になる方もいると思います。 そこで、BCAAは最低どれくらい摂取すれば効果を発揮するのか調べてみました。 大塚製薬のウェブサイトによると、2g以上の摂取で効果があるようです。 さらに摂取30分後が最も効果が高くなっているようです。 ですので、運動の前後30分にBCAAを飲むのは正しいようですね。 参考 小さじスプーンでBCAAの量を測ってみた 小さじスプーンで、BCAAの量を測ってみました。 すると 2gで2スプーンだと4gです。 もし推奨されている5gより少し少なめに摂取したいなら、小さじスプーンを使ってBCAAを取るのもいいのではないかと思います。

次の

【2020年】マイプロテインの味ほぼ全種飲み比べランキング【おすすめ】

マイプロテイン ホエイ bcaa

1回分 5g 中: L-ロイシン…………2 g L-イソロイシン……1 g L-バリン……………1 g 成分はどのフレーバーもノンフレーバーを除いては、共通のようです。 原材料 マイプロテイン BCAA ラムネ味 原材料: L-ロイシン , L-イソロイシン , L-バリン , 酸 クエン酸 ,香料, 甘味料 スクラロース 原材料に「color」の文字がないので、着色はしてなさそうですね。 飲み方は お好きな量の水またはフルーツジュースをシェーカーに入れ、一食につきスプーン2杯分(5g)を入れ、シェイク。 最適な効果を得るために、毎日2~4回服用。 マイプロテイン MYPROTEIN BCAA ラムネ味 BCAA約5gを水400ccに溶かしてみました。 やっぱり色はついていませんね。 そっくりそのままとは言いませんが、ソーダアイス系です。 ちなみに、ラムネの味と似ているかどうか??? もしかして、ラムネの炭酸をなくしたら、こんな味なのかもしれないけど、私には想像力がない。 夫が帰ったら聞いてみます。 ラムネ味、冷えた水で飲むと、おいしいです。 炭酸の抜けたラムネの味そのもの。 おいしい。 炭酸で割ったらラムネになるかも。

次の

BCAAサプリメント|マイプロテイン

マイプロテイン ホエイ bcaa

トーマスです。 ともやってます。 お問い合わせは。 この記事の目次(クリックでジャンプ) プロテイン・BCAA・HMBの違い プロテインといえば既に日本でも馴染みのある食品になりつつあるタンパク質の塊だけど、BCAA・HMBってなんだ。 特にHMBは最近になって名前を聞くようになった成分で歴史が浅い。 そもそも本当に効果があるのかが気になるから細かく調べてみた。 まず結論から言ってしまうと、BCAA・HMBはプロテインの成分の一部を抽出したものだった。 つまりBCAAもHMBも全てプロテインの中に含まれる。 BCAA・HMBとプロテインの違い タンパク質は体内で消化されることで必須アミノ酸となって体を形作る。 必須アミノ酸は人の体内で作れないから、肉や魚などの食品からたんぱく質として摂取しないといけない。 そのタンパク質を凝縮したのがプロテインなんだけど、プロテインは体内で下記9つの必須アミノ酸になる。 バリン ロイシン イソロイシン スレオニン トリプトファン ヒスチジン フェニルアラニン メチオニン リジン 実はここにBCAAとHMBも含まれている。 BCAA・HMBの正体 具体的にはバリン・ロイシン・イソロイシンの3つがBCAA バリン ロイシン イソロイシン スレオニン トリプトファン ヒスチジン フェニルアラニン メチオニン リジン そしてロイシンが体内で消化されたものの5%がHMBになる。 これ分ける意味あんの?って話なんだけど、その辺りはプロテインメーカーが公式サイトで詳しく解説していたから、さらに深く掘り進めたい。 メーカーは売りたい とはいえメーカーはBCAAとHMBを売りたいというのも正直なところだと思うから、そもそも本当に必要なのか最終的には自分で判断したい。 プロテインの効果 プロテインといえばもう必要性は十分認識されていると思うんだけど、主な効果は下記の二つだ。 筋肉の原料となる成分• 筋誇大や修復 筋肉を作る成分だから足りなければ筋肉が衰えるし、トレーニングして筋肉を大きくしたいなら原料となるプロテインを飲まないと、トレーニングをする意味もない。 体重67キロの俺なら一日に少なくとも67g摂取したい。 BCAAの効果 ここからは日本ウェルネス株式会社のホームページを参考にしているんだけど、BCAAの効果は主に下記の4点だ。 筋肉の損傷を抑える• 超回復の源• 筋肉痛の軽減• 筋肉の疲労軽減 筋トレをすることによって筋肉を損傷させて、その筋肉が48時間から72時間かけて筋肉痛を伴いながら最初より大きくなることを超回復というんだけど、BCAAは筋肉の損傷を抑えながら超回復を促進する夢のような成分だ。 つまり、まさにトレーニングしてる人向けの成分であって、トレーニングをしていない人は敢えてBCAAのみで摂取する必要は無い。 というかそもそもプロテインに含まれている。 一日のBCAA必要摂取量 BCAAは必要摂取量というよりは、トレーニングの効果を高めるためにトレーニング前に摂取するのが理想的だとされている。 具体的にはトレーニングの30分前に2g以上摂取することで、トレーニングの効果を最大化できる。 HMBの効果 最近名前を聞くようになったHMBの主な効果は下記の2点だ。 筋肉分解抑制• 筋肉合成促進 HMBを摂取することによって筋肉の分解を抑制して、さらに合成を促進する。 というか俺の読解力が確かならこの説明ってBCAAと一緒じゃないか。 まさかこんなところで言葉遊びに付き合わされるとは思わなかった。 一日のHMB必要摂取量 そもそも必要なのかどうかすら怪しいけど、情報筋によるとHMBの一日の摂取目安はこんな感じらしい。 ロイシンはプロテイン9分の1ほどしか含まれていないから、60gのロイシンを摂取するためには約540gのプロテインが必要な計算になる。 無理だ。 540gのプロテインはそれだけで2160kcalにもなるし、こんなにプロテインを飲むと肝臓が死んでしまう。 だからHMB単独で摂取するべきもの、らしい。 【参考】マイプロテインTheホエイなら 俺が普段飲んでいるマイプロテインのTheホエイには丁寧に必須アミノ酸の成分までしっかり表記してある。 普通はタンパク質の表記しかないけど、さすがはイギリスの老舗プロテインメーカーなだけあってニーズをよくわかってる。 Theホエイ内のBCAAは6. 5g 成分表によるとTheホエイ一食分でBCAAの主成分であるロイシン・イソロイシン・バリンが合計6. 5gも含まれている。 Theホエイ内のHMBは0. 15g これに対してHMBのもととなるロイシンは一食分で3gしか含まれていない。 15gだ。 一日の摂取目安である3gには到底足りない。 Theホエイ+HMBが理想? Theホエイはイギリスの老舗プロテインブランドであるマイプロテインの中でも上位グレードに位置するプロテインなんだけど、これを一食分飲むだけで• タンパク質 25g• BCAA 6. HMB 0. 15g を摂取できたことになる。 厳密には25gの内に含まれている量だから単純に足し算をするのはおかしいんだけど、どうせ一回で摂取できるタンパク質は25g程度だから、これが限界値になる。 BCAAを単体で摂取するメリット マイプロテイン公式サイトによると、BCAAはプロテインに含まれるものの、プロテインをBCAAとして吸収するためには時間がかかるから、BCAA単独で摂取するのは効能を早めるメリットが大きいと解説されている。 具体的なBCAAの効果は下記の4つなんだけど• 筋肉の損傷を抑える• 超回復の源• 筋肉痛の軽減• 筋肉の疲労軽減 特に筋肉の疲労軽減がトレーニングに与える効果が大きくて、BCAAを飲まない時よりもより長く筋肉を動かすことができるようになる。 この効果は科学的にも実証されていて、ボルダリング選手など筋肉の持久力が成績に影響しやすい競技の選手からは特に重宝されている。 プロテイン・BCAA・HMBの真実 ここまで色々調べてみて、プロテインとBCAAは信用できるけど、HMBは信用に値しない、敢えて拘る必要はないんじゃないかというのが俺の結論だ。 また、プロテインはトレーニングの有無に関わらず飲んで、トレーニングの効果を最大化させたい人は別でBCAAを摂取すればいい。 とはいえBCAAはプロテインに含まれているから、トレーニングの30分より前にしっかりとプロテインを飲めば、敢えてBCAAだけを摂取する必要はない。 つまり色々手を出すんじゃなくて、高品質なプロテインだけを摂取し続ければ良い。 筋肉に理想的なサプリの飲み方 今回調べた結果を元にした理想的なプロテインとBCAAの摂取タイミングはこんな感じになる。 マイプロテインTheホエイ 最後に、俺が普段飲んでいるおすすめのプロテイン、Theホエイを紹介しておきたい。 Theホエイはどの味も飲みやすいけど、特に抹茶味がおすすめだ。 味の飲み比べもしているから参考にしてほしい。 あとマイプロテインのプロテインを安く購入する方法も解説しているので参考にしてほしい。

次の