ゆう パケット サイズ メルカリ。 ゆうパケット

「ゆうパケットプラス」とは?配送料やサイズ、専用箱の買い方を解説!

ゆう パケット サイズ メルカリ

メルカリのから新しく「ゆうパケットプラス」という配送方法が、2019年10月16日(水)からスタートしました! 今までのゆうゆうメルカリ便では、小型サイズのゆうパケットと宅配便サイズのゆうパックの2種類でしたが、その中間サイズのゆうパケットプラスがスタートしたことで、さらに便利になり荷物を送りやすくなりました。 そんなゆうパケットプラスとはどんな配送方法なのか?荷物サイズや重量、送料などについて詳しく解説します。 ゆうゆうメルカリ便から「ゆうパケットプラス」が誕生!送料やサイズは? 画像引用: フリマアプリのメルカリでは、・・といった独自の配送方法があります。 これらはメルカリの出品者にしか利用できない配送方法で、メルカリで売れたものにのみ利用することができます。 その中でもゆうゆうメルカリ便は、小型サイズのゆうパケットと宅配便サイズのゆうパックの2種類しかなく、その中間サイズありませんでした。 そんなこともありメルカリで中間サイズを発送したい場合には、らくらくメルカリ便の中間サイズ「宅急便コンパクト」を利用するユーザーが多く、ゆうゆうメルカリ便でも中間サイズの配送サービスをスタートしたのだと思われます。 ゆうパケットプラスで送れるサイズや送料 ゆうパケットプラスで送ることのできる荷物のサイズや送料は、下記となっています。 ゆうパケットは厚さ3cmまでと薄い商品しか送れませんでしたが、ゆうパケットプラスは厚さ7cmまで送れるのでとても助かります。 送料 配送料:375円 税込 専用資材:65円 税込 ゆうパケットプラスは専用の箱に商品を入れるため、送料とは別に箱を購入しなければいけません。 そのため、配送料は375円と一見格安ですがプラス箱代65円が必要になるため、つまり送料は 全国一律で440円ということになります。 ゆうパケットプラスの特徴 ゆうパケットプラスの特徴は下記となっています。 ゆうパケットとゆうパックの中間サイズ 上でもご紹介した通り、ゆうパケットプラスは今までゆうゆうメルカリ便にあった「ゆうパケット」と「ゆうパック」の中間サイズとなります。 そのため、「ゆうパケットでは送れないけどゆうパックを使うほどでもない」場合にはどうしてもゆうパックを使うと送料が高くなってしまっていました。 そんな「痒いところ手が届く」という存在の配送サービスです。 小型だけど厚みがある商品に最適 ゆうパケットプラスは厚さ7cmまで対応しているので、今まで「小型なのに厚みがあるせいでゆうパケットで発送できなかった!」という商品でも格安で送ることができます。 例えば、今まではゆうパックで送っていたような厚みのある雑貨、おもちゃ、食器なども、お得にゆうパケットプラスで送ることができます。 画像引用: わかりやすい全国一律料金で遠方にも安心 ゆうゆうメルカリ便の嬉しいところは、全て送料が全国一律であるということ。 ゆうパケットプラスももちろん全国一律料金なので、北海道から沖縄へ送っても同じ料金で送ることができます。 ゆうパケットプラスの箱を購入できる場所 ゆうパケットプラスを利用するには、専用ボックスを購入する必要があります。 この箱が売られている場所は下記となります。 ・郵便局 ・ローソン ・メルカリストア (メルカリストアは、アプリ内ホーム画面上部の「ストア」タブから閲覧できます) メルカリストア以外だと、ゆうパケットプラスを発送できる郵便局とローソンで購入することができます。 つまり、箱に入れる前の状態に梱包した商品を発送場所へ持って行き、その場で箱を購入し発送するという流れになります。 もしくは郵便局やローソン、メルカリストアで事前に箱だけ購入しておいて、自宅で梱包してから再度発送場所(郵便局かローソン)へ荷物を持って行って発送手続きをするという流れでも良いでしょう。 一部のローソンや郵便局では販売されていないので注意 なんとゆうパケットプラスの専用箱は、一部のローソンと郵便局では販売されていません。 ネット上でも「ローソンにゆうパケットプラスの箱が取り扱っていなかった」と話題になっていました。 事前に最寄りの郵便局かローソンに取り扱いがあるかを聞いてみるのをおすすめします。 ゆうパケットプラスのお届けまでの日数は? ゆうパケットプラスは、発送までに少し時間がかかる配送方法です。 おおよそですが、発送からお届けまでに2〜3日はかかると見ておきましょう。 もちろん発送地域からお届け地域までが近ければ早く到着する可能性もあり、お届け先が遠方の場合などはさらに日数を要する場合があります。 もし中間サイズの荷物を急ぎで購入者へ届けたい場合は、 らくらくメルカリ便の「宅急便コンパクト」なら翌日配送が可能です。 送料と箱代が少しだけ高くなりますが、急ぎの場合は「宅急便コンパクト」も検討しましょう。 お得で便利になったゆうゆうメルカリ便をもっと活用して送料の節約を! 以上が、ゆうパケットプラスとはどんな配送方法なのかについてでした! 今まではゆうゆうメルカリ便には、ゆうパケットとゆうパックしかなかったため、「サイズはゆうパケットでいけるのに、厚みはゆうパックになっちゃう」という場合もゆうパックで送るしかありませんでした。 ですが、ゆうパケットプラスを使うことで送料を安く抑えられる上に、専用ボックスには500mlのペットボトル2本分が入るほどサイズもゆったりしているので、かなり便利になりました。 専用ボックスを購入する手間などもありますが、それでもゆうパケットプラスはこれから重宝される配送方法になるでしょう。 ぜひ便利で使いやすくなったゆうパケットプラスも活用していきましょう!.

次の

【ゆうゆうメルカリ便】ゆうパケットの梱包方法!郵便局とローソンから発送できます。

ゆう パケット サイズ メルカリ

続いては、郵便局でのゆうパケットプラスの発送方法をご紹介します。 ローソンと同じようにメルカリの取引画面で商品サイズをゆうパケットプラスにしたら、郵便局用の二次元コードを表示させます。 次に、QRコードを郵便局内に用意されているゆうプリタッチにスキャンさせます。 するとラベルが発券されるため、ゆうパケットプラスの専用箱にラベルを貼って、郵便局の窓口に荷物を出して発送手続き完了です。 控えを渡されるので、こちらも取引が完了するまで保管しておきましょう。 配送料金はローソンと同じく売上金から差し引かれるため、配送料金はその場で支払う必要はありません。 郵便局でゆうパケットプラスを発送する時の注意点があります。 一つ目は、メルカリ便ゆうパックのサイズや料金についてです。 メルカリ便ゆうパックは、ゆうパケットプラスと同じように、ゆうゆうメルカリ便に含まれています。 専用箱は売っていますが、専用箱でなくても発送可能です。 荷物の三辺の合計でサイズが決まります。 サイズは60サイズから100サイズまで、重量は25kgまで対応しています。 料金はサイズによって変動し、60サイズで700円、80サイズで800円、100サイズで1,000円となっています。 ゆうパケットプラスよりも大きいサイズ、重量に対応していますので、服のまとめ売りなどに適しています。 こちらもゆうパケットプラス同様、郵便局とローソンで発送手続きが可能です。

次の

「ゆうパケットプラス」とは?配送料やサイズ、専用箱の買い方を解説!

ゆう パケット サイズ メルカリ

参考: ヤマト運輸さんが採用している、同じような中型サイズ用の専用ボックスである宅急便コンパクト専用ボックスはレジカウンター内の戸棚に入っていることが多いので、おそらくローソンでもゆうパケットプラス専用ボックスはカウンター内に収納されていると思います。 ですので、 ローソンでゆうパケットプラス専用ボックスを購入する場合はローソンの店員さんに直接話しかけて購入するようにするといいでしょう。 【2020年1月追記】 最初に本記事を書いた時点ではまだゆうパケットプラス専用箱の取り扱いが少なかったローソンでしたが、上の画像のように2020年1月現時点では上の画像のような 陳列棚が用意されて、その中にゆうパケットプラス専用箱も陳列されていました。 全てのローソン店舗でこの方式で販売されているかは定かではないので、もしも確実に手に入れたいという場合はあらかじめ最寄りのローソンに電話で確認することをおすすめします。 スポンサーリンク 上の画像はゆうパケットプラス・宅急便コンパクトの専用ボックスを組み立てたうえでフタを開けた状態で撮影した画像です。 画像のように宅急便コンパクトの方が少しだけ底面積が大きくなっています。 上の画像は組み立てた状態のゆうパケットプラスと宅急便コンパクトの専用ボックスを横に並べたものです。 やはり底面積の大きさは宅急便コンパクトの方がやや大きいのがよくわかります。 続いて上の画像はゆうパケットプラス・宅急便コンパクト専用ボックスを横に置いて厚さの比較をしたものです。 ゆうパケットプラス専用ボックスの厚さが7㎝、宅急便コンパクト専用ボックスの厚さが5㎝なので上の画像のように厚さの差がはっきりとわかります。 重さに関しては ヤマト運輸の宅急便コンパクトは制限がないのに対しゆうパケットプラスには2kgの制限があります。 たとえ専用ボックスに商品が入ったとしても重さを超過した場合は受付拒否または返送の恐れがあるので注意が必要です。 スポンサーリンク• 宅急便コンパクトよりも2cm厚さの大きいものが送れるのがけっこう効いてくる• 別途購入の専用ボックス込みの送料が宅急便コンパクトよりも10円安い• ゆうパケット専用ボックスは使いまわしOK 上でゆうパケットプラスと宅急便コンパクトのサイズ・送料を比較しました。 用途によってそれぞれ良いところ不便な所があるので一概には言えないのですが私の 個人的な意見としてはゆうパケットプラスの方が断然おすすめだと思います。 私の経験になりますが、ゆうパケットプラスがない時は同じサイズのものを宅急便コンパクトで発送することが多かったのですが、5㎝の厚さに入りきらず仕方なく60サイズ 700円 で送ることも少なくありませんでした。 上で比較したように 底面積はゆうパケットプラスの方が小さいのですが経験上宅急便コンパクトを使用するサイズの商品の場合、逆にスペースが余ることが多かったのでやはり厚さが2㎝大きいメリットの方が大きいように思います。 またすでにお話ししたように、 専用ボックスの値段もゆうパケットプラスの方が5円安く、送料も5円安くなっているということでボックス込みの送料はゆうパケットプラスの方が10円安いです。 メルカリでは手数料が10%と言うこともあってできるだけ送料は抑えたいものです。 たかが10円の差ではありますが、サイズの融通が利くということを加味すれば今まで60サイズ送料700円で送っていたものが440円 ボックス代込み で送れるというのは大きな強みだと思います。 また ゆうパケットプラスは専用ボックスの使いまわしが可能というのもけっこうお得だと思います。 宅急便コンパクトの場合は使いまわしはできないのでこれはなかなかのアドバンテージだと思います。 スポンサーリンク.

次の