精査とは。 「精査(せいさ)」とは?意味や使い方を例文付きでわかりやすく解説

精査って英語でなんて言うの?

精査とは

スポンサーリンク 「精査する」の意味と使い方は? まずは、 「精査する」の詳しい意味と正しい使い方について見ていきましょう。 「精査(せいさ)」とは、 細かい点まで物事を詳しく調べることです。 「精」とは、細やかで詳しいことで、「査」とは調べる、よく見て明らかにするという意味になります。 同じ調べるでも「調査」にくらべて「精査」はさらに事細かく、詳しくという意味が加わりますね。 「精査を要する」「現在精査中です」「精査してご回答します」など、内容をじっくり見てみないとすぐには判断できない事柄や、専門家などが細かく分析した上で決めるべき事柄に使われます。 ひとえに詳しく調べるといっても、状況はさまざまだと思います。 「精査する」は 調べる目的が、判断をするために内容をよく見て考える、完成したものが正しいか細かく調べる、などの場合にも使うことができます。 「精査する」の類語と例文は? 次に 「精査する」の類語や例文を見ていきましょう。 「精査」の類語はたくさんあるので、意味ごとにご紹介していきますね。 物事を詳しく調べるという意味を持っている言葉は、• 解析する• 分析する• 調査する• 考証する• 点検する• 検証する• 探索する• 調べ上げる• 洗い出す などです。 物事の判断を下すために、よく調べて考えることは、、• 検討する• 吟味する• 品定めする• よく考える• 念入りに調べる などがあります。 内容が正確かどうかを調べ、時に修正することは• 校正する• チェックを入れる• 校閲する• 推敲する などがあります。 ちなみに 「精査」の反対語には 「通覧(つうらん)」「瞥見(べっけん)」があり、ひと通り全体に目を通すことを意味します。 スポンサーリンク 日常ではあまり使われない言葉ですね。 それでは「精査する」を使った例文を見ていきましょう。 多数の専門家によって精査した結果、次の通り決定いたしました。 ご提出いただいた資料を精査して判断いたします。 この対策がどのような効果をもたらすか、十分に精査した上で実行しましょう。 研究レポートをご提出します。 ご精査のほどよろしくお願いいたします。 類語を使った例文もご紹介します。 調査結果を分析して、新商品の開発に役立てよう。 これらのデータをひとつひとつ検証していただけますか。 問題点をすべて洗い出して改善策を考えよう。 A案とB案の違いを吟味した上で、どちらを推薦するか決めましょう。 完成した原稿は、よく推敲してからご提出ください。 その後、編集部で校正いたします。 「精査する」の丁寧語と敬語も教えて? では次に 「精査する」を目上の人に対して使うときは、どのように表現するのでしょうか。 「精査してください」と言いたいとき、「精査する」の頭に「ご」をつけて「ご精査ください」と言うと丁寧語です。 ただ、「ください」は命令形のため、目上の人に対しては少しぶっきらぼうな印象になってしまいます。 「ご精査のほどよろしくお願いいたします。 」「ご精査くださいますよう、お願い申し上げます。 」と言った方が、より敬意が伝わる表現になります。 また、 「詳しく調べていただけますよう」「細かく調査してくださいますよう」など、シンプルな言葉で言い換えるのもわかりやすいですね。 調べるという意味の言葉は実にたくさんありますね。 そのなかでも「精査する」は、より詳しく細かく調べる意味合いが伝わる言葉です。 ビジネスの場で便利ですから、他の言葉との違いを知り、何をどのように調べるのかによって上手に使い分けたいものですね。 まとめ いかがでしたでしょうか? 「精査する」の詳しい意味や正しい使い方、そして類語や例文について詳しくご紹介しました。 「精査」という言葉にはたくさんの類語があるということが分かったと思います。 これだけたくさんの類語があると使うシーンなど迷ってしまうと思いますが、時と場合、さらに使う相手を見極めてその都度、使い分けたり言い換えたりしたいですね。 日本人として普段、使う言葉の意味や正しい使い方など最低限はしっかりと頭に入れておきましょう!.

次の

「精査」の使い方や意味、例文や類義語を徹底解説!

精査とは

「精査 せいさ 」は、新聞やニュース記事、ビジネスシーンなどでしばしば使用される言葉です。 「精査」の意味を正確に知っておくことで、ビジネスシーンのさまざまな場面で活かすことができます。 以下、「精査」の意味を詳しく見ていきましょう。 「精査」の意味は? 「精査」は、「詳しく調査すること」という意味があります。 例えば「情報を精査する」と表現すると、「情報を詳しく調査する」という意味を表します。 ほかにも、「情報を精査中」「精査が必要なデータ」といった表現で使用されます。 それぞれ、「情報を詳しく調査中」「詳しく調査する必要があるデータ」という意味があります。 「精査」の意味の特徴は? 「精査」はただの調査ではなく、「詳しく調査すること」という意味に特徴があります。 「調査」は、「ある事項を明確にするために調べること」という意味がありますが、「精査」はこの「調査」をさらに詳しく行うことを意味します。 例えば、「精査中」と「調査中」という表現を比較してみましょう。 いずれも新聞やニュース記事、ビジネスシーンなどで使用される表現ですが、「精査中」と表現すると、より詳しい調査が行われている状態を表します。 「精査」の使い方は? 「精査」の基本的な使い方は、「精査する」「精査される」「精査中」といった表現になります。 「精査」は「精査する」「精査される」のように動詞で表現するほか、名詞でそのまま「精査」と使用する表現もあります。 例えば「精査が必要だ」「精査が必要なデータ」などの表現は、「精査する」のように動詞で表現されず、「精査」がそのまま使用されています。 「精査する」の使い方は? 「精査する」は、「精査」の最も基本的な使い方と言えます。 例えば、「業績への影響を精査する必要がある」「申請内容を精査する」など、さまざまな使い方が可能です。 「精査される」の使い方は? 「精査される」も、幅広く使用される表現です。 例えば、「十分に精査される体制が求められる」「綿密に精査されるべきだ」といった使い方が見られます。 「精査中」の使い方は? それでは、「精査」の例文について詳しく見ていきましょう。 「精査」は使用される表現が多いため、「精査する」「精査中」などの表現ごとに例文を整理する必要があります。 「精査する」の例文 「精査する」は「精査」の最も基本的な表現となり、「精査する」「精査している」「精査した」など、さまざまな表現に分けられます。 「精査する」の例文は、以下のとおりです。 ・報告書の内容を精査する。 ・申請内容を精査する。 ・業績への影響を精査する必要がある。 ・案件ごとにきちんと精査するべきだ。 ・専門家が精査しなくてはならない。 ・貿易政策による影響を精査する。 ・データを精査したうえで正式に公表する。 ・映像を精査した結果、ある事実が判明した。 ・事実関係を確認して精査する。 ・資料の内容を精査しているところだ。 ・新しい事業戦略のないようを精査している。 このように、「精査する」は幅広い場面で使用できます。 新聞やニュース記事でも頻繁に登場する表現です。 「精査される」の例文 「精査される」は、「精査されている」「精査された」などの表現も含め、多くの使用例があります。 「精査される」の例文には、次のようなものがあります。 ・十分に精査される体制が求められる。 ・精査される機会を増やさなくてはならない。 ・もっと綿密に精査されるべきだった。 ・企業が抱えるリスクは慎重に精査されなくてはならない。 ・これらの資料が徹底的に精査された。 ・報告書は以前より厳しく精査されている。 ・綿密に精査された情報を提供する。 ・事業の採算性はきちんと精査されなくてはならない。 ・事件の真相が慎重に精査された。 ・本案件は委員会で慎重に精査されるだろう。 「精査中」も、「精査する」「精査される」と同様にさまざまな場面で使用されます。 「精査中」の例文としては、次のような例があります。 ・現在、各種の情報を精査中だ。 ・今、実験結果を精査中だ。 ・詳細はまだ精査中とされている。 ・業績への影響は、現在精査中となっている。 ・環境への影響については、精査中と述べるにとどまった。 ・業績への影響は現在精査中ですので、改めて公表いたします。 ・提案内容については、現在精査中となっております。 ・報告書は、現時点ではまだ精査中だ。 ・事実関係の詳細については精査中と述べた。 「精査のほど」の例文 ビジネスシーンでは「精査のほど」という表現が使用されることがあります。 ビジネスシーンで「精査」を活用するためにも、「精査のほど」の使用例はきちんと整理しておきましょう。 「精査のほど」の例文は、以下のとおりです。 ・報告書をお送りいたします。 ご精査のほど、よろしくお願いいたします。 ・資料をお送りいたしますので、ご精査のほど、よろしくお願いいたします。 「精査のほど」は、「ご精査のほど」という表現で使用します。 「精査のほど」は「よろしくお願いいたします」を加えて表現する例が一般的となり、相手に対する敬語表現として「精査」を「ご精査」を表現します。 その他の「精査」の例文は? 「精査する」「精査される」「精査中」「精査のほど」以外の「精査」の表現も知っておくと、さまざまな使い分けができます。 例文としては、次のようなものがあります。 ・綿密な精査が必要だ。 ・精査が必要なデータを整理する。 ・雇用情勢の精査を行う。 ・本事例については、長年精査を重ねていた。 ・報告書の精査を進める。 ・業績に対する影響の精査が求められる。 「精査」の類語は? 「精査」の類語に「検討」がありますが、両者は意味に違いがあります。 「精査」と「検討」はいずれもビジネスシーンで使用されるため、違いを知っておくことが大切です。 以下、「検討」の意味や「精査」との違いについて整理してみましょう。 「検討」の意味は? 「検討」は、「よく調べ考えること」「詳しく調べて当否を考えること」という意味があります。 「検討」には「よく調べること」「詳しく調べること」という意味があるので、「詳しく調査すること」を意味する「精査」と似ています。 一方で、両者には明確な意味の違いがあります。 「精査」と「検討」の意味の違いは? 「精査」は「詳しく調査すること」を意味しますが、「検討」は「調べること」に加えて「考えること」という意味があります。 この点が「精査」との大きな違いです。 「精査」の場合、「調査すること」という点が強調されます。 「申請内容を精査する」「情報を精査中」といった表現でも、強調される点はあくまで「調査すること」です。 誰かの考えが入り込むわけではなく、「考えること」とはニュアンスが異なります。 客観的な調査と考えるとイメージが浮かびやすいでしょう。 一方で、「検討」は「考えること」という意味も含まれます。 例えば「法律の見直しを検討する」と表現すれば、法律の見直しについて詳しく調べ、考えることを意味します。 ただ詳しく調べるだけではありません。 見直しの当否など、何かしらの考えにたどり着く必要があります。 このように、「精査」と「検討」は意味が違うので、使い分けに注意する必要があります。 「精査」と「検討」の違いの具体例は? 「申請内容を精査する」「申請内容を検討する」という表現を例に挙げます。 「申請内容を精査する」は、申請内容が適正かどうか、条件を満たしているかなどを詳しく調査することを意味します。 ここでは、あくまで調査が行われるのみで、誰かの考えが入り込むとは限りません。 内容の適正度や条件は、客観的に判断できるからです。 一方で、「申請内容を検討する」の場合、申請の内容や項目自体を考えることを意味します。 例えば、申請内容・項目を決める側の会社などが、どのような内容を申請内容にすべきかを検討すること、つまり「考えること」を意味します。 この場合の「申請内容を検討する」は、「申請内容を精査する」のように、申請された内容を調査することではありません。 申請内容を設ける段階の話となり、そもそも申請される段階ではないからです。 「精査」と「検討」は、表現によって意味が大きく変わります。 十分に注意しましょう。 「精査」と「検査」の違いは? 「精査」と「検査」も、意味の違いを知っておくことが大切です。 「検査」の意味や「精査」との違いについて、詳しく見ていきましょう。 「検査」の意味は? 「検査」とは、「適不適や異状・不正の有無などを調べること」という意味があります。 「血液検査」や「所持品検査」といった表現で使用され、一般的に幅広く使われている言葉です。 「検査」は、ある基準に照らして調べるという意味に特徴があります。 適不適や異状・不正の有無は、基準がないとわからない場合が多いでしょう。 良い状態・悪い状態の基準が存在すれば、それに沿って適不適や異状・不正の有無を調べられます。 このような手順で調べることが、「検査」の意味です。 「精査」と「検査」の意味の違いは? 「検査」の調べの対象は「適不適や異状・不正の有無など」ですが、「精査」は「詳しく調査すること」を意味し、調べの対象が「適不適や異状・不正の有無など」とは限りません。 この点が「精査」と「検査」の違いです。 「検査」は、「血液検査」「適性検査」「所持品検査」といった言葉に見られるように、基本的には良い・悪いの判断をします。 一方で、「精査」は必ずしも良い・悪いを判断できるわけではありません。 「精査」は「詳しく調査すること」を意味しますが、「調査」とは「ある事項を明確にするために調べること」という意味です。 何かをはっきりさせたい場合に「調査」や「精査」が行われるのであって、それが良い・悪いに分類できるとは限りません。 「精査」によって良い・悪いの判断ができる場合もあるでしょう。 ただし「検査」のように明確な基準があるとは限りません。 良い・悪いの判断といっても「精査」と「検査」ではニュアンスが異なります。 例文から具体的な使い方を整理しよう 今回は、「精査」の意味や使い方、例文、類語などをご紹介しました。 「精査」は「詳しく調査すること」という意味があり、「精査する」「精査される」「精査中」「精査のほど」といった表現で使用されます。 ビジネスシーンや、新聞・ニュース記事などでしばしば使用され、幅広い使い方が可能な言葉です。 「精査」の使い方や表現方法は多いので、例文をもとに整理しておく必要があります。 例文から「精査する」や「精査中」などの表現を考えると、イメージが浮かびやすいでしょう。 また、「精査」は「検討」や「検査」といった類語との違いも重要です。 「精査」の意味をきちんとおさえ、使い分けられるようにしておきましょう。 「精査」はビジネスシーンで活用することもできる言葉です。 「精査」の意味や使い方を知り、ぜひ活かしてみましょう。 ドライバーの仕事情報を探す 現在転職先にトラックドライバーを考えている方は豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスへ!.

次の

「精査」の意味とは?「調査」との違いは?使い方、類語、英語表現など詳しく解説!

精査とは

・調査(ちょうさ) ・検査(けんさ) ・審査(しんさ) ・査収(さしゅう) 要は全て「調べる」なのですが、微妙に違います。 「調べること」はどの分野、業界でも重要なことなので、それに伴う表現も覚えておきましょう。 「調査」は「調べて物事を明らかにすること」。 「調査」より、「細かく・詳細に」を強調した表現が「精査」。 他の表現にも言えますが、「調査」だからといって「細かく」調べないわけではありません。 あくまでも表現の違い。 「調査」にも「細かく調べる」という意味合いは含まれています。 『前回は「精査」してくれとあったから細かく調べたけど、今回は「調査」だからそれなりでいいか』ではありません。 「検査」は「悪いところがないか調べること」。 健康診断では「要検査」「要詳細検査(要精査)」と使い分けられています。

次の