森本 慎太郎 小説。 Cuz I luv ya.−2−

森本慎太郎の性格は良い?悪い?友達で仲良いのは?

森本 慎太郎 小説

もくじ• 入所後わずか1年足らずで『受験の神様』に出演が決定。 舞台『滝沢演舞城2007』や『DREAM BOYS』などに立て続けに出演した後、2009年には『スノープリンス 禁じられた恋のメロディ』で初出演初主演を射止めます。 その後も活躍を重ね、2012年『私立バカレア高校』を転機に、SixTONESを結成。 2020年1月22日、SixTONESとしてCDデビューしました。 きっかけになったドラマや映画の他にも、2013年には『幽かな彼女』『監察医朝顔』などヒットドラマにも出演。 2020年5月22日公開の『燃えよ剣』にも市村鉄之助役として出演するなど、活躍の幅を広げています。 SixTONES最年少弟キャラ SixTONES内で最年少、ボケを言ったりしておふざけもする弟キャラのようです。 いつもメンバーのジェシーさんとふざけ合っているんだとか。 みんなに可愛がられるタイプで、メンバーに構って貰えないと拗ねてしまうこともあるんだそうです。 真面目で頑張り屋 入所すぐにドラマ出演が決定しましたが、演技未経験のため、視聴率やジャニーズJr. への評価をプレッシャーに感じていたそうです。 それでも、先輩にも弱音を吐くことができず、現場では明るく振舞う反面、一人で背負い込んで泣いていたこともあったそう。 また、本人も「意外と細かいことを気にするタイプ」と言っており、空気を読み過ぎて失敗することも多いと語っていました。 プロ意識が高いのでしょう。 とても真面目で、頑張り屋な分、繊細で抱え込みやすい人柄が想像できます。 負けず嫌い 小さい頃から、超が3つは必要なほどの負けず嫌いなんだとか。 兄弟喧嘩で負けが分かっていても果敢に挑んで行ったり、「できません」と言いたくなくて、出来なくても「できます!」と言い続けてきたんだそうです。 人に負けるのも、自分に負けるのも嫌いなのでしょう。 頑固で負けず嫌いなのが良く分かるエピソードです。 総合すると、真面目で頑固で負けず嫌いなので人一倍頑張り屋といったところでしょうか。 周囲の人にはおふざけキャラで接していることから、自分に厳しく周りに甘いタイプなのかもしれません。 ユニバーサル・スタジオ・ジャパンでの目撃情報もあります。 SixTONESのメンバー SixTONESのメンバーはそれぞれがお互いを尊敬し大事にしていることで、絆が深いグループとして有名ですが、やはり森本さんにとってもSixTONESのメンバーはかけがえのない存在のようです。 プロ意識が高いため、どうしても学校の友人達とは中々深く付き合っていくことができず、一人泣いていたこともありましたが、ドラマで共演したことを発端として結成されたメンバーとは、初めて対等な立場で向き合える仲間を得たと語る程、心の底から大切にしているようです。 憧れの先輩は木村拓哉さんと滝沢秀明さん 男性として目指したい先輩は元SMAPの木村拓哉さんだそうです。 ジャニーズJr. に対してもフレンドリーに接し、常に優しく、同性からも憧れられるような兄貴肌。 森本さんにとって完璧な人であり、目標のようです。 滝沢秀明さんのことはリーダーシップと演技力を兼ねそろえたエンターテイナーとして目標としているらしく、入所当時からジャニーズJr. という看板を意識して頑張り続けていた森本さんにとっては、目指したい先輩なのでしょう。 交友関係はあまり広いとは言えませんが、 目指す姿が明確にあり、そしてそれを体現できるよう活動されていることが分かります。

次の

森本慎太郎(シンタロー)野生児化が止まらない!鉄腕ダッシュのダッシュ島継承者に!

森本 慎太郎 小説

もくじ• 入所後わずか1年足らずで『受験の神様』に出演が決定。 舞台『滝沢演舞城2007』や『DREAM BOYS』などに立て続けに出演した後、2009年には『スノープリンス 禁じられた恋のメロディ』で初出演初主演を射止めます。 その後も活躍を重ね、2012年『私立バカレア高校』を転機に、SixTONESを結成。 2020年1月22日、SixTONESとしてCDデビューしました。 きっかけになったドラマや映画の他にも、2013年には『幽かな彼女』『監察医朝顔』などヒットドラマにも出演。 2020年5月22日公開の『燃えよ剣』にも市村鉄之助役として出演するなど、活躍の幅を広げています。 SixTONES最年少弟キャラ SixTONES内で最年少、ボケを言ったりしておふざけもする弟キャラのようです。 いつもメンバーのジェシーさんとふざけ合っているんだとか。 みんなに可愛がられるタイプで、メンバーに構って貰えないと拗ねてしまうこともあるんだそうです。 真面目で頑張り屋 入所すぐにドラマ出演が決定しましたが、演技未経験のため、視聴率やジャニーズJr. への評価をプレッシャーに感じていたそうです。 それでも、先輩にも弱音を吐くことができず、現場では明るく振舞う反面、一人で背負い込んで泣いていたこともあったそう。 また、本人も「意外と細かいことを気にするタイプ」と言っており、空気を読み過ぎて失敗することも多いと語っていました。 プロ意識が高いのでしょう。 とても真面目で、頑張り屋な分、繊細で抱え込みやすい人柄が想像できます。 負けず嫌い 小さい頃から、超が3つは必要なほどの負けず嫌いなんだとか。 兄弟喧嘩で負けが分かっていても果敢に挑んで行ったり、「できません」と言いたくなくて、出来なくても「できます!」と言い続けてきたんだそうです。 人に負けるのも、自分に負けるのも嫌いなのでしょう。 頑固で負けず嫌いなのが良く分かるエピソードです。 総合すると、真面目で頑固で負けず嫌いなので人一倍頑張り屋といったところでしょうか。 周囲の人にはおふざけキャラで接していることから、自分に厳しく周りに甘いタイプなのかもしれません。 ユニバーサル・スタジオ・ジャパンでの目撃情報もあります。 SixTONESのメンバー SixTONESのメンバーはそれぞれがお互いを尊敬し大事にしていることで、絆が深いグループとして有名ですが、やはり森本さんにとってもSixTONESのメンバーはかけがえのない存在のようです。 プロ意識が高いため、どうしても学校の友人達とは中々深く付き合っていくことができず、一人泣いていたこともありましたが、ドラマで共演したことを発端として結成されたメンバーとは、初めて対等な立場で向き合える仲間を得たと語る程、心の底から大切にしているようです。 憧れの先輩は木村拓哉さんと滝沢秀明さん 男性として目指したい先輩は元SMAPの木村拓哉さんだそうです。 ジャニーズJr. に対してもフレンドリーに接し、常に優しく、同性からも憧れられるような兄貴肌。 森本さんにとって完璧な人であり、目標のようです。 滝沢秀明さんのことはリーダーシップと演技力を兼ねそろえたエンターテイナーとして目標としているらしく、入所当時からジャニーズJr. という看板を意識して頑張り続けていた森本さんにとっては、目指したい先輩なのでしょう。 交友関係はあまり広いとは言えませんが、 目指す姿が明確にあり、そしてそれを体現できるよう活動されていることが分かります。

次の

森本慎太郎

森本 慎太郎 小説

1月22日にデビューを控えるSixTONESとSnow Man。 そんな注目の若手ジャニーズグループである2組に焦点を当て、「SixTONES&Snow Man徹底解剖」を昨年より連載してきた。 その第5弾である今回は、SixTONES・森本慎太郎を取り上げてみよう。 森本は1997年7月15日生まれの22歳。 グループ最年少であるが、他のメンバーに引けを取らない長いキャリアの持ち主だ。 2006年にジャニー喜多川氏から直接スカウトを受け、オーディション無しでジャニーズ事務所に入所した森本は瞬く間に人気者になった。 当時『ザ少年倶楽部』(NHK BSプレミアム)を見ていた方は、彼がスターダムを駆け上がる様子をご存知だろう。 入所してすぐにジャニーズJr. 内グループのTap Kidsに加入し、次々とテレビや舞台へ出演。 そして2009年、映画『スノープリンス 禁じられた恋のメロディ』で主演に抜擢されるとさらに注目を集め出す。 森本を中心にメンバーが集められスノープリンス合唱団が誕生、同映画の主題歌「スノープリンス」で同年12月にCDデビューを果たし、企画枠「こども紅白歌合戦」で『第60回NHK紅白歌合戦』(NHK総合)にも出場した。 その後も、アニメ『クレヨンしんちゃん』(テレビ朝日系)で声優デビューを果たすなど知名度を広め続けていたが、スノープリンス合唱団が2010年1月までの期間限定ユニットだったこともあり、徐々に活動量は少なくなっていった。 とはいえ、その後も先輩グループのコンサートのバックに付いたり、『ザ少年倶楽部』や『ガムシャラ!』(テレビ朝日系)に出演したりとコツコツ経験を積んできた森本。 そして2012年に森本が主演を務めたドラマ『私立バカレア高校』(日本テレビ系)に出演したメンバーたちとともに、2015年にSixTONESが結成されたというわけだ。 例えば、考え方。 9歳から芸能界で活動をしてきており、酸いも甘いも噛み分けてきたからだろうか。 ふとした瞬間に見せる22歳とは思えないような達観した考え方は、こちらも考えさせられてしまう。 2019年12月20日に放送された連続ドキュメンタリー『RIDE ON TIME』(フジテレビ系)での、「俺の仕事に対しての姿勢は、先のことを考えないようにしてて。 今目の前にある1日の仕事を100%全力で取り組んで、明日の仕事は明日考えるというスタンスなんですよ。 今後どうなって行くか俺は知りたくない」という発言。 CDデビューも果たし順風満帆と思っていたが思う通りには進まない、という苦い経験を経た森本だからこそ重みのある言葉だ。 そして、バラエティ番組などでの空気の読み方も絶妙である。 2020年1月2日放送の『新春しゃべくり007』(日本テレビ系)に出演した際も、そのスキルがキラリと光った。 さらに、小学生の時に空手で全国4位になった経験を持つ森本。 板割りを披露した時には、正拳突きで割ると見せかけて割らないというボケをかまし、大きな笑いを取っていた。 自分が出るべきところの空気を読み、しっかり爪痕を残せるのもこれまでの経験があってこそだろう。

次の