ライン 電話に応答がありませんでした。 LINEの問い合わせ先は?ヘルプサポートの電話番号・問題報告フォームはどこに?

LINE Pay(ラインペイ)の問い合わせ窓口の電話番号やフォームは?加盟店向けも!

ライン 電話に応答がありませんでした

気軽に利用できる LINEの電話。 よく使うという方も多いと思いますが、できれば出たくないな …という相手からの着信に困ったこともあるのでは?今回はそんな時に着信拒否する方法と、したら相手にバレるの?などの疑問を解決します! 「 LINE電話」とは? LINEアプリ内で無料で利用できる通話サービス。 スマートフォンの通話機能の代わりに利用しているという方も多いですよね。 まずは LINEアプリを開き、設定画面に進みましょう。 「通話」をタップすると「通話の着信許可」という項目がありますので、こちらをオフにしましょう。 (画像はオフになっている状態です) これですべての友達からの着信を拒否する設定になりました。 ただし誰から着信があったかという通知は届きます。 特定の人からの着信だけを拒否する方法 二つ目は、ある特定の友達だけを個別に着信拒否する方法ですが、相手をブロックするしか方法がありません。 まずは LINEアプリの友達リストを開きましょう。 矢印の方向にスワイプし、「ブロック」をタップします。 これでこの友達からの着信は拒否されます。 ブロックするということは、着信の通知はもちろんメッセージも届きません。 ブロックせずに、通話だけ拒否することは現状の LINEだと設定できません。 着信拒否されたか確かめる方法 では、着信を拒否した場合相手からは分かるのでしょうか?実際に着信を拒否した状態で相手(ぽんすけくん)から電話をかけてもらうと … このように「ぽんすけからの着信がありました。 通話の着信許可が OFFになっているため、応答できません。 」という通知が来ました。 一方、相手側(ぽんすけくん)にはこのような表示になります。 ひんとす(自分側)に電話をかけていますが、着信拒否されているため、呼び出し状態がずっと続いて繋がることはありません。 いつまでも出てくれないので、相手は忙しいと思って切ってしまうでしょう。 通知もいつも通り「キャンセル」と表示されます。 このように、着信を拒否していることが相手にバレることはありません。

次の

LINE電話無料|使い方やなぜ無料通話できるのか

ライン 電話に応答がありませんでした

「応答なし」「キャンセル」「不在着信」の意味と違い LINEで無料通話をかけてつながらなかった時のトーク上の表示は、「応答なし」「キャンセル」「不在着信」のいずれかになります。 それぞれ、どのようなケースで表示されるのか意味や違いを解説します。 「応答なし」と表示されるケース 自分のトーク上で「応答なし」が表示されるケースは3つあります。 自分がかけた通話を相手が強制的に切った(拒否) 相手が着信に気づいたものの、何らかの事情で 「拒否」をタップしたというような状況です。 この時、相手側(拒否したユーザー)のトーク画面には「キャンセル」と表示され、自分側(通話をかけた側)には「応答なし」と表示されます。 左:自分側 右:相手側 2. 一定時間が経っても相手が電話に出なかった 相手が着信に気づかなかった、もしくは何らかの事情で 通話に出られなかったというような状況です。 この時、相手側のトーク画面には「不在着信」と表示され、自分側(通話をかけた側)には「応答なし」と表示されます。 相手が通話中だった場合 3. 相手がブロックしている(自分がブロックされている) 相手が自分をブロックしている状態で通話を発信し続けると、一定時間経過後に発信が終了し、自分のトーク上には「応答なし」と表示されます。 この場合、相手側では通話着信は鳴らず、通知も残りません。 ただし、 「応答なし」が表示されたからといって、必ずしも相手にブロックされているとは限りません。 LINE通話とブロックの関係については、本記事でしています。 左:自分側 右:相手側 「キャンセル」と表示されるケース LINE通話で自分のトーク画面に「キャンセル」が表示されるのは、 自分から電話を切ったとき。 しばらく鳴らしても相手が通話に出ないのでこちらから切った、というような状況です。 相手側のトーク画面には「不在着信」と表示されます。 左:自分側 右:相手側 「不在着信」と表示されるケース 自分のトーク上で「不在着信」が表示されるケースは2つあります。 相手が通話をかけてきたが、出る前に相手から発信を切った 相手から着信があったものの、何らかの事情で こちら(自分)が出る前に切れたというような状況です。 この時、相手側のトーク画面には「キャンセル」、自分側には「不在着信」と表示されます。 左:自分側 右:相手側 2. 相手が通話をかけてきたが、一定時間こちら(自分)が出なかった 相手が通話をかけてしばらく応答を待っていたが、 こちら(自分)が出なかったというような状況です。 この時、相手側のトーク画面には「応答なし」、自分側には「不在着信」と表示されます。 左:自分側 右:相手側 LINE通話の「応答なし」表示とブロックとの関係 LINEで「応答なし」が続いた場合に、自分が通話相手にブロックされているのではないかと不安になる人も多いようです。 結論から言うと、 「応答なし」が表示されたからといって必ずしもブロックされているとは限りません。 現在のLINEでは、 無料通話を介してブロックされているかどうかを確認する手段はありません(iOS/Android版問わず)。 ブロックされていてもされていなくても、同じ画面が表示される(右:iOS版LINE/左:Android版LINE) 相手にブロックされている/されていないにかかわらず、発信し続けると一定時間で発信が切れ、ときのケースと同様、上のような画面が表示されます。 仮に自分が相手にブロックされていても、ブロックされていない状態と同じ画面が表示されるため、ブロックされているかどうかを判別することはできないわけです。 なお、相手にブロックされているかどうかを確認する手段はいくつかあります。 詳細は以下の記事で解説しているので、参考にしてみてください。

次の

スマートフォン「【SHL25】電話の着信があってもとれない。」

ライン 電話に応答がありませんでした

最後の原因が特殊で、Androidのスマホでだけ表示されます。 LINEをブロックされている相手にLINE電話をかけた場合、通話画面ですぐに「通話に応答がありませんでした」というメッセージが表示されます。 タップできるのは「確認」という文字だけで、 それをタップすると「応答なし」とあなた側に表示されます。 あなたの通話画面にはすぐに「通話に応答がありませんでした」と表示されますが、相手はトーク画面に何も表示されません。 Androidユーザー限定ですが、「通話に応答がありませんでした」と表示されたら、LINEのトークメッセージを送信してみて、反応を見ましょう。 既読にもならないし、返事もない場合は相手にブロックされています。 LINEの通知があり、トーク画面を開いてみると あなた側に「不在着信」があり、相手側に「キャンセル」と表示される原因はどちらもブロックや拒否をしていないので、「応答なし」とは違います。 ただLINEの「不在着信」機能の優れているところは着信があった時間がわかるだけです。 普通のスタンプやメッセージのように既読マークはつかないので、「不在着信」の表示を相手が確認したかどうかがトークの既読機能で分かるということはありません。 ただ他のスタンプやメッセージと同じトーク画面に表示されるので、普通の電話よりも「不在着信」を見てもらいやすいというメリットがあります。 また「不在着信」のアイコンをタップすると、相手に電話をかける画面に自動で切り替わるのでLINE電話をかけなおす手間もかかりません。 LINEにはEVENTで無料でもらえるスタンプのほかに、EVENTに登場しない無料スタンプがあります。 隠しスタンプというのですが、 iPhoneでLINEをブロックされているとこの隠しスタンプを送信することができません。 iPhoneにはAndroidと違い、有料スタンプをプレゼントする機能がないので、スタンプをプレゼントするなら無料スタンプ限定になります。 でもiPhoneの無料スタンプは種類が少ないのですでに持っている可能性もあります。 だから隠しスタンプをプレゼントして、プレゼントできればブロックされていない、プレゼントできなければブロックされているという意味です。 ただ隠しスタンプを発見するのに時間がかかるので、複数のスタンプをプレゼントしてみた方が早いです。 LINE電話をかけ始めてすぐには表示されませんが、はずっとかけ続けていても相手が出ない場合は「通話に応答がありませんでした」と表示されます。 ただブロックされていない場合と、されている場合では「通話に応答がありませんでした」というメッセージの下に表示されるメニューが違います。 ブロックされていない場合は「通話に応答がありませんでした」と表示された下に「もう一度無料通話を発信」「ボイスメッセージ」「終了」という3つのメニューが表示されます。 しかし 「通話に応答がありませんでした」と表示された下には「確認」しか出ていないときはブロックされているという意味です。 それ以外のメニューが表示されないので、ここで判断できます。

次の