アメリカ 選挙 2020。 2020年アメリカ連邦議員選挙[5月末定点観測]

アメリカ大統領選挙2020に関するトピックス:朝日新聞デジタル

アメリカ 選挙 2020

メルマガ読者限定で配布した2020年の相場展望レポートの一部を公開します。 チャート分析 まずは日経平均の年足チャートです。 1989 年に高値38957 円を付けたあとに、2008 年には安値6994 円まで下落しました。 この大きな下げはバブルの崩壊やリーマンショックなど、様々な要因がありますが暴落が起きた事は紛れもない事実です。 現在の日経平均株価は24000 円付近に位置しています。 移動平均線は上向きで順調に上昇しているのがわかります。 暴落分を取り戻しにきている動きとも見ることができます。 2018 年の陰線を2019 年は包み足の陽線で否定しています。 こうなると2020 年はもう少し上を試す場面が想定されます。 続いて日経平均の月足チャートです。 月足チャートも同じく強い形で、安値を切り上げながら上昇しているのがわかります。 2018 年12 月安値18948 円を下回らなければ、長期的な上昇トレンドは維持されると考えてよいでしょう。 その手前には20000 円という強いサポートラインがあり、2019 年の危ない場面を何度も跳ね返してきました。 チャートだけを見れば「買い有利」なのは明らかです。 2020 年は 東京オリンピック特需にも期待できますので、買いを支える要因として機能するのではないかと考えられます。 重要イベント「アメリカ大統領選挙」 2020 年には大きな重要イベントがあります。 11 月に行われるアメリカ大統領選挙です。 「トランプが再当選するかどうか?」 夏の東京オリンピックが終わった頃からは、マーケットはこの話題で持ちきりになると思われます。 トランプさんには賛否両論がありますが、アメリカの株価を大きく上げたのは紛れもない事実です。 トランプ就任前のNYダウの株価は20000 ドルを割っていました。 それが現在は28000 ドルという歴代最高値を付けています。 強引なやり方はともかく、成果は確実に数字へと表れています。 マーケットとしては トランプ続投がベストシナリオです。 ところがそのトランプさんは素行が思わしくありません。 ついには野党からは弾劾訴追まで起こされる始末です。 もしもトランプが負けるようなことになれば、マーケット的には大きな波乱要因になります。 NYダウの上昇を牽引してきたリーダーがいなくなれば、リスク回避の売りが出て暴落につながる事は十分に考えられます。 トランプ続投ならば一安心。 トランプ交代ならば大波乱。 戦況は拮抗しており、決して楽観できる状況ではありません。 少しでも間違えれば、 落選の可能性は大いにあると考えておくべきでしょう。 どうにか勝てるかもしれませんが、僅差の勝負が予想されます。 選挙が近づくにつれて株価の値動きが激しくなりそうです。 さらに詳しい内容についてはメルマガ限定で公開しています。 ぜひご登録ください。

次の

2020年アメリカ連邦議員選挙[5月末定点観測]

アメリカ 選挙 2020

大統領選挙の年は株価は上がる? 2020. 10 ゴーン被告の日本出国や緊迫するアメリカとイラン情勢など、年始から大きなニュースが出ているが、2020年、大統領選挙の年のマーケットは、すでに始まっている。 ことしのニューヨーク株式市場ダウ平均株価はどう動くのか。 第2次世界大戦後、選挙のあった年を見ると、前回選挙の2016年を含め、18回中13回が「値上がり」。 確率で言うと、72%という高さになる。 やはり、景気には配慮したいという候補者たちの考えがあるから、だろう。 とりわけ、現職のトランプ大統領にとっては、目に見える(唯一の?)実績でもあり、大事にしたいはず。 日本や世界経済にも大きな影響を与える、ことしのニューヨーク株価の動向について考えてみたい。 平均すると値上がり率は5%弱 このグラフは、過去18回の大統領選挙の年のダウ平均株価の上昇(下落)率をまとめたものだ。 1948年の「奇跡の逆転」と言われたトルーマン大統領の再選から、前回選挙まで。 平均すると、値上がり率は5%弱になる計算だ。 値下がりが目立つ(-33%)2008年は、そう、リーマンショックの年。 前回のトランプ大統領が初当選したときは13%上昇と、かなり値上がりしているが、調べてみると、トランプ氏の当選が決まってから年末にかけて急激に値上がりしている。 やっぱり彼は、ウォール街に期待されているのだ。 こんな統計もある。 ダウ平均株価は「値上がりすると2年以上は続く」というもの。 2018年が値下がりなので、去年の値上がりは、ことしも続くということも言える。 こうしたはっきりした根拠がないもののパターン化された特徴的な動きを、株式市場では「アノマリー」とも呼んでいる。 「米中はリスク」も大きな動きなし? ウェルズ・ファーゴ インベストメント インスティチュート ダレル・クロンク会長 アメリカの大手金融グループ「ウェルズ・ファーゴ」の投資家向け専門会社のトップ、ダレル・クロンク氏にインタビューした。 依然、最大のリスクである米中貿易交渉について、彼に聞くと… 「この問題は長期にわたるもので、ことし中に何らかの結論が出るとは考えていない。 11月の大統領選挙が終わるまで、具体的な成果が出てくることはないだろう」 つまり、こうだ。 トランプ大統領が株価を意識するのであれば、去年のように株価を乱高下させる言動はなるべく慎みたい。 「選挙が終わるまで休戦」というのが、トランプ大統領にとっては無難だろう、というのだ。 トランプ大統領の落選を中国が望むとすれば、選挙直前にちゃぶ台返し!いう見方もあるが(逆に、トランプ大統領が「対中関税すべて無くす!」というウルトラCをするとか)、基本的には、選挙後まで「なぎ」の状態が続くというのが金融街の見方と言える。 民主党大統領が誕生したら… 富裕層への増税や、IT大企業の解体までも打ち出す候補がいる民主党。 民主党・ウォーレン候補 先日、ニューヨークでは、とあるヘッジファンドのトップが「そんな人が大統領になったら、株価は25%は下落する」と真顔で話していた。 ウォール街にとっては、株価を気にしてくれるトランプ大統領はウェルカムなのだ。 もちろん、選挙が近づき、政策もより具体的に見えてくれば、民主党政権であっても政策が信任され(「ご祝儀相場」も含め)、株価上昇も無いとは言い切れない。 選挙は11月3日 日本では、「東京オリンピック・パラリンピック後は、景気をけん引する要素が無くなり、景気減速が加速するのでは」という心配が根強い。 一方、アメリカも、実はそうなのではないかとも思う。 トランプ大統領が再選しようが、民主党が政権を奪還しようが、選挙後から2020年末までは2か月あるし、勝利した政権がしばらく続く。 マーケットは、ことしだけが勝負ではない。 何より持続可能性のある景気の拡大を望んでいて、それにしたがって株価は動く。 それは、新たな大統領を選ぶアメリカの有権者も同じだ。

次の

2020年アメリカ合衆国大統領民主党予備選挙

アメリカ 選挙 2020

新型コロナウイルス感染拡大問題。 アメリカでの死者数は、10万人を超えました。 香港を巡っての対中問題、そして、大規模なデモ抗議問題です。 白人警察官が、黒人の男性を窒息死させた事件、いわゆる米ミネソタ州黒人暴行死事件についての抗議デモがアメリカ全土に拡大しており、その規模は1968年に黒人の差別撤廃に尽力したキング牧師が暗殺された時以来の規模となっています。 抗議デモは現在140都市に拡大しており、そのうち約40都市で夜間外出禁止命令が出されています。 少なくとも4,400人が逮捕されており、各地で州兵が投入されている状況です。 抗議デモは加速し、ホワイトハウス近くの教会が放火され、煙に包まれるホワイトハウスの映像がメディアから流れてきました。 米メディアからは、トランプ大統領がホワイトハウス敷地内の地下室に一時的に避難していた事も伝わっています。 この抗議デモ問題について、6月1日(現地時間夕方)トランプ大統領が記者会見を行いました。 ここでトランプ大統領は、暴力阻止に向け都市や州が動かないのなら、自身で全土に軍隊を配備することも辞さないと発表し、極めて多くの重武装兵士を派遣すると強調しました。 この会見には、選挙戦略として法秩序を維持し、デモ鎮圧には強い姿勢で臨むという姿勢をアピールする狙いがありました。 トランプ大統領の対応に関して、2日(火曜日)に発表されたロイターの世論調査によると、アメリカ人の55%以上が、トランプ大統領の軍隊を配備することも辞さないといった対応に、支持しないと答えています。 アメリカ人の64%が、このデモ抗議に対し、同情すると答えているのです。 つまり、トランプ大統領のこの対応は、完全にアメリカ国民の感情を読み間違えたのです。 アメリカ国民に対しトランプ政権の強さをアピールしたどころか、完全に逆にワークし、不信感を与えてしまいました。 この発言に関しては、野党・民主党からも強い反発が出ており、バイデン氏も強く反発しています。 バイデン氏は、トランプ大統領について「彼は人々の願いより、自分の支持基盤を重視した」と非難。 また、「トランプ大統領が、問題を悪化させている」と強く批判しました。 事実、トランプ大統領はツイッターで、「略奪が始まれば、そいつらを銃で撃て!」という、信じられないツイートをしました。 来週、バイデン氏は白人警察に拘束されて死亡した黒人男性、ジョージ・フロイドさんの葬儀に参列する予定です。 バイデン氏が、被害者の葬儀に参列するという姿勢は、国民からポジティブに受け止められるのではないでしょうか。 また、このトランプ大統領の「軍を使って対応」という発言に対して、中国も反発しており「香港問題では抗議しておいて、自国では軍隊を使うのか」という、コメントを出しています。 中国からすれば、聞いて呆れると言ったところでしょう。 それもそのはず、トランプ大統領の対応は完全に矛盾しています。 中国は、トランプ大統領が香港に対する優遇措置を撤廃する方針を発表したことへの報復として、アメリカからの大豆と豚肉の輸入を停止しました。 実は、中国はこのアメリカでの大規模な抗議デモに深い関心を示しており、国営メディアが頻繁に報道しているのです。 アメリカのネガティブなニュースなので、大々的に自国に流すのでしょうか? 国営メディアが流しているという事は、何かしら意図があるのかもしれません。 また、この香港に対する優遇措置撤廃の会見が金曜日の午後、そして、明けの月曜日、市場はこれに対し、反応薄でした。 この背景には、トランプ大統領が株価が下がるのを非常に嫌がるため、口先だけで、市場が動揺するような対中制裁は今後も出してこない可能性が高いと市場は読んだようです。 中国はこの状況をよく理解しており、香港に関して、アメリカは選挙までこれ以上関与してこないだろうと見ており、余裕といった様子です。 さて、話を予備選挙に移したいと思います。 2日(火曜日)に、8つの州とコロンビア特別区で予備選挙が行われました。 選挙の際、郵便投票用紙が送られてきてないといったトラブルが続出、投票センターへの問い合わせが殺到し、大混乱となりました。 この2日の投票は、新型コロナウイルスによるロックダウンが引き起こされた後では、最も広範囲な選挙であり、11月の本選挙の予行練習といった見方もされていました。 今のままでは、11月の本選挙をスムーズに進めることは難しいと考えられます。 11月に新型コロナウイルスによる感染状況がどのようになっているかは誰にも分かりませんが、システム改良の必要がある様です。 今回、対面選挙における労働者の確保に政府は非常に苦労しました。 人手が足りないため、予定されていた対面選挙会場の数を大幅に減らさなくてはならず、それにより、予定されていた以上の郵便投票が行われたわけですが、投票用紙の紛失や遅れなどが相次ぎ、投票センターには、苦情や質問が殺到しました。 今、アメリカは様々な問題に直面しています。 More reading• 免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資アドバイスではありません。 Copyright The Motley Fool Japan 2020.

次の