外付けの光学ドライブ。 光学ドライブとは?光学ドライブの基本から種類・選び方までご紹介

外付けDVDドライブの人気おすすめランキング15選【2020年最新】

外付けの光学ドライブ

DVDやCDを読み込まない 光学ドライブが故障した時の代表的な症状として挙げられるのが、このDVDやCDを読み込まなくなってしまう事例です。 この症状は、レンタルしてきたDVDや音楽CDを光学ドライブの中に入れても、読み込みが始まらず、自動再生も発生しない、といった状態です。 なお、光学ドライブが故障してDVDやCDを読み込まなくなる時の症状には、以下のようなバリエーションが存在します。 ・CDやDVDを光学ドライブに入れても回転しない。 ・CDやDVDは光学ドライブ内で回転するが、パソコン上では認識されない。 DVDやCDを読み込み中または書き込み中にエラーが発生する DVDやCDを読み込み中、書き込み中に、パソコン上でエラーが発生した場合、光学ドライブの故障かもしれません。 単純にソフトウェアの問題の可能性もありますので、エラー内容をインターネットで検索するなどして判断しましょう。 トレイが開かない、出てこない 光学ドライブのトレイが開かなかったり、出てこない場合は、光学ドライブが物理的に故障している可能性があります。 また、トレイは開いて出てくるが、すぐに戻って閉じてしまうような場合も、同様に光学ドライブの物理的な故障が考えられます。 DVDの再生中に、映像が止まったり音が途切れたりする DVDで映画などを再生中に、映像が途中で止まってしまったり、音が途切れるてしまう場合、光学ドライブの故障が考えられます。 故障診断方法 光学ドライブが故障しているかどうか診断するためには、どのような方法で確認すればいいのか?ここでは、光学ドライブの故障診断方法をご紹介していきます。 DVDやCDに傷やゴミが無いか確認する DVDやCDに傷やゴミがついていると、光学ドライブは正しく読み込めない場合があります。 まずはDVDやCDに傷やゴミが無いかどうかを確認してください。 傷やゴミがある場合はメディアの原因が考えられますが、もしも傷やゴミが無いのであれば光学ドライブが故障している可能性が高いです。 DVDやCDを別の光学ドライブで読み込んでみる 読み取れなかったDVDやCDを、別の光学ドライブで読み込んでみましょう。 別の光学ドライブでも同様に読み込めないのであれば、DVDなどのメディアに問題がある可能性が高いです。 反対に読み込めた場合には、読み込めなかった光学ドライブに問題がある可能性が高いでしょう。 複数のDVDやCDで試してみる 光学ドライブが故障しているかどうか確かめるために、複数枚のDVD・CDで読み込めるかどうか試してみましょう。 もし全てのDVD・CDが読み込めないのであれば、光学ドライブが故障している可能性がかなり高いです。 光学ドライブのレンズが汚れていないかチェックする 光学ドライブには、DVDやCDなどのメディアを読み込むためにレンズがついています。 そのレンズが汚れていると、DVDやCDを正しく読み込めない場合があります。 レンズクリーナーなどで、光学ドライブのレンズを拭いてみると、メディアが正しく読み込めるようになる可能性がありますので、お試しください。 デバイスマネージャーでドライブの異常をチェック 光学ドライブに異常があるかどうかを、パソコン上でチェックすることも可能です。 「スタートメニュー」から「コントロールパネル」を選択。 コントロールパネルの中にある「システムとセキュリティ」をクリック。 「システムとセキュリティ」の中にある「システム」から「デバイスマネージャー」を開きます。 「デバイスマネージャー」の一覧に表示されている使用中の光学ドライブをダブルクリック。 光学ドライブのプロパティ画面が開き、デイバイスの状態が表示されます。 上記の方法でデバイスの状態を確認し、異常が発生していないかどうか確認してください。 正常であれば、「このデバイスは正常に動作しています。 」と表示されているはずです。 もしもエラーが表示されている場合は、光学ドライブが故障か、パソコン上の不具合が発生している可能性が考えられます。

次の

【2020年版】外付けブルーレイドライブのおすすめ15選。ポータブルタイプもご紹介

外付けの光学ドライブ

近年、ますますノートパソコンのスリム化が進み、DVDドライブを搭載していないパソコンも増えてきています。 データをクラウドで管理することが多くなってきてはいるものの、やはりDVDドライブがないと困る場面もありますよね。 そんな時に便利なのが、外付けDVDドライブです。 しかし、IOデータ・ロジテック・バッファローなど、たくさんのメーカーから販売されているため、迷ってしまう方も多いはず。 そこで今回の記事では、外付けDVDドライブの 選び方と、通販で手軽に購入できるおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。 ご自分の環境にぴったりのDVDドライブを手に入れて、DVDビデオや音楽をもっと快適に楽しみましょう! USB Type-Cに対応しているタイプを選ぶと、より使用できるパソコンの幅が広がります。 コネクタの形の規格として最も一般的なのは「Type-A」と「Type-C」の2つ。 そのうち、USB Type-AはUSBを逆さまにしてしまうとパソコンに接続できませんが、USB Type-Cは楕円形で、上下の区別なくパソコンに接続できるのが魅力です。 最新型のMac bookなどではUSB Type-Cが採用されており、これからますますType-Cの商品が増えてくることが考えられます。 現在USB Type-Aのパソコンを使用していても、将来的にType-Cが必要になる場合もあるため、どちらにも対応しているとより便利でしょう。 高強度の材質をボディーに使用することで、 耐久性の高さと静かな動作音を実現したDVDドライブ。 USBポートに差し込むだけで、ノート・デスクトップパソコンのどちらにも簡単に繋げることができます。 またUSB3. 0を搭載しているため、データの転送・読み込みスピードが速く、複数のデバイスと接続しても動作がスムーズ。 使用できるOSの幅が広く、さまざまなタイプのディスクにも対応した使い勝手のよい商品です。 暗号化ディスクの作成も 振動やノイズを軽減。 0 3. 0 3. 1 2. 0 3. 0 3. 0 3. 0(C-typeも対応) 3. 0・2. 0 3. 0・2. 0 3. 0 書き込み機能 有 有 有 有 有 有 有 有 有 有 商品リンク•

次の

外付けブルーレイドライブ 10選をおすすめ

外付けの光学ドライブ

外付けブルーレイドライブ 10選をおすすめ レンタルブルーレイ、ブルーレイドライブ内蔵PC、ブルーレイレコーダーと、すっかりブルーレイが世間に定着したことで、外付けブルーレイドライブも需要が拡大していきます。 外付けBlu-rayドライブとは、ブルーレイドライブが内蔵されていないパソコンなどでブルーレイディスクを読み込み、再生・書き込み・データの削除などを行うための周辺ハードウェアです。 新しいOSを搭載したPCでも、ブルーレイドライブがついていない製品はあるので、外付けで使えるのは非常に便利です。 ユーザーにはそれぞれのPC環境に合ったブルーレイドライブを選んで使うことが求められますが、初心者にはそれさえも難しいと思います。 そこで今回は、 ブルーレイの外付けドライブ10個の製品比較を徹底的に行います。 使いやすいブルーレイドライブを見つける助けになりましたら幸いです。 外付けブルーレイドライブを選ぶコツ 下記にまとめてあるのは、製品を選ぶ際に検討するべき項目です。 ・接続インターフェース: 外付けブルーレイドライブは、主にパソコンに接続して使用します。 つまり、接続するプラグの種類が使用するパソコンに適合していなければならないのです。 eSATA接続などもないわけではありませんが、ここは無難にUSB接続を選ぶべきです。 2015年現在、一番普及しているのはUSB2. 0だと思われますが、よりデータ転送速度の速いUSB3. 0もあります。 ちなみに、USB規格には下位互換性があります。 USB3. 0に対応した製品であれば、2. 0や古い1. 0による接続も可能です。 ・対応しているブルーレイメディア: のちのち新しい規格ができることも考えると、外付けブルーレイドライブもその時の最新型を買うべきです。 一般的なブルーレイの書き込みと書き換えをするくらいなら、BD-R、BD-RE、BD-R XL、BD-RE XLの4種類に対応していれば良いと思います。 ・パソコンに必要なスペック: 文章を編集したり、静止画を加工したりする作業に比べると、ブルーレイディスクの再生や記録はパソコンに高い負荷をかけることになります。 そのため、説明書の推奨環境より高いスペックのPCで作業することをオススメします。 もしお手持ちのPCがその負荷に耐えられないようなら、購入は見送りましょう。 どうしても使いたいのなら、blu-rayのドライブが内蔵されたPCを買った方が早いかもしれません。 ・本体の大きさ: ブルーレイドライブが使えさえすれば、大きさは気にしないという人が多いと思います。 しかし、出かけた先での使用がメインの場合はサイズもしっかりと確認してください。 特にネットで購入する時は要注意です。 それでは、お待たせしました。 人気の外付けブルーレイドライブ10製品をご紹介します。 それぞれのblu-ray対応ドライブの価格、スペック、本体サイズ、色などを比較してみてください。 便宜的に数字を振っていますが、ランキングではありません。

次の