ピン から キリ まで 意味。 「ピンキリ」とはどっちが上!?語源から意味をわかりやすく解説!使い方や類語も紹介

「ピンからキリまで」 : 日本語、どうでしょう?

ピン から キリ まで 意味

同じ物であっても、品質や性能・能力などが幅広いことを『ピンからキリまである』と表現します。 私もかなりの頻度で使っていますが、 『ピン』と『キリ』のどちらが上になるのか知らないことに、はたと気づきました。 それもあって、どっちが上になるのか知らなくても、問題なく使える言葉なのですよね。 ですが、知らないことは調べるに限ります!そこで本日は、 『ピンからキリまで』について、まずはどっちが上になるのか、いつごろから使われだしたのかといった由来や語源についてお届けしますね。 トランプは1から13までの札が4組ありますが、南蛮かるたも1から12までの札が4組あり、現在のトランプに近いものでした。 南蛮カルタは、伝わるや否や大流行し、国産の天正カルタも作られるようになりました。 また、その賭博性から、戦国大名はたびたび禁止令を出すほどのものでした。 一方で、気になるのは、「切り札」という言葉です。 手持ちの最強の札という意味があり、これもトランプゲームから生まれたものですね。 漢字で書いていますが、『キリ』札だったのではないかという気がします。 そうなると語源は、ポルトガル語の「十字架(cruz))ではなく、日本語の「切り」の方ということになりますが、どちらもそれなりにモットモらしいだけに、なんとも悩ましいところです。 いずれにしても天正カルタで最後・最強の札12が『キリ』と呼んでいたから『ピンからキリまで』が生まれたことは間違いありませんね! 『 ピン』が価値の 高い方を指し、『 キリ』が価値の 低い方を指しています。 『ピンからキリまである』という慣用句が生まれたのは江戸時代のことです。 つまり、 現在と江戸時代では全く逆だったのです! 『ピン』の語源は、ポルトガル語の「pinta(ピンタ:点・斑点)」ですが、『キリ』の語源は同じくポルトガル語の「cruz(クルス:十字架)」が語源という説と、日本語の「切り・限り」を語源とする説が有力ですが現在も特定はされていません。 ちなみに『ピンキリ』と略されるようになったのは、昭和の後期に入ってから。 略した言葉は便利ですが、あまり使いすぎて、ボキャブラリーが『キリ』にならないよう気を付けないといけませんね(笑)。

次の

「ピンからキリまで」 : 日本語、どうでしょう?

ピン から キリ まで 意味

「ピンからキリまで」の語源は? まずは、「ピン」と「キリ」の語源についてみていきましょう。 ピンの語源は? ピンは、 ポルトガル語で「点」という意味の「pinta」に由来します。 16世紀にポルトガルから日本に伝わったものの一つに、ゲームカードがあります。 これは現在のトランプのようなもので、4種類のスート マーク が各12枚ずつで合計48枚のものでした。 このゲームカードは徐々に日本風に変化し、「天正かるた」「天正系」と呼ばれるようになりました。 そもそもは、このカードの最初の「 1」に相当するものを「 ピン」と呼んでいました。 また、点が一つである「 サイコロの 1の目」のことも意味するようになり、博徒 ばくと が使う隠語 いんご にもなりました。 さらには、一般にも使われる俗語として広まっていったのです。 なお、数字の「1」はポルトガル語で「um」です。 そして、ピンという言葉は次のような意味でも使われてきました。 はじめ、最初• あたま• 一番上• 最上品 スポンサーリンク キリの語源は? キリは、くぎり 区切り、句切り の「きり」で、「物事が終わりとなる切れ目のところ、限度」という意味です。 具体的には、次のような使われ方をします。 ちょうど、 きりがいい• 仕事に きりがついた• 欲を言えば きりがない キリの語源については、ピンの由来と同様に、「ゲームカードの12に相当するものを キリと呼んでいた」とする説もあります。 ちなみに、ポルトガル語の「12」は「doze」です。 なお、 本来は キリに「最悪品」といった意味はありません。 しかし、「ピンからキリまで」という慣用句が使われるようになり、年月が経つとともに、「キリ」は「悪いもの」という意味合いを持つようになりました。 「ピンからキリまで」の意味は? 「 ピンからキリまで」は、江戸時代から慣用句として使われるようになりました。 現在では省略した形の「 ピンキリ」もよく使われています。 意味は語源からも明らかなように、次のようなものになります。 最初から最後まで• 良いものから悪いものまで• いろいろ、さまざま 現在では、品ぞろえが豊富なことを「ピンからキリまで」を使って表現しますね。 なお、「ピン」と「キリ」の どっちが上でどっちが下なのかを問題とすることがあるようです。 これも語源からすれば、「ピン」が上ということになります。 しかし、「ピン」と「キリ」がセットになって「ピンからキリまで」という一つの慣用句をつくって一つの意味を持っているので、どちらが上か下かにこだわるのは、あまり意味がないことです。 また、先に述べたように、「ピンからキリまで」は江戸時代から使われるようになった慣用句で、現在と上・下の関係は変わっていません。 素直に、このまま使えば良いのです。 まとめ• 「 ピンからキリまで」は、江戸時代から慣用句として使われるようになり、「最初から最後まで」「良いものから悪いものまで」「いろいろ、さまざま」という意味を持っています。 ピンは、ポルトガル語の「pinta =点 」に由来します。 キリは、くぎり 区切り、句切り の「きり」に由来します。

次の

ピンからキリまでどっちが上?どっちが下?

ピン から キリ まで 意味

「ピンからキリまで」の語源は? まずは、「ピン」と「キリ」の語源についてみていきましょう。 ピンの語源は? ピンは、 ポルトガル語で「点」という意味の「pinta」に由来します。 16世紀にポルトガルから日本に伝わったものの一つに、ゲームカードがあります。 これは現在のトランプのようなもので、4種類のスート マーク が各12枚ずつで合計48枚のものでした。 このゲームカードは徐々に日本風に変化し、「天正かるた」「天正系」と呼ばれるようになりました。 そもそもは、このカードの最初の「 1」に相当するものを「 ピン」と呼んでいました。 また、点が一つである「 サイコロの 1の目」のことも意味するようになり、博徒 ばくと が使う隠語 いんご にもなりました。 さらには、一般にも使われる俗語として広まっていったのです。 なお、数字の「1」はポルトガル語で「um」です。 そして、ピンという言葉は次のような意味でも使われてきました。 はじめ、最初• あたま• 一番上• 最上品 スポンサーリンク キリの語源は? キリは、くぎり 区切り、句切り の「きり」で、「物事が終わりとなる切れ目のところ、限度」という意味です。 具体的には、次のような使われ方をします。 ちょうど、 きりがいい• 仕事に きりがついた• 欲を言えば きりがない キリの語源については、ピンの由来と同様に、「ゲームカードの12に相当するものを キリと呼んでいた」とする説もあります。 ちなみに、ポルトガル語の「12」は「doze」です。 なお、 本来は キリに「最悪品」といった意味はありません。 しかし、「ピンからキリまで」という慣用句が使われるようになり、年月が経つとともに、「キリ」は「悪いもの」という意味合いを持つようになりました。 「ピンからキリまで」の意味は? 「 ピンからキリまで」は、江戸時代から慣用句として使われるようになりました。 現在では省略した形の「 ピンキリ」もよく使われています。 意味は語源からも明らかなように、次のようなものになります。 最初から最後まで• 良いものから悪いものまで• いろいろ、さまざま 現在では、品ぞろえが豊富なことを「ピンからキリまで」を使って表現しますね。 なお、「ピン」と「キリ」の どっちが上でどっちが下なのかを問題とすることがあるようです。 これも語源からすれば、「ピン」が上ということになります。 しかし、「ピン」と「キリ」がセットになって「ピンからキリまで」という一つの慣用句をつくって一つの意味を持っているので、どちらが上か下かにこだわるのは、あまり意味がないことです。 また、先に述べたように、「ピンからキリまで」は江戸時代から使われるようになった慣用句で、現在と上・下の関係は変わっていません。 素直に、このまま使えば良いのです。 まとめ• 「 ピンからキリまで」は、江戸時代から慣用句として使われるようになり、「最初から最後まで」「良いものから悪いものまで」「いろいろ、さまざま」という意味を持っています。 ピンは、ポルトガル語の「pinta =点 」に由来します。 キリは、くぎり 区切り、句切り の「きり」に由来します。

次の