お腹痛い 辛いもの。 辛い物を食べ過ぎるとなぜ腹痛に? 知らなきゃ損する原因と治す方法

辛い物を食べ過ぎるとなぜ腹痛に? 知らなきゃ損する原因と治す方法

お腹痛い 辛いもの

辛いものを食べると何故お腹を壊すの? 辛いものが好きで食べたいけれどお腹を壊してしまう。 そもそも辛いものを食べると、何故お腹を壊すのだろうかと疑問に思っている方は多くいると思います。 ここではカレーを題材にお腹を壊す原因を紹介していきます。 実は辛いカレーを食べてお腹を壊してしまうのには身体の調子の他に、カレーの種類にも原因がありました。 ここではお腹を壊しやすいカレーの種類や、身体の調子についてご紹介していきます。 カレーの種類 大好きな人が多いカレーですが、実は種類によってお腹を壊しやすくなってしまいます。 1つずつご紹介していくので、参考にしてみてください。 グリーンカレー タイカレーとも言われているグリーンカレーですが、実はある材料がお腹を壊しやすくしてしまう原因なのですが、ご存知ですか?その材料というのは、私たちもよく知っている「ココナッツミルク」です。 何故、グリーンカレーに入っているココナッツミルクがお腹を壊してしまうのかというと、脂肪分が多いのと身体への作用が関係していました。 ダイエットにもおすすめされているココナッツミルクですが、脂肪分が多く日本人の体質では消化不良になりやすいのでお腹を壊してしまいます。 また、体を冷やす作用があるので、お腹を冷やしてしまい壊してしまう場合もあります。 ココナッツミルクを使用しているグリーンカレーでお腹を壊してしまう場合、少量のココナッツミルクを摂っていき慣らしていけばお腹を壊すことが少なくなります。 インドカレー 色々な種類のスパイスを使用しているインドカレーですが、そのスパイスがお腹を壊してしまうことがあります。 私たちがよく聞くスパイスである「クミン」ですが、実は「消化促進」効果を持っているのをご存知ですか? また、インドカレーに使用されているスパイス全般に「血行促進」効果があるので、血行が良くなり消化器系が活発になるのでお腹を壊してしまう事が多いのです。 カレーの辛さに使用されている唐辛子などに含まれている「カプサイシン」も、とり過ぎてしまうと腸を刺激してしまうのでお腹を壊してしまう原因にもなってしまいます。 辛いものを食べる時には、あまり辛過ぎないものを食べるようにしましょう。 身体の調子 辛いものを食べるとお腹を壊してしまう理由には、身体の調子も大きく関わってきます。 風邪気味など喉や胃の粘膜が弱っている時に辛いものを食べると、刺激が強くお腹を壊してしまいます。 なるべく風邪気味の時は唐辛子を使用している辛いものを食べるのは避けましょう。 どうしても辛いものが食べたい時は、納豆やレンコン、オクラなどのネバネバしている食材は粘膜を保護してくれる働きがあるので、辛いものを食べる時は野菜カレーなどを食べるのがおすすめです。 辛いものでお腹を壊さないようにするために 辛いものを食べてもお腹を壊さないようにしたいけれど、どうしたらいいのかわからないという方が多いと思います。 私も最初はどうしたらいいのかわからなかった一人です。 ネットで調べてみたりもしましたが、嘘の情報もあるので何を信じたらいいのかわかりませんでした。 そこで私が色々と試してみた中で、実際にお腹が壊しにくくなった方法を2つご紹介します。 辛いものを食べるとお腹を壊してしまうと悩んでいる方は、ぜひ試してみてください! カラダを慣らす まず1つ目は「辛いものにカラダを慣らす」事です。 カラダが辛いものになれていないと、辛さの原因でもあるカプサイシンの刺激でお腹を壊してしまいます。 お腹を壊さないようになるためには、カラダに辛いものに慣れてもらわなければいけません。 いきなり辛いものを沢山食べてしまうと、身体に毒なので少しずつ食べて慣れていきましょう。 私はカレーの他に韓国料理が好きなのですが、韓国料理もかなり辛い料理が沢山あるので、食べるとお腹を壊してしまう事が多々あるのですが、キムチを少しずつ食べるようにした所、お腹を壊してしまう事が減りました。 毎日少しずつ辛いものを食べてカラダに慣れてもらうことは大事ですが、体調が良くない時はお休みをしてくださいね。 辛いものは粘膜を刺激してしまうので、風邪など悪化させてしまう恐れがあります。 元気な日に少しずつ食べるようにしましょう。 食べる前に牛乳を飲む そして2つ目は「辛いものを食べる前に牛乳を飲む」事です。 辛いものを食べる時には、牛乳を飲むのが良いと聞いた事があるという方もいると思いますが、実は牛乳やヨーグルトといった脂肪分・乳酸菌が含まれている飲み物には辛さを緩和してくれる効果があります。 インドカレーのお店にラッシーという飲み物が置いてある事がありますが、ラッシーはカレーの辛さを緩和してくれる理にかなった飲み物なのです。 私も辛いものを食べる時には必ずといっていいほど、牛乳を一緒に飲むようにしています。 牛乳に含まれている成分「カゼイン」が、カプサイシンなどの刺激から守ってくれる働きをしてくれるのでお腹を壊す事が少なくなります。 牛乳アレルギーの方はヨーグルトでも大丈夫なので、ぜひお試しください! 辛いものを食べ過ぎてしまって起こること 辛いものは食欲が進むので、ついつい食べ過ぎてしまう事ってありますよね。 実は、辛いものを食べ過ぎてしまうと、味覚紹介や病気を悪化させてしまったりするので食べ過ぎには注意が必要です。 実際に辛いものを食べ過ぎてしまうとどんな事が起きてしまうのかをご紹介します。 味覚障害 辛いものを食べ過ぎて起きてしまう症状として「味覚障害」があります。 私たちの舌には「味蕾」という甘さや塩気、酸味、苦味を感じる受容器があるのですが、辛いものを食べ過ぎてしまうと味蕾が壊れていってしまいます。 味蕾が壊れてしまうと味付けが薄く感じたり、より刺激が強いものを欲しがったりしてしまうので悪循環に陥ってしまいます。 味覚障害を起こさないためにも、辛いものを食べる時は適量を食べるようにしましょう。 病気の悪化 辛いものを食べ過ぎてしまって起きてしまう2つ目は「病気が悪化」してしまう事です。 例えば喘息を持っている方は辛いものを食べ過ぎてしまうと、粘膜を刺激して気管支狭まってしまうので、咳や息切れなどの症状を引き起こしてしまいます。 喘息を持っている方は悪化させないためにも、辛いものの食べ過ぎには注意が必要です。 また、辛いものを食べ過ぎてしまうと食道の細胞が傷付き、「食道がん」になりやすくなってしまいます。 ガンになってしまうリスクを最小限に抑えるためにも、辛すぎる食べ物には気をつけてくださいね。

次の

辛いものを食べるとお腹を壊す理由は?実際に効果のある2つの対処法

お腹痛い 辛いもの

乳製品を食べて胃酸から守る 辛い物を食べた時に、お腹が痛くなってしまう原因の多くは「胃酸が多く出てしまう」ということです。 トウガラシを多く食べてしまうと胃酸が出過ぎて胃の粘膜を痛めてしまう結果お腹が痛くなってしまうのです。 そのため、胃の粘膜を胃酸から守って上げる必要があります。 そんな時に強い味方になってくれるのが「乳製品」です。 牛乳などの乳製品はご存じのとおり胃の粘膜に貼りついてくれるので胃酸からの刺激から守ってくれるでしょう。 できれば、辛い物を食べる前に乳製品でいの粘膜をコーティングしておくと予防できます。 しかし痛くなってしまった後に乳製品をとっても効果があります。 そのため、辛い物を食べすぎてしまったな…と感じたらコンビニなどでヨーグルトなどを買ってデザート代わりに食べるようにすれば腹痛を和らげることができるかもしれません。 また、牛乳を飲むとお腹を壊しやすい人は、無理して牛乳を飲んでしまうと辛い物を食べる食べない関係なくお腹を下してしまいます。 ヨーグルトやチーズなどの乳製品をとるようにしましょう。 オススメは「飲むヨーグルト」です。 牛乳と同じような飲料なのに牛乳のようにお腹がごろごろしないだけでなく粘度があるので胃の粘膜を優しくカバーしてくれます。 本格的なインドカレー屋さんで激辛カレーと一緒にラッシーと呼ばれる飲むヨーグルトが出てくるのはこの原理からだとも言われています。 市販の薬を飲み腹痛を抑える 辛い物を食べた後にお腹が痛くなってしまったり下痢をしてしまったときのとっさの対応として利用できるのは「市販の薬」です。 ドラッグストアなどに行くと胃痛や下痢に対応している薬は多くありますよね。 その中で自分が良く使用している胃薬や胃腸薬を選びましょう。 胃酸が多く出てしまって胃壁を傷つけてしまっているので胃酸の出すぎタイプの薬を選ぶとよく効くかもしれません。 自己判断で怖い場合はドラッグストアなどに常駐している薬剤師に相談してみましょう。 ただ、こういった薬で対処をしても胃壁が損傷を受けて潰瘍になっていたりする場合は薬で痛みを消すだけでは解決になりません。 更に悪化してしまうのでかならず病院に行って診断を受けるようにしましょう。 さらに注意してほしいのは、薬で簡単に痛みが引いた場合です。 簡単に痛みが引けばそこまで症状が重くなかったということになります。 しかし市販の薬は安価に簡単に手に入るので「この薬を飲めばいいや」と軽い気持ちになって辛い物を食べすぎることに躊躇がなくなってしまいます。 そうなると怖いのが、味覚障害や中毒です。 辛い物を食べることが習慣になってしまうと胃酸で胃壁がやられやすくなったり、ガンになる確率が高くなってしまうというデータもあるようなので恐ろしいですね。 そのため市販の薬がよく効くからたくさん食べてもOKという考えはできるだけ持たないようにし、万が一痛くなってしまった時のとっさの対処法として覚えておきましょう。 病院に行き腹痛を訴える 辛い物を食べすぎて胃が痛くなってしまったりお腹を壊してしまった時、あまりにも症状が酷い場合は病院に行くことをオススメします。 市販の薬よりも正確でよく効く薬を処方してもらえますし、なによりも胃の状態を確認することができるからです。 特に、辛い物が大好きで普段たくさん食べる人は「胃潰瘍」になってしまっている可能性があります。 胃潰瘍を放置すると胃ガンなどの大きな病気になってしまう可能性もありますし、胃潰瘍の治療に入院が必要になる場合もあります。 そのため辛い物を食べて、その痛みを抑えるために市販の胃薬や鎮痛剤などで痛みを抑えてしまっていると痛い原因がわからず重大な病気に発展してしまうかもしれないということになります。 胃ガンなどの大きな病気になってしまうと命に係わりますし、胃潰瘍でも一週間ほどの入院が必要な場合もあって仕事に支障が出てしまいます。 そうならないためには、痛くなった時点で病院にいって検査をしてもらい正しい治療をしてもらうことがなによりも大事です。 辛いものを食べた後の腹痛は気をつけよう 辛いものを食べた後のあのお腹の痛みを軽い症状と考えるのはよくないようです。 何事も塩梅が大切です。 美容にいいと言われている辛い物でも食べすぎると体の害になってしまうもの。 何事もほどほどがいいということのようですね。 「辛いものを食べた後の腹痛はどう対処したら良い?激辛料理の辛さを和らげる方法」への感想コメント一覧•

次の

【激辛対策】激辛からお腹を守る方法を色々実践してみた

お腹痛い 辛いもの

ポカリスエットを常温の水で2倍くらいに薄めたものも良いですよ。 冷たいものや熱すぎるものは避けて、下痢があるときは特に脱水症状を防ぐため、水分をこまめに摂ってください。 ドラッグストアで手に入れるなら、 「セルベール」などが有名です。 ただ、薬を飲んで痛みが軽くなっても、胃が荒れていることには変わりないです。 痛みが軽くなっても、しばらくは胃腸にやさしい食事を続けたほうがいいですよ。 内科でも診てくれるますが、消化器科の方がより専門です。 昔は辛いものを食べても平気だった人が強い胃を取り戻すには 「元々辛いものが好きでよく食べていたのに、最近腹痛や下痢が起こるようになった」 こんなことはありませんか? これは「胃粘液」の量が、年齢とともに減少していくために起こります。 カプサイシンを始め、胃酸など様々な刺激から、胃粘膜を守っているは「胃粘液」です。 だから、これが減ると当然ですが、カプサイシンの影響を受けやすくなります。 「じゃあこのまま、ずっと辛いものを食べるたびに具合が悪くなるのか?」 とちょっとがっかりしてしまった人は、ぜひ 胃粘膜の強化をしてみてください。 *胃の調子が戻ってからにしてくださいね。 胃粘膜を強化するのはムチンとビタミン ムチン(ムコ多糖類)と言う成分は、胃粘膜を強化して、胃壁を保護する働きがあります。 ムチンは元々体の中にありますが、これも年齢とともに減少していきます。 また ビタミンA、ビタミンE、ビタミンCも胃の粘膜の強化に役立ちます。 ですから、ムチンやビタミンがたくさん含まれる食材を普段から意識して摂りましょう。 ムチンを多く含む食材 納豆、山芋、里芋、明日葉、オクラ、なめこ、レンコン、モロヘイヤなど。 ネバネバ系の食べ物に多く含まれています。 ムチンは水溶性の成分なので、加熱調理すると外に流れ出てしまいます。 ですからなるべく生で食べるのが効果的です。 特に納豆はムチンが多いですよ。 なかなか食事からムチンを摂るのが難しい時は、 で代用してみてください。 ビタミンAを多く含む食材 鳥レバー、うなぎ、卵、すじこ、 モロヘイヤ、人参、春菊、小松菜 ビタミンEを多く含む食材 モロヘイヤ、ウナギ、カボチャ、アーモンド、ほうれん草、 赤ピーマン、イ カ、ぶり、鮭、アボガド ビタミンCを多く含む食材 柿、ネーブルオレンジ、ブロッコリー 、赤ピーマン、イチゴ 小松菜、ほうれん草、モロヘイヤ ここまで見ていただくとわかりますが、 胃の強化には、モロヘイヤが最強ですね。 ムチンやビタミンA、C、Eが全部入っています。 これらの食材をバランスよく摂るのが難しい時は、ひとまず「モロヘイヤ」だけは食べておきましょう。 辛いものを食べるとなぜ下痢や腹痛が起こるか 辛いものを食べて、お腹に下痢や腹痛などを起こす原因は、料理に使われているカプサイシンです。 カプサイシンは主に唐辛子に入っていて、まさにあの辛さを出すものです。 あなたもお腹が痛くなる前に、赤い唐辛子が入った料理などを食べていることでしょう。 このカプサイシンの影響をどれくらい受けるのかは、とても個人差があります。 カプサイシンで腹痛が起こるメカニズム 自分の許容範囲以上のカプサイシンを摂ってしまうと、粘膜が傷つき胃や腸を荒らすことになります。 唐辛子を触った手で、目など粘膜部分を触ると、びっくりするほど痛いです。 (私はうっかりやったことがあります) これと同じことが胃の中や腸の中で起こるわけですね。 カプサイシンで下痢になるメカニズム カプサイシンは自律神経の1つである交感神経を緊張させます。 すると、腸の蠕動運動が活発になり、便がすぐに送られてしまいます。 すぐに送られた便は、大腸で水分がしっかり吸収されないままで出るので、下痢になるのです。 辛いものを食べたあとに腹痛や下痢になるのはこういうメカニズムです。 カプサイシンの影響をやわらげるには? 辛いものを食べて腹痛や下痢を経験していても、「それでもまだ食べたい」という人も結構いると思います。 まずは自分がどれくらいの辛さのものなら、体に影響を受けないのかを知ることがとても大切ですね。 食べるたびに胃や腸が荒れて、下痢や腹痛を起こしていてはやっぱり体に良くないです。 そして、カプサイシンの影響をなるべく少なくするためには、辛いものを食べる前に チーズ、牛乳、ヨーグルト、スキムミルクなどの乳製品を摂るとよいです。 これは乳製品に含まれるカゼインというたんぱく質が、胃酸とくっついて胃壁に張り付きバリアのような働きをしてくれるからです。 「今日は辛いものを食べる」そんな日は、食事前に牛乳を1杯飲んだり、ヨーグルトを1パック食べたりしてみてください。 ただし、大人は乳糖不耐性症の人が多いので、牛乳を飲み過ぎると下痢になることがあります。 普段飲んでいないなら、ヨーグルトにしておきましょう。 口の中の辛さを和らげるには? カプサイシンの辛さは、クエン酸などの酸味を口に含むと和らぎます。 レモンジュース、レモネード、ラッシーなど酸味のあるものがメニューにあったら、ぜひ一緒に頼みましょう。 また上記で紹介した乳製品も、舌の粘膜を保護してくれるので、辛味が和らぎます。 逆に水にはカプサイシンは溶けないので、いくら飲んでも辛味は弱まりません。 カプサイシンを摂り続けているとどうなる? 腹痛や下痢など辛い思いをしても、 「やっぱり辛いものが食べたい!」という人も多いです。 カプサイシンは少量なら体に害はないんです。 でも、腹痛や下痢などを繰り返すくらい摂っていると、病気の原因になることもあります。 ・胃に穴が開く ・精神疾患 ・胃がん などが関係してきます。 胃に穴が開く 辛いものを摂り過ぎて粘膜が傷つくと、場合によっては、胃に穴が開いて激痛が走ることもあるんです! (これは救急車で運ばれるレベルです) そして吐血することもあります。 急に大量の激辛料理を食べるようなことはやめましょう。 精神疾患 唐辛子をふんだんに使った料理を食べる国では、カプサイシンを毎日摂り過ぎて、精神疾患になる人が多いです。 人間の体は、辛さ(=痛み)を感じると脳や神経を守ろうとアドレナリンが分泌されます。 このアドレナリンがあまりに多いと、脳や神経がダメージを受け、精神が病んでしまうのです。 胃がん 唐辛子をたくさん食べる人の方が、胃がんのリスクも高くなるそうです。 これは、幾度となく胃粘膜が荒れた結果、ガン化するからです。 辛いものを食べる時に気をつけること 辛いものを食べる時は、食べ過ぎないこと大切ですが、自分の体調と相談することも大切です。 カプサイシンは粘膜を傷つけますから、喉が痛い時に食べると余計に痛くなります。 また胃の調子が良くない時も、刺激になり影響を受けやすいので避けたほうが良いです。 普段は大丈夫でも体調によっては、いつもと違う結果になるかもしれません。 肛門がヒリヒリするのも唐辛子のせい? カプサイシンは油に溶ける性質を持っているため、油と一緒に摂るとカプサイシンが油に溶け出します。 (ラー油を想像するとわかりやすいですね) こうなると、油に乗って胃や腸だけでなく、肛門にまで運ばれてしまいます。 辛いものを食べた翌日に、お尻がヒリヒリと痛くなったら、前の日に食べた料理の中のカプサイシンが腸の粘膜を刺激しているのです。 特に痔を持っている人は、悪化する可能性があるので注意してください。 まとめ 激辛料理のあと、お腹が痛くなったり、胃がムカムカしたり、下痢がひどくなったら、.

次の