モンスト cm 見れない。 都丸紗也華がハーフでかわいい!モンストCMで苦情殺到?彼氏の噂も!

[モンストのCM 速報]RT @N80811344: ⚠️拡散希望です⚠️|SixTONESのImitation Rainを見るときに、|再生リスト使うのはやめて、手動で色んな動画見ませんか?!こう思った根拠として|💡再生リストによく入っているジャポのTesterや、モンストのCM、セブンのCMなどが…

モンスト cm 見れない

リモートあるある(? )の機材ハプニングに、 暴露話まで!? 今回、イベント開催に合わせ、人気お笑いトリオの「四千頭身」と、お笑いコンビ「リンダカラー」のデンさんを起用した新CM「後藤の言われたくない秘密 1 」篇、「後藤の言われたくない秘密 2 」篇を2020年6月15日(月)より、オンエアします。 それに先んじて、6月12日(金)より、WEBCMもスタート。 本CMには、お笑い養成所時代からモンストユーザーだったという「四千頭身」の都築さん、後藤さん、石橋さんと、四千頭身の後輩芸人、お笑いコンビ「リンダカラー」のデンさんが出演します。 デンさんは、後藤さんの「同居人枠」として出演が決定。 CMストーリー 「後藤の言われたくない秘密 1 」篇 それぞれの自宅からリモートでモンストを楽しむ4人。 プレイ中さりげなく、「……しないんですか、あれ」と後藤さんに呼びかけるデンさん。 「ん?」と目線を上げて聞き返す後藤さんに対し、「あれ、またストパーかけないんですか」とデンさんは、同居人だけが知る秘密をいきなり暴露します。 「おい、言うな!! お前(笑)」と画面越しに伝わるほど、本気で動揺した様子の後藤さん。 微笑む都築さんと、「お前、ちりちりが売りだったのに……」と驚く石橋さんを横目に、「最悪」とすぐにモンストの操作に戻ってしまう後藤さんでした。 「後藤の言われたくない秘密 2 」篇 それぞれの自宅からリモートでモンストを楽しむ4人。 すると突然デンさんが、「後藤さん、最近あのー……、失恋したらしいですね」と、後藤さんの私生活を暴露。 その瞬間、普段テレビでは見れないほど大爆笑する四千頭身の3人。 そんな3人の様子を見て「結構、普通に泣いてましたよ(笑)」と、さらに続けるデンさん。 リモートで4人の様子を見ていたスタッフも、思わず「これ本当にカメラ回ってるよね?YouTubeチャンネルじゃないよね(笑)?」と笑ってしまうほど、撮影はアットホームな雰囲気のなか進められました。 撮影中盤、モンストをプレイしながらも、どこかソワソワした様子のデンさん。 かつてラジオや番組で大喧嘩を繰り広げたこともある後藤さんと石橋さんの関係性が気になるようで、「いや、あのー心配なんですよ、後藤さんと石橋さんが……」と話題を切り出します。 すると、後藤さんが『最近酔っぱらって一番に電話をかける相手が、実はバシ(石橋さん)』であることを告白。 (オフショット映像:03:27〜) 自宅のカメラセッティングから、撮影中の監督とのコミュニケーションまで、完全なリモートで行われた今回の撮影。 四千頭身の3人は、慣れた手つきで黙々と撮影の準備を進めます。 それでも撮影中は、画角を調整する際にカメラが倒れてしまうなど、リモート撮影ならではのハプニングもしばしば。 モンストをプレイ中、突如後藤さんのカメラから「ピーッ」という謎の音が鳴り、後藤さんご本人に確認していただくと、カメラには「メモリーカードの容量がありません」という表示が。 後藤さんはスタッフの指示に従い、素早くメモリーカードを交換します。 その直後、石橋さんのカメラも同様のアクシデントに見舞われてしまいます。 石橋さんに指示を出そうとスタッフがオンラインのマイクに手をかけた瞬間、「じゃあ、俺が説明してやるよ」と後藤さんから指示が。 石橋さんは後藤さんの指示に従い、無事撮影が再開します。 しかし、そこから連鎖するように、都築さんとデンさんにも同様の現象が発生。 「言っとけよ、俺と同じタイミングで。 電源消してメモリーカード抜くんだよ」と上から目線で指示を出す後藤さんに対し、「あいつ、一足先にそう(アクシデントに)なっただけなんだけどなぁ……」と都築さんがボソッと呟くと、オンライン上は笑いに包まれました。 撮影序盤、緊張からかプレイ中にミスを繰り返してしまうデンさんに、後藤さんから「こいつヤバイわ。 友だちに当たること(友情コンボ)を知らないわ。 チュートリアルで習わなかったの」と厳しい指摘が入ります。 「あの、その、攻めすぎると委縮するからこれ、指が(笑)」と動揺するデンさんに石橋さんは爆笑。 さらに、都築さんからは「モンストガチ勢に叩かれるぞ。 このCM見たとき、あいつなんで出れるんだよって」と逆にプレッシャーをかけられてしまう始末。 画面上から、デンさんの緊張を感じ取った監督も「すごく楽しそうでよかったです。 1個だけスタッフサイドたちから(意見が)出たのが、『デンさん、なんか緊張してない?』という……(笑)僕らと打ち合わせしている時はあんな楽しそうだったのに……」とデンさんに声をかけると、先輩である四千頭身の3人が一斉に「おいなにやってんだよ(後藤さん)!」、「おい(緊張が)バレるぞ、相手はプロだぞ(都築さん)!」、「俺らが怖い先輩だと思われちゃうから、デン(石橋さん)。 」とたたみかけます。 実は後輩に厳しい(!? )四千頭身の意外な一面が垣間見えた瞬間でした。 また、「ミスをした人が一発ギャグをする」というくだりでは、デンさんが渾身のギャグを初披露しますが、絶妙なタイミングで回線が乱れ、画面が静止してしまうリモートならではのハプニングが発生。 一発ギャグではない部分で、爆笑が巻き起こります。 そんな調子で緊張しながらも場を盛り上げ続けたデンさんでしたが、撮影の最後には後藤さんがいつもの冷たいトーンで「デン、全員がお前を知っていると思うなよ」と灸を据えます。 デンさんは、カメラの前での本気ダメ出しに驚きながらも「3人(四千頭身)の中で調子に乗っていた自分がいました(笑)」と即答。 最後までリモート現場の笑いを誘っていました。 四千頭身(都築さん、後藤さん、石橋さん)・デンさんインタビュー Q)今回リモートでのCM撮影はいかがでしたか?まずは、デンさんから。 デンさん:電波の悪い時があって、電波が悪くなって戻ってきた時に、全員が無言で、「やべ、俺のターンなのかな」っていう不安が20回ぐらいありました。 すみません……。 後藤さん:デンは初CMがリモートだったんで。 すごい不思議な気持ちだと思う。 デンさん:でも、すごい楽しくはできたと思います。 いつも四千頭身さんと一緒にただただ遊んでいるっていうような感覚でできていたので、それはすごい良かったなと感じました。 最初はちょっとガチガチだったんですけども。 都築さん:いや、デン、ほんと良かった。 ありがとな。 Q)石橋さんはいかがでしたか? 石橋さん:(僕は)相方2人とモンストをやるのなんて養成所とか、1年目を思い出しましたね。 いい機会でした。 後藤さん:あ、リモートでの感想を聞いているんですよ? 一同:(笑い) 都築さん:いいことですよ。 それをリモートで味わうってのは、いいことですよ。 石橋さん:ほんとにCM撮影しているのかなって不安になる時間の方が多かったんですけど、それぞれの家でやって、背景も洗濯物とか漫画とか服とか、いろいろほんとに私生活丸出しな感じで、ほんとにこれが世の中に流れるのか不安になっているところです。 Q)後藤さんはいかがでしたか? 後藤さん:いや、ほんとにこれから大変ですよね。 多分スタッフさんが。 これをCMにするということですよね。 これだけ自由にやらせてもらえるのは申し訳ない気持ちもありますよね。 楽しく拝見させていただいてました。 後藤さん:ほんとですか?……ほんとに家が機材にだらけになってるんで、早く取りに来てもらっていいですか? Q)都築さんはいかがでしたか? 都築さん:いやーーー!! そうですねぇ! 一同:(笑い) 都築さん:結構、要所要所誰かがボケたり、ツッコんだりしながらやれたのは楽しかったんですけど、やっぱり多少ラグがあるんで1回待って聞いている時間がスベッてるのかなって思って、1拍、2拍置いた後に笑いがちゃんとくるんで、遅れて笑いは起きるんだなと思いつつも、一瞬スベッてるのかなっていう不安状態は結構何発もありましたね。 ほんとにすべってるときもありまし、ほんとにウケてない状況もあったんで(笑)まぁ、たのしくやりました! Q今回、久々にモンストをプレイしてみていかがでしたか。 デンさんからお願いします。 デンさん:僕も(養成所の頃)一回やっていて、最近までやってなかったんで、久しぶりにやってみたらやっぱ面白いなっていう感覚でしたね。 またモンストが普及していろんな人とできるのが楽しみですね。 こういう時期なので。 Q)石橋さんはいかがでしたか? 石橋さん:僕も久しぶりにやって、このCMが入るよってなっていじりはじめたら、いろんなモンスターが獣神化してるんでびっくりしちゃって、 その獣神化したキャラクターがとんでもなく強いので、爽快感が前やっていた時より、倍増していたんで、これはまたやらなきゃいけないなっていう使命感に駆られてますね。 後でもいいですか。 Q)インタビュー中なので、お話大丈夫ですか?(笑) 後藤さん:あ!すいません。 都築さん:お前は一流モンストラーか! 一同:(笑い) 後藤さん:そうですね。 ほんとに(収録は)休憩を挟みながらやっているんですけど、その休憩中もずっと今日やってますね。 なんで、ちょっと、また後でもいいですか。 都築さん:いやお前、プロモンストラーか、お前。 石橋さん:プロモンストラーって何なんだよ。 Q)都築さんはいかがでしたか? 都築さん:でも、そうですね。 昔養成所の頃に始めたんですけど、やっぱその頃、特に一番やり込んでて、何か、めっちゃ難しかったクエストとか敵が、今すごい簡単に倒せるんだなと思うと、それだけ今いるモンスターが進化しているというか。 過去のものがいま、楽に感じるっていうのはすごいですよね。 だから例えるならですよ。 あえて例えるならですよ、これうまいこと言えてないですけど、小さい頃食べれなかったキノコが今食べれるみたいな、そんな感じでしたよね、やっぱ。 後藤さん:知らん。 都築さん:うまいこと言えてなくてすみません。 あえて例えるならですよ? Q)長かった自粛期間を振り返って、何か新しく始めたことや新しい気付きはありましたか?デンさん。 デンさん:正直、(同居している)後藤さんと全く同じになってしまうかもしれないんですけど……筋トレ、ヨガ、後藤さんと一緒に、こう……曲を作ってみたり…。 後藤さん:作詞しましたね。 (今回のCMの)イメージソングに、よろしければ。 石橋さん:失恋ソングだろ、あれ 笑 Q)今その曲って披露していただくことできたりするんでしょうか。 後藤さん:あー、ちょっとまだ歌えないんですけど…… 都築さん:ヨガはどれくらいの頻度でされているんですかね。 後藤さん:なんでそっち側いったんだよ。 都築さん:あ、すいません。 ヨガに、ヨギャに興味があって。 すみません。 後藤さん:ヨギャ。 一同:(笑い) Q)石橋さんはいかがでしたか? 石橋さん:なんですかね。 僕ら3人とも、ラジオでやろうかっていう話になって楽器を始めてて、あと、僕と都築くんは割と料理してますし、僕は本当に1人でも全く寂しくないことに気付きましたね。 後藤君は寂しがり屋で、1人で寝れないし、電気付けてないと寝れないし、1人でトイレいけないみたいな子なんですけど。 後藤さん:トイレは行けるよ、近いから。 一同:(笑い) 石橋さん:僕は本当になにも寂しくなかったですね。 Q)都築さんはいかがでしたか? 都築さん:僕はDVDを観たり、映画を(今まで)あまり見なかったので、見るようにして、近所のTSUTAYAに借りに行ってたんですけど、そのTSUTAYAの前にガチャガチャがあって、5種類だったんで、じゃあ5回引いてみようと思って引いたら、全種類当たったんですよ。 やっぱ……、そういう期間でした(笑) 一同:(笑い) Q)後藤さんはいかがでしたか? 後藤さん:(僕は同居しているデンさんと)一個やっぱ違うことがあって、アロマをたいているんですけど……。 資格持ってるんですよ。 僕、アロマセラピストの。 やっぱり、香りと効能とかまだ覚えてるなっていう気付きはありました。 デンさん:確かに。 大事だな。 後藤さんはほんといいブレンドするんで、寝るときもすぐ眠くなります。 後藤さん:一応ブレンドでね。 Q)最後に、自粛明けに「ここが変わったよ!ここを見てほしい!」っていうところがあればアピールしてください。 デンさん:腹筋になっちゃいますね。 お笑いのこういう能力とかじゃなくて、腹筋にします。 Q)石橋さんはいかがでしょう。 石橋さん:(僕は)ほんとお笑いどうこうじゃなくて、ギター弾き過ぎて指の皮が硬くなったんで、 それを見てほしいです。 都築さん:俺も硬くなったわ!いい指先になってきたよ。 石橋さん:硬くなって指の皮がべりべりになっちゃったんでね。 それちょっと見てほしい。 Q)後藤さんはいかがでしたか? 後藤さん:(僕は)頼み過ぎて腐った唐揚げですね。 都築さん:捨てろよ。 捨てろよ。 早く! 後藤さん:唐揚げいっぱい頼んだんですよ。 自粛期間中。 やっぱ頼み過ぎてちょっと食べれなくて。 でダイエット始めてたんですよ。 そのタイミングで。 で腐りましたね。 唐揚げが。 (この期間で)6キロ痩せました。 Q)都築さんはどうでしょう。 都築さん:僕はセンスですね。 見てほしいのは。 センス見てほしい 笑 やっぱり(自粛期間で)いろんなものを吸収したんで。 映画なり、本なりで。 それが良くも悪くも、別にセンスいい悪いはどっちで言われてもいいんですけど、その評価ってやっぱこの期間に色々取り入れたことを表に出した時にどう評価されるか。 そのセンスを見てほしい。 Q)自粛期間を経て4人の中で一番変わったのは誰ですか? 石橋さん:後藤君が明るくなったと思います。 多分デンのおかげで、後藤君は明るくなっていると思います。 デンさん:え、嬉しい。 俺まで嬉しい。 後藤さん:俺明るくなったら終わりよ、僕ら。 でもデンじゃないですか。 デンはフォロワーが増えましたから。 デンさん:そうですね。 目に見えて。 後藤さんとこの自粛期間ずっと一緒にいなかったら、ここにもいないと思いますし。 この撮影も四千頭身さんでってなってたと思うので……。 本当に一番大きなものを得れました。 公開先: 公開日:2020年6月12日(金)〜 四千頭身さんは6月15日(月)、16日(火)のLIVE配信イベントにも登場!初降臨クエストに挑戦! モンスト初の完全リモートCMに出演する四千頭身さんと日替わりゲストがリモートで初降臨クエストにチャレンジする様子をモンスト公式YouTubeチャンネルにてLIVE配信します。 6月15日(月)のLIVE配信では、四千頭身さんの3人がベイビーかわけ(XFLAGの中の人)からモンストの知識・スキルを学びながら、初降臨クエスト『強者を求めし「勝利」の天聖』にチャレンジします。 翌日6月16日(火)のLIVE配信では、前日のLIVE配信でモンストの知識・スキルを身に付けた四千頭身さんの3人がモンスト初心者のゆきぽよさんに知識・スキルを伝授しながらマルチプレイで初降臨クエスト『罪過を落とす「峻厳」の天聖』にチャレンジします。 ミスした人の罰ゲームやブレイクトークでの本音などLIVE配信の楽しさだけでなく、モンストで友人とつながり、楽しい時間を共有する様子を配信します。 皆様もぜひクエストにチャレンジしながら、LIVE配信をお楽しみください。

次の

「モンスト」×「BLEACH」コラボ,ハリセンボンへのインタビューやCMメイキング映像が公開

モンスト cm 見れない

スマホアプリのひっぱりハンティング RPG『モンスターストライク』(以下、モンスト)では、アニメ『モンスターストライク』シリーズの劇場版第三弾『モンスターストライク THE MOVIE ルシファー 絶望の夜明け』11月公開決定に伴う、ゲーム内期間限定イベント「ルシファー 絶望の夜明け 映画公開決定記念」を、2020年6月15日(月)より開催する。 それに先んじて、6月12日(金)よりWEB CMもスタート。 本CMには、お笑い養成所時代からモンストユーザーだったという「四千頭身」の都築、後藤、石橋と、四千頭身の後輩芸人、お笑いコンビ「リンダカラー」のデンが出演する。 デンは、後藤の「同居人枠」として出演が決定。 プレイ中さりげなく、「……しないんですか、あれ」と後藤に呼びかけるデン。 「ん?」と目線を上げて聞き返す後藤に対し、「あれ、またストパーかけないんですか」とデンは、同居人だけが知る秘密をいきなり暴露。 「おい、言うな!! お前(笑)」と画面越しに伝わるほど、本気で動揺した様子の後藤。 微笑む都築と、「お前、ちりちりが売りだったのに……」と驚く石橋を横目に、「最悪」とすぐにモンストの操作に戻ってしまう後藤の姿が。 すると突然デンが、「後藤さん、最近あのー……、失恋したらしいですね」と、後藤の私生活を暴露。 その瞬間、普段テレビでは見れないほど大爆笑する四千頭身の3人。 そんな3人の様子を見て「結構、普通に泣いてましたよ(笑)」と、さらに続けるデン。 リモートで4人の様子を見ていたスタッフも、思わず「これ本当にカメラ回ってるよね?YouTubeチャンネルじゃないよね(笑)?」と笑ってしまうほど、撮影はアットホームな雰囲気のなか進められた。 撮影中盤、モンストをプレイしながらも、どこかソワソワした様子のデン。 かつてラジオや番組で大喧嘩を繰り広げたこともある後藤と石橋の関係性が気になるようで、「いや、あのー心配なんですよ、後藤さんと石橋さんが……」と話題を切り出す。 すると、後藤が『最近酔っぱらって一番に電話をかける相手が、実はバシ(石橋)』であることを告白。 自宅のカメラセッティングから、撮影中の監督とのコミュニケーションまで、完全なリモートで行われた今回の撮影。 四千頭身の3人は、慣れた手つきで黙々と撮影の準備を進める。 それでも撮影中は、画角を調整する際にカメラが倒れてしまうなど、リモート撮影ならではのハプニングもしばしば。 モンストをプレイ中、突如後藤のカメラから「ピーッ」という謎の音が鳴り、後藤本人に確認してもらうと、カメラには「メモリーカードの容量がありません」という表示が。 後藤はスタッフの指示に従い、素早くメモリーカードを交換する。 その直後、石橋のカメラも同様のアクシデントに見舞われてしまう。 石橋に指示を出そうとスタッフがオンラインのマイクに手をかけた瞬間、「じゃあ、俺が説明してやるよ」と後藤から指示が。 石橋は後藤の指示に従い、無事撮影が再開した。 しかし、そこから連鎖するように、都築とデンにも同様の現象が発生。 「言っとけよ、俺と同じタイミングで。 電源消してメモリーカード抜くんだよ」と上から目線で指示を出す後藤に対し、「あいつ、一足先にそう(アクシデントに)なっただけなんだけどなぁ……」と都築がボソッと呟くと、オンライン上は笑いに包まれた。 今回、後藤の「同居人枠」で人生初のCM出演を獲得した「リンダカラー」のツッコミ担当デン。 撮影序盤、緊張からかプレイ中にミスを繰り返してしまうデンに、後藤から「こいつヤバイわ。 友だちに当たること(友情コンボ)を知らないわ。 チュートリアルで習わなかったの」と厳しい指摘が入る。 「あの、その、攻めすぎると委縮するからこれ、指が(笑)」と動揺するデンに石橋は爆笑。 さらに、都築からは「モンストガチ勢に叩かれるぞ。 このCM見たとき、あいつなんで出れるんだよって」と逆にプレッシャーをかけられてしまう始末。 画面上からデンの緊張を感じ取った監督も「すごく楽しそうでよかったです。 1個だけスタッフサイドたちから(意見が)出たのが、『デンさん、なんか緊張してない? 』という……(笑)僕らと打ち合わせしている時はあんな楽しそうだったのに……」とデンに声をかけると、先輩である四千頭身の3人が一斉に「おいなにやってんだよ(後藤)!」、「おい(緊張が)バレるぞ、相手はプロだぞ(都築)!」、「俺らが怖い先輩だと思われちゃうから、デン(石橋)。 」とたたみかける。 実は後輩に厳しい(!?)四千頭身の意外な一面が垣間見えた瞬間だった。 また、「ミスをした人が一発ギャグをする」というくだりでは、デンが渾身のギャグを初披露するが、絶妙なタイミングで回線が乱れ、画面が静止してしまうリモートならではのハプニングが発生。 一発ギャグではない部分で爆笑が巻き起こっていた。 そんな調子で緊張しながらも場を盛り上げ続けたデンだったが、撮影の最後には後藤がいつもの冷たいトーンで「デン、全員がお前を知っていると思うなよ」と灸を据える。 デンは、カメラの前での本気ダメ出しに驚きながらも「3人(四千頭身)の中で調子に乗っていた自分がいました(笑)」と即答。 最後までリモート現場の笑いを誘っていた。 デン:電波の悪い時があって、電波が悪くなって戻ってきた時に、全員が無言で、「やべ、俺のターンなのかな」っていう不安が20回ぐらいありました。 すみません……。 後藤:デンは初CMがリモートだったんで。 すごい不思議な気持ちだと思う。 デン:でも、すごい楽しくはできたと思います。 いつも四千頭身さんと一緒にただただ遊んでいるっていうような感覚でできていたので、それはすごい良かったなと感じました。 最初はちょっとガチガチだったんですけども。 都築:いや、デン、ほんと良かった。 ありがとな。 いい機会でした。 後藤:あ、リモートでの感想を聞いているんですよ? 一同:(笑) 都築:いいことですよ。 それをリモートで味わうってのは、いいことですよ。 石橋:ほんとにCM撮影しているのかなって不安になる時間の方が多かったんですけど、それぞれの家でやって、背景も洗濯物とか漫画とか服とか、いろいろほんとに私生活丸出しな感じで、ほんとにこれが世の中に流れるのか不安になっているところです。 多分スタッフさんが。 これをCMにするということですよね。 これだけ自由にやらせてもらえるのは申し訳ない気持ちもありますよね。 デンさんからお願いします。 デン:僕も(養成所の頃)一回やっていて、最近までやってなかったんで、久しぶりにやってみたらやっぱ面白いなっていう感覚でしたね。 またモンストが普及していろんな人とできるのが楽しみですね。 こういう時期なので。 後でもいいですか。 都築:お前は一流モンストラーか! 一同:(笑) 後藤:そうですね。 ほんとに(収録は)休憩を挟みながらやっているんですけど、その休憩中もずっと今日やってますね。 なんで、ちょっと、また後でもいいですか。 都築:いやお前、プロモンストラーか、お前。 石橋:プロモンストラーって何なんだよ。 昔養成所の頃に始めたんですけど、やっぱその頃、特に一番やり込んでて、何か、めっちゃ難しかったクエストとか敵が、今すごい簡単に倒せるんだなと思うと、それだけ今いるモンスターが進化しているというか。 過去のものがいま、楽に感じるっていうのはすごいですよね。 だから例えるならですよ。 あえて例えるならですよ、これうまいこと言えてないですけど、小さい頃食べれなかったキノコが今食べれるみたいな、そんな感じでしたよね、やっぱ。 後藤:知らん。 都築:うまいこと言えてなくてすみません。 デン:正直、(同居している)後藤さんと全く同じになってしまうかもしれないんですけど……筋トレ、ヨガ、後藤さんと一緒に、こう……曲を作ってみたり…。 後藤:作詞しましたね。 (今回のCMの)イメージソングに、よろしければ。 後藤:あー、ちょっとまだ歌えないんですけど…… 都築:ヨガはどれくらいの頻度でされているんですかね。 後藤:なんでそっち側いったんだよ。 都築:あ、すいません。 ヨガに、ヨギャに興味があって。 すみません。 後藤:ヨギャ。 僕ら3人とも、ラジオでやろうかっていう話になって楽器を始めてて、あと、僕と都築くんは割と料理してますし、僕は本当に1人でも全く寂しくないことに気付きましたね。 後藤君は寂しがり屋で、1人で寝れないし、電気付けてないと寝れないし、1人でトイレいけないみたいな子なんですけど。 後藤:トイレは行けるよ、近いから。 一同:(笑) 石橋:僕は本当になにも寂しくなかったですね。 資格持ってるんですよ。 僕、アロマセラピストの。 やっぱり、香りと効能とかまだ覚えてるなっていう気付きはありました。 デン:確かに。 大事だな。 後藤さんはほんといいブレンドするんで、寝るときもすぐ眠くなります。 後藤:一応ブレンドでね。 デン:腹筋になっちゃいますね。 お笑いのこういう能力とかじゃなくて、腹筋にします。 石橋:(僕は)ほんとお笑いどうこうじゃなくて、ギター弾き過ぎて指の皮が硬くなったんで、それを見てほしいです。 都築:俺も硬くなったわ! いい指先になってきたよ。 石橋:硬くなって指の皮がべりべりになっちゃったんでね。 それちょっと見てほしい。 都築:捨てろよ。 捨てろよ。 早く! 後藤:唐揚げいっぱい頼んだんですよ。 自粛期間中。 やっぱ頼み過ぎてちょっと食べれなくて。 でダイエット始めてたんですよ。 そのタイミングで。 で腐りましたね。 唐揚げが。 (この期間で)6キロ痩せました。 都築:僕はセンスですね。 見てほしいのは。 センス見てほしい(笑)やっぱり(自粛期間で)いろんなものを吸収したんで。 映画なり、本なりで。 それが良くも悪くも、別にセンスいい悪いはどっちで言われてもいいんですけど、その評価ってやっぱこの期間に色々取り入れたことを表に出した時にどう評価されるか。 そのセンスを見てほしい。 多分デンのおかげで、後藤君は明るくなっていると思います。 デン:え、嬉しい。 俺まで嬉しい。 後藤:俺明るくなったら終わりよ、僕ら。 でもデンじゃないですか。 デンはフォロワーが増えましたから。 デン:そうですね。 目に見えて。 後藤さんとこの自粛期間ずっと一緒にいなかったら、ここにもいないと思いますし。 この撮影も四千頭身さんでってなってたと思うので……。 本当に一番大きなものを得れました。

次の

【モンストQ&A】ボックス拡張のCMについて[No267351]

モンスト cm 見れない

スマホアプリのひっぱりハンティング RPG『モンスターストライク』(以下、モンスト)では、アニメ『モンスターストライク』シリーズの劇場版第三弾『モンスターストライク THE MOVIE ルシファー 絶望の夜明け』11月公開決定に伴う、ゲーム内期間限定イベント「ルシファー 絶望の夜明け 映画公開決定記念」を、2020年6月15日(月)より開催する。 それに先んじて、6月12日(金)よりWEB CMもスタート。 本CMには、お笑い養成所時代からモンストユーザーだったという「四千頭身」の都築、後藤、石橋と、四千頭身の後輩芸人、お笑いコンビ「リンダカラー」のデンが出演する。 デンは、後藤の「同居人枠」として出演が決定。 プレイ中さりげなく、「……しないんですか、あれ」と後藤に呼びかけるデン。 「ん?」と目線を上げて聞き返す後藤に対し、「あれ、またストパーかけないんですか」とデンは、同居人だけが知る秘密をいきなり暴露。 「おい、言うな!! お前(笑)」と画面越しに伝わるほど、本気で動揺した様子の後藤。 微笑む都築と、「お前、ちりちりが売りだったのに……」と驚く石橋を横目に、「最悪」とすぐにモンストの操作に戻ってしまう後藤の姿が。 すると突然デンが、「後藤さん、最近あのー……、失恋したらしいですね」と、後藤の私生活を暴露。 その瞬間、普段テレビでは見れないほど大爆笑する四千頭身の3人。 そんな3人の様子を見て「結構、普通に泣いてましたよ(笑)」と、さらに続けるデン。 リモートで4人の様子を見ていたスタッフも、思わず「これ本当にカメラ回ってるよね?YouTubeチャンネルじゃないよね(笑)?」と笑ってしまうほど、撮影はアットホームな雰囲気のなか進められた。 撮影中盤、モンストをプレイしながらも、どこかソワソワした様子のデン。 かつてラジオや番組で大喧嘩を繰り広げたこともある後藤と石橋の関係性が気になるようで、「いや、あのー心配なんですよ、後藤さんと石橋さんが……」と話題を切り出す。 すると、後藤が『最近酔っぱらって一番に電話をかける相手が、実はバシ(石橋)』であることを告白。 自宅のカメラセッティングから、撮影中の監督とのコミュニケーションまで、完全なリモートで行われた今回の撮影。 四千頭身の3人は、慣れた手つきで黙々と撮影の準備を進める。 それでも撮影中は、画角を調整する際にカメラが倒れてしまうなど、リモート撮影ならではのハプニングもしばしば。 モンストをプレイ中、突如後藤のカメラから「ピーッ」という謎の音が鳴り、後藤本人に確認してもらうと、カメラには「メモリーカードの容量がありません」という表示が。 後藤はスタッフの指示に従い、素早くメモリーカードを交換する。 その直後、石橋のカメラも同様のアクシデントに見舞われてしまう。 石橋に指示を出そうとスタッフがオンラインのマイクに手をかけた瞬間、「じゃあ、俺が説明してやるよ」と後藤から指示が。 石橋は後藤の指示に従い、無事撮影が再開した。 しかし、そこから連鎖するように、都築とデンにも同様の現象が発生。 「言っとけよ、俺と同じタイミングで。 電源消してメモリーカード抜くんだよ」と上から目線で指示を出す後藤に対し、「あいつ、一足先にそう(アクシデントに)なっただけなんだけどなぁ……」と都築がボソッと呟くと、オンライン上は笑いに包まれた。 今回、後藤の「同居人枠」で人生初のCM出演を獲得した「リンダカラー」のツッコミ担当デン。 撮影序盤、緊張からかプレイ中にミスを繰り返してしまうデンに、後藤から「こいつヤバイわ。 友だちに当たること(友情コンボ)を知らないわ。 チュートリアルで習わなかったの」と厳しい指摘が入る。 「あの、その、攻めすぎると委縮するからこれ、指が(笑)」と動揺するデンに石橋は爆笑。 さらに、都築からは「モンストガチ勢に叩かれるぞ。 このCM見たとき、あいつなんで出れるんだよって」と逆にプレッシャーをかけられてしまう始末。 画面上からデンの緊張を感じ取った監督も「すごく楽しそうでよかったです。 1個だけスタッフサイドたちから(意見が)出たのが、『デンさん、なんか緊張してない? 』という……(笑)僕らと打ち合わせしている時はあんな楽しそうだったのに……」とデンに声をかけると、先輩である四千頭身の3人が一斉に「おいなにやってんだよ(後藤)!」、「おい(緊張が)バレるぞ、相手はプロだぞ(都築)!」、「俺らが怖い先輩だと思われちゃうから、デン(石橋)。 」とたたみかける。 実は後輩に厳しい(!?)四千頭身の意外な一面が垣間見えた瞬間だった。 また、「ミスをした人が一発ギャグをする」というくだりでは、デンが渾身のギャグを初披露するが、絶妙なタイミングで回線が乱れ、画面が静止してしまうリモートならではのハプニングが発生。 一発ギャグではない部分で爆笑が巻き起こっていた。 そんな調子で緊張しながらも場を盛り上げ続けたデンだったが、撮影の最後には後藤がいつもの冷たいトーンで「デン、全員がお前を知っていると思うなよ」と灸を据える。 デンは、カメラの前での本気ダメ出しに驚きながらも「3人(四千頭身)の中で調子に乗っていた自分がいました(笑)」と即答。 最後までリモート現場の笑いを誘っていた。 デン:電波の悪い時があって、電波が悪くなって戻ってきた時に、全員が無言で、「やべ、俺のターンなのかな」っていう不安が20回ぐらいありました。 すみません……。 後藤:デンは初CMがリモートだったんで。 すごい不思議な気持ちだと思う。 デン:でも、すごい楽しくはできたと思います。 いつも四千頭身さんと一緒にただただ遊んでいるっていうような感覚でできていたので、それはすごい良かったなと感じました。 最初はちょっとガチガチだったんですけども。 都築:いや、デン、ほんと良かった。 ありがとな。 いい機会でした。 後藤:あ、リモートでの感想を聞いているんですよ? 一同:(笑) 都築:いいことですよ。 それをリモートで味わうってのは、いいことですよ。 石橋:ほんとにCM撮影しているのかなって不安になる時間の方が多かったんですけど、それぞれの家でやって、背景も洗濯物とか漫画とか服とか、いろいろほんとに私生活丸出しな感じで、ほんとにこれが世の中に流れるのか不安になっているところです。 多分スタッフさんが。 これをCMにするということですよね。 これだけ自由にやらせてもらえるのは申し訳ない気持ちもありますよね。 デンさんからお願いします。 デン:僕も(養成所の頃)一回やっていて、最近までやってなかったんで、久しぶりにやってみたらやっぱ面白いなっていう感覚でしたね。 またモンストが普及していろんな人とできるのが楽しみですね。 こういう時期なので。 後でもいいですか。 都築:お前は一流モンストラーか! 一同:(笑) 後藤:そうですね。 ほんとに(収録は)休憩を挟みながらやっているんですけど、その休憩中もずっと今日やってますね。 なんで、ちょっと、また後でもいいですか。 都築:いやお前、プロモンストラーか、お前。 石橋:プロモンストラーって何なんだよ。 昔養成所の頃に始めたんですけど、やっぱその頃、特に一番やり込んでて、何か、めっちゃ難しかったクエストとか敵が、今すごい簡単に倒せるんだなと思うと、それだけ今いるモンスターが進化しているというか。 過去のものがいま、楽に感じるっていうのはすごいですよね。 だから例えるならですよ。 あえて例えるならですよ、これうまいこと言えてないですけど、小さい頃食べれなかったキノコが今食べれるみたいな、そんな感じでしたよね、やっぱ。 後藤:知らん。 都築:うまいこと言えてなくてすみません。 デン:正直、(同居している)後藤さんと全く同じになってしまうかもしれないんですけど……筋トレ、ヨガ、後藤さんと一緒に、こう……曲を作ってみたり…。 後藤:作詞しましたね。 (今回のCMの)イメージソングに、よろしければ。 後藤:あー、ちょっとまだ歌えないんですけど…… 都築:ヨガはどれくらいの頻度でされているんですかね。 後藤:なんでそっち側いったんだよ。 都築:あ、すいません。 ヨガに、ヨギャに興味があって。 すみません。 後藤:ヨギャ。 僕ら3人とも、ラジオでやろうかっていう話になって楽器を始めてて、あと、僕と都築くんは割と料理してますし、僕は本当に1人でも全く寂しくないことに気付きましたね。 後藤君は寂しがり屋で、1人で寝れないし、電気付けてないと寝れないし、1人でトイレいけないみたいな子なんですけど。 後藤:トイレは行けるよ、近いから。 一同:(笑) 石橋:僕は本当になにも寂しくなかったですね。 資格持ってるんですよ。 僕、アロマセラピストの。 やっぱり、香りと効能とかまだ覚えてるなっていう気付きはありました。 デン:確かに。 大事だな。 後藤さんはほんといいブレンドするんで、寝るときもすぐ眠くなります。 後藤:一応ブレンドでね。 デン:腹筋になっちゃいますね。 お笑いのこういう能力とかじゃなくて、腹筋にします。 石橋:(僕は)ほんとお笑いどうこうじゃなくて、ギター弾き過ぎて指の皮が硬くなったんで、それを見てほしいです。 都築:俺も硬くなったわ! いい指先になってきたよ。 石橋:硬くなって指の皮がべりべりになっちゃったんでね。 それちょっと見てほしい。 都築:捨てろよ。 捨てろよ。 早く! 後藤:唐揚げいっぱい頼んだんですよ。 自粛期間中。 やっぱ頼み過ぎてちょっと食べれなくて。 でダイエット始めてたんですよ。 そのタイミングで。 で腐りましたね。 唐揚げが。 (この期間で)6キロ痩せました。 都築:僕はセンスですね。 見てほしいのは。 センス見てほしい(笑)やっぱり(自粛期間で)いろんなものを吸収したんで。 映画なり、本なりで。 それが良くも悪くも、別にセンスいい悪いはどっちで言われてもいいんですけど、その評価ってやっぱこの期間に色々取り入れたことを表に出した時にどう評価されるか。 そのセンスを見てほしい。 多分デンのおかげで、後藤君は明るくなっていると思います。 デン:え、嬉しい。 俺まで嬉しい。 後藤:俺明るくなったら終わりよ、僕ら。 でもデンじゃないですか。 デンはフォロワーが増えましたから。 デン:そうですね。 目に見えて。 後藤さんとこの自粛期間ずっと一緒にいなかったら、ここにもいないと思いますし。 この撮影も四千頭身さんでってなってたと思うので……。 本当に一番大きなものを得れました。 【移動に関する感染対策】 ・感染が流行している地域からの移動、感染が流行している地域への移動は控える ・帰省や旅行はひかえめに 出張はやむを得ない場合に ・発症したときのため誰とどこで会ったかをメモにする ・地域の感染状況に注意する• 3 日常生活の各場面別の生活様式 【買い物】 ・通販も利用 ・1人または少人数ですいた時間に ・電子決済の利用 ・計画を立てて素早く済ます ・サンプルなど展示品への接触は控えめに ・レジに並ぶときは前後にスペース• 【公共交通機関の利用】 ・会話は控えめに ・混んでいる時間帯は避けて ・徒歩や自転車利用も併用する• 【食事】 ・持ち帰りや出前 デリバリーも ・屋外空間で気持ちよく ・大皿は避けて料理は個々に ・対面ではなく横並びで座ろう ・料理に集中 おしゃべりは控えめに ・お酌 グラスやお猪口の回し飲みは避けて• 【娯楽 スポーツ等】 ・公園はすいた時間や場所を選ぶ ・筋トレやヨガは自宅で動画を活用 ・ジョギングは少人数で ・すれ違うときは距離をとるマナー ・予約制を利用してゆったりと ・狭い部屋での長居は無用 ・歌や応援は十分な距離かオンライン• 【冠婚葬祭などの親族行事】 ・多人数での会食は避けて ・発熱やかぜの症状がある場合は参加しない.

次の