アルツ フル デイズ。 [B!] アルツフルデイズ

日産デイズ新型を公開!2019年3月28日フルモデルチェンジ、価格や内装も判明!

アルツ フル デイズ

日産「デイズ」が2019年3月28日にフルモデルチェンジを実施 新型は先進運転支援技術プロパイロットを搭載 日産の軽自動車「デイズ」と、そのカスタムモデルである「デイズハイウェイスター」のフルモデルチェンジが2019年3月28日に行われ同日発売しました。 2013年6月に登場したデイズは、日産と三菱自動車との合弁会社であるNMKVによって共同開発された軽トールワゴンです。 NMKVの基で開発される三菱のekワゴンとekカスタムは基本構造を同一とする兄弟車です。 日産の主力軽自動車デイズシリーズが登場してから、約6年のタイミングで実施するフルモデルチェンジによって誕生する 新型モデルは、先進運転支援技術プロパイロットを搭載して軽自動車では最高クラスの安全性を実現します。 なお、2019年11月にはこれらの先進技術が評価され、日本自動車研究者・ジャーナリスト会議主催の「2020年次RJCカー オブ ザ イヤー」を受賞しました。 新型デイズのエクステリアの特徴や販売価格等について紹介します。 新型デイズとハイウェイスターのエクステリアはVモーションを強調した日産らしいスタイル 左のデイズハイウェイスターはワイドなVモーションを、右のデイズはコンパクトなVモーショングリルを採用 新型デイズとデイズハイウェイスターのエクステリアは日産のデザインアイコン「Vモーション」を強調した存在感のあるスタイルが魅力で、それぞれの個性を追求して差別化を強めました。 デイズハイウェイスターはワイドになったVモーションが特徴的 デイズはこのVモーションが中央に配置されコンパクトで可愛らしい印象を受けますが、デイズハイウェイスターはVモーションがワイドになり、ヘッドライトに触れる所まで広がります。 グリルも大型化しているためワイルドでかっこいいスタイルになっています。 切削アルミホイールがアグレッシブさをアピールしている 女性ユーザーからの支持率が高い「デイズ」は、キュートで可愛らしいヘッドライトや、親しみやすさを意識したフロングリルなどの個性をフルモデルチェンジで追求しています。 男性ユーザーから支持される「ハイウェイスター」は、シャープで鋭いヘッドライトのデザインや、攻撃的な大型アッパーグリル、躍動感を与える大胆なキャラクターライン、15インチ切削アルミホイールなどの個性をフルモデルチェンジによって強化しました。 フロントグリルのデザインアイコン「Vモーショングリル」を採用して、押し出しの強いダイナミックシールドをフロントグリルに採用する兄弟車の三菱ekワゴン・ekクロスとの差別化をさらに強めています。 デイズXとデイズハイウェイスターXのスペック X ハイウェイスターX 全長 3,395mm 全幅 1,475mm 全高 1,640mm ホイールベース 2,495mm 室内長 2,065mm 室内幅 1,340mm 室内高 1,270mm 車両重量 830kg 840kg 最小回転半径 4. 軽自動車はボディサイズなどの規格が決まっているため、どの自動車メーカーも大きさに制限がかかっています。 2019年3月に発表された新型デイズとデイズハイウェイスターは、軽自動車規格のなかで最大限のキャビンスペースとラゲッジスペースを確保するため新たなプラットフォームを採用して後席のニールームを710mmに延長、荷室長も広くとり長時間のドライブも楽しく過ごせます。 新型デイズとデイズハイウェイスターはモデルチェンジで新色を追加 モノトーン13色と2トーン4色をラインナップ 新型デイズ・デイズハイウェイスターのカラーラインナップは豊富 フルモデルチェンジした新型デイズにはモノトーンカラーを、デイズハイウェイスターにはモノトーンカラーと2トーンカラーを設定します。 従来モデルは13色設定でしたが、2トーンが新たに加わりカラフルなカラーラインナップになっているのが新型デイズの特徴的です。 軽自動車は販売台数が多いため、どうしても個性を出しにくいのが難点ですが、これだけカラーラインナップが豊富であれば他車とかぶらない、個性的なデイズを選ぶことができるでしょう。 新型デイズのボディカラー一覧• ホワイト(デイズのみ設定)• ブラック• スパークリングレッド• スターリングシルバー(デイズのみ設定)• チタニウムグレー(ハイウェイスターのみ設定)• オーシャンブルー• ブロッサムピンク(デイズのみ設定)• プレミアムパープル(32,400円高・ハイウェイスターのみ設定)• ホワイトパール(32,400円高)• アッシュブラウン(32,400円高・デイズのみ設定)• ソーダブルー(32,400円高・デイズのみ設定)• プレミアムオリーブ(32,400円高・デイズのみ設定)• プレミアムサンシャインオレンジ(37,800円高)• 特に2トーンカラーは新型デイズになってから加わったため、新型を象徴するイメージカラーになるでしょう。 新型デイズ・デイズハイウェイスターのインテリアカラーは全3種類 新型デイズのSグレードとXグレードの標準インテリア 新型デイズは「SとX」「ハイウェイスター」「ハイウェイスターのオプション」の3種類が用意されています。 デイズのSグレードとXグレードにはベージュとブラウンのファブリックシートが標準装備されていて、車内が明るくなる親しみやすいインテリアカラーになっています。 新型デイズハイウェイスターの標準インテリア デイズハイウェイスターのインテリアはブルーとブラックのチェック模様を用いたデザインになっています。 インストルメントパネルはブルーになり、運転席・助手席のドアトリムまでしっかりデザインされ高級感もある仕上がりになっています。 新型デイズハイウェイスターにオプション設定するインテリア デイズハイウェイスターのみ選択できるオプションインテリアは、ブラウンをベースにしてブルーとブラックのラインを入れたシートが特徴的です。 性別年齢問わずマッチするオシャレなデザインになっています。 新型デイズにオーテックから可愛らしいコンプリートカー「ボレロ」を設定 可愛らしいオーテックのコンプリートカー新型デイズ「ボレロ」 新型デイズの発表と同時にオーテックのコンプリートカーのボレロが設定されました。 ブロッサムピンクやソーダブルーなどのパステルカラーとホワイトルーフを組み合わせた可愛らしさが特徴です。 新型ボレロのインテリアはピンクブラウンを採用 専用のブラウンピンクインテリアはシートの背面と座面をピンクのストライプでデザイン、インストルメントパネルやハンドルはピンクとブラウンのコンビカラーになっています。 ドアトリムはブラウンで統一されていて、可愛すぎない雰囲気になっています。 新型デイズ「ボレロ」の専用装備• ダーククローム 専用フロントグリル• ホワイトパール 電動格納式リモコンカラードドアミラー• ホワイトパール アウトサイドドアハンドル• ダーククローム 専用バックドアフィニッシャー• ホワイト 専用14インチアルミホイール• ブラウンピンク 専用インストルメントパネル• ブラウンピンク 専用本革巻ステアリング• バニティミラー付 助手席サンバイザー• メッキインサイドドアハンドル• メッキボタン付シフトノブ• メッキインナードアハンドル• 2トーンカラーは全てボレロ専用なので個性を表現するのにピッタリのカラーリングです。 新型デイズ「ボレロ」の専用2トーンボディカラー• オプション装備で360度見渡せるアラウンドビューモニターやSOSコールなどを設定できるため、初めて車を購入する方や運転が苦手な方のファーストカーにもおすすめできます。 日産デイズ 現行モデルと新型モデルのグレード別 販売価格比較表 グレード 駆動方式 旧型デイズ販売価格 新型デイズ販売価格 J FF 1,157,760円~ — S FF — 1,273,320円~ 4WD 1,318,680円~ 1,405,080円~ X FF 1,306,800円~ 1,325,160円~ 4WD 1,427,760円~ 1,456,920円~ ボレロ FF — 1,411,560円~ 4WD — 1,543,320円~ ハイウェイスターX FF 1,442,880円~ 1,469,880円~ 4WD 1,563,840円~ 1,601,640円~ ハイウェイスターX プロパイロットエディション FF — 1,567,080円~ 4WD — 1,698,840円~ ハイウェイスターG FF 1,509,840円~ — 4WD 1,630,800円~ — ハイウェイスターG ターボ FF 1,520,640円~ 1,549,800円~ 4WD 1,641,600円~ 1,681,560円~ ハイウェイスターG ターボ プロパイロットエディション FF — 1,647,000円~ 4WD — 1,778,760円~ 新型デイズの主要オプション装備と価格一覧• インテリジェントアラウンドビューモニター(32,400円)• プロパイロットエディション(86,400円~97,200円)• 日産オリジナルナビ取付けパッケージ(27,000円)• SOSコール(32,400円)• プレミアムコンビネーションインテリア(32,400円)• 寒冷地仕様(24,840円)• 15インチタイヤ&アルミホイール(21,600円) 注目のオプション装備はミニバンのセレナ、SUVのエクストレイル、電気自動車のリーフなどに採用している自動運転支援技術のプロパイロットです。 軽自動車では初めて採用する技術になるため期待が高まります。 フルモデルチェンジする新型デイズは運転支援技術の「プロパイロット(ProPILOT)」を装備して安全性を大幅に強化 新型デイズは自動運転レベル2をクリアする「プロパイロット」を装備する 2019年3月28日に発売する新型デイズは、自動運転レベル2をクリアする「プロパイロット(ProPILOT)」を装備、0kmから25kmでクルーズコントロールを使用すると停止と再発進を自動で行い、レーンの中央を走るように支援、一部条件を満たすエリア内において運転サポートを可能とすることで安全性を大幅に強化する見込みです。 新型デイズは車両重量を減らしてルノーが開発したエンジン「BR06」を採用 ハイブリッド搭載モデルの燃費は29. 軽自動車に搭載するエンジンで優位性のあるダイハツやスズキに対抗するために、環境性能の優れた新型エンジンの開発も考えられましたが、日産と三菱が提携するルノーが開発した800ccの3気筒エンジンのBR08をダウンサイジングした日産製の「BR06」新型エンジンを搭載します。 新型デイズと新型デイズハイウェイスターの燃費性能 グレード 駆動方式 エンジン 燃費 S FF 自然吸気(NA) JC08モード:29. 2019年に登場する軽自動車として可能性が最も高いのはデイズの新型モデルでした。 2022年度末までに電動車の販売比率を40%まで高めるという数値目標を実現するためには、軽自動車にも電気の力で動く電動車をラインナップさせる必要があります。 兄弟車である三菱のekワゴンでも、EVモデルを発売するような主旨の発表がされたこともありましたが、新型デイズに電動車が追加設定されることはありませんでした。 噂されていたデイズEVの航続距離は280kmを超えて実用的な面においても魅力的な車なので2020年以降のモデルチェンジで動きがあることを期待しましょう。 日産デイズとデイズハイウェイスターの画像7枚 新型デイズの発表前に撮影されたスパイショットを紹介 浮き出るほど立体的なVモーショングリルが特徴 日産の新型デイズが欧州のスペインでスパイショットが撮影されました。 ボディ全体を覆う厚めのカモフラージュですが、遠目からでもわかるほど立体的なフロントグリルのVモーションが特徴です。 日本独自規格の軽自動車が欧州でテスト走行すること自体が珍しく、フルモデルチェンジ後のデイズを考察できる貴重なスパイショットです。 現行モデルのデイズは日産と三菱の合併会社「NMKV」によりekワゴンと共同開発されていて、前回は三菱が主導を取り、今回フルモデルチェンジするデイズは日産が主導を取り開発することが分かっています。 同時に開発され市販する三菱のekワゴンとekクロスとはエクステリアのデザインが各々違うものになりますが、リアは共通するデザインを採用するでしょう。 新型デイズはプラットフォームやエンジンなど基本的な構造を一新しますが、軽自動車規格があるため、ボディサイズに変更はないと考えます。 フルモデルチェンジが実施されて新型デイズが誕生するのは2019年3月28日 日産デイズは三菱のekワゴンと同時に2019年3月28日フルモデルチェンジ 2017年10月に行われた中期経営計画の発表の場で、三菱自動車の益子修CEOはデリカD5と軽自動車の新型モデルを2019年に登場させることを宣言しました。 益子CEOが2019年の誕生を示唆した軽自動車は「ekワゴン」の新型モデルを指していて、その兄弟車である「デイズ」も同年にフルモデルチェンジします。 ライバルのスズキ「スペーシア」は2017年12月にフルモデルチェンジを実施してスーツケースをイメージさせるオシャレな内外装が特徴です。 2017年8月1日マイナーチェンジを行ったダイハツ「ムーヴ」は一部グレードにスマートアシスト3を装備して安全性を強化しました。 デイズの2018年上半期の販売台数はこれらのライバル車よりも少なく、対前年比においても減少傾向です。 日産の主力軽自動車であるデイズは、2019年3月28日にフルモデルチェンジを実施して、自動運転レベル2をクリアするプロパイロットを搭載して商品力を向上、巻き返しを図ります。 ラインナップが噂されるデイズのEVモデルの発売は、そのタイミングから1年遅れた2020年以降になると考えます。 1%増 スズキ スペーシア 7万9718台 38. 0%増 ダイハツ ムーヴ 7万4109台 2. 7%増 ダイハツ タント 7万1809台 10. 9%減 日産 デイズ 7万1778台 6. 4%減 プロパイロットを搭載した新型デイズが登場すれば軽トールワゴンのシェア争いは面白くなる 2018年上半期の軽自動車の販売台数は、ホンダ「N-BOX」やスズキ「スペーシア」などの車高のある軽トールワゴンが上位を占めています。 室内スペースが広く、燃費が良くて、維持費が安く、安全装備も充実している軽トールワゴンの人気は今後も続きます。 日産の軽トールワゴン「デイズ」は、ライバル車であるN-BOXやスペーシアを意識してフルモデルチェンジを行います。 2019年3月28日に新型を発表したデイズは、部分的自動運転を可能とするプロパイロットを搭載して、より魅力的な車へと進化して軽自動車市場のシェア争いをさらに面白くさせます。

次の

デイズがフルモデルチェンジ 軽自動車初の自動運転支援技術プロパイロット搭載

アルツ フル デイズ

日産「デイズ」が2019年3月28日にフルモデルチェンジを実施 新型は先進運転支援技術プロパイロットを搭載 日産の軽自動車「デイズ」と、そのカスタムモデルである「デイズハイウェイスター」のフルモデルチェンジが2019年3月28日に行われ同日発売しました。 2013年6月に登場したデイズは、日産と三菱自動車との合弁会社であるNMKVによって共同開発された軽トールワゴンです。 NMKVの基で開発される三菱のekワゴンとekカスタムは基本構造を同一とする兄弟車です。 日産の主力軽自動車デイズシリーズが登場してから、約6年のタイミングで実施するフルモデルチェンジによって誕生する 新型モデルは、先進運転支援技術プロパイロットを搭載して軽自動車では最高クラスの安全性を実現します。 なお、2019年11月にはこれらの先進技術が評価され、日本自動車研究者・ジャーナリスト会議主催の「2020年次RJCカー オブ ザ イヤー」を受賞しました。 新型デイズのエクステリアの特徴や販売価格等について紹介します。 新型デイズとハイウェイスターのエクステリアはVモーションを強調した日産らしいスタイル 左のデイズハイウェイスターはワイドなVモーションを、右のデイズはコンパクトなVモーショングリルを採用 新型デイズとデイズハイウェイスターのエクステリアは日産のデザインアイコン「Vモーション」を強調した存在感のあるスタイルが魅力で、それぞれの個性を追求して差別化を強めました。 デイズハイウェイスターはワイドになったVモーションが特徴的 デイズはこのVモーションが中央に配置されコンパクトで可愛らしい印象を受けますが、デイズハイウェイスターはVモーションがワイドになり、ヘッドライトに触れる所まで広がります。 グリルも大型化しているためワイルドでかっこいいスタイルになっています。 切削アルミホイールがアグレッシブさをアピールしている 女性ユーザーからの支持率が高い「デイズ」は、キュートで可愛らしいヘッドライトや、親しみやすさを意識したフロングリルなどの個性をフルモデルチェンジで追求しています。 男性ユーザーから支持される「ハイウェイスター」は、シャープで鋭いヘッドライトのデザインや、攻撃的な大型アッパーグリル、躍動感を与える大胆なキャラクターライン、15インチ切削アルミホイールなどの個性をフルモデルチェンジによって強化しました。 フロントグリルのデザインアイコン「Vモーショングリル」を採用して、押し出しの強いダイナミックシールドをフロントグリルに採用する兄弟車の三菱ekワゴン・ekクロスとの差別化をさらに強めています。 デイズXとデイズハイウェイスターXのスペック X ハイウェイスターX 全長 3,395mm 全幅 1,475mm 全高 1,640mm ホイールベース 2,495mm 室内長 2,065mm 室内幅 1,340mm 室内高 1,270mm 車両重量 830kg 840kg 最小回転半径 4. 軽自動車はボディサイズなどの規格が決まっているため、どの自動車メーカーも大きさに制限がかかっています。 2019年3月に発表された新型デイズとデイズハイウェイスターは、軽自動車規格のなかで最大限のキャビンスペースとラゲッジスペースを確保するため新たなプラットフォームを採用して後席のニールームを710mmに延長、荷室長も広くとり長時間のドライブも楽しく過ごせます。 新型デイズとデイズハイウェイスターはモデルチェンジで新色を追加 モノトーン13色と2トーン4色をラインナップ 新型デイズ・デイズハイウェイスターのカラーラインナップは豊富 フルモデルチェンジした新型デイズにはモノトーンカラーを、デイズハイウェイスターにはモノトーンカラーと2トーンカラーを設定します。 従来モデルは13色設定でしたが、2トーンが新たに加わりカラフルなカラーラインナップになっているのが新型デイズの特徴的です。 軽自動車は販売台数が多いため、どうしても個性を出しにくいのが難点ですが、これだけカラーラインナップが豊富であれば他車とかぶらない、個性的なデイズを選ぶことができるでしょう。 新型デイズのボディカラー一覧• ホワイト(デイズのみ設定)• ブラック• スパークリングレッド• スターリングシルバー(デイズのみ設定)• チタニウムグレー(ハイウェイスターのみ設定)• オーシャンブルー• ブロッサムピンク(デイズのみ設定)• プレミアムパープル(32,400円高・ハイウェイスターのみ設定)• ホワイトパール(32,400円高)• アッシュブラウン(32,400円高・デイズのみ設定)• ソーダブルー(32,400円高・デイズのみ設定)• プレミアムオリーブ(32,400円高・デイズのみ設定)• プレミアムサンシャインオレンジ(37,800円高)• 特に2トーンカラーは新型デイズになってから加わったため、新型を象徴するイメージカラーになるでしょう。 新型デイズ・デイズハイウェイスターのインテリアカラーは全3種類 新型デイズのSグレードとXグレードの標準インテリア 新型デイズは「SとX」「ハイウェイスター」「ハイウェイスターのオプション」の3種類が用意されています。 デイズのSグレードとXグレードにはベージュとブラウンのファブリックシートが標準装備されていて、車内が明るくなる親しみやすいインテリアカラーになっています。 新型デイズハイウェイスターの標準インテリア デイズハイウェイスターのインテリアはブルーとブラックのチェック模様を用いたデザインになっています。 インストルメントパネルはブルーになり、運転席・助手席のドアトリムまでしっかりデザインされ高級感もある仕上がりになっています。 新型デイズハイウェイスターにオプション設定するインテリア デイズハイウェイスターのみ選択できるオプションインテリアは、ブラウンをベースにしてブルーとブラックのラインを入れたシートが特徴的です。 性別年齢問わずマッチするオシャレなデザインになっています。 新型デイズにオーテックから可愛らしいコンプリートカー「ボレロ」を設定 可愛らしいオーテックのコンプリートカー新型デイズ「ボレロ」 新型デイズの発表と同時にオーテックのコンプリートカーのボレロが設定されました。 ブロッサムピンクやソーダブルーなどのパステルカラーとホワイトルーフを組み合わせた可愛らしさが特徴です。 新型ボレロのインテリアはピンクブラウンを採用 専用のブラウンピンクインテリアはシートの背面と座面をピンクのストライプでデザイン、インストルメントパネルやハンドルはピンクとブラウンのコンビカラーになっています。 ドアトリムはブラウンで統一されていて、可愛すぎない雰囲気になっています。 新型デイズ「ボレロ」の専用装備• ダーククローム 専用フロントグリル• ホワイトパール 電動格納式リモコンカラードドアミラー• ホワイトパール アウトサイドドアハンドル• ダーククローム 専用バックドアフィニッシャー• ホワイト 専用14インチアルミホイール• ブラウンピンク 専用インストルメントパネル• ブラウンピンク 専用本革巻ステアリング• バニティミラー付 助手席サンバイザー• メッキインサイドドアハンドル• メッキボタン付シフトノブ• メッキインナードアハンドル• 2トーンカラーは全てボレロ専用なので個性を表現するのにピッタリのカラーリングです。 新型デイズ「ボレロ」の専用2トーンボディカラー• オプション装備で360度見渡せるアラウンドビューモニターやSOSコールなどを設定できるため、初めて車を購入する方や運転が苦手な方のファーストカーにもおすすめできます。 日産デイズ 現行モデルと新型モデルのグレード別 販売価格比較表 グレード 駆動方式 旧型デイズ販売価格 新型デイズ販売価格 J FF 1,157,760円~ — S FF — 1,273,320円~ 4WD 1,318,680円~ 1,405,080円~ X FF 1,306,800円~ 1,325,160円~ 4WD 1,427,760円~ 1,456,920円~ ボレロ FF — 1,411,560円~ 4WD — 1,543,320円~ ハイウェイスターX FF 1,442,880円~ 1,469,880円~ 4WD 1,563,840円~ 1,601,640円~ ハイウェイスターX プロパイロットエディション FF — 1,567,080円~ 4WD — 1,698,840円~ ハイウェイスターG FF 1,509,840円~ — 4WD 1,630,800円~ — ハイウェイスターG ターボ FF 1,520,640円~ 1,549,800円~ 4WD 1,641,600円~ 1,681,560円~ ハイウェイスターG ターボ プロパイロットエディション FF — 1,647,000円~ 4WD — 1,778,760円~ 新型デイズの主要オプション装備と価格一覧• インテリジェントアラウンドビューモニター(32,400円)• プロパイロットエディション(86,400円~97,200円)• 日産オリジナルナビ取付けパッケージ(27,000円)• SOSコール(32,400円)• プレミアムコンビネーションインテリア(32,400円)• 寒冷地仕様(24,840円)• 15インチタイヤ&アルミホイール(21,600円) 注目のオプション装備はミニバンのセレナ、SUVのエクストレイル、電気自動車のリーフなどに採用している自動運転支援技術のプロパイロットです。 軽自動車では初めて採用する技術になるため期待が高まります。 フルモデルチェンジする新型デイズは運転支援技術の「プロパイロット(ProPILOT)」を装備して安全性を大幅に強化 新型デイズは自動運転レベル2をクリアする「プロパイロット」を装備する 2019年3月28日に発売する新型デイズは、自動運転レベル2をクリアする「プロパイロット(ProPILOT)」を装備、0kmから25kmでクルーズコントロールを使用すると停止と再発進を自動で行い、レーンの中央を走るように支援、一部条件を満たすエリア内において運転サポートを可能とすることで安全性を大幅に強化する見込みです。 新型デイズは車両重量を減らしてルノーが開発したエンジン「BR06」を採用 ハイブリッド搭載モデルの燃費は29. 軽自動車に搭載するエンジンで優位性のあるダイハツやスズキに対抗するために、環境性能の優れた新型エンジンの開発も考えられましたが、日産と三菱が提携するルノーが開発した800ccの3気筒エンジンのBR08をダウンサイジングした日産製の「BR06」新型エンジンを搭載します。 新型デイズと新型デイズハイウェイスターの燃費性能 グレード 駆動方式 エンジン 燃費 S FF 自然吸気(NA) JC08モード:29. 2019年に登場する軽自動車として可能性が最も高いのはデイズの新型モデルでした。 2022年度末までに電動車の販売比率を40%まで高めるという数値目標を実現するためには、軽自動車にも電気の力で動く電動車をラインナップさせる必要があります。 兄弟車である三菱のekワゴンでも、EVモデルを発売するような主旨の発表がされたこともありましたが、新型デイズに電動車が追加設定されることはありませんでした。 噂されていたデイズEVの航続距離は280kmを超えて実用的な面においても魅力的な車なので2020年以降のモデルチェンジで動きがあることを期待しましょう。 日産デイズとデイズハイウェイスターの画像7枚 新型デイズの発表前に撮影されたスパイショットを紹介 浮き出るほど立体的なVモーショングリルが特徴 日産の新型デイズが欧州のスペインでスパイショットが撮影されました。 ボディ全体を覆う厚めのカモフラージュですが、遠目からでもわかるほど立体的なフロントグリルのVモーションが特徴です。 日本独自規格の軽自動車が欧州でテスト走行すること自体が珍しく、フルモデルチェンジ後のデイズを考察できる貴重なスパイショットです。 現行モデルのデイズは日産と三菱の合併会社「NMKV」によりekワゴンと共同開発されていて、前回は三菱が主導を取り、今回フルモデルチェンジするデイズは日産が主導を取り開発することが分かっています。 同時に開発され市販する三菱のekワゴンとekクロスとはエクステリアのデザインが各々違うものになりますが、リアは共通するデザインを採用するでしょう。 新型デイズはプラットフォームやエンジンなど基本的な構造を一新しますが、軽自動車規格があるため、ボディサイズに変更はないと考えます。 フルモデルチェンジが実施されて新型デイズが誕生するのは2019年3月28日 日産デイズは三菱のekワゴンと同時に2019年3月28日フルモデルチェンジ 2017年10月に行われた中期経営計画の発表の場で、三菱自動車の益子修CEOはデリカD5と軽自動車の新型モデルを2019年に登場させることを宣言しました。 益子CEOが2019年の誕生を示唆した軽自動車は「ekワゴン」の新型モデルを指していて、その兄弟車である「デイズ」も同年にフルモデルチェンジします。 ライバルのスズキ「スペーシア」は2017年12月にフルモデルチェンジを実施してスーツケースをイメージさせるオシャレな内外装が特徴です。 2017年8月1日マイナーチェンジを行ったダイハツ「ムーヴ」は一部グレードにスマートアシスト3を装備して安全性を強化しました。 デイズの2018年上半期の販売台数はこれらのライバル車よりも少なく、対前年比においても減少傾向です。 日産の主力軽自動車であるデイズは、2019年3月28日にフルモデルチェンジを実施して、自動運転レベル2をクリアするプロパイロットを搭載して商品力を向上、巻き返しを図ります。 ラインナップが噂されるデイズのEVモデルの発売は、そのタイミングから1年遅れた2020年以降になると考えます。 1%増 スズキ スペーシア 7万9718台 38. 0%増 ダイハツ ムーヴ 7万4109台 2. 7%増 ダイハツ タント 7万1809台 10. 9%減 日産 デイズ 7万1778台 6. 4%減 プロパイロットを搭載した新型デイズが登場すれば軽トールワゴンのシェア争いは面白くなる 2018年上半期の軽自動車の販売台数は、ホンダ「N-BOX」やスズキ「スペーシア」などの車高のある軽トールワゴンが上位を占めています。 室内スペースが広く、燃費が良くて、維持費が安く、安全装備も充実している軽トールワゴンの人気は今後も続きます。 日産の軽トールワゴン「デイズ」は、ライバル車であるN-BOXやスペーシアを意識してフルモデルチェンジを行います。 2019年3月28日に新型を発表したデイズは、部分的自動運転を可能とするプロパイロットを搭載して、より魅力的な車へと進化して軽自動車市場のシェア争いをさらに面白くさせます。

次の

[B!] アルツフルデイズ

アルツ フル デイズ

[参考]旧型 新型の写真はおそらくハイウェイスターの内装でしょう。 ダッシュパネルの色とコーディネートされたチェック柄のシートがとてもお洒落です。 ディーラーOPの純正ナビは9インチと大きなものとなり、メーターパネルには4. 2インチのTFTカラー液晶を搭載。 電動パーキングブレーキも設定されます。 インパネの基本デザインはeKクロスと共通です。 ナビが今までより高い位置に設置されているので、視線移動が楽になりますね。 また、新設計プラットフォームの採用によりホイールベースが65mm延長されます。 それにより後席の足元空間や荷室スペースが拡大します。 ボディカラー全17パターンが分かった!! デイズ モノトーン11色• ホワイト• ホワイトパール(3P)• スターリングシルバー(M)• ソーダブルー(PM)• ブロッサムピンク(M)• プレミアムサンシャインオレンジ(M)• オーシャンブルー(P)• スパークリングレッド(M)• プレミアムオリーブ(M)• アッシュブラウン(M)• ブラック(P) デイズハイウェイスター モノトーン7色• ホワイトパール(3P)• プレミアムサンシャインオレンジ(M)• オーシャンブルー(P)• プレミアムパープル(P)• スパークリングレッド(M)• チタニウムグレー(M)• ブラック(P) ツートン4色• フルモデルチェンジの目玉です。 アクセル、ブレーキ、ステアリングをクルマがコントロールしてくれるので、高速道路での長距離運転がすごく楽になるという機能です。 搭載できるのはハイウェイスターのみ。 新開発のエンジン&CVTにマイルドハイブリッドも設定 当初は現行のエンジン(3B20型)をブラッシュアップするとみられていましたが、新開発エンジン(BR06型)を投入します。 さらに、セレナでもお馴染みのサブスタータージェネレーターによるマイルドハイブリッドも設定(ハイウェイスターのみ)。 トップグレードのハイウェイスターGターボは、その名のとおり過給機付きのエンジンを積んだパワフル仕様です。 ボア62. 2mm• NA版:52ps/6. 1kg-m• ターボ版:64ps/10. 2kg-m また、CVTも完全リニューアル。 アクセルを踏み込んだときのレスポンスが改善されます。 後々、EV(電気自動車)の追加も 日産と三菱は軽自動車タイプの新型EV(電気自動車)を計画中。 2020年にも市販化といわれています。 当初は市販EVの先駆け、三菱「i-MiEV」の後継なのか?全くのニューモデルなのか?と謎が多かったですが、まずは新型デイズ(もしくはルークス)に設定することが固まったようです。 噂によると、航続距離はバッテリーの大容量化によって280kmに到達するとか。 デイズは日産の主力量販車の一角を担うモデルなので、遅くてもマイチェンモデル(後期型)にはEVグレードを設定するでしょう。 フルモデルチェンジ後のライバル車種 2019年1月の新車販売台数 車種 価格 本月 前年同月 日産 デイズ 115~164万円 6882台 99. 4% スズキ ワゴンR 107~177万円 7422台 73. 7% ダイハツ ムーブ 111~174万円 3799台 74. 4% ちなみに、ムーヴも今年世代交代を予定しており激戦は必至。 消費者にとっては良い意味で検討に頭を悩ますことになるでしょう。 私の場合、車販売店ディーラーでは30万円の下取りが、 買取業者では88万円になりました。 約60万GET しました。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーー 詳しくはこちらで解説しています。 ディーラーで働く友人に聞いたディープな値引きの裏情報などを暴露しています。 実際に私がセレナを最大値引き額 50万円 を勝ち取った方法を無料公開中。 なぜなら、市場の競争の原理として 買取業者同士で勝負してもらうことで買取額が吊り上がるからです。 一社だけに買取査定を依頼すると、比較する業者がいないので 必ず最安値の買取額を提示されます。 必ずです。 そうならないために一括査定を使います。 大手買取業者10社以上が勝手に競ってくれます。 無料でその場で スマホで 90 秒で愛車の最高額がわかる! [新登場]スマホで写真を撮るだけ?? 一瞬で高額査定!! 電話営業一切なしで一括査定より速い!! あのDMMから新サービス!! 一括査定よりも早く相場が知れる!• 面倒な電話も無し!• ササッとお車査定!• スマホで写真を撮るだけで買取相場がわかる!.

次の