マイル旅行券 初めて。 マイルを貯めるって言うけれど本当に旅行に行けるほどマイルって貯まるの?

アジアマイルで人生で初めてのキャッセイ・ビジネスクラス搭乗記:往路

マイル旅行券 初めて

前日ファストフードで使えなかった旧紙幣を交換しにイングランド銀行へ来ました。 日本に生まれ育っても日本銀行なんて行ったことがないのに、旅行中にイギリスで中央銀行に行くことになるとはなんとも不思議な感じです。。。 写真左側の白い神殿のような建物がイングランド銀行です。 建物に入るとセキュリティチェックがあり、そこにはロングコートと山高帽(シルクハット?)を着用した紳士がゲートに立っており来訪目的を尋ねてきます。 「旧紙幣の交換に来た」と告げたのですが、その紙幣を見せろとのこと。 セキュリティが厳重です。 旧紙幣を見せ、手荷物検査も済ませたらあっさり中に入ることができ、交換手続きも数分足らずであっという間の出来事でした。 旅行中にわざわざ来るのも面倒ではありましたが、なかなか来られない場所に入れたという意味ではよい経験になりました。 今日は2階の前方席に。 舞台とディズニーの映画だと若干話の流れが違っていましたが、大きくかわるものでもないので十分楽しめる内容でした! そんなこんなで、初めてのJALファーストクラスでロンドンに来ましたが、観光地、飲食、ホテル等やはりロンドンの物価はなかなか高いので、思う存分楽しむには予算が必要そうです・・・。 その一方で、今回はロンドンに6泊できたので2階建てバスで景色を眺めながらのんびり移動したり、イギリスの誇る数々の所蔵品をいくつもの美術館で無料で鑑賞できたり、低予算ならではの楽しみ方ができたのかなと思います。 芸術に対する姿勢は本当にすばらしいなと感じ、次回以降もよい芸術鑑賞ができればなと感じたロンドンの旅でした。 いよいよ翌日はドイツに向かって旅立ちます!.

次の

デルタ航空特典旅行:マイルで予約:デルタ航空

マイル旅行券 初めて

昨年の8月ぐらいから始めたANAマイラー活動。 子供2人含め家族4人で楽しめる場所ということで検討してみました! 次の子連れ旅、行き先はどこにする? 我が家は今上の子が5歳、下の子が2歳(もうすぐ3歳)。 今までハワイ、プーケットなどのビーチリゾートに行ったことがあります。 子供も大人も楽しめる場所(シティー)• 食べ物が美味しい場所• 飛行時間が負担にならない場所• 時差のあまりない場所 そんな条件で検討してみました。 当初は台湾や韓国などの近場も考えたのですが、台湾や韓国は最近LCCが結構飛んでいてビックリするくらい安く行けたりするので、わざわざマイルを使って行かなくてもいいかなーと。 時差も1時間とハワイなどに比べると負担が少ないですね。 ANAマイルが使えるエアライン シンガポールまではレギュラーシーズンだと1人35,000マイルで行くことができます。 福岡空港はANAのシンガポール路線は就航していません。 ですので、福岡からシンガポールへは一度成田、羽田などの大きい空港に飛ぶか、もしくはANAマイルが使えるスターアライアンス加盟のエアラインを使用するかの2通り。 シンガポール航空の場合も35,000マイル必要です。 家族4人で14万マイル。 今回はシンガポール航空を利用しますが、福岡から利用できる他のエアラインはタイ国際航空や、ユナイテッド航空、アシアナ航空、エヴァ航空などがあります。 どうしても地方都市だとANAマイル使用の選択は狭まってしまいますね。 ANA便がたくさん就航している関東圏の方が羨ましい〜。 シンガポール航空の特典航空券の予約 ANAの会員サイトからシンガポール航空の特典航空券を発券します。 税金やサービス料などは別途で15040円(4人分)お支払い。 マイルは2歳、5歳の子供の分も大人と同じだけ必要です。 路線によっては幼児料金で普通に購入した方がお得な場合もありますね。 (子供の分だけ航空券を購入する場合は電話でのみ可能) 予約が完了すると、登録アドレスにEチケットが送られてきます。 そして、予約番号も発行され、ANA、シンガポール航空どちらのページからもログインして予約の確認、特別食予約、座席指定などが可能です。 幼児連れで飛行機を利用する場合は標準座席のみと制限はありますが、無料で座席指定をすることができます。 その旅費が浮くのはとっても助かります。 私は今回ANA35,000マイルを使い、シンガポールのエコノミー航空券を発券しましたが、日本発のANA便でどれだけのANAマイルがあれば、どこに行くことができるのでしょう? ちなみにANAマイルでANAの特典航空券を発券するのに必要なマイル数はZONEによって区分されています。 また L(ローシーズン)、 R(レギュラーシーズン)、 H(ハイシーズン)、シーズンによっても違ってきます。 ana.

次の

【あつ森】マイル旅行券をリアルマネートレード(RMT)で稼ぐ販売師たち!月に40万円を稼いだ方法などをインタビュー!

マイル旅行券 初めて

ゴールデンウィークにハワイに行ってきました! ANAマイルが溜まり、出発の10日前に急遽ホノルル便が空いて予約した弾丸計画ツアーとなりました。 GWということもあり、帰りの便が空いてなくて、まさかのアメリカヒューストン経由で逆走して帰るというルートとなりました。 マイル旅行じゃなければありえないルートですね。 ちなみに体力があれば、北米回遊日本着の特典航空券は結構空きあります。 出発〜意外と時間潰しが無かった羽田空港 まずは関空から羽田まで国内線です。 これ、ビーフのエキスも入っていて地味に美味しいですよね。 あと、カボスジュースも好きだったりします。 フライト時間は1時間ほどなのですぐです。 そういえば初めて国際線乗り継ぎをしたのですが、こんなチケットをもらいました。 バスで移動なのね。 これが15分くらい結構時間がかかりました。 羽田空港国際線ターミナル着です。 インバウンドの影響ですっかり日本化した羽田。 センスのあるお店もあったけど、意外とこじんまりしていて拍子抜け。 早々に保安検査場を通りました。 免税エリアに入ってからは搭乗まで3時間近くあったので、とりあえず腹ごしらえということで、つけ麺で有名な「六厘舎」へ。 フードコートエリア内にありますが、東京駅では常に行列の有名店です。 オーソドックスなつけ麺をオーダー。 結構、太麺でボリュームありますがモチモチした良い食感です。 つけ汁は濃厚で麺によく絡み美味しかったです。 出発前に飛行機を眺めながらすするラーメンは雰囲気もあって良いですね。 そういえば、夜の出発は初めてだったのですが、朝と違ってターミナル内がとっても静かでした。 それはそれで落ちつくのですが、やっぱり出発の時はワクワク感が欲しいので、個人的には朝の混雑してる空港の方が好きかもしれません。 その後は免税店をフラフラしてたのですが、意外とお店少ないですね! 相当お店がたくさんあるイメージだったのですが、関空とほとんど同じくらいの規模感であまり時間潰しできずにフードコートで座ってました。 そんなこんなで旅行の計画などしつつ搭乗のお時間です。 ハワイお菓子袋プレゼントもあるANA機内編 座席は当然エコノミーですが、ビジネスクラスを通るルートだったので嫉妬心全開です! あの瞬間、本当に世の中の格差というものを感じます。 機体はとても新しいものだったらしく、キレイで画面も心なしか大きい気がしました。 映画やTV番組プログラムも充実していて、当たり前ですが日本の映画がたくさんあります。 これまで値段の都合もあり、海外の航空会社が大半だったので「日本語の映画が何本あるかな?」という基準だったので、これだけ日本語プログラムがある時点でとても充実しているように感じてしまいました。 お水が配られます。 地味に嬉しい。 飛行時間はおよそ7時間。 機内食は1回のみです。 彩り野菜と鶏の唐揚げ。 ご飯のお供はキリン一番搾りです。 やはり日本の航空会社の機内食は美味しい!あらためて自分が日本人だということを再認識しました。 その後、機内プログラムで「ANAの機内食にかける想い」みたいな番組がやっていて、皆さんの熱い想いに見入ってしまいました。 その後順調に飛行は進み、結局映画見たり旅行の計画してたりであまり眠れず。 毎度のことながら寝不足でホノルル着です。 最後にANAさんからお土産がありました。 ハワイ仕様のお菓子セットです。 さて、ここから現地約4日間のハワイ旅の始まりです。

次の