くら寿司 店内bgm。 回転寿司の世界

「マクドナルドの店内BGM」のディープさに感動して“中の人”に直撃したら本当にスゴかった話

くら寿司 店内bgm

対象店舗は一部店舗を除く全国の松屋。 なお、松弁ネット新規登録の場合は松弁ポイントを100ポイントをプレゼント。 対象商品は「うな丼(ミニお新香、山椒小袋付き)」850円、「うな丼ダブル(ミニお新香、山椒小袋付き)」1390円、「うなぎコンボ牛めし(ミニお新香、山椒小袋付き)」990円、「うなとろ牛皿御膳(ミニお新香、とろろ、半熟玉子、牛小鉢、山椒小袋付き)」1100円、「うなとろ牛皿御膳ダブル(ミニお新香、とろろ、半熟玉子、牛小鉢、山椒小袋付き)」1640円。 新発売のグルメネタ、オトクなキャンペーン、食いしんぼ記者の食レポなどなど。 にグルメ記事がまとまっています。 ぜひ見てくださいね! 外部リンク 愛はなぜ消えてしまうのでしょうか。 それを防ぐとしたらどんな方法があるのでしょう。 新車を買った情報2020、私は小さな心の傷をごまかし続けてきた四本淑三です。 今回の話題の中心といたしますのは、ロードスターRFで走った、18ヵ月と2万4千キロの定期経過報告。 ウキウキ気分の新車時と比べてどうなんだという話であります。 まあ、あちこち細かい傷は増えましたかねえ。 大体これらの原因は車体が低いから。 2018年後期型ロードスターRFのここまでの通算燃費はリッター当たり17. 46キロメートル。 燃費記録開始からの走行距離は2万3462キロメートルで、飲み込んだハイオクガソリンは1343. 68リットル。 懐から消えたガソリン代は19万6732円でありました。 ガソリンと言えば、最近のハイオク混ぜこぜ問題。 元売り各社が貯蔵タンクを共用し、レギュラー同様ハイオクも混送していた。 だから各社独自に謳っていた清浄剤の効果はデタラメだったという話です。 それを信じて入れてきた方、知らずに仕入れて販売してきた方は誠にお気の毒です。 ハイオク指定の現行型ロードスターにお乗りの皆様も、様々な感想をお持ちでしょう。 ちなみに私は北海道の農協さんのガソリンスタンド「ホクレンSS」で入れてきました。 理由は近所でここが一番安いから。 もちろん農協さんは製油所なんか持っていませんからハナから適当に見繕ってきたハイオクで、それは承知の上で買っているわけです。 オクタン価さえ96以上であれば、どこの製油所のガソリンだろうとクルマには問題ないはずですから。 元売りの嘘は腹の立つ話です。 しかし「うちの清浄剤は高性能だから」と他所より高い値を付けている銘柄もなかった。 エネオスのハイオクを入れるために、何十キロも先のスタンドへ通っていたといった人以外に、消費者側に経済的な損失もない。 害があったとすれば毀損したブランドのはずですが、どこからもまだ謝罪はありません。 逆にこの件で分かったのが、シェルのハイオク「V-Power」が本当に混送していなかったこと。 そこで試しにV-Powerを入れてみたら、びっくり仰天。 加速性能が上がった! とか燃費が劇的に改善! という話ではなく、最寄りのシェルは現金会員価格にポイントも合わせて「ゼロのつく日」に入れると農協さんより安い。 万が一シェルが嘘をついていたとしても、もう他で入れる理由は見当たりません。 皆様もこの機会に近隣の実勢価格を確認されてはいかがでしょうか。 世の中ゼニであります。 ロードスターの車体が低いせいか、まず飛び石をくらいやすい。 当たったのが石だったかどうかは確認できないので、正確には「飛翔体」のようなものですが、目立つところで計7発被弾。 フロントバンパー右ライト前、ボンネット右前、右ドアにそれぞれ1発、右フロントフェンダー側面に2発。 フェラーリ乗りに言わせると、ダンプの後ろを走らないのが鉄則だそうです。 が、北海道に住んでいる私の経験で言えば、春先はどこも危ない。 冬の間に砕けたアスファルトをサイプの細かいスタッドレスが拾い上げるから。 田舎の自動車専用道は対面通行区間が長いですから、こうしたものが対向車線からも飛んで参ります。 対策としては春先はオープンで走らない。 後続が抜きにかかってきたら、左に寄ってソーシャルディスタンスを確保する。 可能なら減速して、先行車が撒き散らす飛翔体との相対速度、および衝突機会を下げる。 あるいはロードスターは十分な高速走行性能を有しておりますから、制限速度とご相談の上「何人たりとも俺の前は走らせねぇ!」でもよろしいでしょう。 まだガラスに当たって割れていないだけラッキーですが、塗装の穴も放っておくとスケールが溜まって宜しくないですから、近々にタッチアップペイントで埋めなければなりません。 面倒ですなあ。 かつては私もそう考えておりましたが、外観が痛んでくるとクルマの扱いも雑になってゆく。 「割れ窓理論」のようなもので、しまいにゃどこかにぶつけても平気になったりするわけです。 だから気になるんですねえ、爪による引っ掻き傷。 これは人の心がけ次第で防げるものだけに、見つけると余計に心が痛む。 ソフトバンクから初投入となるOPPO製のスマートフォン「OPPO Reno3 5G」は、低価格のミドルクラスという位置付けながら、5Gに対応するなど高い機能・性能を備えたスマートフォンだ。 同じ「OPPO Reno3」ブランドを冠した「OPPO Reno3 A」と比較しながらその違いと特徴をチェックしてみよう。 7mm、重量は約171g。 OPPO Reno3 Aのサイズが約74. 2mm、約175gというサイズ感なので、大きな違いはないが0. 5mm薄く、実際に手に取って比べてみても薄いと感じる。 チップセットとディスプレイの強化でゲームは快適 性能面を確認すると、チップセットはクアルコムの「Snapdragon 765G」を採用しており、RAMは8GB、ストレージは128GBと、ミドルクラスとしては結構高い性能を持っていることが分かる。 Snapdragon 765Gはミドルハイクラス向けのチップセットであり、クアルコム製のチップセットとして初めて5Gのモデムを内蔵しているのが特徴。 Reno3 Aが搭載しているチップセットが「Snapdragon 665」であったことを考えると、Reno3 5Gはそれよりひとクラス上のチップセットを搭載していることが分かる。 では実際、どの程度の性能差があるのかをゲームで確認してみた。 最も分かりやすい例として「PUBG MOBILE」を挙げると、Reno3 Aは画面のクオリティ設定がデフォルトで「標準」となり、それ以上上げられなかったのに対し、Reno3 5Gはデフォルトで1つ上の「HD」となり、さらにもう1つ上の「HDR」に変更することも可能だった。 そして最高画質でゲームをプレイしてみても、フレーム落ちなどを体感することなく快適にプレイができた。 ミドルクラスの端末としてはかなり高い性能を持つことが分かるだろう。 またバッテリー容量は4025mAhと大容量で日常使いには十分な性能を持ち、OPPOが強みを持つ急速充電「VOOC フラッシュチャージ4. 0」に対応する。 ただ欲を言えば、より手軽に充電できるワイヤレス充電への対応が欲しかったところ。 そしてもう1つ、特徴的なのがFeliCaに対応し、「おサイフケータイ」などの利用が可能なことだ。 この点はOPPO Reno3 Aと共通しているのだが、キャリアから販売されるモデルはFeliCaへの対応がなされていることが多いだけに、端末を買い替える際にFeliCaがないことを我慢する必要ないのは重要なポイントとなるだろう。 ただ、OPPO Reno3 Aとは異なり、防水・防塵性能が備えていないのは惜しい。 【まとめ】真の「OPPO Reno A」の後継機はこっちかも? こうして見ると分かる通り、OPPO Reno3 5GはOPPO Reno3 Aに近い名称で、共にミドルクラスの端末ではあるものの、その中身は大きく異なっていることが分かる。 防水・防塵に対応していないのは惜しいところだが、チップセットなどさまざまな面を考慮すると、こちらの方が「OPPO Reno A」の後継というべき内容に仕上がっていると感じた。 そうしたことからOPPO Reno3 5Gは安価に5Gを体験したい人だけでなく、安くてもカメラやゲームなどにこだわりを持つスマートフォンが欲しいが、FeliCa対応などキャリアモデルならではの安心感も欲しいという欲張りな人にも適した端末といえそうだ。 ソフトバンク「OPPO Reno3 5G」の主なスペック メーカー OPPO ディスプレー 6. 7mm 重量 約171g CPU Snapdragon 765 2. 4GHz+2. 2GHz+1. 8GHz (オクタコア) 内蔵メモリー 8GB 内蔵ストレージ 128GB OS Android 10(ColorOS 7. 0) 5G最大通信速度 下り1. 8Gbps/上り103Mbps 5G対応周波数 サブ6 無線LAN IEEE802. 11ac カメラ アウト:4800万画素(F値1. 7) +1300万画素(超広角、F値2. 4) +800万画素(望遠、F値2. 2) +200万画素(モノクロ、F値2.

次の

「マクドナルドの店内BGM」のディープさに感動して“中の人”に直撃したら本当にスゴかった話

くら寿司 店内bgm

内容 [ ]• 『』とコラボレーションしたキャンペーンソング。 まで店内のBGMなどで使用された。 むてん娘。 とは無添くら寿司のキャンペーンのために作られたモーニング娘。 をモデルとする漫画のキャラクターである。 そのため、本作は公式にモーニング娘。 の通算シングル枚数の中にカウントされていない。 初回生産限定盤には24Pブックレットが付いている。 店頭に設置されていた「ビッくらポン! 」(抽選マシン)で、当選となるピンクのカプセルを引くと、3000名限定の、くら寿司オリジナルバージョンの『あっぱれ回転ずし! 』CDが配布された。 収録曲 [ ] 全作詞・作曲:つんく• あっぱれ回転ずし! [3:50] 編曲:• くら寿司 ビッくらポン! [2:11] 編曲:湯浅公一• あっぱれ回転ずし! くら寿司 ビッくらポン! (Instrumental) 参加メンバー [ ]• 5期:、• 6期:、、• 8期:、、 参加ミュージシャン [ ]• - ギター 1,2• - コーラス 1,2• - コーラス 1• CHINO - コーラス 1• 湯浅公一 - プログラミング 2 キャラクター [ ]• アイアイ()• リサリサ()• エリエリ()• サユサユ()• レイレイ()• イカイカ()• ジェイジェイ()• リリ() 脚注 [ ].

次の

「マクドナルドの店内BGM」のディープさに感動して“中の人”に直撃したら本当にスゴかった話

くら寿司 店内bgm

いまや、子どもからお年寄りまで大人気の「回転寿司」。 休日になれば行列ができているお店も多く、全国各地で賑わっている光景を見ることができます。 みんなが大好きな回転寿司ですが、一体どのようにして、ここまでの支持を得るようになったのでしょうか? 今回は回転寿司専門家の米川伸生さんに、回転寿司にまつわる歴史とトリビアを聞きました。 回転寿司の誕生は、お寿司を運ぶベルトコンベア開発の歴史に重なります。 これを開発したのが、大阪で立ち食い寿司店を営んでいた白石義明さん。 当時、白石さんのお店は安くて質のいいお寿司で大人気でした。 しかし、人が来れば来るほど、職人を増やさないといけない状態…。 経費がかさみ、どうにか効率的な経営ができないものかと考えていました。 そんな時に出会ったのが、ビール工場のベルトコンベア。 「お寿司を回転させれば、運ぶ手間がかからない!」と思いつき、すぐさま開発に取りかかったものの、どうしてもカーブの部分で寿司が止まってしまい、うまく運べませんでした。 試行錯誤すること10年! 白石さんは名刺が扇形に並んでいる様子を見て、コーナーを扇形にすることを思いつき、半月形のコーナー「三日月型鉄板」を完成させます。 こうして、1958年に日本初の回転寿司店「廻る元禄寿司1号店」がオープンすることになりました。 大阪市にできた「廻る元禄寿司」は、多いに話題を集めました。 白石さんは開発の際にベルトコンベアの特許「コンベア旋回式食事台」を取得していたため、他からの参入もなく回転寿司市場は「元禄寿司」の独占状態となりました。 当初は関西を中心にして広まっていきましたが、1968年にはこのシステムが東日本に進出することになります。 そのきっかけとなったのが、仙台市で屋台寿司店を営んでいた江川金鐘さん。 江川さんは、白石さんとは別で、中華テーブルをヒントに回転寿司のシステムを編み出していました。 しかし、すでに特許を取得されていたため、実用化ができず、販売契約という形を取ることになったのです。 これによって、東日本、西日本で「元禄寿司」が広がっていきました。 この「回転寿司=元禄寿司」という状況は、特許の切れる1978年まで続いたそうです。 関西を中心に知名度を上げていた元禄寿司ですが、その名が全国に知れる大きなきっかけが1968年の「大阪万博」でした。 元禄寿司は、万博会場の西側入り口に出店。 システムの物珍しさから、日本人だけでなく、外国人からも注目を集めました。 この時、出店していたのはマクドナルド、ミスタードーナツなどの有名外食企業。 その中でも、元禄寿司は「電気自動車」や「動く歩道」などの近未来的な展示物同様、未来を予感させる存在として、一躍脚光を浴びたのです。 万博後は元禄寿司に、マスコミや事業者などから問い合わせが殺到したといいます。 1978年になると白石さんが取得していた「コンベア旋回式食事台」の特許権が失効となり、それをきっかけに多くの会社が回転寿司に参入しました。 1979年の「かっぱ寿司」、1984年の「回転寿司くら(現・くら寿司)」、「すし太郎(現・あきんどのスシロー)」、1987年の「がってん寿司」など、今人気のお店もこの時期に登場しました。 全国で店舗が爆発的に増えたことによって、寿司職人が不足する事態が発生。 打開策として、各社が「寿司ロボット」を導入するなど、自動化を押し進め、この問題に対処していました。 今でこそ、幅広い価格帯がある「回転寿司」ですが「安い」というイメージを持っている人が大半ではないでしょうか。 これは、もともと「元禄寿司」が一皿100円の値段設定をしていたため。 現在のように価格に幅が出てきたのは、1983年以降に郊外型の大型店舗が増えていった時期のことです。 次第に150円、200円などとバリエーションが増えていきました。 しかし、80年代後半のバブル期に入ると、人々は高級寿司店に訪れるようになり、徐々に回転寿司離れが進んでいきました。 バブル崩壊とともに、日本経済の勢いは一気に失速。 となると強いのが、安く楽しめる回転寿司です。 とはいえ、この時期になるとただ安いだけではない「グルメ回転寿司」が台頭してきます。 これまで「安さ」という側面が際立っていた回転寿司に対して、「美味しさ」を売りにしたお店が続々と登場。 味はもちろん、その日に仕入れた鮮魚や活魚を目の前で捌くパフォーマンス重視のお店に人々が集まるようになりました。 拍車をかけるように「デカネタブーム」が到来。 これまで12〜15グラムだったネタが20グラムを超え、一皿数百円の寿司も当たり前になりました。 1995年の「ジャンボおしどり寿司(神奈川県中心)」や1997年の「海鮮三崎港(関東中心)」などを筆頭に、回転寿司が「華やかで、美味しい」イメージに変わっていったのです。 2000年代になると、郊外型で100円寿司を売りにした「大手100円均一回転寿司」と、一皿数百円〜の寿司を提供する「グルメ回転寿司」の二極化が進んでいきます。 100円寿司はターゲットをファミリー層にして、ボックス席を増やし、子どもが楽しめるような仕掛けを多数作っているのが特徴。 一方、グルメ回転寿司では、寿司の質を追い求めるようになります。 一例として京都の高級料亭「菊乃井」プロデュースの店舗や、「オテル・ドゥ・ミクニ」のオーナーシェフ・三國清三氏がプロデュースしたお店などの有名シェフが手がける店が出てきました(現在は2店とも閉店)。 食材はもちろん、内装や装飾品、BGMにもこだわり高級感を演出。 回転寿司にも関わらず大間のマグロ一貫を1500円で提供するお店もあったほどです。 もはや、そのクオリティは回らない寿司店と比べても、何ら遜色はありませんでした。 2008年に起こったリーマンショック以降、回転寿司業界では大手100円寿司チェーンの台頭が目立ちました。 これらの業態は、ロードサイド店舗が多く、一つひとつの店舗の規模が大きいのも特徴です。 ただし、2014年現在、100円寿司の勢いは衰え気味であり、代わりに下記のような流れが起こりつつあります。 回転寿司の進化を語るのにIT化を抜きにしては語れません。 今、回転寿司に行くと「特急レーン」や「自動皿カウント」、「タッチパネル」に「水回収システム」などと、他の外食業態ではお目にかかれないシステムが盛りだくさん。 これは一重に、「いかにお客様に来てもらい、楽しんでもらうか?」という視点に注力してきた証。 そして、ビジネスの仕組み上人件費をかけられない状況が生み出したものでもあります。 現在では一層ハイテク化が進み、その進歩は現在も続いています。 皿の裏側にICチップを付け、商品を管理。 リアルタイムの売れ筋状況を把握して、今流すべきネタをコンピュータが指示。 さらにPOS システムにより、来店者の滞在時間によって流すネタを変える。 食べ終わったお皿を積み上げるのではなく、目の前のカウンターで回収するシステム。 皿数はデジタル表示され、清算もスムーズ。 さらに、5皿ごとにゲームがはじまり、当たれば景品をもらえる。 店内にあるのは注文専用のレーンのみ。 タッチパネルで注文した商品が素早く届くという特急レーンの応用型で、客が注文した商品しかレーンを流れない、いわば「回らない回転寿司」。 ロス廃棄率0を実現する、最新システムです。 「お寿司をもっと気軽に、楽しく食べてもらいたい」という想いで進化を遂げてきた回転寿司。 システム化など、他の外食産業にはない独自の発展を遂げた後、多くの人々に親しまれるまでになりました。 次のページでは、その過程にある様々なエピソードをご紹介します。

次の