ヤフコメ 年齢 層。 アニエスベーの年齢層は?世代は30代・40代・50代が持っても大丈夫?

【悲報】ヤフコメ民さん「今のガキは幸せだな。俺たちの時代は『脱脂粉乳』が出たんだぜ(ニチャァ…」

ヤフコメ 年齢 層

著名人の不倫が報じられると、ヤフーニュースのコメント欄(ヤフコメ)には、激怒する書き込みが相次ぐ。 なぜ人々は「芸能人の不倫」に怒るのか 2017年も芸能人の不倫や大相撲の問題などがワイドショーなどで特集された。 多くの人にとって芸能人の問題も大相撲の問題も他人事であるにもかかわらず、なぜ人々は怒りを込め、問題を論じようとするのだろう。 それだけ人々はニュースを「自分のこととして」共感したからかと言われれば、そうではないようにも思う。 ではなぜ我々は自分と関係ない事件にあれほどまで怒るのだろう。 この問題について考えたい。 写真=iStock. com/bgblue 英犯罪学者のジョック・ヤング(1942-2013)は2007年に著書『後期近代の眩暈』を出版している(翻訳は2008年出版)。 SNSが本格的に普及する前に書かれた本だが、その後の社会を見通す上で示唆に富んでいる。 我々は社会問題を論じる際、排除されている人と富裕層などの包摂されている人々の二項対立で考えることが多い。 しかしヤングによれば、問題はむしろ多くの人々が社会に包摂された多数派と思ってしまう点にあるという。 以下ヤングの議論を概観しよう。 「私も一発逆転できるかも」という思考回路 言うまでもなく日本社会に生きる多くの人々が不安に苛まれている。 不況やグローバル化などによる年功序列制度の実質的な崩壊や、非正規雇用が増大化し、未来に向けた見通しが立てづらい世の中だ。 金銭による労働者のインセンティブ=動機づけが困難な社会において、職場環境の向上など、新たなインセンティブ獲得のための試行錯誤が求められている。 他方、職業選択の自由や様々な価値の多様化によって、労働の自由も拡大している。 職業においては「ユーチューバー」などが典型だが、芸能界とも異なる新しい労働形態が出現している。 まだ人数は少ないが、社会的な成功を収めた人もいる。 こうした新たな成功パターンは、努力よりも発想が重視される。 従来であれば成功は、専門技術を獲得する努力の対価だった。 だが近年は「一見すると」自分でもできそうなことで成功しているように受け止められる。 「発想があればユーチューバーで稼げる」と考える人は、一昔前に比べて増えているはずだ。 無論成功には発想だけでなく努力が不可欠だ(当然ユーチューバー等の人々が努力していないなどと考えているわけではない)。 しかし「報酬の恣意性」とヤングが呼ぶように、どうすれば儲かるか、成功するかという道筋は複雑化し、そのため「私も一発逆転できるかも」という思考回路も増える。 創造性はその性質故に、創造的であるための道筋を教えてはくれない。 したがって現代社会は不安定化する一方、「夢(だけ)は無限に増殖する」中で一発逆転を夢みるという、期待と不安が同居した状況を呈している。

次の

ヤフコメの調査から見えてきた「嫌韓嫌中」など過度な投稿者たちの正体[橘玲の日々刻々]|橘玲の日々刻々

ヤフコメ 年齢 層

ネットニュースで数々の炎上を経験してきた常見氏 炎上のプラットフォームも、はてなブックマークやTwitterなど多様化してきた。 中でも燃えに燃えているのは、Yahoo! ニュースのコメント欄、通称「ヤフコメ」である。 このコメント欄は誹謗(ひぼう)中傷すれすれのコメントが並び、たくさんの意見(という名の罵詈雑言)が書き込まれる。 なんせ、感情論だらけだ。 意見というよりはその記事を書いた人物の人格否定のような声が並ぶ。 記事に対する意見を表明したり、議論するという役割はほぼ機能していない。 このコメント欄には「そう思う」「そう思わない」ボタンがある。 誹謗(ひぼう)中傷に近い内容のコメントでも、「そう思う」が数千件になったりする。 記事を削除しろ」みたいなメンションが飛んだりする。 調査や統計に対する知識のある読者なら、いやそこまでいかなくても、ふつうの読者なら、ヤフコメのコメントが読者の総意ではないことは分かるだろう。 全ての読者がコメントをするわけではない。 Yahoo!ニュースのアクセス数からするならば、「そう思う」を押す人もごくわずかである。 「世論」の「一部」ではあるが、総意ではない。 関連記事• マネジメントの難易度が上がっている中で、上司の仕事が「スペランカー化(ムリゲー化)」している。 部下は、このような「スペランカー上司」を支えなくてはならない時代となっているのだ。 「意識高い系」より面倒くさいのが「世の中全て分かっている系」の人である。 自分の得意分野と、生きてきた時代を基準に全てを語ろうとするので非常に厄介なのだ。 2018年度の新卒採用が既に盛り上がりを見せている。 「新卒の採用なんて関係ねえよ」というサラリーマン諸君も多いことだろう。 しかし、サラリーマンとしての保身のためにも、少なくとも自社の採用については関心を持つべきだ。 雑誌のインタビューに出てくる「俺がやりました」的な奴は、疑ってかかったほうが良い。 期待するほどそいつは仕事していない。 実際は、みんながそれなりに仕事をしているのだ。 群馬県高崎駅に伝説のロックバンド「BOOWY」と書かれたポスターが現れ、盛り上がっている。 サラリーマン的に問題なのは、今月の会社の飲みの席で、男性上司から高い可能性でこの話題が出ること、それにどう対応するかということではないだろうか。 電通の新入社員が過労自殺するという事件が起こり、話題になっている。 政府はいま「働き方改革」を進めて長時間労働の是正に取り組んでいるが、繰り返されてきたこの問題を本当に解決できるのだろうか。 労働問題の専門家、常見陽平氏に話を聞いた。

次の

【優越の錯覚】ヤフコメはなぜ上から目線で偉そうなの?ネットで批判ばかりの心理とは? │ 防災の種

ヤフコメ 年齢 層

著名人の不倫が報じられると、ヤフーニュースのコメント欄(ヤフコメ)には、激怒する書き込みが相次ぐ。 なぜ人々は「芸能人の不倫」に怒るのか 2017年も芸能人の不倫や大相撲の問題などがワイドショーなどで特集された。 多くの人にとって芸能人の問題も大相撲の問題も他人事であるにもかかわらず、なぜ人々は怒りを込め、問題を論じようとするのだろう。 それだけ人々はニュースを「自分のこととして」共感したからかと言われれば、そうではないようにも思う。 ではなぜ我々は自分と関係ない事件にあれほどまで怒るのだろう。 この問題について考えたい。 写真=iStock. com/bgblue 英犯罪学者のジョック・ヤング(1942-2013)は2007年に著書『後期近代の眩暈』を出版している(翻訳は2008年出版)。 SNSが本格的に普及する前に書かれた本だが、その後の社会を見通す上で示唆に富んでいる。 我々は社会問題を論じる際、排除されている人と富裕層などの包摂されている人々の二項対立で考えることが多い。 しかしヤングによれば、問題はむしろ多くの人々が社会に包摂された多数派と思ってしまう点にあるという。 以下ヤングの議論を概観しよう。 「私も一発逆転できるかも」という思考回路 言うまでもなく日本社会に生きる多くの人々が不安に苛まれている。 不況やグローバル化などによる年功序列制度の実質的な崩壊や、非正規雇用が増大化し、未来に向けた見通しが立てづらい世の中だ。 金銭による労働者のインセンティブ=動機づけが困難な社会において、職場環境の向上など、新たなインセンティブ獲得のための試行錯誤が求められている。 他方、職業選択の自由や様々な価値の多様化によって、労働の自由も拡大している。 職業においては「ユーチューバー」などが典型だが、芸能界とも異なる新しい労働形態が出現している。 まだ人数は少ないが、社会的な成功を収めた人もいる。 こうした新たな成功パターンは、努力よりも発想が重視される。 従来であれば成功は、専門技術を獲得する努力の対価だった。 だが近年は「一見すると」自分でもできそうなことで成功しているように受け止められる。 「発想があればユーチューバーで稼げる」と考える人は、一昔前に比べて増えているはずだ。 無論成功には発想だけでなく努力が不可欠だ(当然ユーチューバー等の人々が努力していないなどと考えているわけではない)。 しかし「報酬の恣意性」とヤングが呼ぶように、どうすれば儲かるか、成功するかという道筋は複雑化し、そのため「私も一発逆転できるかも」という思考回路も増える。 創造性はその性質故に、創造的であるための道筋を教えてはくれない。 したがって現代社会は不安定化する一方、「夢(だけ)は無限に増殖する」中で一発逆転を夢みるという、期待と不安が同居した状況を呈している。

次の