台風 自転車。 台風に自転車は外にある 強風対策とカバーはどうすれば良い?

台風時の自転車対策まとめ!室内やカバー・倒れない置き方や倒す風速についても

台風 自転車

台風のときに自転車が飛ぶ? 台風の強風のため、外に置いてある自転車が倒れてしまう映像をニュースで見たり、目の前で起こったりしたことがありますね。 そうなると、外に置いてある自転車は、倒れるだけで済まず、飛ばされてしまう危険性もあるのです。 「屋根付きの自転車置き場に置いてあるから、大丈夫」と思われる方もいるかもしれません。 駅やマンションなどの建物の中にある駐輪所であれば、大丈夫ですが、アパートなどの小さな駐輪場では駐輪場自体が飛ばされてしまう危険があります。 台風から自転車を守るだけではなく、強風のため、愛用の自転車が飛ばされてしまう、また自転車自体が被害をもたらしてしまうことは絶対に避けたいことです。 スポンサーリンク 台風のときの自転車置き場は? では、台風のとき、自転車はどこに、どうやって置くのが安全なのでしょうか。 できることなら、玄関やガレージなどの室内に入れておくのが一番です。 しかし、そんなスペースがない場合もありますね。 そんなときは、自転車が倒れないように固定するのも効果的です。 自転車置き場のフェンスや大きめの木などにワイヤーロックやひもを使って、しっかりと固定しておくと安心です。 また、自転車は台風の強風で倒れやすくなります。 自分の自転車が倒れ、他の人の自転車を傷つけてしまうこともあります。 そのようなことを防ぐために、自転車を倒しておけるスペースがある場合は、予め倒しておくのも一つの方法です。 ただし、電動自転車の場合は、倒れた状態で風雨にさらされると、電気系統に水が入り、故障してしまうことがあるので、倒しておいておくのはお勧めできません。 台風のときの自転車対策は? 台風の強風で倒れてしまった自転車は、修理が必要になってしまうこともあります。 そんなことにならないための一番の対策は、室内に入れておくことです。 でも、そんなスペースがない場合も多いですね。 「倒れないようにする」ことが何よりもの対策です。 倒れないよう、しっかりと自転車を固定することがおすすめです。 フェンスや大きめの木などにしっかりと固定しておけば、滅多なことでは倒れません。 このとき、ハンドルロックがついている自転車は、ハンドルをまっすぐにしてロックをかけておくと倒れやすくなります。 ハンドルロックを外し、ハンドルは左右どちらかに向けておくと倒れにくくなります。 自転車の前輪を固定する「自転車スタンド」「サイクルブロック」を使って、しっかりと固定すれば倒れにくくなります。 台風のときの自転車カバーは? 普段は自転車の保護のために使っているカバーですが、台風のときは強風で飛ばされてしまう可能性が高くなります。 カバーが飛ばされるだけではなく、カバーをかけておくことにより、自転車に風が当たる面が広くなり、自転車自体が倒れやすくなってしまいます。 台風が接近しているときは、カバーをかけないでおくのがいいのです。 しかし、どうしてもカバーをかけておきたいときは、カバー全体を自転車の形に添うようにしてグルグル巻きにしておくといいです。 急いで対応しようとして、カバーの足元だけを縛っておくこともありますが、この方法ではカバー上部に風を受けて、パタパタと音をたててしまい、近所迷惑になってしまうこともあります。 台風のときの自転車通勤は? 徒歩では少し遠いし、便利な自転車で通勤している方は台風のときは注意が必要です。 台風の風は強く、突然風向きも変わることもあるので、自転車での走行はかなり危険です。 向かい風では自転車は進まないし、追い風では自分の力ではコントロールできないほど暴走してしまうことがあります。 また横からの強風ではバランスを崩し、転倒してしまう危険性もあります。 さらには強風であおられたものが飛ばされてきて、当たってしまうこともあるのです。 つまり、台風のときの自転車走行は危険だらけなのです。 台風が接近しているときは、さまざまなリスクもあるので、自転車での通勤は避けるべき行為です。

次の

電動アシスト自転車は雨の日でも壊れない?より安心して使うための注意点

台風 自転車

自転車の置き場は台風が来ても耐えられる? 最近では大型で強い台風が日本列島に 何度も上陸することが多くなりました。 台風が直撃すると家の屋根瓦が飛ばされたり、 街路樹が倒れて道路をふさいだりと私たちの 生活に大きな影響を与えます。 そのため、屋外にある簡易的な作りの 自転車置き場は 台風に耐えられず屋根が 飛ばされたり、壁に穴が開いてしまったりして 自転車が雨風にさらされてしまうことも。 強い風によって自転車がなぎ倒されると、 ライトやフレームなどが傷ついたり壊れたり してしまいます。 また、雨にさらされるとフレームやねじが 錆びたり、タイヤの劣化の原因にもなります。 自転車置き場の自転車が台風や雨に負けないための2つの対策 自転車置き場が台風に耐えられないとなると、 大切な愛車を守るためにはどうすれば いいのでしょうか。 一番良い方法は、台風が過ぎ去るまで 家の中に自転車を入れておくことなのですが、 スペースの問題上できないこともありますよね。 ここでは、台風の時に已む無く自転車置き場に 愛車を置かなければらなないときに、 被害を 最小限に防ぐための2つの対策をご紹介します。 1.カバーを被せる 出典: 先程も言いましたが 自転車が雨風に さらされるとあとから錆びてしまう ことがあります。 大切な愛車を錆付かせないためにも 自転車にカバーをかけることをおすすめ します。 ですが強い台風の場合、風よってカバーが外れて 電線や他の人の家のアンテナに引っかかって しまうことがあります。 強い台風の場合は、他の人の迷惑にならないよう カバーを外しておいた方が良いでしょう。 2.最初から倒しておく 台風が通り過ぎた後に、外に出てみると 多くの自転車がなぎ倒されているのを 目にします。 台風によって倒れた自転車は、少しのキズで 済む場合が多いのですが、倒れ方によっては かごが歪んだり、ひどい時には ブレーキハンドルが折れてしまったりする こともあります。 折れたままのブレーキハンドルで 自転車を走行するのは大変危険です。 また、アパートやマンションに設置してある 自転車置き場だと複数の自転車やバイクが 止められているので、1台の自転車が倒れると ドミノ倒しのように隣の自転車も 倒れてしまいます。 台風とはいえ、 他人の自転車やバイクを 傷つけてしまうとトラブルに巻き込まれて しまうことも。 そうならないためにも、台風が近づく前に あらかじめ自転車は倒しておきましょう。 自転車置き場の自転車を台風や雨から守る3つのアイテム 屋外にある自転車置き場の自転車を台風や 雨から守るためには、• カバーを被せておく• 予め倒しておく という方法がありますがこれはあくまでも 被害を最小限に抑える方法に過ぎません。 ですがこれから紹介するアイテムを活用すれば、 自転車置き場にある愛車を台風や雨から しっかりと守ることができますよ。 1.サイクルハウス 出典: 戸建て住宅に住んでいる場合、車庫は あるけれども自転車置き場を設置している 家庭は少ないのではないでしょうか。 そのため、自転車は玄関の前や庭に野ざらしで 置いている人もいるでしょう。 この状態で雨や台風が来たら自転車は雨に濡れ、 風によってすぐに倒されてしまうでしょう。 もし、玄関前に置いていたら倒れた時にドアを 傷つける恐れもあります。 戸建て住宅で 自転車置き場がないご家庭に ぴったりなアイテムがサイクルハウスです。 簡単に組み立てられる自転車用の ビニールハウスで、 庭の空きスペースが あっという間に屋根付きの自転車置き場に なります。 このアイテムの特徴は高品質のタープ生地を 使用しており厚手で丈夫なため、雨風を 完全ブロックして中の自転車を守ります。 また、地面に打ち込むためのピンも 付いているので、風にも強い作りに なっています。 駐輪場では先程紹介したサイクルハウスを 建てられませんよね。 そんな時は、 高性能の自転車カバーを愛車に 被せましょう。 自転車カバーは100均の店舗でも 販売されていますが、台風や雨から 愛車を守るには少々心もとない感じがします。 そこでおすすめの自転車カバーが Ohuhuのサイクルカバーで、その特徴は• UVカットで紫外線もカット• テントにも使用される生地を使用しているので破れにくい• 縫い目も撥水加工• カバーの前後には風飛び防止のためのワンタッチベルト付き となっています。 写真を見ても分かるように自転車の形に合わせた 立体構造のカバーになっており、女性や子供でも 被せやすいと好評。 価格も1700円とリーズナブルなのも魅力です。 今後、サイクルハウスや高性能の自転車カバー でも愛車を雨風から守れなくなるほど大きな 台風がくる可能性があります。 そうなると自転車を守る最善の方法は、 家の中に入れてしまうことですが、 自転車は意外と大きいので収納に困って しまいますよね。 そんなときに便利なのが 自転車用の ディスプレイスタンド。 写真のように自転車を縦に置く ディスプレイスタンドもあるので、 最小限の スペースで自転車を室内に置くことができますよ。 軽量だけれどもしっかりと固定できるので、 自転車が倒れる心配もありません。 価格は10,000円前後と少々割高なのですが、 大切な愛車を台風や雨から守るためだと 思えば安いものではないでしょうか。 まとめ 自転車置き場にある自転車を台風や雨から守るには• サイクルハウス• 高性能の自転車カバー• 屋内設置のためのディスプレイスタンド などのアイテムを使うといいでしょう。 自転車は台風や雨にさらされると、倒れて フレームやライトが傷ついたり、錆付きの原因に なったり、タイヤの劣化に繋がったりします。 また集合住宅の自転車置き場に置いていた場合 台風でドミノ倒しのように自転車が倒れ 自分の自転車が他の人の自転車を壊し、 トラブルに巻き込まれてしまうことも。 そうならないためにも事前にできることは しておきたいですよね。 なお、自転車の盗難やトラブルなどに巻き込まれない ためにも防犯登録はちゃんとしておきましょう。

次の

強力な台風が来た時に外に置いている自転車や洗濯機を守る方法!

台風 自転車

Contents• 電動自転車って雨ざらしでも大丈夫?駐輪場が屋根なしの時はどうする? 電動自転車は雨で濡れてしまったら、壊れちゃうんじゃないかと心配になりますよね。 しかし、そんな心配は必要ありません。 ちゃんとした電動自転車なら 普通に雨に濡れたぐらいで壊れてしまう事はないんです。 雨の日に乗れない乗り物なんてあっても役に立たないですから(笑) でも、素人考えだと電気の力で走っているんだから、濡れたら故障するんじゃないかと思うのは当然です。 でも安心して大丈夫なんですよ。 電動自転車を販売している国内大手メーカーのブリジストンやパナソニック、ヤマハなどから出ている電動自転車は、生活防水の基準をクリアしないと売れない事になっています。 なので、たとえ雨ざらしにされても壊れる心配はないです。 そんな心配をする人が多いのかそれぞれのHPなどでも、雨と故障についてきちんと説明されています。 心配なら自分が持っている電動自転車や、これから買おうとしているメーカーのHPを見てみるのも良いですね。 また、一番水に弱そうなバッテリー部分ですが、もちろんちゃんと防水加工がされているので心配いりません。 子供が乗れるチャイルドシートが付いている電動自転車もありますが、クッション部分は撥水加工と防水加工になっているので、雨に濡れても子供のお尻が濡れる心配はなさそうです。 自転車置き場に屋根がない時はどうする? でも、いくら防水加工がしてあるといっても濡れなくて済むならその方が良いに決まっています。 たまに濡れちゃうぐらいならまだしも、ずっと濡れっぱなしというのはあまり良くないと思いますよね。 そうなると自転車を普段停める駐輪場に屋根がないのは困りものですよね。 でも屋根を簡単に付けることはできません。 なので、そんな時には 「雨よけカバー」がおすすめです。 電動自転車は、錆びないようにとアルミやステンレスなどが主に使われています。 しかし、全く錆びないわけでもありません。 一部には、金属も使っているので、そこは錆びてしまいます。 雨よけカバーの良いところは、雨を防ぐのはもちろんですが、被せておけば盗難防止にも役立ちます。 なので、雨よけカバーはかけておいた方が良いですよね。 手間は、被せる時ぐらいなので楽ちんです。 おすすめ雨よけカバー ・Ohuhuの自転車カバー サイクルカバー 厚手、210D、オックス製、29インチまで対応、収納袋付き 雨よけカバーを選ぶ基準なんですが、言うまでもなく電動自転車がしっかり覆われる事。 そして、しっかりと飛ばないように被せられる事。 小さすぎたらカバーの意味はないし、大きすぎても隙間から、雨風が入ってきてカバーの意味がありません。 雨よけカバーを買う時には、以下の事を見て下さい。 固定できる• 撥水加工• 大きさ しっかりサイズを確認して、ジャストサイズのカバーを買いましょう。 ただカバーは最初は心配で使ってたけど、面倒で止めちゃったという人も多いので本当に必要かよく検討することをお勧めします。 電動自転車は雨の日はバッテリーを外す方が良いの? もちろん バッテリー部分も全てが生活防水加工になっているので、外さなくても大丈夫です。 ただ、台風や嵐が来た時は外した方が安心かもしれません。 むしろ、家に入れられるなら電動自転車ごと家に入れた方が良いぐらいです。 いくら防水加工と言っても大量の水がかかる事は想定していないです。 なので、天気予報などで台風が近づいてきている時には、外しておいた方が良いですね。 スポンサーリンク 電動自転車が雨で壊れる事ってないの?気を付けることは? 雨が降っている時に電動自転車に乗っても壊れてしまう事はありません。 それは、生活防水仕様になっているからです。 しかし、 雨の降り方や使い方、浸水などで壊れてしまう可能性もゼロではないですよ。 雨の日に気を付けることは? そこで、気をつけた方が良い事をご紹介します。 大量の雨が降った時 ゲリラ豪雨などは、いつの間にか嵐になっていたりします。 この雨の量だと、防水機能が働いてくれない事もあります。 防水の範疇を超えてしまった量の雨に濡れた場合、電気系統であるモーターとバッテリーは、かなり危険になります。 それが原因で故障してしまう場合もあります。 大量に雨が降ってきたら、雨が入ってこないような場所を見つけて、そこにしばらく保管しておいて下さい。 強風で自転車が倒れた時 台風の時など雨と一緒に風が吹きます。 その風も強敵です。 強風で自転車が倒されて、その上から雨が降って水たまりでも作ってしまったら大変です。 普通の防水ではあまり意味がありません。 倒れての浸水は、メーカーとしても想定外ですからね。 倒れた衝撃も加わるので、壊れる確率はかなり上がってしまいますね。 もし、倒れて浸水してる電動自転車を見つけた場合は、使うのは止めて購入したお店に相談をするようにして下さい。 電動自転車をキレイにする時 雨に濡れても良いなら水で洗っても大丈夫だと思われがちです。 しかし、生活する上でかかる水と洗う時にバケツやホースでかけられる水では、威力が違います。 水に濡れる事自体は耐えられますが、当たる水圧によっては無理な場合もあります。 なので、洗う時は車で使用するスポンジクロスみたいなやつをしっかり絞って優しく拭くくらいで大丈夫です。 拭いたら乾拭きをしておけば、キレイな状態が保てます。 まとめ 電動だから雨に弱いと思いきや、想定外の嵐以外なら結構丈夫なんですね。 そりゃ、雨に濡れて壊れちゃったなんて言ってたら使えないですもんね。 きちんと、ケアしておけば長持ちもしてくれますね。

次の