エン 転職 評判。 OpenWork 「社員による会社評価」 就職・転職クチコミ(Vorkersはオープンワークへ)

エン転職の評判が非常に悪い理由とは?実際に利用した感想

エン 転職 評判

「エン・ジャパンのエン転職」という謳い文句を最近CMでよく聞く方は多いのではないでしょうか。 エン・ジャパンは2000年に設立され、主に求人情報メディア・人材紹介サービス等の運営を行なっている企業です。 「力のある中小企業への転職に強い」という企業イメージを全面に押し出しており、ベンチャー企業、中小零細、研究機関などへの転職に強いことが大きな強みです。 私はエン・ジャパンを通じて新卒で入社、その後エン転職のエン・エージェントと呼ばれるサービスを利用してキャリアアップの転職に成功しています。 今回はそんなエン・ジャパンのサービスを使った感想や、人材紹介を同様に行っている有名企業と比べたメリット・デメリットについてご紹介をいたします。 第二新卒、または30歳ぐらいまでの若い人が利用すると手厚いサービスが受けられる• 若い幹部候補生を募集する企業が多く、出世したい人にはとても嬉しい求人が多い• 大企業よりも力のある中小企業でバリバリ働きたい人に向いている• 中小企業だけでなく、大手企業の募集もあるため、幅広く求人を確認できる• エン・エージェント制度がある 第二新卒、または30歳ぐらいまでの人に向いている どんな企業にも当てはまることですが、若くてかつ社会人経験が何年かある人を会社は常に求めています。 エン転職ではそのポイントに注目し、若手を募集するための専門記事を掲載して人材を募集するなど、工夫を凝らしています。 若い幹部候補生を募集する企業が多く、出世したい人にはとても嬉しい求人が多い 「幹部候補生」とは、将来的に会社の役員、つまり社長の右腕となって活躍してほしい人を募集しているという意味になります。 初任給の高さだけでなく、その後の出世にも大きく影響します。 幹部候補生として入社すると最初からキャリアプランがしっかりと定まるため、企業も働く人にもメリットがある制度です。 エン転職では先ほど若い人をターゲットにしていると申し上げましたが、まさに若くて力があり、幹部候補生を募集するような、これからぐっと伸びていく企業へしっかりとアプローチしていますので、珍しい求人にたくさん触れることができます。 大企業よりも、中小企業でバリバリ働きたい人に向いている 大企業を批判するわけではありませんが、社員数が多い会社というのは仕事が非常に細分化されており、また上司や同期も多いため出世が容易ではありません。 また第一線でサービスを企画するような仕事や、会社の命運をかけたプロジェクトに参加することは難しいです。 中小企業であれば人が少ないので、どんなことにも果敢にチャレンジする機会が与えられます。 (ただし、本当にたくさん回ってきますので覚悟は必要ですよ) また会社を運営する上で必要なこと(営業・事務・実務・税務・管理など)を一貫して学びながら、マルチなキャリアを積みたい人にも非常におすすめです。 中小企業だけでなく、大手企業の募集もあるため、幅広く求人を確認できる エン転職では中小企業向けの転職が強いとお話しましたが、実は大手企業の求人もたくさんあります。 三菱電機• パナソニック など、他社の求人サイトでは絶対に見つからないような案件がたくさんあります。 是非チェックしてみましょう。 エン・エージェント制度がある エン転職には、エン・エージェント制度があります。 これはいわゆる転職のコンシェルジュ(個人担当)があなたについてくれて、職務経歴書のチェックから面接の手配まで幅広くサポートしてくれるサービスです。 私も実際に使用しましたが、職務経歴をつき合わせながら• どんなキャリアを今後積んでいきたいのか• どれぐらい収入が欲しいのか といったことをヒアリングしていただき、非常に良い転職をすることができました。 希望すれば簡単に利用できますので、積極的に使っていきましょう。 またエン・エージェント制度での転職をしようとすると、「職業紹介」をエン・ジャパンが実施することになります。 とてもおすすめですね。 エン転職のデメリット エン・ジャパンのエン転職のデメリットは下記の通りです。 いきなり高収入は望めない エン・ジャパンのエン転職サービスは、高くても年収700万円が限界です。 いきなり1000万円を目指すことは難しいと思ってください。 そういった転職を目指している方はを利用するのをおすすめします ただし、幹部候補生としてベンチャー・中小企業に入社し、役員として登用されるキャリアを目指していくことで数年後に達成することは可能です。 頑張っていきましょう。 年齢が高いと求人数が少ない これはどの転職サイトでも同じです。 40歳を超えてくると求人があまりありません。 ただし、実績があれば話は別ですので、必ずエン・エージェント制度を通して企業に接触し、自分をアピールすることで転職は可能です。 社内制度(福利厚生)がまだ整っていない企業がある 当たり前ですが、中小企業は社内制度や福利厚生、管理がうまくいっていない企業が多くあります。 「それが面白い」「自分で制度をつくっていきたい」と思える方でないと、エン転職は向いていないです。 逆に自ら会社を回していきたいとモチベーションが上がる方には非常に素晴らしいサービスだと言えます。 エン転職の登録方法 エン転職の登録の流れは下記の通りです。 まずこちらのWEBサイトから、「まずは会員登録」をクリックします。 あとは事務局から直接連絡がありますので、順番に転職に必要な書類を準備していくだけです。 具体的な流れは、下記の画像をご覧ください。 エン転職は転職時のサポートが手厚いことで有名ですが、実は入社後のサポートも手厚く、私も入社後3年経ってもいまだに電話でフォローをしてもらえています。 定期的なメールマガジン(転職後の身の振り方や、業務のこなしかたについての内容です)や、相談を受けてくれますので、とてもおすすめですよ。 エン・ジャパンのエン転職についてのまとめ.

次の

エン転職の口コミ・評判からみるメリット・デメリットを徹底解説!

エン 転職 評判

転職サイトのエン エージェントの求人情報や評判はどのようになっているのでしょうか。 おすすめポイントや特徴から具体的なメリットや口コミを紹介します。 転職エージェント「エン エージェント」のおすすめポイント• 親切なキャリアパートナーが転職活動から入社後までサポート• 適性診断テストで自分の新たな可能性や内面をチェックできる• キャリアパートナーが案件紹介や応募など企業とのやり取りを代行• エン エージェントにしかない独自案件も紹介 転職エージェント「エン エージェント」の特徴 求人数 公開求人数、非公開求人ともにデータは公表されていません。 求人検索や利用者の声を見ると決して多いとは言えないようです。 ただし、独自案件を保有していることもあります。 職業の得意分野・専門性 エン エージェントのサービス実績によると、業種別割合は製造業、IT・WEB、サービス業、建設不動産の順に大きく、これら4つの業種で半分を占めていますので得意分野と言えるのではないでしょうか。 その他医療・福祉関係やマスコミ、金融なども扱っています。 年代別に見ると20代後半が最も多く、全体の3分の1にあたります。 次に多いのが30代前半となっているため、エン エージェントではある程度の社会人経験のある人向けサービスです。 転職エージェントの交渉や営業のレベル エンエージェントの転職エージェントは「キャリアパートナー」と表記されており、サイト上で所属するキャリアパートナーのプロフィールが名前や顔写真、得意分野や転職実績例など細かく記載されています。 自身の経歴からどういった指導をしているか、企業とのコネクションをもっているかどうかなどを見ることができますので、自分に合ったキャリアパートナーが所属しているかの確認が可能です。 特に転職実績例は、実際に転職を成功させた方の年齢や性別、業種、年収が記載されていますので、自分ならどういった転職ができるかの目安にもなります。 サービス・サポート体制 エンエージェントではキャリアパートナーが行なうサポートを「フッティング」と呼んでおり、ただ求人紹介をするだけでなく、転職希望者のスキルから職務経歴といった内容はもちろんのこと、人柄や将来のキャリアビジョンなど総合的に判断して提案するため、初回面談ではエン エージェント独自の性格・価値観診断テストや志向確認アンケートを行なっています。 これにより、スキルやキャリアの棚卸しから自分の性格、今後のキャリアに繋がる可能性の発見が可能です。 求人案件紹介では、マッチしている点以外にもデメリットに繋がる情報なども含めて詳細に報告。 そうした誠実さもアピールポイントになっています。 選考結果の合否に関しても、企業側からヒアリングを行ない、自身の成長に繋がるアドバイスをしています。 さらに入社後のサポートもしており、入社直後から2週間、1ヶ月、最長3年までフォローの連絡をするようにしています。 応募企業の情報から人事担当者の考えまでを把握したキャリアパートナーが、想定される質問やそれに対する返答案、アピールポイントをアドバイス。 答える際に悩みがちな退職理由や志望動機なども、一緒になって考えてもらえます。 応募の際には性格・価値観診断テストや志向確認アンケートの結果に基づいた推薦文を添付していますので、通過率もアップします。 測定内容は4項目あり、具体的には会社や組織でどのような活躍ができるかを表した「性格特性」、新しいサービスや製品を作るのに役立つ考えをどれだけ持っているかを示す「創造的思考性」、円滑な人間関係を築くために必要な「コミュニケーション力」、仕事に対する熱量などを表す「エネルギー量」です。 それぞれがさらに細分化していますので、詳細まで知ることも可能。 同時に10項目の「職務」についての適正も確認できます。 この他にもサイト上に転職ノウハウとして転職の始め方、履歴書・職務経歴書の書き方、面接ノウハウ、内定や退職・入社に関するポイントも例を挙げて紹介されています。 一人一人しっかり時間をかけて対応していますので、初めて転職活動を行なう人や自分に自身がなく、どういったアピールをすればよいかわからないといった人の力になってもらえます。 これを行なうことで客観的に自分を見つめ直すきっかけになります。 自分の強みや弱点を明確に認識することで、伸ばすべきポイントやケアすべき箇所の八卦に繋がります。 他の転職エージェントでも担当者がカウンセリングなどを行なっていますが、その人基準の判断や認識の範囲内での話になりますので、納得がいかないこともしばしばあります。 しかし、こうした統計を用いて分析することである程度納得のいく結果を見ることが可能となっています。 これは他の転職エージェントにはない長期間です。 前職で職場のトラブルに巻き込まれた経験がある人や会社の事情から突然解雇されてしまったという人にとっては、転職先が決まっても不安が残りますが、比較的長い期間フォローしてもらえますので、そういった方も安心して転職してからも仕事に打ち込めるようになるのではないでしょうか。 自分にぴったり合う案件が見つかった人には、良い転職エージェントというイメージが残りますが、希望条件に沿った案件の紹介をしてもらえなかったという口コミも少なくありません。 多くの案件を紹介してもらい、たくさんの選択肢が欲しいという人に向かない転職エージェントと言えます。 キャリアカウンセリングやフッティングの際に厳しいことを言われるのはある程度仕方がないにしても、面談前に電話やメールで「案件の紹介ができない」と面談自体を断られてしまった人もいます。 エンエージェントの紹介する案件が20代から30代の経験者向けが多いため、マッチしない人も少なからずいますが、そういった人への応対があからさまに冷ややかな部分はマイナスポイントです。 中には案件紹介をすると言われたにも関わらず音信不通になったとの報告もあり、こうしたムラは不安要素です。 エンエージェントの利用の流れ エン エージェントの登録は60秒で完了すると記載されていますので、そこまで多くの項目を記入しなくても完了します。 プロフィール• 氏名(フリガナ)• 生年月日• メールアドレス• 携帯電話番号• 現住所(都道府県)• 最終学歴区分 経歴• 直近の業界• 直近の業種• 経験年数• 直近の年収• 転職回数• 直近の就業状況 以上になります。 ほかの転職エージェントに比べると簡単に終わります。 登録から約3営業日内にキャリアパートナーから連絡があります。 転職エージェントとの面談 面談方法 全国各地の拠点で行ないます。 遠方で出向けない場合は電話での面談も行なっています。 時間はいつ頃?土日や夜でも大丈夫なの? 基本的には平日の10時から21時の間での対応となっています。 土曜日に関しては要相談です。 場所はどんなところで会うの? エンエージェントのオフィスにて行います。 オフィスの所在地は東京・横浜・栄・大阪・福岡の5箇所にあります。 面談時の服装は? 面談時の服装に関する指定はサイト上にありませんので、キャリアパートナーからの連絡があった際に問い合わせましょう。 地方でも面談できるの? エンエージェントの拠点まで出向けない場合は電話での対応になります。 エンエージェントの評判 良い口コミ• 面談の際にとても親身になって話を聞いてくれた。 適性診断テストが独特で信用できる内容だった。 転職活動の最初から最後まで面倒を見てもらえたのでスムーズだった。 求人案件を紹介する際にきちんと説明してもらえるので、不安なく応募先を決めることができた。 悪い口コミ• 紹介してもらった求人案件が少なく、物足りなかった。 困ったときや疑問があってもキャリアパートナーからの連絡が遅かった。 今週中に案件紹介をすると言われたが、結局連絡がなかった。 「紹介できる案件がない」と電話で言われて、面談をしてもらえなかった。 適した案件紹介ができないので、自分で案件検索して欲しいと定型文メールがきた。 キャリアパートナーの知識が深いとは言えず、話が通じていないことがあった。 エンエージェントはこんな人におすすめ• 初めての転職活動なので充実したサポートを受けたい• 他の転職エージェントによる面談内容に満足していない• 内定後も定期的なフォローを希望している• 案件紹介でメリットやデメリットをしっかり理解したうえで応募したい 会社概要 転職実績 非公開 公開求人数 非公開 非公開求人数 非公開 対象地域 東京・横浜・栄・大阪・福岡の拠点を中心に全国 会員数 非公開 利用料 無料 運営会社 エン・ジャパン株式会社 まとめ エン エージェントは手厚いサポートや適性診断テストが高評価ですが、その反面求人案件の少なさや紹介できる案件が無い時の対応が不親切という評判になっています。 ですので、エン エージェントだけで転職活動を行うのではなく、大手転職サイトや転職エージェントを併用するのがおすすめ。 自分の可能性やスキル、キャリアを知るための手段の1つとして利用し、自分の強みを知った上で自己アピールできるようになれば、自分で応募して内定を獲得するチャンスも訪れるでしょう。 登録も比較的簡単に終わりますので、充実したサポートを受けてみたいと考える人は応募してみてはいかがでしょうか。

次の

OpenWork 「社員による会社評価」 就職・転職クチコミ(Vorkersはオープンワークへ)

エン 転職 評判

サービス・小売・運輸・その他 すべて• 店長・店舗開発・スーパーバイザー• カスタマーサポート・コールセンター運営・管理• 教師・講師・インストラクター• 警察官・消防士・自衛官• 行政事務・サービス職• 介護・福祉• ウェディングプランナー• ホテル・レジャー施設運営• コーディネーター・仲介(人材・ブライダルなど)• 翻訳・通訳• パイロット• キャビンアテンダント• 運転手・セールスドライバー• 調理師・パティシエ・キッチンスタッフ• 飲食ホールスタッフ• エステティシャン・ネイリスト・美容師• 整体士・マッサージ• 警備員• 学芸員・司書• 水産・農林・酪農・農園• その他 北海道• 札幌市• 函館市• 小樽市• 旭川市• 室蘭市• 釧路市• 帯広市• 北見市• 夕張市• 岩見沢市• 網走市• 留萌市• 苫小牧市• 稚内市• 美唄市• 芦別市• 江別市• 赤平市• 紋別市• 士別市• 名寄市• 三笠市• 根室市• 千歳市• 滝川市• 砂川市• 歌志内市• 深川市• 富良野市• 登別市• 恵庭市• 伊達市• 北広島市• 石狩市• 北斗市• 当別町• 新篠津村• 松前町• 福島町• 知内町• 木古内町• 七飯町• 鹿部町• 八雲町• 長万部町• 江差町• 上ノ国町• 厚沢部町• 乙部町• 奥尻町• 今金町• せたな町• 島牧村• 寿都町• 黒松内町• 蘭越町• ニセコ町• 真狩村• 留寿都村• 喜茂別町• 京極町• 倶知安町• 共和町• 岩内町• 神恵内村• 積丹町• 古平町• 仁木町• 余市町• 赤井川村• 南幌町• 奈井江町• 上砂川町• 由仁町• 長沼町• 栗山町• 月形町• 浦臼町• 新十津川町• 妹背牛町• 秩父別町• 雨竜町• 北竜町• 沼田町• 鷹栖町• 東神楽町• 当麻町• 比布町• 愛別町• 上川町• 東川町• 美瑛町• 上富良野町• 中富良野町• 南富良野町• 占冠村• 和寒町• 剣淵町• 下川町• 美深町• 音威子府村• 中川町• 幌加内町• 増毛町• 小平町• 苫前町• 羽幌町• 初山別村• 遠別町• 天塩町• 猿払村• 浜頓別町• 中頓別町• 枝幸町• 豊富町• 礼文町• 利尻町• 利尻富士町• 幌延町• 美幌町• 津別町• 斜里町• 清里町• 小清水町• 訓子府町• 置戸町• 佐呂間町• 遠軽町• 湧別町• 滝上町• 興部町• 西興部村• 雄武町• 大空町• 豊浦町• 壮瞥町• 白老町• 厚真町• 洞爺湖町• 安平町• むかわ町• 日高町• 平取町• 新冠町• 浦河町• 様似町• えりも町• 新ひだか町• 音更町• 士幌町• 上士幌町• 鹿追町• 新得町• 清水町• 芽室町• 中札内村• 更別村• 大樹町• 広尾町• 幕別町• 池田町• 豊頃町• 本別町• 足寄町• 陸別町• 浦幌町• 釧路町• 厚岸町• 浜中町• 標茶町• 弟子屈町• 鶴居村• 白糠町• 別海町• 中標津町• 標津町• 羅臼町 福島県• 福島市• 会津若松市• 郡山市• いわき市• 白河市• 須賀川市• 喜多方市• 相馬市• 二本松市• 田村市• 南相馬市• 伊達市• 本宮市• 桑折町• 国見町• 川俣町• 大玉村• 鏡石町• 天栄村• 下郷町• 檜枝岐村• 只見町• 南会津町• 北塩原村• 西会津町• 磐梯町• 猪苗代町• 会津坂下町• 湯川村• 柳津町• 三島町• 金山町• 昭和村• 会津美里町• 西郷村• 泉崎村• 中島村• 矢吹町• 棚倉町• 矢祭町• 鮫川村• 石川町• 玉川村• 平田村• 浅川町• 古殿町• 三春町• 小野町• 広野町• 楢葉町• 富岡町• 川内村• 大熊町• 双葉町• 浪江町• 葛尾村• 新地町• 飯舘村 埼玉県• さいたま市• 川越市• 熊谷市• 川口市• 行田市• 秩父市• 所沢市• 飯能市• 加須市• 本庄市• 東松山市• 春日部市• 狭山市• 羽生市• 鴻巣市• 深谷市• 上尾市• 草加市• 越谷市• 戸田市• 入間市• 朝霞市• 志木市• 和光市• 新座市• 桶川市• 久喜市• 北本市• 八潮市• 富士見市• 三郷市• 蓮田市• 坂戸市• 幸手市• 鶴ヶ島市• 日高市• 吉川市• ふじみ野市• 白岡市• 伊奈町• 三芳町• 毛呂山町• 越生町• 滑川町• 嵐山町• 小川町• 川島町• 吉見町• 鳩山町• ときがわ町• 横瀬町• 皆野町• 長瀞町• 小鹿野町• 東秩父村• 美里町• 神川町• 上里町• 寄居町• 宮代町• 杉戸町• 松伏町 千葉県• 千葉市• 銚子市• 市川市• 船橋市• 館山市• 木更津市• 松戸市• 野田市• 茂原市• 成田市• 佐倉市• 東金市• 習志野市• 勝浦市• 市原市• 流山市• 八千代市• 我孫子市• 鴨川市• 鎌ケ谷市• 君津市• 富津市• 浦安市• 四街道市• 袖ケ浦市• 八街市• 印西市• 白井市• 富里市• 南房総市• 匝瑳市• 香取市• 山武市• いすみ市• 大網白里市• 酒々井町• 神崎町• 多古町• 東庄町• 九十九里町• 芝山町• 横芝光町• 一宮町• 睦沢町• 長生村• 白子町• 長柄町• 長南町• 大多喜町• 御宿町• 鋸南町 東京都• 千代田区• 中央区• 新宿区• 文京区• 台東区• 墨田区• 江東区• 品川区• 目黒区• 大田区• 世田谷区• 渋谷区• 中野区• 杉並区• 豊島区• 荒川区• 板橋区• 練馬区• 足立区• 葛飾区• 江戸川区• 八王子市• 立川市• 武蔵野市• 三鷹市• 青梅市• 府中市• 昭島市• 調布市• 町田市• 小金井市• 小平市• 日野市• 東村山市• 国分寺市• 国立市• 福生市• 狛江市• 東大和市• 清瀬市• 東久留米市• 武蔵村山市• 多摩市• 稲城市• 羽村市• あきる野市• 西東京市• 瑞穂町• 日の出町• 檜原村• 奥多摩町• 大島町• 利島村• 新島村• 神津島村• 三宅村• 御蔵島村• 八丈町• 青ヶ島村• 小笠原村 長野県• 長野市• 松本市• 上田市• 岡谷市• 飯田市• 諏訪市• 須坂市• 小諸市• 伊那市• 駒ヶ根市• 中野市• 大町市• 飯山市• 茅野市• 塩尻市• 佐久市• 千曲市• 東御市• 安曇野市• 小海町• 川上村• 南牧村• 南相木村• 北相木村• 佐久穂町• 軽井沢町• 御代田町• 立科町• 青木村• 長和町• 下諏訪町• 富士見町• 辰野町• 箕輪町• 飯島町• 南箕輪村• 中川村• 宮田村• 松川町• 高森町• 阿南町• 阿智村• 平谷村• 根羽村• 下條村• 売木村• 天龍村• 泰阜村• 喬木村• 豊丘村• 大鹿村• 上松町• 南木曽町• 木祖村• 王滝村• 大桑村• 木曽町• 麻績村• 生坂村• 山形村• 朝日村• 筑北村• 池田町• 松川村• 白馬村• 小谷村• 坂城町• 小布施町• 高山村• 山ノ内町• 木島平村• 野沢温泉村• 信濃町• 小川村• 飯綱町• 栄村 愛知県• 名古屋市• 豊橋市• 岡崎市• 一宮市• 瀬戸市• 半田市• 春日井市• 豊川市• 津島市• 碧南市• 刈谷市• 豊田市• 安城市• 西尾市• 蒲郡市• 犬山市• 常滑市• 江南市• 小牧市• 稲沢市• 新城市• 東海市• 大府市• 知多市• 知立市• 尾張旭市• 高浜市• 岩倉市• 豊明市• 日進市• 田原市• 愛西市• 清須市• 北名古屋市• 弥富市• みよし市• あま市• 長久手市• 東郷町• 豊山町• 大口町• 扶桑町• 大治町• 蟹江町• 飛島村• 阿久比町• 東浦町• 南知多町• 美浜町• 武豊町• 幸田町• 設楽町• 東栄町• 豊根村 福岡県• 北九州市• 福岡市• 大牟田市• 久留米市• 直方市• 飯塚市• 田川市• 柳川市• 八女市• 筑後市• 大川市• 行橋市• 豊前市• 中間市• 小郡市• 筑紫野市• 春日市• 大野城市• 宗像市• 太宰府市• 古賀市• 福津市• うきは市• 宮若市• 嘉麻市• 朝倉市• みやま市• 糸島市• 那珂川町• 宇美町• 篠栗町• 志免町• 須恵町• 新宮町• 久山町• 粕屋町• 芦屋町• 水巻町• 岡垣町• 遠賀町• 小竹町• 鞍手町• 桂川町• 筑前町• 東峰村• 大刀洗町• 大木町• 広川町• 香春町• 添田町• 糸田町• 川崎町• 大任町• 福智町• 苅田町• みやこ町• 吉富町• 上毛町• 築上町.

次の