センナ メリ ディオ ナリス。 センナ・メリディオナリス(Senna meridionalis)

センナ・メリディオナリスの実生株をゲットしました!

センナ メリ ディオ ナリス

マダガスカル南西部 - Toliara(トゥリアーラ)周辺の標高の低い乾性林や、砂地に自生しています。 多肉植物というよりは好乾性のマメ科の潅木で、自生地では高さ2-3mほどの大きさに成長します。 ボコボコと節くれだった幹と堅くしっかりした表皮を持ち、風情のある株姿をしています。 ところどころコブ状に膨らんだ突起に水分を貯め、長期の乾燥に耐えているように見えます。 幹からはいくつにも分岐した細い枝を伸ばし、枝からはマメ科の植物らしい羽状の複葉を生やします。 明るい緑をした葉っぱは、迫力のある幹と比べて柔らかく爽やかな印象。 同じマメ科の植物である 'Albizia julibrissin'(ネムノキ)と同じく、暗くなると葉が閉じる就眠運動をするという特徴があります。 'meridionalis'(正午の)という種小名も昼間に葉を開くことから命名されたようです。 成長は非常に遅いため、盆栽植物としても人気があるセンナ・メリディオナリス。 密かな人気のあるセンナ・メリディオナリスですが、自生地では環境破壊等によって個体数がだいぶ減っているようです。 とても寿命が長い植物なので、末長く大事に育てましょう。 センナ・メリディオナリスは日光が不足すると枝や茎が徒長してしまい、細長い貧弱な株になってしまいます。 がっしりと締まった株に育てるためにも、日当たり・風通しの良い場所で管理しましょう。 【水やり】 成長期の夏は土が乾いたらたっぷりと水やりします。 ただし、センナ・メリディオナリスはあまり水やりの頻度が多すぎると細い枝が徒長しやすくなりますので、 一般的な夏型コーデックスよりは控えめにしたほうが丈の詰まった良い株に育つようです。 秋に入り涼しくなってきたら徐々に水やりの回数と量を減らし、葉が落ち始めた頃から春までは断水気味に管理します。 休眠中も月に数回、軽く土を湿らす程度に水やりして細根の枯死を防ぐと、休眠からの目覚めもスムースにいくことが多いようです。 休眠中に水をやる場合は、よく晴れた温かい日中にごく少量だけ水やりし、気温が下がる夜までには乾いている程度にします。 【肥料】 成長期の夏に薄めた液肥を与えます。 用土によく醗酵した有機質肥料や、マグァンプKなどの緩効性肥料をごく少量混ぜ込んでおいても良いと思います。 【適温】 温暖なマダガスカル南西部が原産のセンナ・メリディオナリスは寒さにとても弱いため、冬は暖かい場所で管理します。 休眠中もなるべく日光にあて、日中に鉢内と植物自体の温度を上げると耐寒性も増します。

次の

センナ・メリディオナリス(Senna meridionalis)

センナ メリ ディオ ナリス

マダガスカル南西部 - Toliara(トゥリアーラ)周辺の標高の低い乾性林や、砂地に自生しています。 多肉植物というよりは好乾性のマメ科の潅木で、自生地では高さ2-3mほどの大きさに成長します。 ボコボコと節くれだった幹と堅くしっかりした表皮を持ち、風情のある株姿をしています。 ところどころコブ状に膨らんだ突起に水分を貯め、長期の乾燥に耐えているように見えます。 幹からはいくつにも分岐した細い枝を伸ばし、枝からはマメ科の植物らしい羽状の複葉を生やします。 明るい緑をした葉っぱは、迫力のある幹と比べて柔らかく爽やかな印象。 同じマメ科の植物である 'Albizia julibrissin'(ネムノキ)と同じく、暗くなると葉が閉じる就眠運動をするという特徴があります。 'meridionalis'(正午の)という種小名も昼間に葉を開くことから命名されたようです。 成長は非常に遅いため、盆栽植物としても人気があるセンナ・メリディオナリス。 密かな人気のあるセンナ・メリディオナリスですが、自生地では環境破壊等によって個体数がだいぶ減っているようです。 とても寿命が長い植物なので、末長く大事に育てましょう。 センナ・メリディオナリスは日光が不足すると枝や茎が徒長してしまい、細長い貧弱な株になってしまいます。 がっしりと締まった株に育てるためにも、日当たり・風通しの良い場所で管理しましょう。 【水やり】 成長期の夏は土が乾いたらたっぷりと水やりします。 ただし、センナ・メリディオナリスはあまり水やりの頻度が多すぎると細い枝が徒長しやすくなりますので、 一般的な夏型コーデックスよりは控えめにしたほうが丈の詰まった良い株に育つようです。 秋に入り涼しくなってきたら徐々に水やりの回数と量を減らし、葉が落ち始めた頃から春までは断水気味に管理します。 休眠中も月に数回、軽く土を湿らす程度に水やりして細根の枯死を防ぐと、休眠からの目覚めもスムースにいくことが多いようです。 休眠中に水をやる場合は、よく晴れた温かい日中にごく少量だけ水やりし、気温が下がる夜までには乾いている程度にします。 【肥料】 成長期の夏に薄めた液肥を与えます。 用土によく醗酵した有機質肥料や、マグァンプKなどの緩効性肥料をごく少量混ぜ込んでおいても良いと思います。 【適温】 温暖なマダガスカル南西部が原産のセンナ・メリディオナリスは寒さにとても弱いため、冬は暖かい場所で管理します。 休眠中もなるべく日光にあて、日中に鉢内と植物自体の温度を上げると耐寒性も増します。

次の

センナ・メリディオナリス(Senna meridionalis)

センナ メリ ディオ ナリス

愛知県春日井市にあるガーデンセンター不二さんの方で実生のセンナ・メリディオナリスをゲットしたのですが、その後についての話を少ししようかと思います。 いつそんなの買ったのよ?って人はこちらを読んでくださいな。 さて、購入した時に一度葉が落ちると言われたのですが、正直そんなこと信じていませんでした。 でもね、本当だったんです。 我が家に来た時はこんな感じに葉も閉じてなんだか少し頼りない感じでした。 豆科の植物なので、夜は葉が閉じて、朝になると開くらしいのですが、しばらく葉っぱは閉じたまんまでした。 来る日も来る日も葉は開かず。 一週間ぐらいしたところから葉が枯れて落ち始めました。 これか!!! 本当に葉が落ちやがった!!! それでも日光に当てて二週間に一度ぐらいに水をあげていたら四月末ぐらいには葉が落ちなくなりました。 そして閉じていた葉が開き始めたのです。 葉は半分以上落ちましたが、元気でよかったです。 ついに春がきた!と歓喜していたのですがそれからとくに変化もなく月日は過ぎ・・・。 まっすぐなセンナはなかつまんないなとちょっと曲がってるセンナを買ったのですが、それでこれ以上曲がるとかわいそうかと思って週に一度ほど日の当たる角度が変わるよう回転させていたのですが、先日ついに新しい葉が生えてきました。 まぁまぁ下の方から生えるのね・・・。 でも、この枝が大きく育てば上の方を切り戻して樹形を変えることができますね! いい感じになるのは10年先かもですが、頑張ってそだってくれるよう日々観察していようと思います。 ランキング参加してます。 よかったらぽちっと応援お願いします!.

次の