せき ぐち あいみ。 ジャニーズ名前タイピング

せきぐちあいみ

せき ぐち あいみ

Contents• Tilt Brushの魅力他のアプリを一線を画す革新性 Tilt Brushと は VR空間上、つまり3D空間に絵を描ける「お絵かきアプリ」とも呼べる、Googleが開発したVRイラストレーションアプリです。 「VRでお絵かきってどういうもの?」と思われる方もいると思いますが、 簡単に言えば 「3D空間上で筆を振ることで絵を書く」となります。 その程度ならVRでなくてもできるのではないか?では、なぜこの「tilt brush」が注目されているか疑問に思われると思います。 1つは、初心者でも簡単に3D空間で楽しく絵をかけるという点です。 3DモデリングをPC等でしたことがある方なら想像しやすいかもしれませんが、2Dの画面上で奥行きを把握するのは非常に難しいです。 身近な例では「クレーンゲームで狙った景品にアームをうまく落とせない」といったことがありますがこれは、クレーンのアームがどれくらい奥に行っているか把握し辛いことが原因の1つです。 同様に、2Dの画面で初心者が3Dの絵を書くことはたやすいことではありません。 そのため奥行きが把握しやすいのはもちろん、僅かなズレ等も気が付着やすいため、結果として初心者が3Dで絵を上手に書きやすい環境になってます。 2つ目は、3Dであることでグラフィックがより際立つ点です。 初心者が描いたポケモンですが、3Dとすることでここまでリアルな絵となりました! また、絵を書くのに様々な筆や消しゴム・もとに戻す、といったツールを使うシーンが多々あると思います。 Tilt Brush のインターフェイスは直感的に選択できるため、初心者が使いたいツールが見つからない、といったことも防げます。 更に、 筆には様々なエフェクトをつけることができ、ただ3D空間で筆を振るだけでも楽しめるほどです。 以上のように初心者でも楽しめるのが Tilt Brush の大きな魅力の1つと言えるでしょう。 対応機種、使い方、購入方法 対応機種はHTV ViveとOculus Rift Tilt Brush の対応機種は、HTC VIVEやOculus Riftといった高級VRゴーグルが対応してます。 上記のVRゴーグルは日本でも有名な機種であり、手に入りやすいのも嬉しい点です。 もし上記のVRゴーグルから選ぶとなれば、腕を振る都合上、VRエリアが一番広く取れるHTC VIVEがおすすめです。 また、Tilt Brush はアート色の強いツールとなっているので、デザインアーティストの方の中にも興味がある方は多いかもしれません。 アーティストの方はよくMac OSを使われており、Mac OS上でVRゴーグルが動くかどうか心配かもしれませんが、Mac OSでもHTC VIVEは動作しますのでご安心ください。 また、HTC VIVEを快適に動作させるにはMacの中でも高性能なPCが必要です。 こちらでViveやOculus Riftでの最高の動作を保証するハイスペックPCをご紹介しています。 関連記事) なお、PSVR対応機種ではありません。 日本で最も普及しているであろうPSVR向けに販売されてないのは残念ですね…。 Tilt brushのチュートリアル まずは実際にHTC Viveを使ってTilt Brushで遊ぶ動画をご覧ください こちらの動画でだいぶイメージが掴めたかと思いますが、Tilt Brushの簡単な使い方を紹介します。 また左手のコントローラーに表示されるメニューはパット部分を左右にスライドすることで切り替えられます。 左のメニューの構成は次のようになっています。 筆選択画面 筆選択メニューでは線に油絵風のエフェクトや太陽のように輝くエフェクトを選択することができます。 約40種類のエフェクトが用意されています。 色選択画面 色選択画面では、その名のとおり色や色彩を選ぶことができます。 色選択画面 ツール画面では消しゴムや構図を防ぐための定規、スクリーンショットの撮影やVR空間での移動ができます。 購入方法と価格 購入先として、大手ゲーム販売サイトのSteamやOculus Store等の有名サイトで販売されており、日本人でも入手しやすいソフトとなっています。 値段は1,980円です。 この項ではそんな作品の一部を紹介します。 まず紹介したいのは、60人の芸術家が共同生活しTilt Brushをつかって作品をつくりあげるという「アーティスト・イン・レジデンス」というGoogle主催のプログラムの様子を紹介した動画です。 多くの芸術家が互いに刺激しあえる環境で、一つの作品を作り上げます。 続いて紹介したいのは、日本人VRアーティストのせきぐちあいみさんの作品です。 せきぐちさんは、アーティストのなかでもいち早く Tilt Brush の魅力に気が付き、多くの作品を公開しています。 そのなかでも筆者のおすすめは以下の作品です。 中国の梁の時代。 竜を描き、最後に瞳を入れたところ天に昇っていったという「画竜点睛」という言い伝えがありました。 それから1500年…本当に空間に竜を出現させられるようになりました。 空想上でしかなかったことが現実になっていくVRの魅力や楽しさを、掛け軸から飛び出す竜で表現しました。 — せきぐちあいみ VR sekiguchiaimi せきぐちさんのtwitterには上記以外の作品が多く掲載されています。 気になる方は是非とも検索してみてください。 口コミ、評判レビュー ここからは Tilt Brush の評判を紹介していきます。 まずはSTEAMレビューからです。 上記画像の通り非常に好評となっています。 ユーザーからのレビューをいくつか引用させていただくと• 「ただ適当にエフェクトを付けて線を引いているだけで楽しめます」 「普段絵なんて書かないが、おふざけでいろいろ書くのがとても楽しい。 」 など、絵を普段書かない初心者でも楽しめる、といったレビューが見られます。 上記の意見には全くもって同意で、筆者も普段は絵を殆ど書かないのですがこのtilt Brushはただ線を引いているだけでも楽しめると感じており、Tilt Brushは初心者でも間違いなく楽しめるお絵かきソフトです。 カンヌ ライオンズ イノベーションプロダクト また、 Tilt Brush はゲーマー以外からも評価されています。 突然ですが皆さんは「カンヌ」と聞くと何を思い浮かべるでしょうか? もちろん大半の方はカンヌ国際映画祭だと思います。 そのカンヌでは、映画祭の他に「カンヌ ライオンズ」と呼ばれる表彰会があります。 Tilt Brush は2016年にこの賞のうち「イノベーション プロダクト」を受賞し、表彰されています。 この賞に選ばれるには革新的であること、その革新が永続的であることなどの条件であり、 Tilt Brush がいかに革新的なアプリであることかを物語っています。 この革新さがアーティストを引き寄せ、世界で様々な作品が生まれています。 googleはそんな作品を簡単に共有できるよう総合VRオンラインギャラリー「Poly 」 を用意してくれました。 Tilt Brush を購入前にPolyでどんな作品が作れるか確認してもよし、 Tilt Brush 購入後にPolyへアップロードしても良しです。 気になった方は是非とも上記リンクで Tilt Brush の作品がどんなものかチェックしてみてください! まとめ ここま Tilt Brush を紹介してきました。 Tilt Brush はアーティストだけでなく普段、絵を書かないVRユーザーでも楽しめる間口の広いVRお絵かきアプリとなっています。 是非とも遊んでいただければと思います。

次の

注目の次世代アーティスト『VRアート』で世の中を変える!? せきぐちあいみさんインタビュー

せき ぐち あいみ

Contents• Tilt Brushの魅力他のアプリを一線を画す革新性 Tilt Brushと は VR空間上、つまり3D空間に絵を描ける「お絵かきアプリ」とも呼べる、Googleが開発したVRイラストレーションアプリです。 「VRでお絵かきってどういうもの?」と思われる方もいると思いますが、 簡単に言えば 「3D空間上で筆を振ることで絵を書く」となります。 その程度ならVRでなくてもできるのではないか?では、なぜこの「tilt brush」が注目されているか疑問に思われると思います。 1つは、初心者でも簡単に3D空間で楽しく絵をかけるという点です。 3DモデリングをPC等でしたことがある方なら想像しやすいかもしれませんが、2Dの画面上で奥行きを把握するのは非常に難しいです。 身近な例では「クレーンゲームで狙った景品にアームをうまく落とせない」といったことがありますがこれは、クレーンのアームがどれくらい奥に行っているか把握し辛いことが原因の1つです。 同様に、2Dの画面で初心者が3Dの絵を書くことはたやすいことではありません。 そのため奥行きが把握しやすいのはもちろん、僅かなズレ等も気が付着やすいため、結果として初心者が3Dで絵を上手に書きやすい環境になってます。 2つ目は、3Dであることでグラフィックがより際立つ点です。 初心者が描いたポケモンですが、3Dとすることでここまでリアルな絵となりました! また、絵を書くのに様々な筆や消しゴム・もとに戻す、といったツールを使うシーンが多々あると思います。 Tilt Brush のインターフェイスは直感的に選択できるため、初心者が使いたいツールが見つからない、といったことも防げます。 更に、 筆には様々なエフェクトをつけることができ、ただ3D空間で筆を振るだけでも楽しめるほどです。 以上のように初心者でも楽しめるのが Tilt Brush の大きな魅力の1つと言えるでしょう。 対応機種、使い方、購入方法 対応機種はHTV ViveとOculus Rift Tilt Brush の対応機種は、HTC VIVEやOculus Riftといった高級VRゴーグルが対応してます。 上記のVRゴーグルは日本でも有名な機種であり、手に入りやすいのも嬉しい点です。 もし上記のVRゴーグルから選ぶとなれば、腕を振る都合上、VRエリアが一番広く取れるHTC VIVEがおすすめです。 また、Tilt Brush はアート色の強いツールとなっているので、デザインアーティストの方の中にも興味がある方は多いかもしれません。 アーティストの方はよくMac OSを使われており、Mac OS上でVRゴーグルが動くかどうか心配かもしれませんが、Mac OSでもHTC VIVEは動作しますのでご安心ください。 また、HTC VIVEを快適に動作させるにはMacの中でも高性能なPCが必要です。 こちらでViveやOculus Riftでの最高の動作を保証するハイスペックPCをご紹介しています。 関連記事) なお、PSVR対応機種ではありません。 日本で最も普及しているであろうPSVR向けに販売されてないのは残念ですね…。 Tilt brushのチュートリアル まずは実際にHTC Viveを使ってTilt Brushで遊ぶ動画をご覧ください こちらの動画でだいぶイメージが掴めたかと思いますが、Tilt Brushの簡単な使い方を紹介します。 また左手のコントローラーに表示されるメニューはパット部分を左右にスライドすることで切り替えられます。 左のメニューの構成は次のようになっています。 筆選択画面 筆選択メニューでは線に油絵風のエフェクトや太陽のように輝くエフェクトを選択することができます。 約40種類のエフェクトが用意されています。 色選択画面 色選択画面では、その名のとおり色や色彩を選ぶことができます。 色選択画面 ツール画面では消しゴムや構図を防ぐための定規、スクリーンショットの撮影やVR空間での移動ができます。 購入方法と価格 購入先として、大手ゲーム販売サイトのSteamやOculus Store等の有名サイトで販売されており、日本人でも入手しやすいソフトとなっています。 値段は1,980円です。 この項ではそんな作品の一部を紹介します。 まず紹介したいのは、60人の芸術家が共同生活しTilt Brushをつかって作品をつくりあげるという「アーティスト・イン・レジデンス」というGoogle主催のプログラムの様子を紹介した動画です。 多くの芸術家が互いに刺激しあえる環境で、一つの作品を作り上げます。 続いて紹介したいのは、日本人VRアーティストのせきぐちあいみさんの作品です。 せきぐちさんは、アーティストのなかでもいち早く Tilt Brush の魅力に気が付き、多くの作品を公開しています。 そのなかでも筆者のおすすめは以下の作品です。 中国の梁の時代。 竜を描き、最後に瞳を入れたところ天に昇っていったという「画竜点睛」という言い伝えがありました。 それから1500年…本当に空間に竜を出現させられるようになりました。 空想上でしかなかったことが現実になっていくVRの魅力や楽しさを、掛け軸から飛び出す竜で表現しました。 — せきぐちあいみ VR sekiguchiaimi せきぐちさんのtwitterには上記以外の作品が多く掲載されています。 気になる方は是非とも検索してみてください。 口コミ、評判レビュー ここからは Tilt Brush の評判を紹介していきます。 まずはSTEAMレビューからです。 上記画像の通り非常に好評となっています。 ユーザーからのレビューをいくつか引用させていただくと• 「ただ適当にエフェクトを付けて線を引いているだけで楽しめます」 「普段絵なんて書かないが、おふざけでいろいろ書くのがとても楽しい。 」 など、絵を普段書かない初心者でも楽しめる、といったレビューが見られます。 上記の意見には全くもって同意で、筆者も普段は絵を殆ど書かないのですがこのtilt Brushはただ線を引いているだけでも楽しめると感じており、Tilt Brushは初心者でも間違いなく楽しめるお絵かきソフトです。 カンヌ ライオンズ イノベーションプロダクト また、 Tilt Brush はゲーマー以外からも評価されています。 突然ですが皆さんは「カンヌ」と聞くと何を思い浮かべるでしょうか? もちろん大半の方はカンヌ国際映画祭だと思います。 そのカンヌでは、映画祭の他に「カンヌ ライオンズ」と呼ばれる表彰会があります。 Tilt Brush は2016年にこの賞のうち「イノベーション プロダクト」を受賞し、表彰されています。 この賞に選ばれるには革新的であること、その革新が永続的であることなどの条件であり、 Tilt Brush がいかに革新的なアプリであることかを物語っています。 この革新さがアーティストを引き寄せ、世界で様々な作品が生まれています。 googleはそんな作品を簡単に共有できるよう総合VRオンラインギャラリー「Poly 」 を用意してくれました。 Tilt Brush を購入前にPolyでどんな作品が作れるか確認してもよし、 Tilt Brush 購入後にPolyへアップロードしても良しです。 気になった方は是非とも上記リンクで Tilt Brush の作品がどんなものかチェックしてみてください! まとめ ここま Tilt Brush を紹介してきました。 Tilt Brush はアーティストだけでなく普段、絵を書かないVRユーザーでも楽しめる間口の広いVRお絵かきアプリとなっています。 是非とも遊んでいただければと思います。

次の

せきぐちあいみ

せき ぐち あいみ

< ・ Wikipedia:索引 せきは読み仮名が「せき」で始まる記事の一覧である。 下表太字の読み仮名で始まる記事は別のページに分離されている。 せき あ行 は行 か行 ま行 さ行 や行 た行 ら行 な行 わ行 せき [ ]• 【曖昧さ回避】• (せき)【曖昧さ回避】• (せき)【河川】• 【地名】• (せき)【数学】• (せぎ)【の用水路】 せきあ [ ]• (せきあきお)【】• (せきあきこ)【】• (せきあきら)【】• (せきあじ)【魚】• (せきあじせきさばもなか)【和菓子】• (せきあっし)【お笑い芸人】• 【熊本県】• (せきあや)【】• (せきあやの)【】• (せきあんけん)【かつて存在した中国の県】 せきい [ ]• (せきい)【天文学】• (せきいりこ)【】• (せきいたる)【】• (せきいんたーちぇんじ)【曖昧さ回避】• 【】 せきう [ ]• (せきう)【中国の元号】• (せきうろう)【の軍人】• (せきうん)【雲】• (せきうんいん)【寺院】 せきえ [ ]• (せきえい)【】• (せきえいがらす)【ガラス】• (せきえき)【曖昧さ回避】• (せきえんしょうさん)【】• (せきえんのいんがのっく)【】 せきお [ ]• (せきおうかわらはんばい)【企業】• (せきおうじ)【岩手県】• (せきおうせらみっくすきょうどうくみあい)【事業協同組合】• (せきおかかおり)【アナウンサー】• (せきおかひでゆき)【】• (せきおんせん)【】 せきか [ ]• 【曖昧さ回避】• (せきか)【曖昧さ回避】• 【オセアニアの文化】• (せきか)【曖昧さ回避】 せきかあ [ ]• (せきかいく)【中国】• (せきがいせん)【電磁波】• (せきがいせんぎんが)【天文学】• (せきがいせんけいそく)【測定】• (せきがいせんしゃしん)【写真】• (せきがいせんせんさ)【センサ】• (せきがいせんてんもんがく)【天文学】• (せきがいせんふぃるむ)【フィルム】• (せきがいぶんこうほう)【測定】• (せきがえ)【学校教育】 せきかか [ ]• (せきがきゅう)【血液学】• (せきがきゅうとう)【血液学】 せきかさ [ ]• (せきかしし)【中国】• (せきかじでんしょうかん)【】• (せきかじまち)【名古屋市】• (せきかずあき)【】• (せきかずと)【選手】• (せきかずまさ)【】• (せきかずまさ)【俳優】• (せきかそうし)【中国】 せきかた [ ]• (せきかつや)【放送関係者】 せきかな [ ]• (せきがねえき)【】• (せきがねおんせん)【】• (せきがねちょう)【鳥取県】 せきかは [ ]• (せきがはら)【曖昧さ回避】• (せきがはらいんたーちぇんじ)【名神高速道路】• (せきがはらうぉーらんど)【岐阜県】• (せきがはらえき)【東海道本線】• (せきがはらかっせんぜんごのとくがわいえやすぶんしょ)【文書】• (せきがはらじゅく)【中山道】• (せきがはらにっき)【歴史書】• (せきがはらのたたかい)【日本史】• (せきがはらばいぱす)【】• (せきがはらほんせんのはいち)【日本史】• (せきがはらめなーどらんど)【岐阜県】• (せきかめはる)【日本の軍人】 せきかわ [ ]• 【曖昧さ回避】• (せきかわ)【河川】• (せきがわえき)【】• (せきかわこういち)【】• (せきかわじんじゃ)【愛知県】• (せきがわそん)【岡山県】• (せきかわだいじろう)【武士】• (せきかわたろう)【俳優】• (せきかわなつお)【作家】• (せきかわむら)【新潟県岩船郡】• (せきかわむら)【茨城県】• (せきがわむら)【新潟県中頸城郡】• (せきがわむら)【愛媛県】• (せきかん)【の皇帝】• (せきかん)• (せきがん)【身体障害】• (せきかんく)【中国】• (せきかんさい)【医師】• (せきがんじ)【愛知県】• (せきがんじ)【兵庫県】• (せきがんじゅうみつよし)【漫画】• (せきかんぶつ)【石仏】• (せきかんろう)【台湾の史跡】 せきき [ ]• (せききょう)【の武将】• (せききよかず)【野球選手】• (せききょけん)【中国】• (せききよひと)【】 せきく [ ]• (せきくすお)【ドイツ文学者】• 【企業】• (せきぐち)【】• (せきぐちあいみ)【アイドル】• (せきぐちあきら)【歴史学者】• (せきぐちいおり)【野球選手】• (せきぐちいさお)【アメリカ文学者】• (せきぐちいちろう)【学者】• (せきぐちいわお)【アナウンサー】• (せきぐちうじなり)【武術家】• (せきぐちうじむね)【柔術家】• (せきぐちえいじ)【声優】• (せきぐちえいたろう)【造園家】• (せきぐちえき)【長良川鉄道越美南線】• (せきぐちえんせい)【ミステリ評論家】• (せきぐちかける)【プロレスラー】• (せきぐちかずゆき)【ミュージシャン】• (せきぐちかつとし)【宗教家】• (せきぐちかなみ)【】• (せきぐちくにみつ)【】• (せきぐちけいすけ)【サッカー選手】• (せきぐちけいぞう)【】• (せきぐちげん)【映画監督】• (せきぐちけんしん)【】• (せきぐちこうごろう)【柔道家】• (せきぐちこうじ)【】• (せきぐち-)【切り絵作家】• (せきぐちさとし)【】• (せきぐちさとし)【バスケットボール選手】• (せきぐちじょうじ)【野球選手】• (せきぐちしょうへい)【野球選手】• (せきぐちしん)【アナウンサー】• (せきぐちしんしんりゅう)【柔術】• (せきぐちせいじ)【野球選手】• (せきぐちせいぞうしょ)【幕末】• (せきぐちだいすけ)【放送関係者】• 【お笑い芸人】• (せきぐちたけし)【アナウンサー】• (せきぐちただし)【】• (せきぐちたろう)【曖昧さ回避】• (せきぐちちかなが)【戦国武将】• (せきぐちつぎお)【ドイツ語学者】• (せきぐちつねごろう)【柔道家】• (せきぐちてるお)【写真家】• (せきぐちともひろ)【俳優】• (せきぐちともゆき)【野球選手】• (せきぐちばしょうあん)【史跡】• (せきぐちひさお)【サッカー選手】• (せきぐちひさし)【小説家】• (せきぐちひろき)【塾生】• (せきぐちひろし)【曖昧さ回避】• (せきぐちひろし)【タレント】• (せきぐちひろし)【政治家】• (せきぐちふさお)【】• (せきぐちほのか)【グラビアアイドル】• (せきぐちまい)【タレント】• (せきぐちまこと)【実業家】• (せきぐちまこと)【】• (せきぐちまさかず)【政治家】• (せきぐちまさし)【】• (せきぐちまさじろう)【】• (せきぐちまさはる)【】• (せきぐちやすき)【】• (せきぐちやすよし)【】• (せきぐちゆうた)【野球選手】• (せきぐちゆうひ)【レーサー】• (せきぐちゆかり)【アナウンサー】• 【歌手】• (せきぐちゆき)【曖昧さ回避】• (せきぐちよしと)【】• (せきぐちよしのり)【】• (せきぐちりの)【】• (せきぐちりゅう)【曖昧さ回避】• (せきぐちりょうこ)【・美術史家】• (せきぐちりんごろう)【柔道家】• (せきぐちわいち)【ジャーナリスト】• (せきぐん)【軍隊】• (せきぐんぱるちざん)【ゲリラ】 せきけ [ ]• (せきけい)【の文官】• (せきけい)【天文学】• (せきけいおう)【の王】• (せきけいけん)【中国】• (せきけいご)【】• (せきけいこう)【明の武将】• (せきけいさつしょ)【】• (せきけいざんみなみえき)【中国の駅】• (せきけいぞう)【実業家】• (せきけいてい)【の軍人】• (せきけいとう)【の皇帝】• (せきけいろく)【俳優】• (せきけん)【石器】• (せきけん)【前漢の文官】• (せきけん)【曖昧さ回避】• (せきけんたろう)【サッカー選手】 せきこ [ ]• (せきこ)【の皇帝】• (せきこ)【曖昧さ回避】• (せきこう)【後趙の皇帝】• (せきこうえき)【中国の駅】• (せきこうく)【台湾】• (せきこうじ)【サッカー指導者】• (せきこく)【中国】• (せきこくけん)【かつて存在した中国の県】 せきさ [ ]• (せきざい)• (せきさいがた-)【建機】• (せきざいせこうぎのうし)【資格】• (せきざいてん)【業種】• (せきさいぼう)【植物学】• (せきざき)【大分県】• (せきさく)【器官】• (せきさくどうぶつ)• (せきさば)【魚】• (せきさばおあじへい)【芸人】• (せきさーびすえりあ)【東海北陸道】• (せきさやか)【モデル】• (せきざわ)【埼玉県】• (せきざわあけきよ)【水産官僚】• (せきざわあすか)【ハンドボール選手】• (せきざわいんたーちぇんじ)【】• (せきざわけいじ)【歌手】• (せきざわしんいち)【】• (せきざわひでひこ)【コピーライター】• (せきざわまゆみ)【民俗学者】• (せきざわみひろ)【子役・タレント】• (せきさん)【会計】• (せきさんきじゅん)【建築】• (せきさんぐちえき)【鉄道省白棚線】• (せきさんこうひ)【大学】• (せきさん-)【建設業】• (せきさんし)【職業】• (せきさんじゅうろう)【曖昧】• 【歌舞伎役者】• (せきざんぜんいん)【京都府の寺】• (せきさんせんりょう)【放射線】• (せきさんでんきけいき)• (せきさんほう)【不動産】• (せきさん-)【建設業】 せきし [ ] 参照 せきす [ ]• (せきすい)【】• 【楽団】• (せきずい)【神経】• (せきすいいん)【正室】• (せきすいが)【中国の河川】• (せきすいかがくこうぎょう)【企業】• (せきすいかがくりべるて)【バスケットボールチーム】• (せきすいかせいひんこうぎょう)【】• (せきずいくうどうしょう)• (せきずいくもまくかますい)• (せきすいけい)【三重県の自然景勝地】• (せきすいし)【中国】• (せきすいじ)【長野県】• (せきすいじおんせん)【山梨県】• (せきずいじばけいそくそうち)【医療】• (せきすいじゅし)【化学メーカー】• (せきずいしょうのうへんせいしょう)• (せきずいしんけい)• (せきずいしんけいこうし)• (せきずいせいきんいしゅくしょう)• (せきずいせいしんこうせいきんいしゅくしょう)• (せきずいそんしょう)• (せきすいたんえき)【北京地下鉄2号線】• 【住宅】• 【曖昧さ回避】• (せきすいはうす)【企業】• (せきすいりーす)【企業】 せきせ [ ]• 【企業】• (せきせい)【後趙皇帝】• (せきせい)【明代の文官】• (せきせい)【曖昧】• 【鳥】• (せきせいし)【仙人】• (せきせいしょうこ)【沖縄県】• (せきせいせつ)【僧】• (せきせいせん)【軍人・政治家】• (せきせいよう)【革命家・軍人・政治家】• (せきせきざん)【曖昧さ回避】• (せきせきざんばおあんぞくとんしゃんぞくさらーるぞくじちけん)【中国】• (せきせきていももたろう)【落語家】• (せきせきていももたろう)【落語家】• (せきせきれんれん)【小説】• (せきせつ)• (せきせつや)【数学者】• (せきせみまるじんじゃ)【滋賀県】• (せきせんがくは)【浄土真宗】• (せきせんけん)【中国陝西省安康市】• (せきせんけん)【中国貴州省銅仁地区】• (せきせんそう)【邸宅】• (せきぜんにぎ-やしき)【NPO】• (せきせんぶん)【軍人・政治家】• (せきぜんむら)【愛媛県】 せきそ [ ]• (せきぞう)【美術】• (せきそうし)【紙】• (せきそうでんち)【電池】• (せきぞく)【石器】• (せきそんせんたー)【曖昧】 せきた [ ]• (せきたい)【和服】• (せきたいぐん)【かつて存在した中国の郡】• (せきたいけん)【中国安徽省池州市】• (せきたいすけ)【ドイツ文学者】• (せきたいせん)【中華人民共和国の鉄道路線】• (せきだいみょうじんじゃ)【大阪府】• (せきたいりょかくせんようせん)【中国の高速鉄道路線】• (せきたかかず)【】• (せきたかみち)【サッカー選手】• (せきたしょうすけ)【歌手】• (せきたつかい)【指導者】• (せきたつけん)【中国四川省カンゼ・チベット族自治州】• (せきたにとしひこ)【競輪指導者】• (せきたにむら)【新潟県】• (せきたねこ)【声楽家】• (せきだゆう)【俳優】• (せきたん)• (せきたんえきか)【工学】• (せきたんかがく)• (せきたん-かふくごうはつでん)【火力発電】• (せきたんき)【地質年代】• (せきたんさんけいすう)【薬学】• (せきたんしゃ)【鉄道】• 【燃料】• (せきたんせいさくてんかんとうそう)【労働闘争】• (せきたんせん)• (せきたんちょう)【廃止された日本の国家機関】• (せきたん-れきしむら)【】• (せきたんばくだん) せきち [ ]• (せきちえこ)【女優】• (せきちから)【画家】• 【草】• (せきちくいろ)【色】• (せきちさと)【作家】• 【小売業】• (せきちゅうおうびょういん)【病院】• (せきちゅうがっこう)【曖昧さ回避】• (せきちゅうかん)【解剖学】• (せきちゅうきりつきん)【筋肉】• (せきちゅうけんさ)【健康診断】• (せきちゅうけい)【山口県】• (せきちゅう-ぞくじちけん)【中国】• (せきちょう)【】• (せきちんきつ)【太平天国の人物】 せきつ [ ]• (せきつい)【器官】• (せきついどうぶつ)• (せきづかたかし)【サッカー選手】• (せきづかまみ)【選手】• (せきつとむ)【天文家】 せきて [ ]• (せきていく)【新北市の行政区画】• (せきてい-たたか-)【228年】• (せきてついんせき)【隕石】• (せきてつお)【経営者】• (せきてっこう)【鉱物】• (せぎでら)【三重県の寺】• (せきてん)【儒教・教育史】• (せきてんびょう)【感染症】 せきと [ ]• 【小売業】• (せきど)【曖昧さ回避】• せきとあ [ ]• (せきどあきこ)【者】 せきとう [ ]• (せきとう)【画家】• (せきとう)【歌】• (せきどう)• (せきどう)• (せきとう-)【漫画】• (せきとうきせん)【僧】• (せきどうきだん)• (せきどう-)【の国】• (せきどう-しんぽとう)• (せきどう-ぎょうせいくかく)• (せきどう-けいざい)• (せきどう-こっき)• (せきどう-しゅしょういちらん)• (せきどう-せいとういちらん)• (せきどう-だいとうりょういちらん)• (せきどう-とし-いちらん)• (せきどう-ぼうめいせいふ)• (せきどう-みんしゅとう)• (せきどうきねんひ)【インドネシア】• (せきとうげ)【福井県】• (せきどうこう)【鉱物】• (せきどうこうはつでんしょ)【企業】• (せきどうざひょう)• (せきどうさん)【石川県】• (せきとうじ)【京都府の寺】• (せきとうじょう)【中国】• (せきどうせんりゅう)【海流】• (せきどうだいきこう)【テレビ番組】• (せきとうとういん)【儒学者】• (せきどうはんりゅう)【海流】• (せきとうわんげんしりょくはつでんしょ)【中国の発電所】 せきとえ [ ]• (せきとえき)【磐越西線】• (せきどえき)【北恵那鉄道】 せきとか [ ]• (せきとかつみ)【小説家】• (せきどぎんこう)• (せきとくせん)【中国国鉄の鉄道路線】• (せきとくりん)【隠者】• (せきとしひこ)【声優】• せきとた [ ]• (せきとつよし)【作曲家】• (せきど-)【】• (せきどのたたかい)【1333年】 せきとは [ ]• (せきとば)【】• (せきどばし)【東京都】• せきとま [ ]• (せきとみおかえき)【長良川鉄道越美南線】• (せきど-)【アナウンサー】• (せきとめこ)【湖沼】• (せきともかず)【】• (せきともこ)【アナウンサー】• (せきともゆき)【作家】• (せきどゆき)【女優】 せきとら [ ]• (せきとり)【】• (-か)【】• (せきとりちょう)【名古屋市】• (せきとりはな)【シンガーソングライター】• 【チリ】 せきな [ ]• (せきなおき)【映画監督】• (せきなおと)【俳優】• (せきなおひこ)【】• (せきながかつ)【主】• (せきながてる)【新見藩主】• (せきながのぶ)【新見藩主】• (せきながはる)【江戸大名】• (せきながひろ)【新見藩主】• (せきながまさ)【江戸大名】• (せきながみち)【新見藩主】• (せきなつえ)【スケート選手】 せきに [ ]• (せきにたいするヤングのふとうしき)【数学】• (せきにん)【】• (せきにんあるぎょぎょう)【政策】• (せきにんぎじゅつしゃ)【】• (せきにんげんていけいやく)【】• (せきにんしゅぎ)• (せきにんとうしげんそく)• (せきにんのうりょく)• (せきにんぶんたんひょう) せきぬ [ ]• (せきね)【曖昧さ回避】• (せきねあきこ)【曖昧さ回避】• (せきねあずさ)【歌手】• (せきねあやか)【アイドル】• (せきねあんどるーのくいずさくせす)【TV番組】• (せきねうんてい)【画家】• (せきねえいご)【蹴球選手】• (せきねえき)【奥羽本線】• (せきねがくえんこうとうがっこう)【】• (せきねかずよし)【】• (せきねかな)【女優】• (せきねきよこ)【将棋棋士】• (せきねきんじろう)【将棋棋士】• (せきねこうじ)【声優】• (せきねしげる)【将棋棋士】• (せきねしせい)【演劇通】• (せきねしのぶ)【柔道家】• (せきねじゅんぞう)【野球選手】• (せきねしょう)【】• (せきねしょうじ)【】• (せきねしょうろく)【能楽師】• (せきねしんりゅう)【日本史学者】• (せきねせいさくじょ)【企業】• (せきねせいぞう)【倫理学者】• (せきねたいかく)【俳優】• (せきねたろう)【アナウンサー】• (せきねつとむ)【芸人】• (せきねともみ)【アナウンサー】• (せきねなお)【歌手】• (せきねなおや)【声優】• (せきねのぶあき)【声優】• (せきねのぶお)【美術家】• (せきねのりゆき)【官僚】• (せきねはなみ)【陸上選手】• (せきねひでお)【者】• (せきねひとみ)【声優】• (せきねひろし)【詩人】• (せきねひろふみ)【野球選手】• (せきねひろゆき)【野球選手】• (せきねぷろ)【企業】• (せきねまさあき)【声優】• (せきねまさお)【聖書学者】• (せきねまさなお)【国文学者】• (せきねまさみ)【社会学者】• (せきねまさゆき)【アニメーター】• (せきねまさる)【ヤクザ】• (せきねまり)【タレント】• (せきねみき)【アナウンサー】• (せきねもとかず)【プログラマー】• (せきねやじろう)【剣客】• (せきねゆうすけ)【俳優】• (せきねようたろう)【建築家】• (せきねよしこ)【国文学者】• (せきねりゅういち)【レスラー】• (せきねりょうじ)【漫画家】 せきの [ ]• (せきのいしゅぞう)【企業】• (せきのうばいし)【石】• (せきのおのたき)【宮崎県】• (せきのごほんまつ)【著名なマツ】• (せきのただす)【建築史家】• (せきのちょう)【東京都】• (せきのと)【曖昧さ回避】• 【年寄名跡】• (せきのびぶんほうそく)【数学】• (せきのひろゆき)【アナウンサー】• (せきのぼろいち)【の行事】• (せきのまさる)【建築史家】• (せきのみやえき)【名松線】• (せきのみやちょう)【】• (せきのやたっぺ)【映画】• (せきのよしはる)【】• (せきのりよし)【将棋ライター】• (せきはいえき)【台北捷運淡水線】• (せき-)【曖昧】• (せきはいりつ)【選挙】• (せきはこっかこうえん)【台湾】• (せきばしげき)【橋梁設計者】• (せきはじめ)【大阪市長】• (せき-)【】• (せきはちさやか)【アナウンサー】• (せきはちやすたか)【】• (せきはちよしひろ)【経営者】• (せきばふじひこ)【外科医】• (せきばら)【東京都】• (せきはらじしん)【】• (せきはらじどうしゃがっこう)【教習所】• (せきはらしょうがっこう、せきばらしょうがっこう)【曖昧】• (せきはらむら)【曖昧】• (せきはん)【】• (せきはん)【】• (せきばん)【鉱物】 せきひ [ ]• (せきひ)• (せきひきょうえき)【広州地下鉄3号線支線】• (せきびぐん)【】• (せきひであき)【放送作家】• (せきひでお)【者】• (せきひでお)【児童文学者】• (せきびょうけん)【中国雲南省紅河ハニ族イ族自治州】• (せきひょうせいばく)【企業】• (せきひろくに)【幕末藩士】• (せきひろこ)【女優】• (せきひろし)【俳優】• (せきひろの)【思想史家】• (せきひろのり)【アナウンサー】• (せきひろはる)【】• (せきひろみ)【アニメ作者】 せきふ [ ]• (せきふ)【石器】• (せきふ)【中国の元号】• (せきぶ)【】• (せきぶ)【部首】• (せきぶ)【部首】• (せきぶつ)• (せきぶね)【船舶】• (せきふん)【前漢の人物】• (せきぶんいんし)【微分方程式】• (せきぶんかんしょてん)【企業】• (せきぶんき)• (せきぶんきごう)• (せきふんねんど)• (せきぶんほう)【】• (せきぶんほうていしき)【数学】 せきへ [ ]• (せきへい)【曖昧】• 【元号】• (せきへき)【曖昧】• (せきへきえき)【広州地下鉄2号線】• (せきへきし)【中国湖北省咸寧市】• (せきへきのたたかい)【】• (せきべつ)【小説】• (せきべとんねる)【静岡県の交通】• 【歴史家】 せきほ [ ]• (せきほう)【架空人】• (せきほう)【武将】• (せきほうえき)【中国国鉄瀋陽鉄路局】• (せきほうく)【中国湖南省株洲市】• (せきほうさい)【中華人民共和国全国重点文物保護単位】• (せきほうし)【中国の都市】• (せきほうじ)【曖昧】• 【京都府の寺】• (せきほうたい)• (せきほうたいじけん)• (せきほうでん)【軍人】• (せきほうへんい)【天文学】• (せきほうへんいのりょうしか)【非標準宇宙論】• (せきぼくおう)【僧】• (せきほくとうげ)【北海道】• (せきほくほんせん)【JR北海道】 せきま [ ]• (せきまえ)【武蔵野市】• (せきまさし)【サッカー選手】• (せきまさとき)【新見藩主】• (せきまさとみ)【新見藩主】• (せきまちきた)【東京都】• (せきまちひがし)【東京都】• (せきまちみなみ)【東京都】• (せきまつみんあん)【軍人】• (せきまもる)【海軍軍人】• (せきまもる)【曖昧】• (せきまんけん)【かつて存在した中国の県】 せきみ [ ]• (せきみちとし)【声優】• (せきみつお)【衛生学者】• (せきみつのり)【ボクサー】• (せきみつひろ)【サッカー選手】• (せきみつひろ)【経営学者】• (せきみょうさいぜんか)【浮世絵師】 せきむ [ ]• (せきむら)【曖昧】• (せきむら)【現 】• (せきむらなおと)【工学者】 せきめ [ ]• (せきめ)【大阪市】• (せきめえき)【】• (せき-)【女優】• (せきめせいいくえき)【】• (せきめたかどのえき)【大阪市高速電気軌道】• (せきめん)【】• (せきめん)• (せきめんけん)【中国】• (せきめんしょう)【疾患】• (せきもとあつし)【騎手】• (せきもといくお)【映画監督】• (せきもとけんたろう)【野球選手】• (せきもとこういち)【サッカー選手】• (せきもとこうじ)【騎手】• (せきもとしとし)【野球選手】• (せきもとしょうへい)【奏者】• (せきもとせいめんせいふんこうじょう)【企業】• (せきもとだいすけ)【レスラー】• (せきもとただひろ)【実業家】• (せきもと-)【常磐道】• (せきもとひでゆき)【騎手】• (せきもとまさかず)【実業家】• (せきもとまち)【茨城県真壁郡】• (せきもとむら)【茨城県多賀郡】• (せきもとりょうた)【建築家】• (せきもり)【曖昧】• (せきもりいなりじんじゃ)【兵庫県】• (せきもりのぶ)【】• (せきもりまさはる)【野球選手】• (せきもんえき)【曖昧】• 【香港MTRの駅】• (せきもんく)【新北市の行政区画】• (せきもんけつ)【経穴】• (せきもんけん)【中国湖南省常徳市】• (せきもんしんがく)【日本思想】• (せきもんめい)【書】 せきや [ ]• (せきや)【曖昧】• 【地名】• (せきや)【神奈川県の地名】• (せきやあさみ)【漫画家】• (せきやあやこ)【アナウンサー】• (せきやあやこ)【作家】• (せきやありさ)【女優】• (せきやえき)【曖昧】• (せきやえんのすけ)【官僚】• (せきやおおはし)【新潟県】• (せきやかつつぐ)【政治家】• (せきやきねん)【競馬】• (せきやくひん)【企業】• (せきやこういち)【実業家】• (せきやじょうぞう)【企業】• (せきやしん)【】• (せきやすあき)【俳優】• (せきやだいがくどう)【企業】• (せきやていざぶろう)【官僚】• 【漫画家】• (せきやとしこ)【歌手】• (せきやどじょう)【】• (せきやどすいもん)【千葉県】• (せきやどはん)【下総国】• (せきやどまち)【千葉県】• (せきやともみ)【芸人】• (せきやともよし)【野球選手】• (せきやひさし)【漫画家】• (せきやひろし)【ラジオパーソナリティ】• (せきやぶんすい)【新潟県】• (せきやまあいか)【歌手】• (せきやまえき)【えちごトキめき鉄道】• 【台湾】• (せきやまえんしゅうじょう)【陸上自衛隊】• (せきやまかいづか)【】• (せきやまこうじ)【俳優】• (せきやまさのり)【レーシングドライバー】• (せきやまさゆき)【TV制作者】• (せきやましき)【】• (せきやますみ)【女優】• (せきやませんだゆう)【囲碁棋士】• (せきやまてれびちゅうけいきょく)【中継局】• (せきやまとうげ)【東北地方】• (せきやまとんねる)【国道48号】• (せきやまのぶゆき)【政治家】• (せきやまみさき)【声優】• (せきやまゆ)【アイドル】• (せきやまゆ)【バドミントン選手】• (せきやまりいち)【囲碁棋士】• (せきやめいか)【アナウンサー】• (せきややすお)【公務員】 せきゆ [ ]• (せきゆ)【】• (せきゅあおーえす)• (せきゅあこぴー)• (せきゅあしぇる)• (せきゅあしーでぃー)【媒体】• (せきゅあそけっとれいやー)• (せきゅあつうしん)• 【企業】• (せきゆう)【架空人】• (せきゆうけん)【曖昧】• (せきゆうさん)【軍人】• (せきゆえーてる)• (せきゆかがく)• (せきゆかがくこうぎょう)• (せきゆかがくこうぎょうきょうかい)【業界団体】• (せきゆがすぜい)【】• (せきゆきお)【】• (せきゆききぎじゅつかんりし)【資格】• (せきゆきこ)【プロレスラー、総合格闘家】• (せきゆきひこ)【歴史学者】• (せきゆきひろ)【旗本】• (せきゆ-)【燃料】• (せきゆこんびなーととうさいがいぼうしほう)• (せきゆさんぎょうかっせいかせんたー)【財団法人】• (せきゆしげんかいはつ)【企業】• (せきゆじゅきゅうてきせいかほう)• (せきゆすとーぶ)• (せきゆせいさんゆしゅつかるてるきんしほう)【法案】• (せきゆせいせい)• (せきゆせいひん)• (せきゆせきたんぜい)【】• (せきゆせきたんせいひんかんれんのぎょうかいだんたいのいちらん)【一覧】• (せきゆだいたいえねるぎーのかいはつおよびどうにゅうのそくしんにかんするほうりつ)• (せきゆたんかー)【船の種類】• (せきゆてんねんがすきんぞくこうぶつしげんきこう)【独立行政法人】• (せきゆねんりょう)• (せきゆのびちくのかくほとうにかんするほうりつ)• (せきゆはつどうき)• (せきゆぴーく)【エネルギー政策】• (せきゆびちく)• (せきゆふぁんひーたー)• (せきゆふとうえき)【苫小牧港開発】• (せきゆぷらっとふぉーむ)• (せきゆぽんぷ)• (せきゆもとうり)• (せきゆゆしゅつこくきこう)• 【広報誌】• 【曖昧】• (せきゅりてぃあさーしょんめーくあっぷらんげーじ)• 【講習会】• (せきゅりてぃしきべつし)【】• 【米国の野球場】• 【フィリピンの銀行】• 【警護】• 【コンピュータ】• (せきゆりゅうしゅつ)【環境問題】• (せきゆりんじとくべつぜい)【】• (せぎゅーるふじん)【童話作家】• (せきゆれんめい) せきよ [ ]• (せきよう)【妖怪】• (せきようかい)【美術】• (せきようけん)【中国山西省晋中市】• (せきようこ)【随筆家】• 【俳優】• (せきよしひこ)【思想史家】• (せきよしひろ)【政治家】• (せきよしぶみ)【プロデューサー】• (せきよしまさと)【野球選手】• (せきよしみ)【漫画家】• (せきよしや)【政治家】 せきら [ ]• 【小説】• (せきらら)【楽曲】• (-はくしょ)【TV番組】• (せきらんうん)• (せきらんかい)【社会主義団体】 せきり [ ]• (せきり)• (せきりきん)【細菌】• (せきりゅう)【竜】• (せきりゅうえき)【台湾鉄路管理局縦貫線】• (せきりゅうおう)【漫画】• (せきりゅうく)【中国河南省平頂山市】• (せきりゅうけん)【曖昧】• (せきりゅうほうじゅつ)【】• (せきりょう)【小説】• (せきりょくれんごう)【曖昧】• (せきりんいぞくじちけん)【中国】• (せき-はつえんだん)【砲弾】 せきる [ ]• (-あか)【】• (-か)【鳥類】• (-しょう)【競馬】• (-まるちんぼつじこ)【】• (せきろうけん)【中国】• (せきろうさん)【神奈川県】• (せきろく)【中国帝王】 せきわ [ ]• (せきわあきこ)【選手】• (せきわえんざん)【計算】• (せきわくかんがいせき)【福島県】• (せきわけ)【大相撲】• (せきわふどうさん)【企業】• (せきわん) せきん [ ]•

次の