予言 一覧。 新型コロナウィルス肺炎は10年前に予言されていた!? 予言者が示す日本の生き筋

日月神示とは?2020年の予言や日本の今後は?世界の終末とは?

予言 一覧

の予言者ババ・ヴァンガは、85%以上という脅威の予言的中率を誇る。 彼女は12歳の時に竜巻に巻き込まれに失明している。 しかし光を失った代わりに、彼女は予言という不思議な力を得た。 そしてこれまでに、「第2次世界大戦の勃発」、「ダイアナ妃の死」、「9. 11テロ」など、歴史的な大事件を次々と予言的中させてきた。 1996年に85歳で亡くなったババ・ヴァンガだが、5079年までの予言を公開している。 彼女の予言は死後も注目され続けており、さまざまな角度から研究をしている研究者もいるほどだ。 このほど 「2020年のババ・ヴァンガの大予言」が発表された。 2019年に引き続き、大、経済崩壊などを警告しているが、世界情勢の変化などからまた違った解釈がなされるであろう。 今回は、予言研究家である筆者・白神じゅりこが、気になった「2020年のババ・ヴァンガの大予言」の内容を独自の視点で詳しく解説しよう。 画像は「」より引用 1,日本に巨大とが襲う ババ・ヴァンガによれば、さまざまな国で複数のが発生するという。 は、インド、中国の一部、日本、を席巻するという。 以降、日本でも巨大がいつ起きてもおかしくないと言われている。 巨大は今後、30年以内に80%以上の確率で起こると言われており、今日明日来てもおかしくない状態だ。 国では巨大が起きると、沿岸部には最大30メートルのが押し寄せ、死者は32万人を超え、 経済被害も220兆円を超えると想定しているという。 また、2013年に発表した中央防災会議による型のM8級の被害の想定では、死者7万人、経済被害160兆円と試算した。 2020年は開催時に、型のM8級のが起きたら……。 中央防災会議が発表した被害の想定をはるかに上回るのではなかろうか? 画像は「Getty Images」より引用 2,欧州で経済崩壊 日本は総ど貧困で犯罪と食人の世紀末 ババ・ヴァンガの予言によれば、欧州では経済が崩壊するという。 イギリスがから離脱した場合、との貿易に関税がかかり、これがイギリス経済に打撃を与える。 トップクラスの経済大国の経済衰退はヨーロッパ諸国に波及するだろう。 それでなくても、イギリスのをめぐる混乱がヨーロッパ経済減少という影響を及ぼしている。 当然、この動きに日本も無関係ではいられない。 ヨーロッパにおける金融不安により、安全を求めて世界中の投資家による日本の円買いが始まり になる。 は輸出が不利になり、日本企業の業績が悪化、それにより雇用が減り、給与も減り、日本経済も衰退するのだ。 日本では、消費税増加や次々と課せられる謎の税金、さらには賃金低下と失業者にあふれ、一億総どとなるのだ。 殺人や強盗など犯罪が激化し、食糧不足から人が人を食らう餓鬼になる。 まさに映画『マッドマックス』のような世紀末日本になることも決して妄想ではないだろう。 ババ・ヴァンガは、「2025年:ヨーロッパは依然として過疎の常態が続く」と予言していることから、これかから先、当分の間ヨーロッパ経済が回復することはないのだろう。 3,巨大隕石の脅威 ババ・ヴァンガは巨大隕石の脅威を予言している。 今、最も恐れられているのは、 によって発表された2029年4月13日に地球に最接近するとされる「アポフィス」である。 「アポフィス」は「死の神」という意味だ。 アポフィスは、広原爆の数万倍以上もの破壊力を持っているとされ、日本に落ちれば、間違いなく消滅するだろう。 専門家の予想は、アポフィスが地球に衝突することはないとしているが、今後、アポフィスが急激に軌道を変えることもあるえる。 すると、 来年2020年に地球に衝突する可能性も大いにあるのだ。 急激に進められる宇宙開発は、隕石衝突による地球滅亡からの脱出計画なのか? 画像は「Getty Images」より引用 さて、暗い予言に怯えてばかりもいられない。 ここでは惨禍から逃れ、お金と繁栄を引き寄せるための、ババ・ヴァンガの特別なアドをご紹介する。 ・あなたの家に卑劣で悪い人が足を踏み入れず、幸運な人しか入れないようにするために、ドアの上にエルダーベリーの交差した2本の枝を掛けてください。 ・あなたが幸せを保ちたいのなら、食べていないパンをテーブルの上に決して残さないでください。 一切れのパンであっても乾燥させて捨てないでください。 食べ物を粗末にするとあなたの家は決して反映しません。 残り物は鳥や動物に与えてあげましょう。 ・新しい財布を購入したら、しばらくの間、高価な金の宝石を入れてください。 そうすれば、あなたにたくさんのお金と富をもたらすでしょう。 そして、ミントの葉とひとつまみのシナモンを入れればさらにお金を引き寄せてくれます。 ・家に壊れた鏡があると問題を引き起こすので、鏡に少し水をかけたあと地中に埋めてください。 鏡のある部屋で病人が長い間住んでいたり、口論などの諍いがあった場合は、その鏡に聖水をふりかけたり、拭いたりしてください。 ・成功、健康、繁栄を損ないたくないのなら、壊れたり割れたりした皿から食べたり飲んだししないでください。 壊れた皿は不運を意味し、人生も割れます。 したがって、皿に小さなひび割れや、ふちに破損がある場合でも皿を捨てることをお勧めします。 いかがだっただろう。 ババ・ヴァンガからの幸運のアドがあれば、2020年もめでたく滅亡の脅威を乗り越えられそうな気分にならないだろうか? 皆様の幸運を祈る。 dream-kb.

次の

【ババ・ヴァンガの予言】5079年に世界は終わる!2010年以降の未来一覧 │ 防災の種

予言 一覧

2075年から来た未来人YJ 未来人YJは、自身のTwitterで 2075年からやってきたことを明言しています。 Twitterのアカウントは2018年1月に取得し、1月3日からつぶやきを開始。 序盤は、2018年の文化に疑問を持ちながら楽しんでいるようで、何やら任務があるらしい。 1月5日には、急遽2020年に行かなければいけなくなったとしています。 たった2日間、過去の人たちと触れ合っただけで、満足の様子。 そして2020年1月1日に、これから起きることの全てを話すと言っていましたね。 しかし、すぐさま2018年に戻ってきて、以下の暗号めいたつぶやきを残しています。 2018年に起こると言ったのは「 人工衛星の落下」くらいなもので、もちろん当たってはいませんね。 2018年12月を最後に更新していなかったので、恐らく帰って行ったのでしょう・・・。 2018年に話題になったYJが2020年に復活 そして、 2020年1月1日に、未来人YJは現代にやってきました。 2018年に来た時に、2020年の1月1日にこれから起きることを話すとしていたので、約束を守った形となりましたね。 2020年は非常に重要な年となります — YJ YJ943636 ただ、4月23日には次のことをつぶやき、弱気になっています。 私は全知全能ではありませんし この世界線で起こる事を全て的中させるという事は不可能です — YJ YJ943636 まあ、何とでも言えちゃうんですが。 そのなかで、いくつか起きる年を語っていたのでピックアップしておきます。 2021年 ・中国が人工的に気象操作するシステムを完成、実用導入 2021年まで ・日本人初の月面着陸 2029年 ・砂漠の砂・海水を利用した自己増殖する太陽光発電所 ・超伝導送電で電力を世界中に供給するシステムの完成 2031年 ・第三次世界大戦の勃発 ・亡くなった人と擬似的に会話ができる 2065年 ・異世界人が現れる 2075年 ・1日4食が当たり前 ・ゴキブリ を調教して芸を学ばせるのが1つのブーム ちなみに、盲目の予言者「ババ・ヴァンガ」の未来の予言とはまったく違いますね。

次の

世界の終わりを告げる「終末予言」

予言 一覧

— 2016 8月 12 5:01午後 PDT 過激発言をたびたび行う、トランプ大統領。 元々、彼の先祖がヨーロッパから移民し、先住民を迫害していた頃。 そのまた昔。 つまり、ホピ族からすれば、トランプ大統領ですら不法移民、というより侵略者。 遥か昔からの言い伝え ホピ族の言い伝えの中に、こういったものがある。 「私たちの住む、この場所は、アメリカ大陸の背骨であり、ヒマラヤなどと同様、地球の自然エネルギーの震源で、もしここが破壊されたら、全地球的な規模で変動が起きる」 つまり、ホピ族は代々、この地に眠る自然エネルギーが破壊されないよう、番人として長期間、同じ地に住み続けていた。 この言い伝えのように、ホピ族には、世界を創造したというグレート・スピリットから受け取った、太古の昔からの予言がいくつかある。 それは、代々口述のみで言い伝えられ「ホピの預言」と呼ばれている。 言葉以外にも、第三次世界対戦は日本が中国に加担し、始まることを示唆する一部欠けた石版もあるという。 奪われた故郷 他のネイティブアメリカンたちは入植者に土地を奪われた。 ところが、ある時ホピ族は、厳粛に守り続けたこの故郷フォーコナーズを、離れなければならなくなったのである。 それは、1940年以降始まる、アメリカ合衆国のマンハッタン計画という核開発のためである。 原爆製造のために必要な材料「ウラン」がホピ族の住む土地に埋まっていたのである。 そのため、この場所を守り続けたホピ族は、政府によって居住地を移動させられることを余儀なくされた。 微力ながら、抵抗の甲斐あって、先住民を尊重する意図で、近くにつくられた居住地にホピ族は移動させられたのだが、そのせいでつぎつぎ肺ガンの犠牲になり、ホピ族の人々は死亡していくのである。 不毛の地と呼ばれたこの場所が、所謂「コロラド高原の悲劇」と「原爆」を生み出すこととなった。 今まで、外部の人間に知られないよう伝えられてきた預言であるが、こうした状況を見兼ね、ホピ族の長老はこの預言を世界に公開しようとしたのである。 ホピ族が言い伝え通り、守ってきた地に眠っていた自然のエネルギーとは、まさか、よりにもよってウランだなんて驚きである。 この言い伝えですら、何かを知ってる者からの予言に思えて仕方がない。 預言を公開するため、第二次世界大戦終了後、ホピ族の長老トーマス・パニャック氏は、ある預言を、人類に対する警告書として国連本部に送ったのである。 現在の世界は、まず白い肌の人間の文明が栄える。 次第に彼らはおごり高ぶり、まるで地上の支配者になったように振舞う。 白い兄弟は馬に曳かれる車に乗ってやってきて、ホピ族が幸せに暮らしている土地を侵略する。 その後、大地は、馬に曳かれない車の車輪の声で満たされるだろう。 そして、牛のような姿で大きなツノを生やした獣が多数現れるだろう。 次に、白い肌の人間は「空の道」を作り、空中に「くもの巣」をはり、陸上にも「鉄の蛇」が走る無数の線を張りめぐらす。 やがて、「第一の炎の輪」の中での戦いが始まり、しばらくすると、「第二の炎の輪」の中でも戦う。 そのとき白い兄弟たちは恐ろしい「ひょうたんの灰」を発明する。 この灰は川を煮えたぎらせ、黒い雨を降らせ、不治の奇病をはやらせ、大地を焼き尽くして、その後何年も草一本生えないようにする。 そして白い肌の人間たちは、空のかなたで見つめるタイオワ(グレート・スピリット)の怒りと、警告に気づかず、ますますおごり高ぶって、とうとう「月にはしごをかける」までになる。 その時期は、「空に大きな家を作るとき」である。 そして、地上の天国で、大きな墜落で落ちる住居のことを聞くでしょう。 そしてそれは青い星として現れるだろう。 この後すぐに、私の民の儀式は中止される。 以上の、預言が示すことは、こういうことなのではないだろうか ・白い肌の人間が到来する、そしてその者たちの文化が栄え、地上の支配者のように振る舞う ヨーロッパ系の人々によるアメリカ大陸の侵略その後の繁栄。 ・ 馬に曳かれない車輪の声で満たされる 自動車が走り回る様子のこと。 ・ 牛のような姿で、大きなツノを生やした獣が現れる バッファローに似た角が生えた獣の流入。 もしくは、牧畜のために持ち込まれたヨーロッパ産の牛のこと。 ・「空の道」 飛行機のこと。 ・いたるところで鉄のヘビが大地を横切る 鉄道のこと。 ・空中に「くもの巣」がはられる 電線や電話線。 もしくはインターネット、WEBのこと。 ・「第一の炎の輪」「第二の炎の輪」 第一次、第二次世界大戦のこと。 ・「ひょうたんの灰」を発明する。 (この灰は川を煮えたぎらせ、黒い雨を降らせ、不治の奇病をはやらせ、大地を焼き尽くして、その後何年も草一本生えないようにする。 ) 原子力爆弾のこと。 ・ダイオワの警告 異常気象、急な火山噴火など。 預言が抽象的なため、拡大解釈になっている部分はあると思うが、これらのことは、思い当たる節が有り、本当に的中させているのでないかと思わずにはいられない。 問題はここ 最近のニュースでこういったものがある。 イギリスの「Daily Mail」紙のレポートによると、それは2011年に打ち上げられた中国の宇宙ステーション(軌道上実験モジュール)「天宮1号」が制御不能状態に陥り、2017年に地球に落ちてくるということである。 これが、先程のホピの預言にある「 大きな墜落で落ちる住居」のことでは、ないだろうかと話題になっているのだ。 もし、この衛星の落下時、青い光をまとっていれば、かなり預言に近い形になってしまうのである。 以前から、預言のこの部分「 青い星として表れるだろう」について、有力な説として、オリオン座のベテルギウスの超新星爆発。 もう一つは、ホームズ彗星の大爆発。 が挙げられている。 しかし、天空の住居について、なにも聞いたことがない。 計画をしている人は少なからず存在するのだろうが、実現の目処は立ってないに等しいであろう。 まだまだ世界は滅亡しない、はずだ。 ほんまかよ ノストラダムスの大予言をはじめ、今まで数々の世界滅亡の予言があったが、どれも的中していない。 もしや、筆者が気付いていないだけで、どこぞのスーパーヒーローが私たちを救ってくれているのか。 はたまた予言がただの嘘っぱちなのか。 特に、筆者は後者を信じたい。 しかし戦争や震災等の災害、我々が多くの困難を迎える時、こういった噂や予言が数多く世界では飛び交うこととなる。 そういったものの殆どが、ただのこじつけであったり、情報元がない等の、文字通り根も葉もない物が多いのである。 今回のように言い伝えや、石版が存在し、信憑性の高いものが、存在することも確かである。 しかし大切なことは、ネガティブな予言に振り回され、大騒ぎすることよりも、今を生きる我々は、そういった予言が予言通りにならないよう、どこぞのスーパーヒーローになれるように努めるべきではないのだろうか。 参照元:、、、 この記事を友達にシェアしよう!

次の