予備校 ランキング。 美術予備校ガイド|本気で美大受験を目指すなら!【2020年度最新版】

中小企業診断士の予備校・通信講座のおすすめ人気ランキング|厳選11社を徹底比較!

予備校 ランキング

「中小企業診断士の勉強のために予備校を探してるけど、数が多くてどこを選べばいいのか分からない・・・」 そんな風にお悩みの方もいらっしゃるかと思います。 中小企業診断士の試験は極めて難易度が高く、合格を掴むために予備校や通信講座を利用する人は非常に多いです。 その需要に合わせて数多くの学校が中小企業診断士講座を展開していますが、正直 どこがどう違うのかよく分からないという方が多いのが実情です。 そこでここでは中小企業診断士講座を開講している予備校11社を徹底調査して、 それぞれの講座の特徴やおすすめの選び方まで解説します! これを読めば中小企業診断士の講座選びはバッチリです! 中小企業診断士の予備校の選び方 それぞれの予備校の特徴を確認する前に、まずは予備校選びの際に意識しておくべき「4つのポイント」をご紹介します。 強制力を働かせて毎週決まった時間に勉強したいという方や、他の受講生の姿をみて刺激を受けたいという方は予備校に通学するのがおすすめです。 一方で、仕事が忙しく予備校に通う時間が取れないという方や、移動時間などのスキマ時間を活かして勉強したいという方は通信講座の方が向いているでしょう。 ちなみに予備校でも校舎に足を運ばずに受講できる「通信コース」が用意されていますが、 通信の場合は「通信講座専門の会社」を選択するのが無難です。 なぜなら、 通信講座を専門とする会社と比べて、予備校が提供する通信コースは価格が10万円以上高くなってしまう上に、 通信に特化した会社の方がスマホを活かしたオンライン学習システムが優秀だからです。 したがって、通学を希望するのであれば予備校を、通信であれば通信講座専門の会社を選ぶのがおすすめです。 予備校の場合、 通学コースの費用相場はおよそ26万円前後となっています。 通信コースの場合は価格はやや安くなり、23万円前後が相場となります。 通信講座を専門とする会社の場合、 相場価格は8万円です。 予備校との価格差が非常に大きいですが、これは通信講座では校舎の維持費などの固定費が予備校に比べて極めて小さいことなどが主な理由となっています。 特に予備校の費用は非常に高いので、できるだけ講座費用を抑えたい方は通信講座の中から講座選びを進めるのが良いでしょう。 各講座が提供してくれる価値を正確に把握して、 自分が求めるポイントに合った講座を選ぶことが大切です。 また注意すべきなのが、価格が高い講座が必ずしも優れたサービスを提供しているとは限らないという点です。 受講料が高い講座をチェックする際は、本当にその価格に見合うサービスなのかも考える必要があるでしょう。 予備校への通学に1時間もかけてしまうと、 日々の学習時間が大きく減ってしまう上に、交通費や移動のストレスも無視できません。 自宅や職場、学校から通いやすい予備校を選ぶことが極めて大事なので、それぞれの予備校がどこに校舎を構えているのかはしっかりと把握しておきましょう。 中小企業診断士の予備校・通信講座ランキング 1位:スタディング 中小企業診断士の通信講座で 最もおすすめなのがスタディングです。 スタディングは仕事が忙しい人でも合格を目指せるように、 スキマ時間を最大限生かした効率学習が大きな売りとなっています。 また、短期間で合格した人の勉強法を徹底分析したうえで講座を開発していることから、 忙しい人でも短期間で合格できるという驚異のクオリティを誇る講座であるといえるでしょう。 忙しい人に特におすすめの講座 スタディングの講座は、数ある通信講座の中でも特にスマホ学習機能に優れており、通勤電車の中などの 隙間時間を活用して効率よく勉強を進めることができます。 講義動画を中心に、多様なニーズに対応する問題集や、2次試験では解答のプロセスを理解するための講座が用意されているなど、 スマホ1つで1・2次試験の対策をしっかり行える学習体制が整っています。 これにより、忙しい人でも十分な実力を身につけて合格まで突き進むことができるでしょう。 スタディングを受講した人の声 スタディングの中小企業診断士講座を受講した人の声として 「 初めて講義動画を見たときに、全く分からなかった分野がよく理解できてびっくりした!」 「 合格に必要な力を効率よく身につけられるクオリティの高い教材でした。 」 など、 スタディングの教材のわかりやすさや内容の充実度を評価する声が多く挙がりました。 スタディングは、忙しい人でも効率よく合格できる充実の教材であることが言えるでしょう。 講座価格の安さは大きな魅力 スタディングの中小企業診断士講座は、1次・2次試験対策がセットとなっている講座のみであり、 受講価格は53,790円(税込)です。 これは、通信講座の相場である8万円と比較すると 3万円ほど安い値段であるといえ、リーズナブルな価格で質の高い試験対策を行うことができます。 忙しくて勉強時間をあまりとれない人や、低価格で講座を受講したい人に特におすすめの講座であるといえるでしょう。 2位:資格の学校TAC TACは資格学校として圧倒的な認知度を誇る大手予備校です。 数多くの資格講座を取り扱うTACですが、その中でも 中小企業診断士講座は主力講座の1つです。 TAC出版の市販テキストも毎年売上1位を記録しており、信頼度はこの上なく高いと言えるでしょう。 合格実績に優れた予備校 TACは予備校の中でも非常に優れた合格実績を持っており、2019年度の中小企業診断士合格者数(2次試験合格者数)はなんと179人でした。 ここまで多くの合格者数を輩出している予備校は他になく、 中小企業診断士講座の中でも随一の存在感を放っています。 この結果からもTACの講座クオリティの高さが伝わってくるでしょう。 TACの講座評判 TACの中小企業診断士講座を受講した人の感想として 「 試験対策に必要な知識を効率よく習得できました。 」 「 TACで出会った仲間とともに励ましあいながら合格を目指すことができました」 など、 合格実績に見合う講座内容を絶賛する声や、予備校ならではの仲間との出会いに助けられたという声も聞かれました。 講座費用はベーシック TACの中小企業診断士講座の受講料は以下の表のようになっています。 これは、 予備校の通学コースの相場価格とほぼ同じであることから、ベーシックな価格帯で講座を受講することができるでしょう。 3位:診断士ゼミナール 診断士ゼミナールは中小企業診断士の講座を専門に扱う会社です。 1を獲得しています。 ここから、多くの方々から支持を集める信頼ある講座であることが伺えるでしょう。 合格に一歩ずつ近づくこだわりの教材 診断士ゼミナールの 教材は合格にとことんこだわったクオリティの高いものとなっています。 フルカラーで図表を多用したわかりやすいテキストや、自慢の講師が重要ポイントを中心に丁寧に解説してくれる映像講義など、 難易度の高い中小企業診断士の内容をわかりやすく理解できるものとなっています。 これらのこだわりの教材は診断士ゼミナールならではといえるでしょう。 診断士ゼミナール受講者の評判 診断士ゼミナールの講座を受講した人の感想として 「 すべての科目で解説がとても分かりやすかったです。 」 「 試験で必要なポイントとそうでない点をはっきり教えてくれたので、とても勉強しやすかったです。 」 など、 診断士ゼミナールこだわりの教材のわかりやすさについて高く評価する声が続出しました。 リーズナブルな講座価格で受講可能 診断士ゼミナールの講座価格一覧は以下のとおりです。 4位:KEC中小企業診断士講座 KECは中小企業診断士の受験生には有名なハイレベル予備校です。 教室でのライブ講義がメインであり、会社自体の規模はそこまで大きくはないものの、 確かな合格実績を持つ注目の予備校です。 少人数指導が魅力 KECの最も大きな特徴は少人数クラスによる 「双方向ライブ授業」です。 講義では講師から受講生に対して沢山の質問が飛ばされるので、一方的に講義を聞くだけの状態にならず、常に主体的に学習に取り組むことができます。 また2次試験対策となる 講師を交えたディスカッションの機会も豊富であり、確実に実力をつけることができるでしょう。 KEC受講生の評判 KECの中小企業診断士講座を受講した人の声として 「 ディスカッションを通じて自分では気づかない見方や考え方を得られ、見識を広げられました。 」 「 ディスカッションを通じて多面的な考えに触れることができました。 」 など、KEC自慢の 少人数制授業によって知識を深められたという声が多く挙がりました。 講座費用は最高値 KECの受講料は次のようになっています。 ただしコース名は「1次2次ストレート合格パーフェクトコース」を「1次2次パーフェクト」のように略記しています。 コース 価格(税込) 1次2次パーフェクト 368,000円 1次2次プレミアム 448,000円 1次2次上級(経験者) 280,000円 2次パーフェクト 247,500円 KECは中小企業診断士講座の中で 最も講座費用が高く、初学者向けコースのうち最高のものはなんと45万円も必要となります。 予備校の相場よりも20万円近く高額なので、受講するかどうかは慎重に判断する必要があるでしょう。 5位:クレアール クレアールは通信講座でありながら 予備校に近いレベルのサポート体制を持っているのが特徴です。 特に通信講座では珍しく添削指導がついているのが魅力的であり、2次試験対策もしっかり行うことができるようになっています。 独自のメソッドの非常識合格法が売り クレアールでは独自の学習メソッドである 「非常識合格法」による講座内容が大きな売りとなっています。 これは、過去問の傾向を徹底分析して合格に必要な知識を厳選することで、 最も効率よく合格ライン突破を狙える学習スタイルとなっているのです。 このメソッドのもとテキストや講義がしっかりと練られていることから、自然とクレアールこだわりのメソッドを実践できるのです。 クレアール受講者の口コミ クレアールの中小企業診断士講座を受講した人の声として 「 動画講義とテキストを繰り返し見ることで合格にたどり着くことができました。 」 「 クレアールの添削指導で丁寧なアドバイスを受けることができました。 」 など、クレアールの こだわりの非常識合格法を使って合格までたどり着くことができたという声が特に多く挙がりました。 講座価格は通信講座の中では高め クレアールの講座価格一覧は以下のとおりです。 (1次2次ストレート合格スタンダードコースは「スタンダード」、1次2次ストレートパーフェクトコースは「パーフェクト」と省略して表示しています。 ) 6位:LEC東京リーガルマインド LECはビデオブースで講義動画を視聴する形態が主流の予備校です。 一部の校舎では教室で講義が行われますが、基本的には 通学の場合も録画したビデオ講義を教室で受講する形になります。 通学でもWEB講義がメイン 上述のようにLECはビデオ講義がメインなので、それぞれの校舎で担当の講師が違っているということはなく、 地域によらず人気講師の講義を体験することができます。 ただし、教室講義と比べると強制力がやや弱くなる点や、他の受講生との交流の機会が少ない点には注意が必要です。 LECの受講生の口コミ LECの中小企業診断士講座を受講した人の声として、 「 わからないときにはチューター機能を使って丁寧に回答してもらいました。 」 「 教材は過去問を中心に洗練されたものだったので学習しやすかった」 など、 LEC自慢のオリジナル教材の質の高さを評価する声が多かったほか、サポート体制も従事ていたという声も上がりました。 比較的低価格なので受講しやすい LECの中小企業診断士講座の価格は次のようになります。 コース 通学価格(税込) 通信価格(税込) 1次2次プレミアム 275,000円 253,000円 1次ストレート 220,000円 209,000円 1時2次プレミアム1. 5年 297,000円 275,000円 初学者向けのプレミアムコースで275,000円と、 相場通りの価格で講座を受講できるでしょう。 また早期割引として、数万円の割引を受けられる講座も多いのでそちらも忘れずにチェックするようにしてください。 7位:資格の大原 電車内の広告などで資格の大原を目にされたことのある方も多いかと思います。 大原も中小企業診断士講座を全国で展開しているので、職場や学校の近くに校舎があるという方も多いでしょう。 教材は分かりやすさ・使いやすさを重視 大原の教材は使用感に拘って作成されており、テキストは見開き左側のページに解説、右側のページで図解という構成になっているので、視覚的に理解を深められるようになっています。 また 中小企業診断士講座は通学だけでなく通信にも力を入れており、通信コースである「中小企業診断士30」は予備校の中ではトップクラスの利便性を持つオンライン講座となっています。 講座費用はやや高め 大原の受講料は以下のようになっています。 コース 価格(税込) 1次2次合格コース(通学) 298,000円 1次2次経験者(通学) 300,000円 中小企業診断士30(通信) 198,000円 大原の講座費用は通学だと30万円ほどの値段であり、 やや高めの価格設定であるといえるでしょう。 また、通信コースも相場価格の倍以上と高めとなっているので、受講の際にはよく考えることをおすすめします。 8位:資格スクール大栄 大栄は全国に100校舎以上という圧倒的なネットワークを持つ大手資格学校です。 通学コースはもちろん通信コースにも力を入れており、 通信のオンライン学習システムは通信講座である「資格スクエア」と提携し、その技術を活用しています。 資格スクエアは通信講座に特化した資格学校なので、通学がメインである他の予備校よりも スマホやPCを使った学習の利便性は高いと言えるでしょう。 一方で、通信で受講することを検討しているのであれば、 そもそも最初から通信講座特化の講座を選んだ方が良い場合が多いです。 2次対策のみを実施している予備校を一気に紹介 予備校の中には2次試験対策に特化しているものも存在します。 1次試験は合格できたけど 2次試験がどうしても合格できない、という方におすすめの予備校となっています。 講座費用は100,000円から200,000円の間であり、決して安いとは言えません。 AAS AASは通学コースと通信コースのどちらも存在する2次試験専門校です。 講師の方は ベテラン講師だけでなく近年の試験で合格した方もいらっしゃるので、自分と近い目線で合格をサポートしてくれるのが魅力です。 校舎は東京や大阪、名古屋などの大都市にしかないので、通学できる距離にない場合は通信コースを選ぶことになるでしょう。 TBC受験研究会 TBCは1979年に発足した歴史のある2次試験専門校です。 9人の主任講師を中心に、非常に多方面で活躍されている方が講義を行ってくれます。 中小企業診断士の試験後に受けるの講師として活動している方もいらっしゃり、講師陣のレベルは非常に高いと言えるでしょう。 MMC 3つある2次試験対策予備校の中でも、 最も受講生に広く知られているのがMMCです。 MMCは合格実績の高さが人気の予備校であり、これまで数多くの合格者を輩出しています。 一方で講座費用は3校の中で最も高く、1年間の通期コースで326,700円となっています。 講座 講座の特徴 講座費用 スタディング おすすめNO. 1講座 激安 TAC 業界随一の合格実績 高額 診断士ゼミナール 最安値の診断士講座 激安 KEC ハイレベル少人数指導 超高額 クレアール 予備校と通信の中間 安い LEC WEB講義がメイン 普通 大原 割安な通信コース 高額 大栄 資格スクエアと提携 高額 AAS 2次専門 高額 TBC 2次専門 高額 MMC 2次専門 超高額 このように並べてみると、一口に予備校といっても それぞれ特徴や魅力・推しポイントが違うことが分かります。 また、通信講座は総じて非常に低価格であり、費用を大幅に抑えて講義やサービスを利用することができると言えるでしょう。 特に1位のスタディングは価格の安さと講座クオリティの高さを併せ持つおすすめ講座となっています。 特に忙しい社会人におすすめの講座となっているので、ぜひ受講を検討してみてはいかがでしょうか? 中小企業診断士に独学は無謀? 中小企業診断士を目指す方の中には、独学でチャレンジされる方も一定数いらっしゃいます。 しかし中小企業診断士の資格は非常に難易度が高く、独学での合格は想像以上に困難な道のりです。 2次試験の存在により戦略的にも不利 中小企業診断士試験の独学合格が難しい要因として 2次試験の存在が挙げられます。 中小企業診断士の2次試験では非常に高度な論述問題が出題されます。 そして問題文のポイントはどこなのか、どういったことに気をつけて解答を作成すれば良いのかといったことは、試験のプロによる指導がほとんど必須となっています。 なぜなら独学で学習を進めていると自分の考え方の間違いに気づけず、 いつまでたっても点数が上がらないという事態に陥りやすいからです。 もちろん独学でテキストから解答のコツを学んでいくことも不可能ではありませんが、講義を聞いて理解するよりも学習効率は大きく落ちてしまうでしょう。 このように競争率の激しい資格なので、合格ラインを争う受験生はほとんどが予備校や通信講座を利用して勉強しています。 次回の試験日程をチェック 平成31年度の中小企業診断士試験の日程は次のようになっていました。

次の

国内MBA予備校の口コミ!おすすめランキング

予備校 ランキング

予備校の寮を利用すれば、時間を効率的に使える! 大手予備校の中には寮を持っているところがあります。 主に浪人生を対象にしたプランなのですが、現役の学生が利用しているケースもあるようです。 学生・浪人生向けのアパートやマンション等があるにも 関わらず、なぜ予備校の寮が選ばれているのでしょうか。 機能や使用感なども考えつつ、その魅力に迫ります。 予備校の寮とは 全国各地に予備校はありますが、名門大学に生徒を多く排出しているような大手予備校はほとんど首都圏に集中しています。 中には長時間電車に揺られて通学している方や、そもそも通える距離に予備校がないといった方もいるでしょう。 そのような方には「寮」がお勧めです。 毎日片道30分かかる場合、往復で一日1時間のロスが生じます。 週に3日通っているのならば、一ヶ月で12時間も無駄にしている計算です。 電車の中で勉強できるといっても限りがあります。 その時間を寮で丸々勉強できるのならばどうでしょうか。 大学入試までの時間は有限です。 大切な時間を効率的に使うためには寮が適しているのです。 予備校の寮は、いわゆる社員寮や大学の学生寮とは異なり「勉強をするための場所」です。 ほとんどの寮に厳しい門限が設定されているため、夜まで出歩くことができません。 賃貸では門限が無いので緊張感が緩むに連れて、夜遊び・遅帰りが多くなりがち。 しかし、門限に厳しい寮生活ならば気が緩む暇もありません。 自分でスケジュール管理をするのが苦手という方でも、自然と机に身体が向くので安心です。 また食事付きの寮ならば、自炊の時間もすべて勉強にあてられます。 食事を作ったり片付けたりする時間は意外と長く、それを毎日するとなれば相当なロスです。 また食事付きならば栄養も満点。 美味しいものを食べればやる気や集中力もアップします。 寮生活のデメリット 予備校の寮は門限が厳しく、また娯楽も限られているため、人によっては苦痛を感じるかもしれません。 自分のペースで勉強したい方や、プライベートも重視したい方には向いていません。 違反を続けると強制退寮になる可能性もあります。 入寮する前に規約を守れるかどうか考えてみましょう。 予備校や寮によってルールが異なるので、自分に合った条件かチェックすることも忘れずに。

次の

予備校ランキング|おすすめの大学受験予備校の比較ランキング(費用・評判・勉強法)

予備校 ランキング

公務員試験の対策として、通信教育、予備校通学、独学の3つのパターンがあります。 おそらく、公務員試験の受験を決意した段階で、誰もが悩むことだと思います。 通信、通学、独学のメリット・デメリットを紹介しますので、参考にしていただければ、と思います。 WEB・DVD通信教育・講座 自宅でWEB・DVDによる講義を視聴することができるので、通学など無駄な時間を削減することができます。 また、公務員予備校のノウハウが詰まったテキストによって要点を絞った・効率的な試験対策をすることができますので、個人的におすすめの手段です。 通信講座は忙しい会社員・アルバイトとして働く、社会人・学生に評判が良い公務員試験対策です。 また、欠点は一人で勉強するのが苦手だと続かないということです。 ある程度は「公務員試験合格!」の意識の強さが必要になってきます。 *集団・個別面接指導、論文・作文添削、適性試験・検査、公務員模試などのサポートをしてくれる通信予備校も多いです。 メリット• 要点を絞った効率的な試験対策ができる• 通学に比べて費用が安い• 忙しい会社員・学生でも空いた時間に学習できる デメリット• 予備校に行く回数が少ないので友達を作りにくい• サボろうと思えばいくらでも妥協できる• 今すぐ直接質問・指導を受けるのは難しい 通学教室・予備校 通学教室では同じ公務員試験合格を目指す仲間と勉強することになりますので、友達を作りやすいメリットがあります。 また、仲良くなれば、公務員試験情報の交換もできますし、モチベーションは上がるでしょう。 さらに、公務員試験のノウハウを持った、専門講師が授業してくれますので、集中して勉強しやすい環境を作ることができますので、中身の濃い学習をすることができます。 しかし、デメリットで言うと、通信教育に比べて費用が高いため、そちらに流れている受講生も多いようです。 また、自宅から距離が遠い方や忙しい会社員の方にとっては通学は過酷なモノになってしまう場合があります。 費用は多少掛かっても、公務員試験に専念したい!という方におすすめです。 メリット• 公務員専門講師の授業を生で聴ける• 一緒に公務員を目指す友達を作りやすい• 妥協しにくい環境を作ることができる デメリット• 通信に比べて費用が高い• 通学に掛かる時間が無駄• 自分のペースで勉強を進めることができない 独学・市販テキスト 独学には公務員予備校のように、カリキュラムは存在しません。 そのため、自分の学びたい教科を好きな時間帯に勉強することができます。 自分の勉強方法に自信を持っていて、成績も合格圏内であれば、あえて公務員通信・通学講座を利用するメリットはないでしょう。 しかし、1つだけアドバイスをさせていただくと、公務員面接に限っては予備校の力を借りるべきだと思います。 理由は公務員試験の集団・個別面接・集団討論などは民間企業とは求められることも、対策方法も異なるのです。 そのため、学校の先生や周りの方で適格なアドバスができる人はほとんどいないはずです。 面接のみの講座を開いている公務員スクールもありますので、利用の検討をおすすめします。 メリット• 自分のペースで勉強ができる• 費用を最小限に抑えることができる デメリット• 筆記・面接対策の効率が悪い• 間違った対策を指摘してくれる人が居ない 公務員予備校Q&Aコーナー.

次の