ピーナッツ バター サンドウィッチ ドラマ。 ピーナッツバターサンドウィッチのキャスト・あらすじは?原作も!|むびぱら

ドラマ「ピーナッツバターサンドウィッチ」を見逃し配信している動画配信サービス

ピーナッツ バター サンドウィッチ ドラマ

ドラマ「 ピーナッツバターサンドウィッチ」が放送される局と日時は以下の通りになります。 スカパーでも放送はありません。 椿 — 作穂香• 小林 — 伊藤健太郎• 権田所長 — 伊藤修子• 片桐沙代 — 堀田茜• 森本美晴 — 瀧本美織• 山下美和 — 筧美和子• 松岡茜 — Niki• 時田優斗 — 奥野壮• 田中涼太 — 佐藤流司• 金子慎 — 吉田仁人(M! LK)• 青木晴空 — 濱正悟• 五十嵐修 — 濱尾ノリタカ• 津田健二 — 一ノ瀬竜• 笹山巧 — 忍成修吾 どんなドラマ? 物語の主人公は、爽やかイケメン教師・愛田凛太郎。 学園でも女子生徒からダントツの人気で、「ラブリン」の愛称で親しまれている。 そんな愛田先生が担任するクラスでは、生徒の桜井幸子に対して、毎日不快なイタズラが続いていた…。 正義感が強い愛田先生は、幸子がイジメられる度に助けに向かい、優しく手を差し伸べる。 しかし、いつだって皆の人気者の愛田先生には、あるとんでもない秘密が…!実は、幸子をいじめていた犯人は、愛田先生本人だったのだ! 幸子が好きすぎるあまり、自分でイジメて自分で救う、自作自演の救出劇を繰り返し、幸子のヒーローを装う愛田先生。 歯止めがきかないこの恋は、果たして純愛なのか・・・?! mbs. 2017年11月27日から女性ファッション誌「with」(講談社)の公式サイトである「with online」で配信連載中。 「with」の読者アンケートを元に、謎の政府機関「ピーナッツバターサンドウィッチーズ」とともに婚活に奮闘する20代の女性4名の姿を描く。 wikipedia.

次の

ピーナッツバターサンドウィッチ(ドラマ)放送地域や放送時間は?キャストや主題歌も調査

ピーナッツ バター サンドウィッチ ドラマ

ドラマ『ピーナッツバターサンドウィッチ』の1話~最終回まで無料見逃し動画の配信先 2020年春ドラマ『ピーナッツバターサンドウィッチ』のテレビ放送を見逃してしまった、再放送はいつあるの?という方のために、無料フル動画を配信しているサイトを調べてみました。 で視聴できますが、視聴中に広告が入る上、1週間をすぎると視聴できなくなります。 女性の幸せが多様化する現代だが、それでもやはり「結婚したい」と願う女性は少なからず存在する。 彼らは、世の婚活女子を監視・分析し、サポートしていく秘密の機関なのだ…! 新人研究員の椿(矢作穂香)、データ至上主義のクールな頭脳担当・小林(伊藤健太郎)、そして所長の権田(伊藤修子)が研究対象に選んだのは、ヨガ教室でつながる4人の女性。 努力すれば何でも手に入ると思っている、バリキャリOL沙代(堀田茜)。 長過ぎる交際に、結婚への希望も薄まっていく看護師、美晴(瀧本美織)。 求められるとすぐに体を許してしまう、自己評価の低い信用金庫OL美和(筧美和子)。 誰もが振り向く美貌の高嶺の花なのに、どこか影のある秘書、茜(Niki)。 自分の手で幸せを掴むため、4人が始めたのは「婚活」。 PBSの監視のもと、4人の恋が動き出す! 彼女たちを待ち受けていたのは、人生を変えてしまう出会い?それとも…!? 仕事も友情も、恋の痛みも、トキメキも。 女性のリアルを詰め込んだ婚活奮闘記! 婚活サポート機関と、崖っぷちアラサーOL4人がおくる、新感覚・ラブコメいよいよ開幕! 『』より 第2話あらすじ 青木(濱正悟)との「一夜のハプニング」に戸惑いながら、仕事に一生懸命な自分を見守ってくれていた先輩・笹山(忍成修吾)の存在に気づいた沙代(堀田茜)。 マッチングアプリで出会った時田(奥野壮)と、6年同棲中の彼氏・涼太(佐藤流司)の間で揺れ動く美晴(瀧本美織)。 都合よく呼び出されるだけの慎(吉田仁人)と真剣交際に発展せず、恋愛強者の茜(Niki)の恋愛観に反発を覚える美和(筧美和子)。 そして接待先で思わぬ人物と出会ってしまった茜。 アラサー婚活女子4人の、それぞれの恋が動き始める中、婚活サポート機関・ピーナッツバターサンドウィッチーズの椿(矢作穂香)も潜入捜査で活躍!小林(伊藤健太郎)の分析によると、1人の婚活女子は狙いを定めた男性にとる行動パターンを示しているというが…!? 恋と友情が揺れ動く、波乱の第2話! 『』より 第3話あらすじ 自信が持てない美和(筧美和子)は、「可愛い」と自分を肯定して必要としてくれる慎(吉田仁人)から、中々離れられずにいた。 取引先の営業部のリーダー・五十嵐(濱尾ノリタカ)からご飯に誘われた茜(Niki)は、年収がイマイチだから条件的にはナシだと言いながらも、食事に行くことに。 五十嵐は、背伸びをして、普段は絶対行かない高級店を茜のために予約していた。 そんな中、PBSの小林(伊藤健太郎)の調査によると、2人は以前に会ったことがあることが判明。 しかし、茜が五十嵐に取る態度はいかにも初対面。 どうやら茜には、今の姿からは想像もできない、誰にも触れられたくない過去があるようで…。 沙代(堀田茜)は、運命の人だと信じる笹山先輩(忍成修吾)から「話したいことがある」と、言われて誘われた2回目の食事会に心が躍っていた。 ブツブツ文句を言いながら張り付いていた椿(矢作穂香)も、調査対象者を知るごとに少しずつ心境に変化が訪れていた。 新しい恋がそれぞれの方向に転がり始めたドキドキの第3話! 『』より 第4話あらすじ マッチングアプリで出会った時田(奥野壮)との2回目のデートで、終電を逃した美晴(瀧本美織)。 一方、彼氏の涼太(佐藤流司)は、5か月ぶりに美晴をベッドに誘うも、かつてのような丁寧な扱いは消え、するだけしてすぐに寝るという雑な扱い。 PBSでは、権田所長(伊藤修子)が大好きな、この「セックスレス問題」について話し合われていた。 小林(伊藤健太郎)の分析によると、交際は長ければ長いほどレスになる傾向にあり、特に「交際3年目の試練」があるという。 「やるべきか、やらざるべきか」ノリノリで議論する権田と小林にドン引きの椿(矢作穂香)。 茜(Niki)は、中学の同級生だということを伝えられないまま、五十嵐(濱尾ノリタカ)と動物園デートに出かけていた。 このデートで茜は、これまであまり感じたことのないある感情に気づくことに。 帰り際、偶然にも以前デートをして茜が「つまらない」と暫く連絡を絶っていた学歴・収入・全てがパーフェクトな津田(一ノ瀬竜)と鉢合わせてしまう。 楽しかったデートは一転して修羅場に…。 時を同じくして、笹山先輩(忍成修吾)とご飯に来ていた沙代(堀田茜)。 もしかして…という期待が心にちらつく中、先輩からある告白を聞かされて…!? 美和(筧美和子)は街を歩いていると、突然呼び止められたのだが、その相手がまさかの…。 順調に見えたそれぞれの婚活がまさかの展開に!? 激動の第4話! 『』より 第5話あらすじ 慎(吉田仁人)の彼女に道端で鉢合わせ、修羅場に直面する美和(筧美和子)。 小林(伊藤健太郎)から、男性に尽くしすぎる恋愛をしたことがある女性の分析がされるが…。 紗代(堀田茜)は、笹山先輩(忍成修吾)が後輩のまみと結婚すると知り、失意のどん底から抜け出せず…。 茜(Niki)は、五十嵐(濱尾ノリタカ)が、中学の同級生だと実は気づいていたと知り、戸惑いが隠せず彼からの連絡にも応えられないまま…。 婚活崖っぷち!前途多難な第5話! 『』より 第6話あらすじ 涼太 佐藤流司 の浮気現場を見てしまった美晴 瀧本美織。 家で涼太にそれとなく今日の出来事を聞いてみるものの、帰ってくる答えは明らかに嘘と思われるものだった。 過去の調査で起こったおぞましい復讐劇を聞き、怯える椿 矢作穂香 だったが、権田 伊藤修子 と小林 伊藤健太郎 はどうやら私生活でも修羅場を経験済みのよう。 涼太に裏切られた美晴がとった行動は果たして…!? 一方、慎 吉田仁人 との恋愛で思い詰める美和 筧美和子 を見かねて、茜 Niki は美和を占いの館へ誘い出す。 しかしそこで待っていたのは占い師の格好をした椿。 突然の任務に焦った椿は、まだ知らないはずの美和のフルネームを呼んでしまい…!? PBSに前代未聞の危機が勃発!? 沙代 堀田茜 は会社からの帰り道、青木 濱正悟 に浮気をされたことがあるかと聞く。 初めて青木の恋愛を聞く沙代だったが、対岸の道でとんでもないものを見つけてしまい…!? それぞれの気持ちが交差し、事態は思いがけない方向へ…!! 事件勃発の第6話。 『』より 第7話あらすじ 沙代 堀田茜 に浮気疑惑を問い詰められた涼太 佐藤流司。 しかし涼太は浮気をしていなかったどころか、女友達に協力してもらいプロポーズの準備をしていたという。 時を同じくして、涼太が浮気をしていると誤解したままの美晴 瀧本美織 は、長すぎた春に決着をつけるため、そして時田 奥野壮 への気持ちに応えるため、涼太と別れて時田と付き合うことを決める。 時田と一夜を共にし、帰宅した美晴を待っていたのは、プロポーズをしようとしていた涼太で…!? よりにもよってこのタイミングで、何年も待ち続けた涼太からのプロポーズ。 美晴は、自分のしてしまったことの大きさに打ちひしがれ、自己嫌悪に苛まれていた。 PBSでは、「彼氏や旦那に言っていない秘密はあるか」というアンケート調査をもとに話し合いが行なわれていた。 小林 伊藤健太郎 は秘密の無い恋愛の方が、むしろ珍しいという。 椿 矢作穂香 は「嘘は隠し続けられない」と言い、権田 伊藤修子 は「私なら嘘を付き続けて浮気相手と本命の両方を楽しむ」と言うが、美晴が出した結論は…。 そして、3人のすれ違いが前代未聞の修羅場へ突入!? 絶体絶命の第7話! 『』より 第8話あらすじ 時田 奥野壮 と涼太 佐藤流司 の狭間で揺れ、修羅場に発展してしまった美晴 瀧本美織。 美晴はこれまで過ごしてきた涼太との時間を振り返りながら、引き返せない後悔と大きな喪失感の中にいた。 一方、婚活サポート機関・PBSの3人も美晴の窮地に心を痛めていた。 小林 伊藤健太郎 と権田 伊藤修子 から、調査対象との接触をキツく禁じられてきた椿 矢作穂香 だったが、居ても立っても居られなくなってしまい…!? 「普通でいい」が口癖だったバリキャリ女子、沙代 堀田茜 「このままでいいのかな」が口癖だった看護師・美晴 「喜んでくれるかな」が口癖だった信用金庫勤務・美和 筧美和子 「退屈なのよね」が口癖だった社長秘書・茜 Niki 崖っぷち婚活女子4人の調査がついに終了!4人がそれぞれ選んだ未来は…! そして、PBSの新事実が明らかに!? ドラマ『ピーナッツバターサンドウィッチ』はテレビで2020年4月2日の木曜日に24:59から放送スタート!• 主演は椿役に「矢作穂香」さん・小林役に「伊藤健太郎」さんのダブル主演• 原作は講談社から刊行されている『ピーナッツバターサンドウィッチ』• 再放送は未定.

次の

ピーナッツバターサンドウィッチ【ドラマ】主題歌と歌手は誰?音楽曲を調査!

ピーナッツ バター サンドウィッチ ドラマ

努力すれば何でも手に入ると思っている、バリキャリOL沙代。 長過ぎる交際に、結婚への希望も薄まっていく看護師、美晴。 求められるとすぐに体を許してしまう、自己評価の低い信用金庫OL美和。 誰もが振り向く美貌の高嶺の花なのに、どこか影のある秘書、茜。 自分の手で幸せを掴むため、4人が始めたのは「婚活」。 政府の秘密組織、ピーナッツバターサンドウィッチーズも行動を開始する! 4人を待つのは、人生を変えてしまう出会い?それとも…!? 20代OL女子4人がおくるリアルすぎる婚活物語! テレビ神奈川 2020年4月2日から毎週木曜よる11:00~ チバテレ 2020年4月3日から毎週金曜深夜0:00~ テレ玉 2020年4月8日から毎週水曜深夜0:00~ とちテレ 2020年4月9日から毎週木曜よる10:25~ 群馬テレビ 2020年4月9日から毎週木曜よる11:30~ 大分放送 2020年4月17日から毎週金曜あさ10:50~... NIKIが喋るとドラマがドラマじゃなくなる 筧美和子との遣り取りは放送事故 「恋は桃色」の筧美和子はのびのび可愛いかったのに… NIKIの相手はさぞかし大変だった事でしょう でも、おそろしいことに「NIKIの棒セリフ」が、このドラマがつまらない理由のほんの1部分でしかない位しょうもないです 恋のエピソードがありきたりだし、女の子達の想いや行動に感動移入出来ないし、伊藤健太郎等の組織の意図も不明だし、ピーナッツバターサンドじゃなくてピーナッツバタートーストだし、その他細々とした事柄全てに納得がいかない 「まあ、どれだけしょうもないか、騙されたと思っていっぺん見てみて下さいよ」って言いたいなる位しょうもないです 死ぬほどつまらない。 放送事故。 まず脚本は最悪。 書いた人小学生ですか?東京の広さ舐めてんの?偶然遭遇系と辻褄が合わない点が多過ぎる。 伊藤健太郎の無駄。 婚活女子4人の演技力は皆無。 放送事故ですか?堀田茜眉毛がおかしいし、にわにきは園児レベルの演技力。 ドラマでるな。 瀧本美織はキャリア積んでる割に相変わらずヘタクソ。 この人たちの演技力のなさをカバーするためなのか顔面ドアップが多いけど、表情も固いからやめな。 カメラワーク初心者かよ。 こんなひっどいドラマ見たことない。 伊藤健太郎がオファー断れなかったのが可哀想。 つっまんねーーーー。 こんなの放送すんなよ。 演者も制作陣も、ドラマを見ている時間が誰かの人生の一部ってことを弁えて、もっと緊張感責任感をもってやりなよ。 こんなのありえないよ。 面白いやん、ここまで面白くなると思ってませんでした。 女性誌の読者の実際の体験談やアンケートをもとに作ったお話。 特に奇をてらったストーリーでもなく、多分ある種どこにでもありそうなお話というのがこのドラマの良さでしょ(あ、ピーナツバターサンドイッチ-ズはありえんけどw・・・)。 もちろん、この雑誌のターゲットの年代の人にとっては、自分や自分の友達とオーバーラップするところに共感や反共感があったりするのは当たり前ですよね。 まあ変なところもあるけど、毎回放送の後の手羽wでもけっこう見てるみたいですし、気になってる見てるって人もけっこういると思います。 はい、ランキング最下位なんで、頑張って擁護しました 笑。

次の