風雲児たち。 『風雲児たち~蘭学革命篇~』を観た!感動した!

再放送情報「風雲児たち~蘭学革命篇~(らんがくれぼりゅうしへん)」

風雲児たち

普段ほぼバラエティしかテレビを観ないぼくが、この年末年始に一番楽しみにしていたテレビ番組。 それは『笑ってはいけない』でも『芸能人格付けチェック』でも『ドリーム東西ネタ合戦』でもありません(もちろんそれらも超楽しみにしてましたが)。 ぼくが一番楽しみにしていたテレビ番組、それはNHKの2018年正月時代劇『風雲児たち~蘭学革命篇~』です。 『ふううんじたち~らんがくれぼりゅうしへん~』と読みます。 あまり知られてないかも知れませんが、この『風雲児たち』はものすごい漫画なのです。 って、このブログをずっと読んで下さってる人なら覚えてるかも知れませんが。 この中で、ぼくは『風雲児たち』を強く薦めた上でこう書いています。 さて、この『風雲児たち』、作者のみなもと太郎氏によれば、もともと幕末を描きたかったとのこと。 だから、関ヶ原から始まります。 大変正しいですね。 関ヶ原前後における、薩摩、長州、土佐を知らなければ、幕末なんぞ到底分からないですから。 時間という歴史の縦糸に、人物、物事という歴史の横糸を絡めて語るというのは理想ですが、この漫画は難なくソレをやってのけています。 ここが一番オススメする所以です。 『風雲児たち』は江戸時代を通じて生きた人々の人生をわかりやすき見せてくれます。 そこから現代日本も見えてくる、なんていったらこのエンタテインメント作品に失礼でしょうか。 余計なことを考えずに読んで笑って、日本史に興味を持つ人が増えたらいいな、と思います。 ぼくは、この『風雲児たち』を江戸時代を知るためにはベストな書籍だと本気で思っています。 どんな歴史書や参考書や教科書よりも、より深くより面白く江戸時代を理解できますから。 ちなみに1979年に関ヶ原から開始したこの漫画は、現在も紆余曲折を経て連載が続いていて、やっと幕末に入り薩摩の寺田屋騒動を通過したところです。 連載長い。 明治維新を迎えるのはいつになるのか心配になるくらい長いんですが、面白いので是非読んでみてください。 くだらないギャグとともに、歴史の面白さがわかるかもしれません。 これだけでは完結してませんが。 この後に坂本龍馬を主人公にした『雲竜奔馬』、『風雲児たち 幕末編』へと続いていくわけです。 『風雲児たち~蘭学革命篇~』 晴れてこの『風雲児たち』がドラマ化され、2018年1月1日にNHKにて放送されたのが『風雲児たち~蘭学革命篇~』(ふううんじたち~らんがくれぼりゅうしへん~)です。 『風雲児たち』シリーズの中でも割と人気のあるエピソード、前野良沢と杉田玄白が『ターヘルアナトミア』を翻訳して『解体新書』として出版するエピソードをドラマ化しています。 教科書なんかでは一行二行で終わっちゃうようなことですが、『解体新書』が日本語に訳されて刊行されたことは医学の発展に多大なる影響を及ぼしましたし、その恩恵は現代のぼくたちも確実に受けています。 どのように『解体新書』が生まれたのか、その意味は何なのか、それを三谷幸喜さん脚本でドラマ化するというワケですから期待しちゃうのも無理はないでしょう。 ぼくも大いに期待していました。 ちなみに、原作漫画のこの部分だけ抜粋した書籍も先日出版されてたみたい。 知らなかった。 『風雲児たち~蘭学革命篇~』感想 というわけで、ネタバレがないように気を付けながら軽く感想などを。 原作の雰囲気はどうなった まず思ったのは原作の雰囲気そのままだなぁということです。 最初に前野良沢と杉田玄白と中川淳庵が腑分け(解剖)を見に行って腑分け台に荷物置いちゃってたりする場面とか、その後初めて前野邸で翻訳のために集まった場面とかは、観ていて原作の漫画のコマをそのまま思い出しました。 その後も印象的な場面では原作を忠実に再現することを目指しているようである意味ホッとしました。 ギャグはどうなった ぼくがこのドラマで一番気にしていたのは、原作のギャグを三谷幸喜さんがどうするのか、というところ。 NHKなんでギャグを原作のまま表現するとは思ってませんでしたが、だからといって三谷さん独自のセンスが入ってきたら原作の雰囲気が壊れちゃうことにもなりかねませんから。 しかし、この点については案じることはなかったですね。 無茶苦茶ソフトになってました。 前野良沢の娘が「順調なら出版はすぐですね」みたいなことをポロッと言って良沢や玄白にボロカス言われる場面もジロッて睨まれるくらいになっちゃってましたね。 随所でそんな感じで、下手したらコメディになると思ってたんですが、それはほぼありませんでした。 みなもとvs三谷のぶつかり合いを避けたのかな?って邪推してますが、まぁNHKだからかな?どうだろう。 高山彦九郎、林子平、工藤平助などの扱いは 原作では同時期に活躍する高山彦九郎や林子平や工藤平助といった面々は、ほんの少し出てくるだけです。 この漫画で高山彦九郎を知ったぼくとしてはちょっと残念でした。 直接『解体新書』には関わってないので仕方がないところですが、もっと活躍して欲しかったなぁ。 総括 いや、面白かったです。 是非みなさんに観てもらいたかった。 でも、もしかしたら三谷幸喜作品が好きだという人は肩すかしを食らったかも知れませんね。 上記のように三谷色は意図的に薄くなってるような気がしましたから。 さらに言うと前野良沢と杉田玄白の後半のぶつかり合いは原作の雰囲気もぶっ飛ぶほどの迫真の演技で、観ていてものすごい引き込まれ、原作すら凌いだところかも知れません。 最後に 男が勉強をする、仕事をするとはどういうことか、それが分かるむっちゃいいドラマでした。 是非是非よろしくお願いしたい。

次の

漫画『風雲児たち』の魅力がすぐ分かる3つの見所!

風雲児たち

東劇・新宿ピカデリーほか全国公開 INTRODUCTION 三谷幸喜 作・演出 連日大盛況の舞台が早くもシネマ歌舞伎化! 三谷幸喜が歌舞伎を手がけるのは、平成18(2006)年の『決闘!高田馬場』以来2作目。 令和元年6月、満を持して歌舞伎座で上演され連日大盛況となりました。 漂流した伊勢の船乗りが辿り着いた先は... まさかのロシア!? 人気歴史漫画「風雲児たち」をもとに三谷幸喜が描く冒険コメディを映画館でたっぷりとお楽しみください。 STORY 鎖国によって外国との交流が厳しく制限される江戸時代後期。 大黒屋の息子光太夫は、商船神昌丸の船頭(ふながしら)として伊勢を出帆します。 しかし江戸に向かう途中で激しい嵐に見舞われて帆は折れ、大海原を漂流することになるのでした。 海をさまよう神昌丸には17人の乗組員たち。 船頭の光太夫、経験豊富な船親司(ふなおやじ)三五郎、最年長の乗組員九右衛門、喧嘩ばかりの水主(かこ)庄蔵と新蔵、どこか抜けている小市、三五郎の息子の青年磯吉...。 光太夫はくじけそうになる乗組員を必死で奮い立たせ、再び故郷の伊勢へ戻るため方角もわからない海の上で陸地を探し求めます。 神昌丸はようやく発見した陸地に上陸します。 ところがそこは日本ではなく、なんとロシア領のアリューシャン列島アムチトカ島。 異国の言葉と文化に戸惑いながらも、島での生活を始める光太夫たち。 厳しい暮らしの中で次々と仲間を失いますが、光太夫らは力を合わせ、日本への帰国の許しを得るため、ロシアの大地を奥へ奥へと進みます。 異国から来た日本人である光太夫たちに対して、親切なキリル・ラックスマンをはじめ、行く先々でさまざまな人の助けを得て、ようやく光太夫はサンクトペテルブルグにて、女帝エカテリーナに謁見することが叶い...。

次の

風雲児たち長屋

風雲児たち

あなたは 足すところの七拾五万壱千七百五 番目の店子様です。 このサイトは、マンガ家みなもと太郎先生とその代表作の歴史ギャグマンガ「風雲児たち」「風雲児たち幕末偏」を応援するファンのサイトです。 このホームページに使われている画像、文章、その他は、みなもと太郎先生をはじめ、関係各所の承認をいただいております。 個人的鑑賞以外で、コピー、再掲載、加工等、いかなる目的にも使えません。 他のメディアにコピーすることは絶対にしないでください。 リンクは、このスタートページにのみ許可といたします。 リンク希望の方は承諾を得てください。 サークルみにゃもと通販からのお知らせ 2013年3月2日 送金方法変更による重要告知 通販連絡用メールの不着が相次ぎましたので、連絡方法の変更をいたします。 に移動していただき、必要事項をご記入の上、送信して下さい。 2015年8月17日 2015年夏コミケ新刊 「風雲児伝説2」通販開始。 発送は2015年8月24日以降になります。 2013年1月1日 風雲児外伝12「日本武将伝」完売いたしました。 2013年1月1日 「松吉伝1」完売いたしました。 2013年8月11日 「ぼくだけの部屋」完売いたしました。 2013年12月28日 風雲児外伝15「土佐名将伝」完売いたしました。 2015年5月22日 風雲児外伝4「日本任侠史」完売いたしました。 ご注文後、2週間以上経ってまだ本が届かないようなら、何卒ご連絡ください。 瓦版「みにゃもと」 さあさ、皆の衆。 みなもと先生の近況をお知らせする瓦版「みにゃもと」の登場だ!。 どんどん手に取って見てくれい。 ホームページ管理者名 Since. 1997 《》.

次の