笠井敬一郎。 なぜハゲるのか?AGA男性型脱毛症と植毛|笠井敬一郎|note

笠井敬一郎医師|美容整形・美容外科・美容皮膚科なら湘南美容クリニック【公式】

笠井敬一郎

湘南美容クリニックに勤務して8年、今年58歳になります。 古代から続く人類最大の願いは錬金術と不老不死です。 素粒子の解明により、近い将来に金を人工的に作る事ができるようになるでしょう。 またクローン技術やiPsなど幹細胞治療の発展により不老不死もあながち夢物語ではなくなりつつあります。 そんな中で私は、現実問題としての若返りにもっとも力を注いでいます。 アンチエイジングというよりは抗うことなく美しく年をとりたい。 そのためには外見も重要ですし、体の中から美しくなる事も大切です。 私は、自らもヒアルロン酸、レーザー治療そしてボトックスと美容治療は欠かさず継続してきました。 そして週に少なくても三回のヨガと瞑想を欠かす事はありません。 何より毎日楽しい仲間たちと仕事をそして私生活をエンジョイしています! 美しく年をとるのは簡単な事ではありません。 でもそれだけに達成感と幸福感を伴います。 私と共に美しい人生を歩んでみませんか?私の考えに共感してくださる方はぜひ、ルネッサンスクリニックに来てみてください。 美容治療は何をやるかが重要ではありません。 一番重要なのは誰にしてもらうかです。 そして美しく年をとるのに最も大切なのは予防することです。 できるかぎり若いうちから始める事をお勧めいたします。

次の

笠井 敬一郎 スタッフ紹介(ルネッサンスクリニック新宿院(湘南美容外科プロデュース))

笠井敬一郎

国際医療福祉大学三田病院• 内科 血液内科 外科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 消化器内科 糖尿病内科 内分泌内科 脳神経内科 血管外科 脊椎脊髄外科 放射線診断科 放射線治療科 頭頸部外科 病理診断科• 東京都港区三田1丁目4-3• 都営大江戸線「赤羽橋駅」 赤羽橋口出口または中之橋出口 徒歩5分 東京メトロ南北線「麻布十番駅」 3番出口 都営大江戸線も乗り入れあり 徒歩8分• 03-3451-8121 来歴等 略歴 1988年 昭和大学医学部卒業 1991年 昭和大学大学院卒業 医学博士取得 1991年 自治医科大学大宮医療センター(現:さいたま医療センター)脳神経外科 レジデント 1995年 東京都立荏原病院(現:東京都保健医療公社荏原病院) 脳神経外科 医員 2000年 Giessen大学病院(ドイツ連邦共和国 ヘッセン州) 脳神経外科 医員 2005年- 国際医療福祉大学三田病院 講師 2007年- 国際医療福祉大学三田病院 准教授 2014年- 国際医療福祉大学三田病院 教授 論文 1. 「Activation of the Satiety Center by Auricular Acupuncture Point Stimulation」 Shunji Asamoto, Chifuyu Takeshige Brain Reserch Bulletin Vol. pp157-164,1992 2. pp37-44,1992 3. 「Combined treatment of a dural arteriovenous malformation of the lateral sinus using transarterial and direct lateral sinus embolisation. 」 K. Kasai、H. Iwasa、N. Yamada、S. Asamoto、T. Abe、S. Nemoto Neuroradiology Vol. pp494-496,1996 4. 「Brain stem abscess treated successfully by ultrasound guided aspiration. 」 Hiroshi Doi、 Shunji Asamoto、 Masahiro Ogai、 Hiroyuki Sugiyama Neurosonology Vol. (3). pp119-122,1997 5. 「Hyperbaric oxygen HBO therapy for acute traumatic cervical spinal cord injury」 Shunji Asamoto, Hiroyuki Sugiyama, Hiroshi Doi, Masataka Iida, Takehiko Nagao, Kiyoshi Matsumoto Spinal Cord Vol. pp538-540,2000 6. 「Traumatic sites and clinical features associated with acute hyperextension spinal cord injury without bone damage. — Relationship between trauma site and severity-」 Shunji Asamoto, Hiroyuki Sugiyama, Masataka Iida, Hiroshi Doi, Tetsushi Itoh, Takehiko Nagao, Munetaka Hayashi, Kiyoshi Matsumoto, Mikio Morii Neurol Med Chir Tokyo Vol. pp1-7,2001 7. 「Pathological mechanism and three-demensional structure of cerebral dissecting aneurysms」 Tohru Mizutani, Hideaki Kojima, Shunji Asamoto, Yoshimasa Miki J Neurosurg Vol. pp712-717,2001 8. 「Risk factors for outcome and complications of dorsal foraminotomy in cervical disc herniation」 Andreas Joedicke, Dorothea Daentzer, Stefany Kaestner, Shunji Asamoto, Dieter-Karsten Boeker Surg Neurology Vol. pp124-129,2003 9. 「Surgical treatment of carpal tunnel syndrome」 Shunji Asamoto, Dieter-Karsten Boeker, Andreas Joedicke Jpn J Neurosurgery Vol. pp27-31,2004 10. 「Healing process for cerebral dissecting aneurysms presenting with subarachnoid hemorrhage」 Tohru Mizutani, Hideaki Kojima, Shunji Asamoto, Neurosurger Vol. pp342-348,2004 11. , Asamoto, S. pp234-240, 2005 13. pp240-245, 2005 14. 「Spondylodiscitis:diagnosis and treatment」 Shunji Asamoto, Hiroshi Doi, Nobusuke Kobayashi, Takahiro Endoh, Hajime Sakagawa, Yoichi Iwanaga, Masahiro Ida, Hiroyuki Jimbo Surg Neurol Vol. pp103-108, 2005 15. Eur Spine J Vol. pp1499-505, 2007 16. 「Spinal cord decompression sickness associated with scuba diving: correlation of immediate and delayed magnetic resonance imaging findings with severity of neurologic impairment. A report on 3 cases. 」 Mitsuharu Yoshiyama, Shunji Asamoto, Nobusuke Kobayashi, Hiroyuki Sugiyama, Hiroshi Doi, Hajime Sakagawa, Masahiro Ida Surg Neurol Vol. pp283-287, 2007 17. 「Surgical management of giant trigeminal schwannomas extending into the parapharyngeal space」 Hiroyuki Jimbo, Shinetsu Kamata, Kouki Miura, Shunji Asamoto, Shinichirou Tatsuo Masubuchi, Yukio Ikeda, Jo Haraoka Acta Neurochir Vol. 151. Pp335-340,2009 18 「Operative management of Skull Base Malignant Tumors Arising From the Nasal Cavity and Paranasal Sinus: Recent Strategies Used in 25 Cases」 Hiroyuki JIMBO, Shinetsu KAMATA, Kouki MIURA, Shunji ASAMOTO, Shinichirou TADA, Takahiro ENDOH, Tatsuo MASUBUCHI, Narihito NAKAMURA, and Chihiro FUSHIMI Neurol Med Chir Tokyo Vol. pp20-26, 2010 19. 「Diagnosis and surgical strategy for sacral meningeal cysts with check-valve mechanism: technical note. 」 Shunji Asamoto, Yasuyuki Fukui, Makoto Nishiyama, Masayuki Ishikawa, Nobuyuki Fujita, Satoshi Nakamura, Jun Muto, Yuta Shiono, Hiroshi Doi, Motoo Kubota, Kazuhiko Ishii Acta Neurochir Wien Vol. 155 2. pp,309-313,2013 20. 「Cortical bone trajectory and traditional trajectory-a radiological evaluation of screw-bone contact. 」 Kota Kojima, Shunji Asamoto, Kobayashi Yoshiomi, Masayuki Ishikawa, Yasuyuki Fukui, Acta Neurochir Wien Vol. 157 7. Pp,1173-1178,2015 1. 「短潜時体性感覚誘発電位(SSEP)による頚椎症性脊髄症患者の術中モニタリング」 山田直司、岩佐英明、朝本俊司、竹下 裕 脊髄外科 Vol. pp130-137,1993 2. 「メドス圧可変式シャントバルブの使用経験 ーその有用性と問題点ー」 朝本俊司、岩佐英明、竹下 裕、笠井敬一郎、山田直司 診断と治療 Vol. pp155-157 1383-1385 ,1994 3. 「DOAで来院したクモ膜下出血の検討」 花川一郎、有賀 徹、朝本俊司、池田尚人、川村典義、阿部琢巳、 松本 清、坂本哲也 日本救急医学会関東地方会雑誌 Vol. pp166-167,1995 4. 「緊急手術を要した脳腫瘍症例の検討」 本間秀樹、阿部琢巳、川村典義、広田暢夫、朝本俊司、池田尚人、 岩田隆信、松本 清 日本救急医学会関東地方会雑誌 Vol. Pp304-305,1995 5. 「高齢者頚髄損傷の救急医療の現状」 朝本俊司、杉山弘行、飯田昌孝、土居 浩、松本 清 Geriatric Neurosurgery Vol. (11). pp95-97,2000 6. 「高気圧酸素とプロスタグランディンE1製剤を併用した変形性頚椎症に対する保存的療法の有効性」 朝本俊司、杉山弘行、土居 浩、飯田昌孝、長尾毅彦、小林信介、林 宗貴、池田幸穂 脊髄外科 Vol. pp39-42,2002 7. 「脊髄髄膜嚢腫の分類と病態」 土居 浩、朝本俊司、小林信介、阪川 肇、井田正博 脊椎脊髄ジャーナル Vol. pp896-900,2002 8. 「開胸の際、髄液漏を呈したダンベル型脊髄腫瘍摘出術の工夫」 土居 浩、中村精紀、小林信介、朝本俊司、阪川 肇、高橋秀暢 脊椎・脊髄神経手術手技 Vol. pp65-67,2002 9. 「馬尾神経部に発生した腫瘍の手術」 朝本俊司、土居 浩、小林信介、遠藤孝裕、阪川 肇、井田正博、 神保洋之 脊髄外科 Vol. pp55-60, 2005 10. 「脊椎椎体・椎間板炎に対する外科的治療」 朝本俊司、土居 浩、小林信介、遠藤孝裕、阪川 肇、井田正博、 岩永洋一、神保洋之 脊髄外科 Vol. pp119-126, 2005 11. 「切迫脳卒中で発症した高齢者頸部頸動脈狭窄症の検討」 神保洋之、儘田佳明、東郷康二、田中幸太郎、三原結子、朝本俊司、岩崎康夫 脳卒中の外科 Vol. pp256-260, 2005 12. 「胸椎椎間板病変に対する経胸膜的開胸前側方アプローチによる手術」 朝本俊司、土居 浩、神保洋之、畑山和己、光山哲滝 脳神経外科ジャーナル Vol. pp444-449, 2006 13. 「脳神経外科 専門医に聞く最新の臨床」 朝本俊司、福井康之 中外医学社 pp441-443, 2006 14. 「スポーツ現場における脳震盪の頻度と対応(アイスホッケー)」 朝本俊司、鈴木孝治、福田公孝 臨床スポーツ医学 第27巻 第3号 pp297-302, 2010 15. 「スポーツにおける頭部・脊椎脊髄外傷 -内科医にもできる現場での運動器診察-」 朝本俊司 日本臨床スポーツ医学会誌 Vol. 2 pp-, 2013 【学会発表】 1. 「短潜時体性感覚誘発電位(SSEP)による頚椎症性脊髄症患者の術中モニタリング」 山田直司、岩佐英明、朝本俊司、竹下 裕 脊髄外科 Vol. pp130-137,1993 2. 「メドス圧可変式シャントバルブの使用経験 ーその有用性と問題点ー」 朝本俊司、岩佐英明、竹下 裕、笠井敬一郎、山田直司 診断と治療 Vol. pp155-157 1383-1385 ,1994 3. 「DOAで来院したクモ膜下出血の検討」 花川一郎、有賀 徹、朝本俊司、池田尚人、川村典義、阿部琢巳、 松本 清、坂本哲也 日本救急医学会関東地方会雑誌 Vol. pp166-167,1995 4. 「緊急手術を要した脳腫瘍症例の検討」 本間秀樹、阿部琢巳、川村典義、広田暢夫、朝本俊司、池田尚人、 岩田隆信、松本 清 日本救急医学会関東地方会雑誌 Vol. Pp304-305,1995 5. 「高齢者頚髄損傷の救急医療の現状」 朝本俊司、杉山弘行、飯田昌孝、土居 浩、松本 清 Geriatric Neurosurgery Vol. (11). pp95-97,2000 6. 「高気圧酸素とプロスタグランディンE1製剤を併用した変形性頚椎症に対する保存的療法の有効性」 朝本俊司、杉山弘行、土居 浩、飯田昌孝、長尾毅彦、小林信介、林 宗貴、池田幸穂 脊髄外科 Vol. pp39-42,2002 7. 「脊髄髄膜嚢腫の分類と病態」 土居 浩、朝本俊司、小林信介、阪川 肇、井田正博 脊椎脊髄ジャーナル Vol. pp896-900,2002 8. 「開胸の際、髄液漏を呈したダンベル型脊髄腫瘍摘出術の工夫」 土居 浩、中村精紀、小林信介、朝本俊司、阪川 肇、高橋秀暢 脊椎・脊髄神経手術手技 Vol. pp65-67,2002 9. 「馬尾神経部に発生した腫瘍の手術」 朝本俊司、土居 浩、小林信介、遠藤孝裕、阪川 肇、井田正博、 神保洋之 脊髄外科 Vol. pp55-60, 2005 10. 「脊椎椎体・椎間板炎に対する外科的治療」 朝本俊司、土居 浩、小林信介、遠藤孝裕、阪川 肇、井田正博、 岩永洋一、神保洋之 脊髄外科 Vol. pp119-126, 2005 11. 「切迫脳卒中で発症した高齢者頸部頸動脈狭窄症の検討」 神保洋之、儘田佳明、東郷康二、田中幸太郎、三原結子、朝本俊司、岩崎康夫 脳卒中の外科 Vol. pp256-260, 2005 12. 「胸椎椎間板病変に対する経胸膜的開胸前側方アプローチによる手術」 朝本俊司、土居 浩、神保洋之、畑山和己、光山哲滝 脳神経外科ジャーナル Vol. pp444-449, 2006 13. 「脳神経外科 専門医に聞く最新の臨床」 朝本俊司、福井康之 中外医学社 pp441-443, 2006 14. 「スポーツ現場における脳震盪の頻度と対応(アイスホッケー)」 朝本俊司、鈴木孝治、福田公孝 臨床スポーツ医学 第27巻 第3号 pp297-302, 2010 15. 「スポーツにおける頭部・脊椎脊髄外傷 -内科医にもできる現場での運動器診察-」 朝本俊司 日本臨床スポーツ医学会誌 Vol. 「Polymyositis associated with primary cerebral malignant lymphoma. A case report」 Shunji Asamoto、Kiyoshi Matsumoto、 Hitoshi Izumiyama、 Hiroyuki Jinbo、Teru Kawamata、Takanobu Iwata、 Hiroshi Doi、 Kyugo Hirabayashi 脳神経外科ジャーナル Vol. pp644-648,1997 2. 「 Levodopa Efffective Parkinsonism Associated with Aqueductal Stenosis ; A case report and review of the literatures」 Shunji Asamoto、 Hiroyuki Sugiyama、 Hiroshi Doi、 Masayuki Yokochi、Kyuugo Hirabayashi、Shigeki Tanaka、 Kazuaki Sugiura、Hideyuki Nakama、Kiyoshi Matsumoto 脳神経外科 Vol. pp1089-1092,1998 3. 「Spinal epidural varices」 Shunji Asamoto. Hiroyuki Sugiyama, Hiroshi Doi, Takehiko Nagao, Masahiro Ida, Kiyoshi Matsumoto 脳神経外科 Vol. pp911-913,1999 4. 「Intraorbital mucocele associated with old minor trauma」 Shunji Asamoto, Dieter-Karsten Boeker, Marcus Luecke Neurologia medico-chirurgica Vol. Pp383-385,2003 5. 「A case of basilar impression complicated with left frontal meningioma」 Shunji Asamoto, Ulf Nestler, Chris Shulz, Dieter-Karsten Boeker Neurological surgery Japan Vol. Pp1003-1007,2003 6. 「Cyst of the ligamentum of flavum — case report —」 Shunji Asamoto, Hiroyuki Jimbo, Yasuyuki Fukui, Hiroshi Doi, Hajime Sakagawa, Masahiro Ida, Manabu Takahashi, Naoki Shiraishi Neurologia medico-chirurgica Vol. Pp653-656,2005 7. 「Spinal Chronic Subdural Hematoma in Association With Anticoagulant Therapy. A Case Report and Literature Review」 Hiroyuki Jimbo, Shunji Asamoto, Tetsuryu Mitsuyama, Kazumi Hatayama, Yasuo Iwasaki, Yasuyuki Fukui SPINE Vol. Pp184-187,2006 8. 「A huge presacral Tarlov cyst. Case report. 」 Ishii K, Yuzurihara M, Asamoto S, Doi H, Kubota M J Neurosurg Spine Vol. Pp259-63,2007 1. 「経蝶形骨洞手術後の大量鼻出血」 朝本俊司、岩佐英明、田中裕一、山田直司、藤本清成、高橋康二 ホルモンと臨床 増刊・間脳下垂体腫瘍II Vol. pp152-156,1993 2. 「Fallot四徴症を合併した頚髄動静脈奇形の一例」 朝本俊司、岩佐英明、竹下 裕、山田直司、田中裕一、藤本清成 小児の脳神経 Vol. pp339-343,1993 3. 「不全型Brown-Sequard症候群で発症した脊髄動静脈奇形の一例」 朝本俊司、岩佐英明、竹下 裕、山田直司 脊椎脊髄ジャーナル Vol. pp995-998,1993 4. 「凍結血漿投与に伴ったアレルギー性急性肺水腫の1例」 松浦克彦、夕部富三、寺迫 潔、村山隆起、瀬尾憲正、角田三郎、 朝本俊司 日本救急医学会雑誌 Vol. pp63-67,1994 5. 「神経性食欲不振症様症状が先行したPrimary chiasmal germinomaの一例」 朝本俊司、岩佐英明、笠井敬一郎、山田直司 ホルモンと臨床 Vol. pp71-76 325-330 ,1994 6. 「TIAで発症し未破裂動脈瘤を合併した静脈性血管腫の1例」 朝本俊司、岩佐英明、笠井敬一郎、山田直司 脳と神経 Vol. pp584-589,1994 7. 「初診時、脳梗塞と診断された脳膿瘍の一例」 朝本俊司、岩佐英明、山田直司 最新医学 Vol. pp134-135 1346-1347 ,1994 8. 「Hypertrophic spinal pachymeningitisの一例」 朝本俊司、杉山弘行、日野 健、小粥正博、林 宗貴、岩間淳一、 土居 浩、長尾毅彦、井田正博、高橋 学、松本 清 脳神経外科 Vol. pp363-366,1997 9. 「類モヤモヤ病に合併した遠位部破裂中大脳動脈瘤の1例」 朝本俊司、杉山弘行、小粥正博、林 宗貴、岩間淳一、土居 浩、 井田正博、松本 清 脳卒中の外科 Vol. pp321-324,1997 10. 「人工流産後のPETにより下垂体にmethionineの高集積像を示した神経膠腫の1例」 花川一郎、池田 尚人、石井賢二、朝本俊司、岩田隆信、松本 清 脳と神経 Vol. pp573-577,1998 11. 「敗血症経過中陳旧性脳梗塞巣に生じた脳膿瘍の1例」 岡村康之、嶋津基彦、小林信介、澤部吉春、古屋 一、松本浩明、 朝本俊司、川村典義、本間秀樹、岩田隆信、松本 清 脳神経外科ジャーナル Vol. pp644-647,1998 12. 「左前頭葉endodermal cystの一例」 朝本俊司、杉山弘行、土居 浩、日野 健、井田正博、高橋 学、 松本 清 脳と神経 Vol. pp520-523,1999 13. 「神経組織のヘルニアを伴ったsacral meningeal cyst type II の1例」 土居 浩、飯田昌孝、朝本俊司、杉山弘行、桜井茂樹、坂川 肇 脊椎脊髄ジャーナル Vol. pp67-69,1999 14. 「精神発達遅滞を呈した脳梁周囲脂肪腫の一剖検例」 朝本俊司、杉山弘行、土居 浩、諏訪 浩、井田正博、高橋 学、 船田信顕、松本 清 脳と神経 Vol. pp981-984,1999 15. 「Instrumentation併用による前方固定を施行した結核性胸椎炎の一例」 土居 浩、朝本俊司、杉山弘行、藤野浩道、阪川 肇、伊藤哲思、高橋秀暢 脊髄外科 Vol. pp137-142,2000 16. 「SCUBA divingに起因した脊髄型減圧症」 朝本俊司、杉山弘行、土居 浩、飯田昌孝、小林信介、林 宗貴、池田幸穂、松本 清 脊髄外科 Vol. pp139-143,2001 17. 「肺サルコイドーシスの治療経過中に胸椎カリエスを併発した1例」 朝本俊司、杉山弘行、土居 浩、飯田昌孝、池田幸穂、林 宗貴、小林信介、松本 清 脳神経外科 Vol. Pp879-883,2001 18. Pp37-40,2004 19. 「放射線照射後に多種菌混合感染をきたした化膿性脊椎椎間板炎の2例」 市村真也、朝本俊司、土居 浩、徳永 仁、岡部輝雄、各務 宏、稲葉 真、矢﨑貴仁 脊髄外科 Vol. pp191-194,2011 【総説】 1. 「特発性脊髄肥厚性硬膜炎」 朝本俊司、土居 浩、足立朋子、越村 勲、横地正之 神経内科 Vol. pp241-246,2001 2. 「Royal surgeonをめざして」 朝本俊司 脊椎脊髄ジャーナル Vol. pp5-7,2004 3. 「脊椎・脊髄の構造」 朝本俊司 整形外科看護 第12巻9号 pp12 836 -14 838 ,2007 4. 「整形外科と脳神経外科のコラボレーションHybrid or Fusion?」 朝本俊司 脊椎脊髄ジャーナル Vol. pp679-682,2013 5. 「脊髄肥厚性硬膜炎の診断と治療」 朝本俊司、土居 浩 脊椎脊髄ジャーナル Vol. pp535-540,2014 【スポーツドクターしての活動】 東北Free Blades専属チームドクター(アジアリーグアイスホッケー) 日本アイスホッケー連盟 医・科学安全管理委員会 日本プロレスリング 医事委員会.

次の

メドス圧可変式シャントバルブの使用経験 その有用性と問題点

笠井敬一郎

【記事監修】 金井 伸一(毛髪診断士) AGAの悩み解消につながる情報をお届けします! ハゲ活編集長金井(かない)が、日本全国の薄毛男性を代表して人気クリニックのドクターにインタビューをする企画 「AGA治療名医インタビュー」です。 記念すべき第一弾は「好きな言葉は情熱です」のテレビCMでもおなじみ、全国50院以上を展開する大手美容外科クリニック 「湘南美容クリニック」のAGA治療専門院、「湘南AGAクリニック新宿本院」の院長、笠井 敬一郎(かさい けいいちろう)先生です。 薄毛治療の専門医であり、また自毛植毛でも多くの治療実績を持つ笠井先生に、薄毛のこと、湘南美容クリニックのAGA治療のことなど、薄毛男性なら絶対聞きたい質問を遠慮なくぶつけてきました。 50歳になるまでは脳神経外科の専門医として、動脈瘤や脳腫瘍など脳外科の手術をしていました。 25年間救急医療の現場で働いてきましたが、自分でも頑張ったな、やりきったなという思いと、肉体的に50歳を過ぎて救急医療の現場は厳しいという現実もありました。 そこで50歳になった時に、かねてからやりたかった美容の方面に転職をしようと決意しました。 医師みんながそれぞれ専門を持とうということになった時に、誰も自毛植毛をやっていませんでした。 私は脳外科をやっていた経験上、頭の手術は何度も行っており、頭皮を切る手術には慣れています。 脳外科の手術で頭にハゲをたくさん作ってきたことへの罪滅ぼしも兼ねて、毛髪の専門医としてやっていこうと思ったのがきっかけです(笑)。 保険医療で命を救うことも美しいことですが、別の美しさを求めていきたいという想いがありました。 私も相川先生の理念に共感しています。 「見た目が先なのか」「心が先なのか」ということがありますが、自分の外見に自信がないと、どうしても心も狭くなるということがあると思います。 逆に外見に自信がつくと自分に自信がつき、豊かなライフスタイルを送ることが出来るようになります。 私は最近、「若返りと薄毛」という論文を書きました。 意外にもこれまで世界中で書かれていませんでした。 「発毛すると若返る」ということはなんとなくわかると思いますが、エビデンスとなるデータはありませんでした。 そこで、発毛前と後の写真を2枚用意し、客観的に「何歳ぐらいに見えるか」と比較をしてもらうブラインドテストを行ったところ、やはり「若がって見える」という結果となりました。 今までのなかで一番好きになったものがヨガです。 始めて10年くらいですが、体は柔らかくなりますし、中学時代に腰を痛めて以来持病だったのですが、自分でコントロールできるようになりました。 また、精神面でもリラックスできます。 ヨガの最後には感謝の気持ちで「ナマステ」と言うのですが、当院(湘南AGAクリニック新宿本院)の朝礼と終礼の挨拶は「ナマステ」と言っています(笑)。 東京の人がいっぱいいるところが好きなんです。 承認薬の場合はジェネリックでも月6,000円、他院のオリジナル薬でも月5,000円はします。 どのようにしてこの価格を実現できたのでしょうか? 代表相川の考え方が「エブリデイ・ロウプライス」であり、誰でも気軽にコンプレックスを解消する美容治療が受けられるようになってほしいという考えです。 湘南美容クリニックは規模が大きいですので、大量に仕入れることで仕入れ価格を抑え、低価格化を実現しています。 相川先生が一番尊敬しているのがニトリ創業者の似鳥昭雄(にとり あきお)さんなのですが、ニトリでは高品質な家具を安く提供できるように努力をしています。 同じように、高品質な治療を気軽に受けてもらうため、安く提供できる努力をグループ全体で取り組んでいます。 効果という点ではどうなのでしょうか? フィナステリドを作っている会社から聞いたところ、原材料としてのフィナステリドは中国のとある企業1社のみで作っており、それを各製薬会社が加工しています。 ですので効果の面では、先発薬でもジェネリックでも同じと考えていただいて大丈夫です。 重要なのは「経過観察」です。 髪の毛の量を定量で観察する方法がないため、改善されていても自分では気づきにくいものです。 「なんとなく良くなった」「なんとなく悪くなった」という感覚による主観的な判断になりがちです。 定期的に写真を撮り客観的に見てみると、きちんとした効果が出ていると言えます。 他クリニックですと5mgを30錠というところが多いのですが、これは1日2回に分けて服用することを想定されているのでしょうか? そうではなく、量を調整しやすいようにという考えからです。 5mgでも効果がある人や、初期脱毛など副作用が心配な方が、錠剤を割らずに飲めるようにという考えからです。 逆に5mgで効果が不十分な場合には7. 5mgに増やして服用してもらうことが出来ます。 10mgまで増やすと副作用や耐性が出やすいです。 ですから、長期間というよりは量が関係しているのではないかと考えています。 ミノキシジルの耐性の問題なのか、それとも元々AGAが強すぎるのかはわからないところがありますが、すでに10mgを飲んでいる方が治療に来られたとして、いきなり5mgにすることは薄毛が悪化する可能性があります。 患者様との信頼関係を損なう恐れがあるため、そういった患者様にはきちんと説明をしたうえで、10mgを2~3ヶ月飲んでいただき、7. 5mgに減らして悪くなるかならないか様子を見ながら、できるだけ5mg程度まで減らしていけるように治療をしていきます。 しかし、HRアクアスプレーではフィナステリドも含有されています。 なぜ、フィナステリドも含有しようと考えたのですか? フィナステリドの副作用を心配し、どうしても内服薬を飲みたくないという方がいらっしゃいます。 副作用は実際にはほとんど起きないのですがゼロではありません。 そういった方にはHRアクアスプレーのみで治療をしていますが、皆様発毛しています。 やはりAGAにとってフィナステリドは重要だと言えます。 フィナステリドは1日2ccを使用することで1mgの濃度となります。 飲み薬のほうが圧倒的に効果は高いです。 相談に来られる方は薄毛が進行している方が多いので、内服薬を飲んだ方が良いよと伝えます。 副作用は薬の使用を止めれば治ります。 「絶対に副作用が起きない」とは言えないのですが、患者様の不安を取り除くため、そのくらいの強い言い方で安心させてあげるのも医者の仕事かなとは思います。 あまり心配し過ぎず、まず試してみると良いと思います。 ノンニードルのメリットはどのような点でしょうか? 詳しくはレーザー、超音波、エレクトロポレーションの3つを使った「ドラッグデリバリーシステム」という方法となります。 まずco2レーザーは頭皮をキレイにし、小さな穴を頭皮に開けていきます。 そうすることで薬が浸透しやすくなります。 そこで今度は超音波の機械でビタミン剤、血流を良くする薬を入れた後に、エレクトロポレーションで電気を流すことによって皮膚の表面にあるバリアが緩み、薬が浸透していきます。 注射との一番の違いは「痛みがない」という点です。 育毛メソセラピーは1回だけの治療でフサフサになるほどの効果がありません。 そのため、月に1回の治療を続ける必要があるのですが、痛いと継続できずに途中で治療をやめてしまうのです。 効果の面ではどうなのでしょうか? 痛みのある注射の治療と比べて遜色ありません。 また、注射による育毛メソセラピーは頭皮を痛めることになりますし、均一に注入することも難しいです。 当院のノンニードルであれば全体的に入りますし、レーザーで地肌もキレイになり、頭皮を痛めることもありません。 髪の毛にはヘアサイクルというものがあり、通常2~6年で1周しますが、AGAを発症するとこのヘアサイクルが数ヶ月~1年と短くなります。 髪の毛が生えても成長しきれない弱い毛となり、すぐに抜けてしまいます。 抜けてもまた生えてきますが、結局は強く太い毛に成長する前に抜けてしまいます。 何度でも生え変わるのでしょうか? 髪の毛は一生のうちに40回しか生え変わらないという説があります。 これは幹細胞というものが分裂できる回数が40回だからだと言われています。 他にも20回という説もあり完全に正しいとは断言できませんが、仮に40回しか生え変わらない場合、1サイクルが2年なら80年、6年なら240年は大丈夫なはずです。 しかし、サイクルの期間が1年であれば40年で髪は生え変わらなくなります。 そうなってしまえば薬を飲んでも発毛はしません。 その通りです。 その場合、AGAの影響を受けない後頭部などから強い毛を移植する自毛植毛が有用です。 ただし、植毛のために採取したところからは二度と毛が生えなくなりますので、全部は取れません。 採取できる量は限られるということです。 そこで不自然にならないように間引いていきます。 そこで植毛する場所を決めることになります。 その場所はどこかというと、生え際とM字部分です。 その理由には2つあり、1つ目は、AGAは必ず生え際とM字から進行するからです。 すでに生え変わる回数が40回をカウントしている可能性があるのです。 2つ目は、生え際やM字部分は見た目でとても重要な位置だからです。 植毛することで見た目や印象が劇的に変わります。 見た目が変わることで自分に自信がつきます。 そのため、まずは1年間薬による治療を行い、効果が出なければ植毛をすすめるようになります。 なぜかというと、薬による治療をせずに植毛をして一時的に改善したとしても、AGAは進行を続けます。 仮に1,000本植毛してもAGAによってそれ以上に脱毛してしまえば、数年後にはまた薄毛が目立ち、また植毛をする必要が出てしまうからです。 それは患者様にとって幸せなことではありません。 また、自毛植毛は費用が高いですし、後戻りのできない方法です。 貴重な資源である後頭部の強い毛を無駄遣いしてはいけないと考えています。 AGA治療の基本は飲み薬です。 ARTASはFUE法といって、線状に切開する必要がないので大きな傷跡が残りません。 このFUE法は医師に高い技術が求められますが、ARTASであれば正確にスピーディーに行うことが出来ます。 ただし器具の発達もあり、医師の手作業による採取も良くなっています。 私達も今はARTASと手作業を併用しています。 手作業の方が採取しやすい部分もありますので、だいたい7割をARTASで、3割を手作業でといった感じです。 ARTASを導入して6年くらい経つと思いますが、最初のころと比べると正確性やスピーディーさは大きく改善されていると感じています。 理化学研究所の辻先生が毛髪を幹細胞から作成することに成功したのですが、それを大量に培養できる技術を横浜国立大学の福田先生が開発しまして、動物実験では成功しています。 今、私達は共同研究を行っており、人間の毛髪細胞を動物に使ってそれを培養する実験を行っています。 この方法が実現すれば、採取できる数の限度という自毛植毛の欠点が解消されます。 私は今、この研究に人生をかけています。 技術的には問題ないと思うのですが、あとは国の認可にもよると思います。 動物で成功しているということは、人間で出来ないということはないと思います。 薄毛の悩みはとても深いと思います。 ところが、周りの人には辛辣な問題だと伝わりにくいものです。 しかし本人にとってみれば重要な悩みであることはとてもよく理解できます。 特に若い方にとって病院に行くことは敷居が高いと思いまますし、自分の深い悩みを人に話すことが恥ずかしいと感じてしまう人もいるかもしれません。 しかし、当院はそういった悩みを持つ人がたくさん来られています。 相談だけでしたら無料です。 治療を受けなければいけないということはありません。 むしろ、間違った治療をしてしまったら困るので、どういったことが良いのか診察をして、正しい知識や事実を知っていただきたいです。 向き合いたくない方もいると思いますが、AGAが進行してしまうと治らなくなってしまいます。 ネットには正しい情報と間違った情報が混在しています。 まずは専門の医師に診てもらうことをおすすめします。

次の