消費 税 10 計算。 消費税8%と10%の税別・税込の計算と逆算方法

No.6303 消費税及び地方消費税の税率|消費税 |国税庁

消費 税 10 計算

消費税率及び地方消費税率については次のとおりです。 適用時期 令和元年10月1日以後 (参考)令和元年9月30日以前 標準税率 (注1) 軽減税率 (注2) 消費税率 7. 8% 6. 24% 6. 3% 地方消費税率 2. 0% 8. 注1 令和元年10月1日以後に事業者が行う資産の譲渡等及び課税仕入れであっても、経過措置が適用されるものについては、旧税率(8%)が適用されることとなります。 詳しくはをご覧ください。 注2 軽減税率の適用対象は、次のとおりとされています。 詳しくは特設ページをご覧ください。 飲食料品の譲渡(食品表示法に規定する食品(酒税法に規定する酒類を除く。 )の譲渡をいい、外食を含まない。 定期購読契約が締結された週2回以上発行される新聞の譲渡 (消法29、24改正法附則1、平成28改正法附則34) (令和2年4月1日現在の法令等によっています。

次の

消費税の計算方法を簡単にわかりやすく解説【8%と10%に対応】

消費 税 10 計算

消費税が10%になったことにともなって 「10パーセント」を足すまたは引くといった計算が増えることが予想されます。 ということはExcelで計算することも増えてくるでしょう。 ところで、日本に消費税という制度が導入されたのは平成元年(1989年)のことですから、すでに30年が経過しています。 パーセントを足すまたはパーセントを引くという計算は日常生活に定着したものと思われます。 しかし、いまだに「パーセント 関数」「パーセント エクセル」というキーワードで検索するのは、さすがに勉強不足といわざるをえません。 そこで、今回は、Excelで10パーセントの計算をするだけの解説をしたいと思います。 0.はじめに 10パーセント以外の計算、消費税関連については、こちらの記事をご覧ください。 1.10%の計算 (1)10%の計算をする3通りの方法 問題 セルA1に「20000」と入力した。 解説 10%は元の数の10分の1にする計算です。 暗算するには右にずらせばいいだけです。 Excelで10%を計算するにはおもに、次の3つの計算方法があります。 1」と入力します。 3つとも同じ答えになります。 当たり前ですが・・・ これらの計算方法にはメリットとデメリットがありますから、3つとも使えるようにしなければなりません。 しかし、軽減税率で8%だったらどうするのかという問題があり、応用できないというデメリットがあります。 パーセントの計算は掛け算をするのが一般的です。 これについては次の3点を絶対暗記しなければなりません。 10%とは、 10%を掛けることである• %という記号は、 100で割ることと同じ(%という記号は1と0と0を組み合わせたものと覚える)• A2を8%に変えると、答えも8%(1600)になります。 2.10パーセント増、10パーセント引き 問題 セルA1に「20000」と入力した。 10%加算しなさい。 また、10%引きを計算しなさい。 解説 10%増は元の数の10分の1を加算する計算です。 つまり110%です。 Excelで10%増を計算するにはおもに、次の2つの計算方法があります。 10%増は、110%を計算するのと同じなので関数は不要です。 1」と入力します。 10%引きは元の数から10分の1を減算する計算です。 つまり90%です。 Excelで10%引きを計算するにはおもに、次の2つの計算方法があります。 10%引きは、90%を計算するのと同じなので関数は不要です。 9」と入力します。 割増、割引は次の計算方法となります。 これも絶対暗記です。 100%=1を基準として、パーセントを足せば割増、パーセントを引けば割引です。 4.10パーセント増、10パーセント引きにする前の値段 問題 (1)すでに10%増した金額をセルA1に入力した。 10%増にする前の値段を求めなさい。 (2)すでに10%引きをした金額をセルB1に入力した。 10%引きにする前の値段を求めなさい。 解説 10%増は110%のことですが、110%にする前の金額を求めるには掛け算の反対なので割り算をすればよいです。 1」と入力してもかまいません。 10%増にする前の値段は9000円です。 10%引きは90%のことですが、90%にする前の金額を求めるには掛け算の反対なので割り算をすればよいです。 9」と入力してもかまいません。 10%引きにする前の値段は11000円です。 10%引きの割引価格を求めなさい。 解説 元の販売価格の10%を減らす計算ですから、残りの90%が割引価格になります。 10分の1を減らして10分の9の部分を求める計算です。 (2)110%を100%にする 問題 消費税10%の税込金額をセルB1に入力した。 税抜金額を求めなさい。 解説 税込価格というのは既に10%の消費税が加算されて110%を計算した価格です。 そのうちの10%を無くす計算です。 つまり、11分の1を減らして11分の10の部分を求める計算です。 これは110%でわります。 (3)100%と110%の違い さて、この2つの問題の違いは何でしょうか?10%を減らす計算をするとき、元の価格が100%か110%かによって計算方法も異なり、計算結果も異なります。 10%割引の「10%」は販売価格をもとに計算されます(税込かどうかは無関係)。 販売価格を100%としてそのうちの10%を減らす計算となります(掛け算)。 これに対して、税込価格に含まれる10%の消費税は、求めようとしている税抜価格をもとに計算されたものであり、加算した結果が税込価格になるのです。 6.10パーセント増やした後に10パーセントを減らす 問題 税抜金額をセルB1に入力した。 消費税10%を加算した金額で販売し、レジでその10%を割引した金額を求めなさい。 解説 上記のことが分かっていれば、この問題も2つの答えが考えられることが分かると思います。 まず、税込み価格を求めます。 通常はこれが正しいです。 1倍x0. 9倍=0. 99倍つまり99%になるので、元の金額より1%分だけ減ります。 しかし、消費税分だけ引くという意味であれば、消費税を加算する前の金額を求めるということですから、割り算になります。 掛け算の後に割り算をしているので元の金額と同じになるのは当たり前のことです。 7.値引きの計算 問題 税抜価格10000円に10%の消費税を加算して、販売価格を11000円とした。 この販売価格を10000円未満(4桁)にするためには、税抜価格をいくらにすればよいか。 また、いくら値引きをすればよいか。 解説 販売価格が10000円の場合、その税抜価格は110%で割れば求められます。 9090. 909・・・となります。 10000円未満にするためには、元の値段もそれより少なくしなければならないのですから、9090円と設定すればよいです。 値引き金額は10000-9090で910円となります。 8.小数点以下切り捨てとパーセントの計算 (1)INT関数と小数の誤差 問題 税抜価格1234円の商品を12個購入するとき、税込価格の合計を求めなさい。 ただし、税込価格の1円未満は切り捨てとする。 解説 消費税が10%のとき、元の価格が10の倍数でないときに端数(1円未満の小数の金額)が発生します。 消費税を計算するときに、パーセントを増やすまたは減らす計算をするのと、小数点以下の切り捨てをする計算は別々に考えなければなりません。 パーセントの計算に関数は不要ですが、小数点以下を切り捨てるのは関数が必要です。 1234円の税込価格を求めます。 小数になりますが、このまま放置してはいけません。 必ず「INT 」で囲んで小数点以下を切り捨てます。 1357円となります。 これを12倍すれば税込価格の合計となります。 16284円となります。 これは商品1個1個に税込の値札(1234円+税)がついていて、これを12個買った時の値段です。 次に、税抜価格を12倍したとします。 14808円です。 税込価格にします。 小数になりますが、このまま放置してはいけません。 必ず「INT 」で囲んで小数点以下を切り捨てます。 16288円となります。 このように計算方法によって税込価格が異なります。 商品ごとに消費税を計算するのか、伝票合計に対して消費税を計算するのかは事業者が自由に決められますが、企業内で統一しなければなりません。 各企業で規則を定めて全社員に徹底しなければなりません。 (2)消費税額だけを求める 問題 税込金額が1357円のとき、税抜金額と消費税額を求めなさい。 解説 税込金額が分かっている場合に、税抜金額は110%で割ればよく、その10%が消費税額です。 また、消費税額はちょうど10%になるとは限りません。 1357円を110%でわります。 小数になります。 これは切り上げをします(参考:)。 1234円となります。 これは切り捨てです。 1234+123=1357となり、計算が合います。 waenavi.

次の

消費税の内税の計算方法、簡単な計算式[8%、10%]|KW BLOG

消費 税 10 計算

Q 本当にお恥ずかしいのですが、パーセントの計算方法を教えて下さい。 お店のバーゲンセールなどでよく「50%オフ」「45%オフ」といった表示を見ます。 50%は半分ということは「感覚」でわかるので、定価が2000円ならその50%オフは1000円ですし、1500円なら750円と計算が出来ます。 ですが、たとえば75%オフだとか、44%オフだとか、80%オフだとか、そういう中途半端? な数の場合、さっぱりわからないのです。 暗算とまではいかなくても計算機 ケータイにもその機能はありますし があればいいので、どういう計算式でその%オフされた数字を出すのか教えて下さい。 05」で出ますよね。 なぜ、1. 05をかけるのかわからないのです。 本当にお恥ずかしいのですが、どうか教えてください。 まったくわからないので、出来る限り丁寧で細かい説明をして頂けると本当に助かります。 よろしくお願いいたします。 本当にお恥ずかしいのですが、パーセントの計算方法を教えて下さい。 お店のバーゲンセールなどでよく「50%オフ」「45%オフ」といった表示を見ます。 50%は半分ということは「感覚」でわかるので、定価が2000円ならその50%オフは1000円ですし、1500円なら750円と計算が出来ます。 ですが、たとえば75%オフだとか、44%オフだとか、80%オフだとか、そういう中途半端? な数の場合、さっぱりわからないのです。 A ベストアンサー 丁寧で細かい説明が希望とのことなので、ちょっと長くなりますが書いてみます。 数学的には無駄の多い説明ですが、分かりやすく説明したつもりですので読んでみてください。 1000円の50%は500円、30%は300円であることは分かりますね? これは以下計算をしていることになります。 次、1000円の30%オフって場合ですが、「オフ」=値引きです。 つまり、1000円の30%分を値引きします、ということですよね。 だから、元の値段1000円から1000円の30%分である300円を引いた 残りである700円が答えです。 でもそれを計算するのは面倒なので、ちょっとテクニックがあります。 30%オフということは、元の値段の70%分を求めればよいと考えます。 つまり、1000円の70%なので700円、となります。 %で表現する場合はこれに100を掛けます。 最後、消費税。 前述のオフとは逆で、消費税5%分を上乗せする、と考えます。 これが基本ですが、先程のオフの計算のテクニックと同じ考え方が適用できます。 5%上乗せした額ってことは、元の値段の105%分を求めればよいと考えます。 おまけ。 暗算を早くするためのテクニック初級編として3つだけ書いておきます。 1.計算式に掛け算と割り算しかない場合、もしくは足し算と引き算しかない場合、 順番を無視しても答えは一緒です。 これならすぐに暗算できますね。 2.割り算の場合、前後の数字に同じ値を掛け算しても答えは一緒です。 3.掛け算の場合、前後の数字を分解して細かく掛け算しても答えは一緒です。 これなら暗算できそうですよね。 丁寧で細かい説明が希望とのことなので、ちょっと長くなりますが書いてみます。 数学的には無駄の多い説明ですが、分かりやすく説明したつもりですので読んでみてください。 1000円の50%は500円、30%は300円であることは分かりますね? これは以下計算をしていることになります。 次、1000円の30%オフって場... A ベストアンサー まず、言葉遣いの問題があります。 これは数学しか考えない人と、商売を考える人では異なることが多いです。 残念ながら商売をやっている人でも理解していない人が多い話なのですけどね。 商売をやっていると、すべての計算のベースは売上高になります。 利益率とか仕入率なんていう言葉を使うことがあるはずですが、すべて売上高を基準にしているはずです。 そこで、最初の問題の「仕入れ値に15%乗せて物を売りたい」と言う言葉が大きな問題です。 これは「15%の利益を出す」という事ではないのです。 まず、これを理解することです。 これが判れば、計算違いの原因も判ります。 15=17,020円 で正解です。 これは消費税の計算も一緒ですね。 13 と言う計算になります。 85 =17,412円 が正解。 15」で計算する人は少なくありません。 15」を正解とする場合もあります。 15」が正解になっていたことがありました。 実際の計算では、そのあたりの確認をしなければいけないでしょうね。 (自分の利益を求めるだけなら、好きなほうでよいと思いますけど) まず、言葉遣いの問題があります。 これは数学しか考えない人と、商売を考える人では異なることが多いです。 残念ながら商売をやっている人でも理解していない人が多い話なのですけどね。 商売をやっていると、すべての計算のベースは売上高になります。 利益率とか仕入率なんていう言葉を使うことがあるはずですが、すべて売上高を基準にしているはずです。 そこで、最初の問題の「仕入れ値に15%乗せて物を... Q お恥ずかしい話ですが、パート勤めをしようと思い面接試験を受けたのですが、電卓での消費税の計算の仕方が間違っていたらしく落ち込んでしまいました。 家族に相談すると「そんな計算も出来ないんなら受けるだけ無駄」と馬鹿にされておりますが、受かる受からないは別としても、どうしても自分できちんと人並みに計算出来るようになりたいので、どうか皆さんわかりやすく教えてください。 ちなみにパート面接試験では以下のような問題が出ました。 5 としました。 小数点は繰り上げて合計金額を33947円としました。 35 で、小数点切捨てで答えを1697円としてしまったのです。 52 とし答えは1617円だと間違いを指摘されてしまったのですが、本当にこういう長い計算をしないと[税込み商品合計額の消費税]は出て来ないのでしょうか。 もっと簡単な計算方法はないのですか? また、上記の様に合計金額が33946. 5のように端数になってしまった場合、どの様に訂正して回答すればいいのでしょうか。 もともと算数に弱いので本当にお恥ずかしい質問をしておりますが、ご指導よろしくお願いいたします。 お恥ずかしい話ですが、パート勤めをしようと思い面接試験を受けたのですが、電卓での消費税の計算の仕方が間違っていたらしく落ち込んでしまいました。 家族に相談すると「そんな計算も出来ないんなら受けるだけ無駄」と馬鹿にされておりますが、受かる受からないは別としても、どうしても自分できちんと人並みに計算出来るようになりたいので、どうか皆さんわかりやすく教えてください。 ちなみにパート面接試験では以下のような問題が出ました。 5』が支払う金額です。 5』が値引きをされる金額です。 5を引いて… 1525-457. 5 『1067. 5』が支払う金額となるのです。 5』が支払う金額です。 5』が値引きをされる金額です... A ベストアンサー 「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。 しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。 これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。 あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。 私もにた様な経験があります。 美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。 といったら「だから、木曜以降って! 聞いてました? 木曜は駄目なんですよぉ 怒。 と言われたことがあります。 しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。 「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。 goo. php3?

次の