近鉄 百貨店 株価。 近鉄百貨店 (8244)

近鉄百貨店 (8244)

近鉄 百貨店 株価

みんかぶリサーチによる株価診断。 現在は【割安】 理論株価 3,328円 と判断されており、結論に至った経緯と要因を、過去比較、相対比較、業績推移の視点から説明しています。 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の

近鉄百貨店(近鉄百)【8244】の日々株価(日足)|時系列データ|株探(かぶたん)

近鉄 百貨店 株価

08 2020年5月29日 144,000 10,900 -30,500 -4,800 0. 08 2020年5月22日 174,500 15,700 -21,900 4,800 0. 09 2020年5月15日 196,400 10,900 -17,700 -2,100 0. 06 2020年5月1日 214,100 13,000 -6,700 700 0. 06 2020年4月24日 220,800 12,300 -18,600 -5,800 0. 06 2020年4月17日 239,400 18,100 -39,000 -10,600 0. 08 2020年4月10日 278,400 28,700 1,400 9,200 0. 10 2020年4月3日 277,000 19,500 -5,400 7,400 0. 07 2020年3月27日 282,400 12,100 -9,300 -12,200 0. 04 2020年3月20日 291,700 24,300 -4,400 -6,700 0. 08 1.

次の

【近鉄百貨店】[8244] 過去10年間の株価

近鉄 百貨店 株価

近鉄百貨店はどんな会社なの?• 1920年(大正9年)1月 — 京都物産館が京都駅前で創業。 1920年(大正9年)2月 — 合名会社京都物産館設立。 1926年(大正15年) — 大阪電気軌道(大軌・後の近鉄の直系母体)が上本町の大軌ビルディング内に直営食堂開業。 同地下から3階まで三笠屋百貨店が開店。 1930年(昭和5年) — 合名会社京都物産館が岐阜市柳ヶ瀬に支店開店。 1931年(昭和6年)9月 — 「合名会社京都物産館」を「合名会社丸物」に商号変更。 1934年(昭和9年)9月 — 「合名会社丸物」を「株式会社丸物」に改組(資本金150万円)。 1934年(昭和9年) — 大阪鉄道(大鉄・現在の近鉄南大阪線などの当時の運営会社)、株式会社大鉄百貨店を創立。 1936年(昭和11年)9月 — 大軌百貨店全館開業(上本町)。 1937年(昭和12年)11月 — 大鉄百貨店全館開業(阿倍野橋)。 1941年(昭和16年)3月 — 大阪電気軌道、参宮急行電鉄(参急・近鉄大阪線の多くや近鉄山田線などを当時運営していた大軌の子会社)を合併し、関西急行鉄道(関急)に社名変更。 大軌百貨店は関急百貨店に改称。 1944年(昭和19年)4月1日 — 関西急行鉄道は大阪鉄道を合併。 大鉄百貨店は関急百貨店阿倍野店、関急百貨店は関急百貨店上本町店として再発足。 1944年(昭和19年)6月1日 — 関西急行鉄道と南海鉄道(南海。 1947年(昭和22年)に再度分離して現在の南海電気鉄道となる)が合併して近畿日本鉄道(近畿日本)が発足。 百貨店は「近畿日本鉄道上本町百貨店」と「近畿日本鉄道阿倍野百貨店」に名称変更。 1945年(昭和20年)3月14日 — 空襲により阿倍野店罹災。 1948年(昭和23年) — 「近鉄百貨店上本町店」・「近鉄百貨店阿倍野店」と店名を変更。 1949年(昭和24年)7月 — 株式会社丸物が大証1部に上場。 1960年(昭和35年)9月 — 別府近鉄会館開業。 1961年(昭和36年)7月1日 — 「別府近鉄会館」を「別府近鉄百貨店」に変更。 1972年(昭和47年)3月14日 — 奈良店開業(奈良ファミリー内)。 1972年(昭和47年)6月1日 — 「株式会社近鉄百貨店」として分離独立。 1974年(昭和49年)5月11日 — 東京近鉄百貨店開業(武蔵野市の中央本線吉祥寺駅前)。 1977年(昭和52年)5月 — 「株式会社丸物」を「株式会社京都近鉄百貨店」に商号変更。 1978年(昭和53年)10月5日 — 東大阪店開業。 1982年(昭和57年)11月15日 — 西京都店開業(京都ファミリー内)。 1983年(昭和58年)3月1日 — 株 近鉄百貨店が 株 東京近鉄百貨店を吸収合併。 1986年(昭和61年)4月25日 — 橿原店開業。 1988年(昭和63年)11月11日 — 阿倍野店増床。 CIを導入しロゴマークを変更。 1991年(平成3年)3月1日 — 株 近鉄百貨店が 株 別府近鉄百貨店を吸収合併。 1991年(平成3年)4月12日 — 桜井店開業。 1994年(平成6年)3月31日 — 桜井店閉店。 1994年(平成6年)8月31日 — 別府店閉店。 1995年(平成7年)2月28日 — 西京都店閉店。 1995年(平成7年)3月 — 京都近鉄百貨店京都店が大規模に増床オープン。 1997年に予定されていたJR京都伊勢丹を迎え撃つための措置であったが、この増築部分は結局12年使用されただけで解体された。 1996年(平成8年)11月26日 — 桃山店開業。 1997年(平成9年)3月19日 — 生駒店開業。 1998年(平成10年)9月1日 — 株 近鉄百貨店が 株 枚方近鉄百貨店を吸収合併。 1998年(平成10年)9月19日 — 桔梗が丘近鉄百貨店開業。 1999年(平成11年)9月30日 — 京都近鉄百貨店岐阜店閉店(跡地には中日新聞社岐阜支社が建設されている)。 2000年(平成12年)3月25日 — 京都近鉄百貨店京都店全面改装。 「プラッツ近鉄」として開業。 2000年(平成12年)9月1日 — 本店南側にHOOP開業。 2001年(平成13年)2月20日 — 東京店閉店(三越が営業権を継承し、同年6月より吉祥寺三越および大塚家具として営業開始したが、2006年5月で両店撤退。 2007年6月29日にヨドバシカメラマルチメディア吉祥寺がオープン)。 2001年(平成13年)2月28日 — 株 京都近鉄百貨店が 株 近鉄百貨店を吸収合併し「株式会社近鉄百貨店」に商号変更。 2005年(平成17年)6月 — 近鉄モータース株式をクインランドに売却。 2005年(平成17年)7月29日 — 京都店の土地・建物をヨドバシカメラに売却。 店舗は2007年(平成19年)2月末までの営業となった。 2005年(平成17年)8月25日 — 旧別府店の敷地を県内業者に売却。 跡地に高層複合マンション建設予定。 2006年(平成18年)7月31日 — 旧東京店の土地・建物を投資会社に売却。 2006年(平成18年)12月30日 — 三重県の三交百貨店がこの日で閉店。 営業権の一部を譲り受けた。 2007年(平成19年)2月28日 — 京都店を閉店。 なお京都店の建物は解体され、跡地に建設される新ビルにヨドバシカメラが出店することとなった。 2008年(平成20年)3月頃 — 旧京都店の建物の解体が終了。 これ以降ヨドバシカメラのビルへ建替(2010年11月5日にヨドバシカメラ・マルチメディア京都〈京都ヨドバシ〉が開店)。 2008年(平成20年)9月9日 — HOOP南側にand開業。 2009年(平成21年)3月1日 — 株 中部近鉄百貨店(持分法適用会社)と 株 和歌山近鉄百貨店(近畿日本鉄道完全子会社=兄弟会社に相当)を吸収合併し、四日市、名古屋、草津、和歌山の4店舗を直営化。 2009年(平成21年)3月19日 — 阿倍野本店の本館西側(旧館)部分を建て替えのため閉鎖 [6]。 翌3月20日より、本館の東側(1988年に増床した新館(現:ウイング館))部分のみでの営業を開始(2014年の建て替え完成(あべのハルカス開業)まで)。 2009年(平成21年)11月20日 — 大阪市住之江区咲洲(南港)のアジア太平洋トレードセンター(ATC)のITM棟に、2010年2月末までの期間限定店舗「近鉄百貨店ショップATC」を開設。 2010年(平成22年)8月26日 — 上本町店の全館リニューアルが完成。 同店南側に「上本町YUFURA」が開業。 2011年(平成23年)8月10日 — エイチ・ツー・オーリテイリング(阪急阪神百貨店)との間で、情報システムの共同開発に関する提携を発表。 2012年(平成24年)2月29日 — 枚方店を閉店。 2012年(平成24年)3月3日 — 旧桔梗が丘店が、直営面積縮小・業態転換により「近鉄百貨店ショップ桔梗が丘」として新装開店。 2012年(平成24年)3月29日 — 子会社の書籍販売業「ビッグウィル」の株式の大半をジュンク堂書店に譲渡。 2013年(平成25年)6月13日 — 阿倍野本店のうち、あべのハルカス・タワー館(地上14階〜地下2階)部分が先行開業(ウイング館の一部(9階催会場など)を含む)。 売場面積は57,000m 2(タワー館(西側:50,000m 2)とウイング館(東側:7,000m 2)の合計)。 同日より店名を「あべのハルカス 近鉄本店」に改称。 あわせて包装紙・ショッピングバッグのデザインを変更。 2013年(平成25年)7月16日 — 大阪証券取引所と東京証券取引所との現物株市場統合に伴い、東京証券取引所第1部に指定替え。 2013年(平成25年)10月10日 — あべのハルカス 近鉄本店の第2期分(ウイング館の4階の一部〜8階部分)が開業。 売場面積は77,000m 2(タワー館(西側:57,000m 2)とウイング館(東側:20,000m 2)の合計)。 2014年(平成26年)2月22日 — あべのハルカス 近鉄本店が全館開業(ウイング館の地下2階〜4階の残り部分の開業)。 売場面積は100,000m 2(タワー館(西側:57,000m 2)とウイング館(東側:43,000m 2)の合計)。 2014年(平成26年)3月7日 — あべのハルカスがグランドオープン(オフィスフロア・大阪マリオット都ホテル・あべのハルカス美術館・ハルカス300(展望台)を含む)。 2014年(平成26年)9月30日 — 桃山店閉店。 2018年(平成30年)3月31日 — 近鉄百貨店ショップ桔梗が丘閉店。 引用: 使わない株主優待は少しでも現金にした方がお得だもんね! 金券、商品券の取扱には以下の法律があります。 古物営業法 第二条 この法律において「古物」とは、一度使用された物品(鑑賞的美術品及び 商品券、乗車券、郵便切手その他政令で定めるこれらに類する証票その他の物を含み、大型機械類(船舶、航空機、工作機械その他これらに類する物をいう。 )で政令で定めるものを除く。 以下同じ。 )若しくは使用されない物品で使用のために取引されたもの又はこれらの物品に幾分の手入れをしたものをいう。 第三条 前条第二項第一号に掲げる営業を営もうとする者は、営業所(営業所のない者にあつては、住所又は居所をいう。 以下同じ。 )が所在する都道府県ごとに 都道府県公安委員会(以下「公安委員会」という。 )の許可を受けなければならない。 引用: つまり 許可を得ている金券ショップであれば株主優待も売買可能です。 近鉄百貨店の株主優待はメルカリに出品してもOK? メルカリで株主優待券の出品は禁止されていますので注意! トラブルに巻き込まれないためにも購入も控えた方がいいです。 メルカリガイドの中に 株主優待の出品が禁止されていることが明記されています。 現行流通している国内外の貨幣、通貨、仮想通貨• チャージ済みのプリペイドカード類 Suica、楽天Edy、nanaco、WAONなど• オンラインギフト券 iTunesカード、Amazonギフト券など• 商品券、ギフト券、 株主優待券• 航空券、乗車券、旅行券 クレジットカード、キャッシュカード• 債券、小切手、未使用の切手 円 、収入印紙、登記印紙• 宝くじ、勝馬投票券• 図書カード、テレホンカード、QUOカード• 貴金属の地金 インゴット• その他、金銭と同じ意味を持つもの 引用: 近鉄百貨店の株価は買い時か分析 下降トレンド中の 近鉄エクスプレスは今買い時なのか株式指標から解説していくよ。 現在の予想PERは40. 7倍、予想PBRは4. 02倍となっています。 PER、PBRともにかなりの割高を示しています。 下落中といっても人気のある株主優待なので皆さん狙っているのでしょうか。 割安感が出るまで様子見となりそうです。 上回れば割高、下回れば割安と考えます。 PBR=1株純資産:優良な会社であれば1倍以上になるはずですので、1倍以下は割安と考えます。 現在の予想1株配当金は20円、予想配当利回りは0. 60%となっています。 配当利回りが0. 60%というのはかなり渋い数値です。 優待利回りが魅力的とはいえ0. 株価がさらに安くなるまで様子をみたいところです。 株主優待生活で有名な「桐谷さん」は、配当利回り+優待利回り=4%以上を選択基準としています。 株主優待生活が知りたいなら桐谷さんの本は読んでおくべきっ!投資のヒントも満載ですよ! 現在の信用取引の売り残は19,300株、買い残は3,700株となっています。 信用売り残の方が圧倒的に多く信用倍率は0. 19倍となっています。 将来の買い圧力がかなり強いことが読み取れます。 更に安くなった株価を狙いたいところですが、売り残をみるとなかなか下がってくれる気配はなさそうです。 だからと言って高値掴みはいけませんのでしばしの間我慢の時期になりそうです。 売り残:まだ未決済の売り注文の信用取引株です。 多いほど将来の買い圧力が強くなります。 買い残:まだ未決済の買い注文の信用取引株です。 多いほど将来の売り圧力が強くなります。 1より小さいと将来の買い圧力が強いので株価は上がりやすくなります。 株主優待を始めるならGMOクリック証券がおすすめ! 管理人は「GMOクリック証券」で株主優待を実践中です。

次の