仮想通貨 半減期。 仮想通貨の半減期とは?2020年~2022年、価格上昇が予想されている通貨を紹介!

仮想通貨の半減期とは?仕組み&今後の予想を金融の専門家が徹底解説!|ニフティニュース

仮想通貨 半減期

タップできる目次• 半減期って何? 半減期がある仮想通貨として代表的なのが ビットコインです。 ビットコインはおおよそ4年に一度半減期を迎えマイニングの報酬が半分になって行きます。 半減期を知る前に少しマイニングの概要についておさらいしておきましょう。 ビットコインのマイニングというのは、簡単に言うと「取引の承認作業を行うこと」ですが、その承認作業をするにはパソコンを何百台を使って、計算する必要があります。 もちろん、電気代がめちゃかかります。 マイナー(マイニングを行う人)は取引承認作業の対価として新規に発行されたビットコインを手に入れることができます。 そして、マイナーはビットコインを売却することにより、利益を得たり、電気代を払ったりします。 マイナーは昔は個人もいたみたいですが、今はちゃんとした企業が行っている大規模なものです。 その マイナーが新規にもらえるビットコインが、ビットコインの場合は4年に一度半減します。 2019年現在ではマイニングの報酬として12. 5BTCがもらえますが、次の半減期2020年7月頃には6. 25BTCに減ってしまいます。 マイナーはマイニング報酬が減ってしまいますが、我々一般投資家からすれば マイナーがビットコインを市場に供給する量が減ることになり、価格が上がる材料の一つとなります。 では、リップルに半減期はあるのでしょうか? リップルに半減期はない 結論から言うと、リップルに半減期はありません。 なぜ半減期がないのかですが、理由の一つとして リップルはビットコインと違い発行上限枚数1,000億XRPをすべて発行しています。 ビットコインも発行枚数は2,100万枚と上限は決まっていますが、マイニングされるたびに新規に発行される仕組みになっています。 また、ビットコインとでは、取引の承認形態も事ななります。 ビットコインでは上で説明したようにマイナーと呼ばれる人達が膨大な計算を行って報酬をもらうことにより取引を承認するPOW(proof of work)という仕組みを採用していますが、 リップルでは取引の承認形態としてPOC(proof of consensus)という仕組みを採用しています。 そして、POCではValidatorという人が取引を承認します。 マイクロソフトやセコム、金融機関などの選ばれた人がなれます。 そのValidatorのうち80%以上が承認することにより取引が有効なものとされチェーンに記録されます。 このようなリップルの特徴によってリップルには半減期がありません。 がっかりしたかもしれませんが、リップルにはビットコインにはない特徴があるのでガチホしておくといいことがあるかもしれません。 その理由を次に説明していきます。 リップルには発行枚数が減少していく仕組みがある リップルの特徴として 発行枚数すなわち市場に流通している枚数が減少していくという仕組みがあります。 リップルをリップルのネットワークで送金しようとした場合、手数料が取られます。 これは、ビットコインやネムとかでも同じですよね。 ビットコインの場合、その手数料はマイナーに支払われますが、 リップルの場合、取引を承認するValidatorには支払われず、そのまま使われなくなるという仕組みとなっています。 リップルが普及し取引が活発に行われれば、 手数料分だけ少しずつリップルは市場から減少していき価格があがることになります。 ですので、ガチホしておけばリップルの価格が上がるかもしれません。 MEMO リップルから仮想通貨投資を始めてみたい人は、仮想通貨投資をする前に知っておきたいリスク、リップルの取引所での買い方などをまとめたこちらの記事をご覧下さい。 ビットコインなどその他の通貨の半減期 リップルに半減期はないのですが、ビットコイン等その他の通貨には半減期があります。 半減期はみんな知ってるので価格に織り込まれているとあがりませんが、上手く波に乗れれば儲けることができるのでチェックしておいて損はないでしょう。 以前、モナコインが半減期を迎えた時にどれくらい前から仕込んでおけばよいのか分析した記事があるのでよかったら読んでみてください。 【半減期を予定している通貨(時期はおおよそなので注意)】 Bitcoin 2020年5月 Bitcoin Cash 2021年8月 Litecoin 2023年8月 Zcash 2020年10月 Vertcoin 2021年12月.

次の

仮想通貨【2020年】おすすめ銘柄

仮想通貨 半減期

決められたブロック数に到達するのが、だいたい4年毎になっているということだね 半減期にライトコインの価格は上がる? ライトコインに関わらずビットコインも含めて半減期には、その通貨の価格が上がりやすいという傾向があります。 一般的にはライトコインのような発行上限が決まっている仮想通貨は、マイニングから新規通貨が発行されます。 このマイニングから発行される新規通貨が減少することによって、通貨の希少性を高める効果があるとされています。 通貨が多く出回り過ぎると、1枚あたりの価値が低くなってしまうインフレが起こります。 このインフレを防止して、逆にデフレ効果を呼ぶことで通貨1枚あたりの価値を高めているんですね。 …という理屈ではありますが、実際は半減期に必ず価格が上がるわけではなく、希少性の高まりを期待する市場心理が働くことで価格が上昇しやすくなるというロジックです。 価格が上がると考えて購入する人が増えるから価格が上がりやすいということだよ 半減期価格の注意点 マイニングによって支払われる報酬が半分になるということは、マイナーにとっては大きな打撃になります。 マイニングには、規模に見合った設備を整える必要があるので大きなコストがかかります。 そのコストをマイニングの報酬が下回ってしまうと、赤字なるので撤退するマイナーが出てくることも考えられます。 マイニングを行うマイナーが少なくなると、ハッシュレートと呼ばれる計算力が低下し通貨を支えるブロックチェーンのネットワーク自体が脆弱になる可能性があります。 そうなると様々なリスクにさらされてしまう恐れもあります。 しかし、 一般的にはマイナーが少なくなれば単純にマイニングの競争相手が少なくり、報酬が得やすくなるので、マイナーが全くいなくなるという心配はいりません。 ライトコイン(LTC)の戦略 個人的には、2015年のライトコインのチャートを踏まえると、 半減期の三カ月ほど前にLTCを仕込み、実際の半減期の 約一ヶ月ほど 前に売却するのが中期トレードの戦略です。 あくまでも価格を確認しながら! ただし、ライトコインはビットコインの価格変動に最も影響されやすいのでBTCの価格は特に要チェックです。 また、取引所や市場全体のニュース、さらに世界情勢や経済状況によっても価格が大きく動く場合があるので、その場その場に合わせて臨機応変に対応する必要があることもお忘れなく! 2019年8月のライトコイン半減期の価格予想は、非常に難しいですが「歴史は繰り返す」という言葉をもとに、相場を振り返って過去の相場を参考にすることは非常に良いことだと思います。 また、ライトコインの開発者でもあるチャーリー・リー氏は 「半減期がLTC価格に直接影響するとは考えていない」とも語っています。 ただ、 多数の市場心理が動くと価格を押し上げる可能性もあるとしていることから、半減期は間接的に価格に影響するとも言えますね。 ライトコイン LTC が買えるオススメ取引所• LTCが一番簡単に買えるオススメ取引所• LTCが指値注文で変えるお得な取引所• LTCでもレバレッジ取引が可能な安心できる取引所 半減期一覧リスト ライトコイン以外の半減期も気になると思いますので、半減期の近い上位アルトコインを一覧としてまとめてみました。 通貨名 単位 時期 回数 発行量 LTC 2019年6月 2回目 12. 5LTC BTC 2020年5月 3回目 6. 25 BTC MONA 2020年7月 2回目 12. 5 MONA ZEC 2020年10月 1回目 6. 25 ZEC BCH 2021年8月 1回目 6. 25 BCH 2020年にはビットコイン(BTC)の半減期があるので、特に注視する必要がありそうです。 また、半減期の時期は日付が決まっているわけではなく、ブロック数で決定しています。 ブロック生成速度の向上や低下で時期が前後する場合があるので、その辺りも注意してくださいね。 アナリストの中には機関投資家の参入よりもビットコインの半減期の方が大事という専門家もいるくらいだよ 半減期が無い通貨もある 仮想通貨の売買で利益を出したい方にとって、半減期は大きなファンダメンタルズですが、半減期が存在しない通貨もたくさんあります。 例えば、上位通貨でいえば発行上限がないEOSやNEO、全ての通貨が既に発行されていたりマイニングがないXRP(リップル)やBNBといったアルトコインには半減期がありません。 半減期がない通貨には「インフレが起こってしまうのでは?」という疑問が出てきそうですが、その通貨の価格変動を抑えて安定させる意図があったり、バーン(通貨の焼却)を行ったり、リップルのように中央集権で管理したりと様々な思惑が働いています。 半減期では、『市場心理が働いて価格の変動がある』というのは過去のデータで明らかになっている事実です。 しかし一概に、『半減期のあるかなしで通貨の価値が決まるわけでもない』ということも同時に覚えておいてもいいかもしれませんね。

次の

2020年ビットコイン半減期迫る|仮想通貨における半減期とは

仮想通貨 半減期

仮想通貨には『半減期』があります。 仮想通貨取引をしている人なら、聞き覚えのある人も多いでしょう。 しかし、なぜ半減期があるのか、その仕組みを理解しているでしょうか?仮想通貨の半減期の概要や仕組みを知り、仮想通貨への理解を深めてみてください。 仮想通貨の半減期について知ろう ビットコインやモナコインなど、近年出現した『仮想通貨』は、投資家の大きな注目を集めています。 そうした仮想通貨取引に手を出す際に知っておかなければならないのが『半減期』の仕組みです。 まずは、半減期の概要について大まかに抑えておきましょう。 まずは仕組みを知ろう 半減期について知るためにも、最初に抑えておきたい用語があります。 『ブロックチェーン』と『マイニング』です。 ブロックチェーンとは、一言で言えば『仮想通貨を取引したデータをつないだもの』です。 仮想通貨の場合、銀行のように取引履歴を正確に残しておく場所がないため、取引に参加している人間のネットワークにデータを残しています。 そしてマイニングとは、ブロックチェーンと新しいブロックをつなぎ合わせることです。 誰かが仮想通貨の送金を行った場合、それはまだブロックチェーンには保存されていない単独の記録になっています。 この記録を従来のブロックチェーンにつなぎ合わせることで、送金履歴が承認されます。 このときマイニングの作業報酬として、同様の仮想通貨が支払われる仕組みです。 仮想通貨における半減期 半減期は、マイニングの作業報酬が減額されることです。 マイニングは1回ごとに報酬が決まっていますが、半減期になるとこの報酬額がおよそ半分になります。 「ブロックが何回発生したらマイニング報酬は半減する」というプログラムが、仮想通貨の中にはあらかじめ組み込まれています。 半減期を迎える時期は、仮想通貨の取引量によって変わってくるため、通貨によってバラバラです。 半減期のイメージ ビットコインを例に半減期を具体的に見ていきましょう。 ビットコインは21万ブロックが生成されると半減期を迎えます。 その21万ブロックが生成される期間がおよそ4年だと言われていますが、この数字は正確ではありません。 単純に4年ごとに半減期が発生するのではなく、ブロックの生成量によって半減期が発生するという点は覚えておきましょう。 最初の21万ブロックは 2012年11月に生成され、このときビットコインのマイニング報酬は50ビットコインから25ビットコインに低下しました。 2回目の2016円7月で、マイニングの報酬はさらに半分の12. 5ビットコインとなっています。 知っておきたいメリットとデメリット 半減期が発生することで、仮想通貨のホルダーにどんなメリットとデメリットが発生するのかを紹介します。 半減期のメリット 半減期のメリットは、半減期付近になると『仮想通貨の価値が高騰しやすくなる傾向にある』ということです。 これには、投資家の思惑が大きく絡んでいます。 マイニング報酬が減るということで、単純にマイニングを行う人の数が減るという予想が立ちます。 つまり、仮想通貨の発行量が今までよりも減るということです。 「今まで通りに誰かが欲しがるのであれば、必然に価値が高騰するのではないか」と予想できます。 このような思惑が絡み、半減期を迎える仮想通貨は半減期付近で高騰する傾向にあるのです。 また、このタイミングで新たに仮想通貨を欲しがる投資家も加わって、信じられないほどに値上がりすることがあります。 マイニングをするための電気代やPCなどの設備投資にかかる金額は変わらないのに、報酬は半減するのですから、利益はかなり少なくなります。 取引量が少ない通貨の場合、マイニングをすればするほど赤字になってしまうことがあるので、マイニングを行おうと思っている人は注意が必要です。 半減期の必要性とその理由 こうして見ると、半減期はメリットよりもデメリットの方が大きいように思えてしまいます。 しかし、仮想通貨にとって半減期の仕組みは必須です。 どうして半減期が必要なのか、その理由を見ていきましょう。 なぜ半減期があるのか 半減期がある理由を端的に言えば、『仮想通貨のインフレを防ぐため』です。 マイニングの報酬は仮想通貨によって支払われます。 つまり、マイニングが発生するごとに通貨の発行量は増えるのです。 一般的な通貨と同様、通貨の発行量が増えるほど、1通貨あたりの価値は下がります。 それを防ぐために、通貨の発行量は通常は銀行がコントロールしているのですが、仮想通貨は銀行がないためこの方法がとれません。 そこで半減期によってマイニングの報酬を減らすことで、通貨の過剰発生とインフレを防いでいるのです。 半減期がない仮想通貨もある 仮想通貨の種類は1500種類以上にのぼると言われています。 実は、これらの通貨の半分以上には半減期が設定されていません。 その理由は、半減期が発生するプログラムを仕込んでいないためです。 例えばビットコインであれば『ブロックが21万発生した時に半減期を迎える』という仕組みがあらかじめプログラミングされていましたが、 EOSやNEOといった通貨はプログラミングされておらず、どれだけマイニングしても半減期を迎えません。 これによって、通貨はインフレを起こして価値が下がっています。 半減期を持たない通貨は数円から数十円で取引されるケースも多く、投資家がメインで取引している通貨のように、高騰するケースはほぼありません。 2020年に半減期を迎える仮想通貨 2020年に半減期を迎えると言われている通貨と、その通貨の性質を紹介します。 ビットコイン ビットコインは最もメジャーな仮想通貨の一つです。 アメリカの企業Fold社はビットコインを使って実店舗やオンラインで支払いができるサービスを発表しています。 こういった動きは今後も増え続け、今後は投資に関係ない一般の人でも、ビットコインを扱う機会が増えてくるかも知れません。 手数料が安く、使用できる企業が多いのがメリットですが、その一方で価格変動が激しいのが難点です。 ビットコインは2020年5月ご ろ に3回目の半減期を迎えると言われていて、そのときのマイニング報酬は12. 5BTCから6. 25BTCへ減少します。 モナコイン モナコインは、日本の掲示板『2ちゃんねる』(現5チャンネル)から生み出された仮想通貨です。 メインユーザーが日本人である点から、日本人ユーザーの支持も厚く、日本国内では一部のパソコンショップなどで支払いに利用することができます。 モナコインの半減期は2020年7月頃に2回目を迎えると言われています。 マイニング報酬は現在の25MONAから12. 5モナへと減少するようです。 モナコインは国内でもメジャーな仮想通貨取引所である『コインチェック』でも取り扱われてはじめたことから、価格が高騰しました。 今後も国内を中心に利用が広がっていくとみられています。 判断は慎重に行おう 例えば、ビットコインは過去2回の半減期付近で価格が高騰したことから、3回目でも高騰することが期待され、投資家の注目を集めています。 これに便乗しようと思っている人は少なくないでしょう。 しかし、前述したように半減期は正確な日にちが決まっているわけではないのです。 また、高騰した後には高い金額で売り抜けようとする人がいるため、確実に急落が起こります。 特に、メジャーな仮想通貨ほど価格が変動しやすいので注意が必要です。 現に2019年9月、100万円付近を維持していたビットコインは、ほんの一時間の間に10万円以上も下落してニュースになりました。 この急な値動きに、過去には仮想通貨の暴落により資産を失った人も多くいます。 仮想通貨を取引する際には、慎重な判断が求められるので、あらかじめ通貨の発行量や性質についてよく調べておきましょう。 文/編集部.

次の