キング ブラッド レイ 声優。 【鋼の錬金術師】キング・ブラッドレイ(ラース)の最後からみる、理想の夫婦関係の築き方!帝王学、武士道、一日一生の覚悟の生き方

キング・ブラッドレイ

キング ブラッド レイ 声優

鋼の鋼の錬金術のキング・ブラッドレイをご存知でしょうか? 実は彼の生き様と奥さんとの関係性というのが、理想の夫婦像を描いているのです。 今回はキング・ブラッドレイから紐解く「理想の夫婦の築き方」についてお伝えしていきます。 そもそも、命の重さが今と昔では違っていたりします。 おそらく、昔の方がもっと命の価値というものが「軽い」のです。 どういうことかというと・・・ 少しずつお伝えしていきましょう! もちろん、昔の人が「命」というものそれ自体について 軽くしているという意味ではありません。 しかし、そのある種の軽さというのを持っており、 それは現代人にはないものだったりするのです。 では、 「何のための軽さか?」と言うと、昔の人と今の人とでは 決定的に違っているものがあるのです。 それが 「生きてる覚悟」です。 なんといいますか・・・ 今の人というのは基本的に、 「明日があるさ〜」っていう生き方じゃないですか(笑) (ダウンタウンじゃないですけれども。 ) 失敗しても許されるし・・・ 失敗しても明日があるし・・・ って感じで。 でも、昔の人って『明日』はありません。 なぜなら、 明日になっても生きているとは言えないからです。 特に戦国時代というのは戦さが起こったら、いつどうなるかわかりません。 一回家を出てしまったら、今みたいに通信機器を誰も持っていませんので、 出ていった先でどうなっているかなんて分からないです。 だからぶっちゃけ、「家をバイバイ〜」と言って、 いってらっしゃいと送り出した瞬間から、 そこから一生会えなくなるという可能性を含んだ家族関係なのです。 これって、つまりは原始人の場合、尚そうだと思うんですね。 だって、獣がいきなり入ってきて、 「ガアッ!」と食われるかもしれないじゃないですか? そうなったら、命が簡単に失われる時代なのです。 でも同時に、だからこそ今を一生懸命みんな生きることができます。 だって明日には死んでしまうかもしれないし、 明日には目の前の人にはもう会えないかもしれないって思うから、 その日を生き切る生き方をするのです。 だから、 『武士道とは死ぬことと見つけたり』 と言いますが、 あれは「死ぬ覚悟があって怖がらないんだよ」ということではなく、 それをしても何の心配もなくそれをできるくらいに普段から生きている、ということなのです。 それは例えると、「鋼の錬金術師」のラースの生き方です。 人間の大統領みたいなキング・ブラットレイという敵が死ぬ時に ランファンが最後の留めを刺そうとして『言い残すことがあるか?』と言った際、 ラースは 『ない』って答えるのです。 ランファンは 『お前、嫁がいるんだろ、冷たい奴だな』 って伝えるのですが、 『なめるなよ、あれは私が選んだ女だ。 私とあれの間に余計な遺言など要らぬ』 と伝えるのです。 要するに、自分がいつ誰に狙われてもおかしくないですし、 明日には死んでしまうかもしれない、ということがわかった上で 一緒になって、一緒の時間を過ごしてきているのです。 だから今更、家を出た後にパッと亡くなってしまったり・・・ もしくは命を狙われたとしても・・・ そこで泣きわめいたり、落ち込んでしまったり、 何もできなくなるような、そういう女性ではありませんし、 そもそも、 ラースは嫁とそういう付き合い方をしていないのです。 お互いにその瞬間をきちんと生きていて、 言いたいことはちゃんと言って関係性を作り、 だから何があっても「後は頼んだぞ」ということが わざわざ遺言なんか残さなくても勝手に伝わる生き方をしてきたということなのです。 本当に、ラースってかっこいいですよね! これは鋼の錬金術師の中で、一番かっこいいセリフじゃないかなと思います。 あれはもう「武士の生き方」そのものです。 武士にとって「明日」があるか分かりませんし、 目の前の瞬間で、一緒にいる人と、 「共に生きる」 というのをやっているから、命が軽かったとか、簡単に手放せたというよりは、 手放した後に誰に対しても何の思いも残すこともなく生きて来れるのです。 それは薄い人間関係という意味ではなくて、 命がいつなくなるかもわからない前提の中で、 毎瞬を本気で生きて、本気で向き合っている生き方です。 だから今更、 「言い残すことなんてない」 「言い残すような生き方をしてない」 「あるならその時に言っている」 という生き方をしているから、 もしそこで何かがあったってわざわざ言い残さなくても、 あっちに旅立てますし、後は自分でケジメをつけるだけって言うことができるのです。 いってらっしゃいって言う側もそういうつもりで送り出していけるのです。

次の

キング・ブラッドレイの1期と2期の違い【ハガレン解説】

キング ブラッド レイ 声優

鋼の鋼の錬金術のキング・ブラッドレイをご存知でしょうか? 実は彼の生き様と奥さんとの関係性というのが、理想の夫婦像を描いているのです。 今回はキング・ブラッドレイから紐解く「理想の夫婦の築き方」についてお伝えしていきます。 そもそも、命の重さが今と昔では違っていたりします。 おそらく、昔の方がもっと命の価値というものが「軽い」のです。 どういうことかというと・・・ 少しずつお伝えしていきましょう! もちろん、昔の人が「命」というものそれ自体について 軽くしているという意味ではありません。 しかし、そのある種の軽さというのを持っており、 それは現代人にはないものだったりするのです。 では、 「何のための軽さか?」と言うと、昔の人と今の人とでは 決定的に違っているものがあるのです。 それが 「生きてる覚悟」です。 なんといいますか・・・ 今の人というのは基本的に、 「明日があるさ〜」っていう生き方じゃないですか(笑) (ダウンタウンじゃないですけれども。 ) 失敗しても許されるし・・・ 失敗しても明日があるし・・・ って感じで。 でも、昔の人って『明日』はありません。 なぜなら、 明日になっても生きているとは言えないからです。 特に戦国時代というのは戦さが起こったら、いつどうなるかわかりません。 一回家を出てしまったら、今みたいに通信機器を誰も持っていませんので、 出ていった先でどうなっているかなんて分からないです。 だからぶっちゃけ、「家をバイバイ〜」と言って、 いってらっしゃいと送り出した瞬間から、 そこから一生会えなくなるという可能性を含んだ家族関係なのです。 これって、つまりは原始人の場合、尚そうだと思うんですね。 だって、獣がいきなり入ってきて、 「ガアッ!」と食われるかもしれないじゃないですか? そうなったら、命が簡単に失われる時代なのです。 でも同時に、だからこそ今を一生懸命みんな生きることができます。 だって明日には死んでしまうかもしれないし、 明日には目の前の人にはもう会えないかもしれないって思うから、 その日を生き切る生き方をするのです。 だから、 『武士道とは死ぬことと見つけたり』 と言いますが、 あれは「死ぬ覚悟があって怖がらないんだよ」ということではなく、 それをしても何の心配もなくそれをできるくらいに普段から生きている、ということなのです。 それは例えると、「鋼の錬金術師」のラースの生き方です。 人間の大統領みたいなキング・ブラットレイという敵が死ぬ時に ランファンが最後の留めを刺そうとして『言い残すことがあるか?』と言った際、 ラースは 『ない』って答えるのです。 ランファンは 『お前、嫁がいるんだろ、冷たい奴だな』 って伝えるのですが、 『なめるなよ、あれは私が選んだ女だ。 私とあれの間に余計な遺言など要らぬ』 と伝えるのです。 要するに、自分がいつ誰に狙われてもおかしくないですし、 明日には死んでしまうかもしれない、ということがわかった上で 一緒になって、一緒の時間を過ごしてきているのです。 だから今更、家を出た後にパッと亡くなってしまったり・・・ もしくは命を狙われたとしても・・・ そこで泣きわめいたり、落ち込んでしまったり、 何もできなくなるような、そういう女性ではありませんし、 そもそも、 ラースは嫁とそういう付き合い方をしていないのです。 お互いにその瞬間をきちんと生きていて、 言いたいことはちゃんと言って関係性を作り、 だから何があっても「後は頼んだぞ」ということが わざわざ遺言なんか残さなくても勝手に伝わる生き方をしてきたということなのです。 本当に、ラースってかっこいいですよね! これは鋼の錬金術師の中で、一番かっこいいセリフじゃないかなと思います。 あれはもう「武士の生き方」そのものです。 武士にとって「明日」があるか分かりませんし、 目の前の瞬間で、一緒にいる人と、 「共に生きる」 というのをやっているから、命が軽かったとか、簡単に手放せたというよりは、 手放した後に誰に対しても何の思いも残すこともなく生きて来れるのです。 それは薄い人間関係という意味ではなくて、 命がいつなくなるかもわからない前提の中で、 毎瞬を本気で生きて、本気で向き合っている生き方です。 だから今更、 「言い残すことなんてない」 「言い残すような生き方をしてない」 「あるならその時に言っている」 という生き方をしているから、 もしそこで何かがあったってわざわざ言い残さなくても、 あっちに旅立てますし、後は自分でケジメをつけるだけって言うことができるのです。 いってらっしゃいって言う側もそういうつもりで送り出していけるのです。

次の

キング・ブラッドレイ大総統は最高の上司だと思う。

キング ブラッド レイ 声優

私は鋼の錬金術師のキングブラッドレイが好きです。 あの人を上司にもつと、すごくメリハリがついてよくなると思います。 今回は、キング・ブラッドレイ大総統のカッコよさについて書こうと思います。 鋼の錬金術師とは? 鋼の錬金術師とは、 月間少年ガンガンで2001年から2010年かけて連載された荒川弘さん少年漫画です。 等価交換の法則を原則とする、錬金術があり、 主人公のエドワード・エルリックとその弟アルフォンス・エルリックが禁忌を犯すことから物語が始まります。 禁忌を犯した代償として、兄のエドワード・エルリックは左足を失い、弟のアルフォンス・エルリックは体すべてを失います。 兄のエドワード・エルリックは弟の体を取り戻すため、再度禁忌をおかし右腕と引き換えに、鎧に弟のアルフォンス・エルリックの魂を定着させることに成功します。 キング・ブラッドレイとは? ハガレンは、心理の扉の扉絵がアルフォンス兄弟で違ったり、と色々凝っています。 その中でも、敵が7つの大罪になぞらえているのも好きです。 7つの大罪とは、人にしばしば罪を犯させてしまう感情のことを言います。 皆さんも自身の失敗や他人の失敗を思い出してみてください。 思い当たる節があるのではないでしょうか?私はいっぱいありますよ~。 色欲-ラスト- 妖艶な感じが出てていいですね。 暴食 -グラトニー- 7つの大罪チームで、一番人間味があったキャラではないでしょうか? でも、とても残念な死に方をしました。 私は結構可愛いくって好きですよ。 色欲がやられた後、にめっちゃくちゃ怒っているのもいいですね。 嫉妬 -エンヴィー- コナン君の声感が強すぎて 笑 目をつぶって聞けば、まるでコナン君が口汚いことをいってるように聞こえます。 怠惰 -スロウス- めんどくせぇ、という気持ち。 よくわかります。 わたしもしばしば面倒くさい気分になります。 強欲 -グリード- 私はこの感情、別に悪いとは思いませんけどね。 欲があるから人は頑張れる。 強欲ってのがいけないってことなのかな? 何でも度が過ぎるといけないってことですね。 高慢 -プライド- グラトニー食べちゃうからな 笑 私はこのキャラ苦手です。 食べちゃう系は怖い。 最後はこの方、私が大好きなキング・ブラッドレイさんです。 憤怒 -ラース- 憤怒ですよ~。 意外でしたか? 普段はニコニコしてますものね。 憤怒ってことは、心は全然笑っていないってことですね。 憤怒なのに普段ニコニコしているところが、ギャップがあっていいですね。 このニコニコからの怒りがいいです。 背面の恐怖ってやつですよ。 あんまり優しくすると、下は調子のって舐めますからね。 こういう、ちょいちょい恐怖をいれてくるのが、良い上司です 笑 キング・ブラッドレイの名言 私の城に入るのに裏口から入らねばならん理由があるのかね? これは、キング・ブラッドレイが不在中に、自分の城が敵・味方にひっちゃかめっちゃかにされます。 そして、戻ってきた際、ふつうは敵の位置や数を気にして、裏口からこっそり回る所を、どうどうと正門から入るのです。 その時にいった言葉がこちら 私の城に入るのに裏口から入らねばならん理由があるのかね? あれは私が選んだ女だ。 私とあれの間に余計な遺言など要らぬ これは、ブラッドレイが敗れた際、遺言を残したい相手はいないのか? 愛する人はいないのか?と、問われた際に、ブラッドレイがした返答です。 愛だの悲しみだのくだらぬ言葉を垂れ流すな小娘。 なめるなよ、あれは私が選んだ女だ。 私とあれの間に余計な遺言など要らぬ 私が唯一自分で選んだ女、とも言うんですよね。 人間を下等に思っている反面、自分の奥さんのことは大事に思っていたようです。 そこがいい どうしてキング・ブラッドレイが上司にふさわしいか 私が求める理想の上司とは、 ・実力がある ・思いやりがある ・ 背面の恐怖 だと、思っています。 残念ながら、キング・ブラッドレイは人間に思いやりはありません。 なんせ憤怒ですからね。 でも、奥さんに対しては何らかの思いがあったように見えます。 そこがいい。 そして、私が最近何よりも大事だと思っているのが、 背面の恐怖 です。 思いやりがある人もたくさんいます。 実力がある人もたくさんいます。 そして、思いやりと実力両方を持っている人はたまにいます。 でも、思いやり、実力、背面の恐怖を持ち合わせている人は滅多にいません。 人にやさしい、というのは素晴らしいことです。 でも、私の経験上、上司という立場だとそれだけではいけません。 というのも、優しすぎると、下はなめてかかります。 勝手なことをします。 怠惰にもなります。 高慢にもなります。 背筋が凍るような、ヒヤッとした怖さが必要です。 そうでないと、最初に述べたような、7つの大罪の心理状態に近づいていきます。 普段はニコニコ優しく、でも時には背筋がヒヤッとする恐怖が必要です。 自分には、そういう背面の恐怖は出せないよ~って方。 大丈夫です。 簡単な方法があります。 どすどす歩いたり、騒音を立てて威嚇する方法ではありません。 そのやり方は最悪です。 だって、その場にいる人すべてが嫌な思いをするじゃないですか~。 あなたが注意したい部下は一人ですよね。 全部下ならまだしまも、他部署の人が居たら、その人まで委縮してしまうじゃないですか。 簡単な方法は、 沈黙です。 人間沈黙にはなかなか耐えられないものです。 ロシアの大統領、ウラジミール・プーチンはべらべら喋りませんよね。 この人、G20で、アメリカのオバマ大統領が和ませようと、ジョークをかましたら こういった表情で無言だったらしいですよ~。 あ~沈黙は怖い怖い。 まとめ 以上が、キング・ブラッドレイのかっこいいところです。 まだまだいっぱいありますけどね。 興味のある方は、鋼の錬金術師を読んでみてください。 かっこいいですよ~。 いい上司になりたいのなら、 背面の恐怖 これ必須です。 damemotoko.

次の