アクアラインゴルフ コース。 アクアラインゴルフクラブ(CCザ・ファースト)・アクアラインGC/ゴルフ場ガイド/ゴルフ会員権−椿ゴルフ

アクアラインゴルフクラブを攻略!

アクアラインゴルフ コース

1番手大きいクラブでミスショットを回避 谷越えのショートホール。 ティイングエリアに立つとグリーンまで打ち下ろしているように見えるので、クラブを1番手下げてしまいそうになるが、それは錯覚。 グリーンまでは反対に打ち上げているのでクラブ選択を誤ると距離が足りず手前にショートしてしまうことも。 勇気をもって1番手上げることが攻略への一歩となる。 事前にピン位置の確認を! グリーンの手前は急な傾斜。 その下にはバンカーが配置されているのでショートしてしまうと2オンも厳しくなるだろう。 ワンオンに成功してもグリーン面は奥行きのある2段グリーンなので、ピン位置によっては3パットも否めない。 事前にピン位置を確認してピンと同じ段を狙うことが大事だ。 ティショットの狙い目は左側。 OBゾーンに注意して攻めよう 谷越えのミドルホール。 谷は200yもあれば十分に越えられる大きさだ。 セカンド地点はフェアウェイも広くなっているので、ティショットは左のOBゾーンに注意しながら豪快に攻めよう。 ティショットの狙い目はセンターから左側。 アンジュレーションの効いた難しいライからとなる2打目は、グリーンまで160~180y残るので7番アイアン辺りでグリーンへ運びたい。 うねりの強いグリーンはセンターから攻める! グリーンは縦に長く広い。 加えてアンジュレーションのキツい、ポテトチップス形状のグリーンだ。 グリーンセンターから外側にかけて上っているので、アプローチはピン位置に限らずグリーンセンター狙い。 グリーン奥からの返しは砲台の難しいアプローチが残ってしまうのでグリーンオーバーは危険だ。

次の

ゴルフ会員権の千葉ゴルフ会

アクアラインゴルフ コース

2007年3月15日(木)ラウンド。 1997年オープンなので、けっこう新しめのコースです。 以前は、「カントリークラブ・ザ・ファースト」という名称のコースでしたが、2006年に破綻?したかなにかで、ゴールドマンサックスに買収され、現在はアコディアゴルフグループのコースの1つに・・・。 それに伴い、現在のコース名に変わっています。 コース設計は、加藤俊輔、(株)熊谷組。 花道側は、それほど砲台形になっていないのですが、横や奥から砲台形になっているという感じ。 グリーンをこぼすと、1m〜1.5mくらい高いグリーン面へアプローチすることになります。 つまり、グリーンを狙うショットがオンするか、はずすかで、天地の差!! グリーンに乗ったからといって、ポテトチップ状のアンジュレーションがきついグリーンなので簡単ではありませんが、こぼした時のアプローチの難易度が高いので、オンした場合より2〜3打多く叩く可能性があるのです! シグネチャーホールは、なんといっても、17番と18番。 ほかのホールが林にセパレートされていて、視界が狭いのに対し、17、18番ホールは、非常に視界が広く、全体に広々としていて、アメリカンスタイルのホール!といった感じです。 この2ホールだけ見れば、ニクラウスデザイン社設計の「」を思わせるようなレイアウトと景観のホールなのです! もっと、このようなホールが多ければいいのに・・・。 と思ったRYOでした!(^^; まあ、立地上できなかったのでしょうが・・・。 コースの特徴としては、17番と18番を除くと、フェアウェイバンカー、ガードバンカーが少なく、グラスバンカーが多いという印象! やや幅が狭いホールがあり、OBもけっこうあります。 特設ティー(プレイング4)あり。 実際にティーグランドに立ってみると全体的には、それほどは狭くなかった!という印象です。 おそらく、この日のティーマークが、スコアカードの距離の位置より前方に設置してあるところこが多かったせいもあるでしょう! スコアカード上のホワイトティーの距離は6506ヤードもあります。 ティーグランドの両サイドが木々に挟まれているホールが多く、ティーグランドの後方ほど狭く見えるため、スコアカード通りの距離にティーマークが設定してあれば、ホワイトティーからでも、かなり幅が狭くなり、難易度が高くなることは明白。 今回は10ホールで前方に設置してあったとはいえ、6200ヤードくらいはあったので、けっしてやさしくはありませんでした!(^^; とはいえ、本来のホワイトティーの距離である6506ヤードのところにティーマークを設定していることは、プレー進行上ないような気がします。 ちなみに、バックティーの使用は、土日祝はメンバー同伴のみ。 前日、マスター室へ申請要。 4人のHC60以内でかつ、1人16以内。 とにかく、フェアウェイやラフの起伏が大きいので、ボールが止まったポジションにより、つま先上がり、つま先下がり、左足下がり、左足上がり、さらにそれらの複合の傾斜からのショットとなるので、スルーザグリーンからのショットは、難易度が高いといえるでしょう! 特にグリーンまわりは、起伏の大きいマウンドやグラスバンカーがほとんどで、高さのある砲台形へのアプローチとなるため、あらゆる傾斜から、フワッと上げたり、止まるボールを打ったり、あらゆるアプローチ技術が要求されます! さらに今回は、芝が薄かったり、ベアグランドに近いライのところがほとんどだったため、フワッと上げるアプローチを打つことさえ、非常に難しい状態でした!こんなライ。 やや右へカーブしているロングホール。 この日は、485ヤード。 右サイドはのり面(土手)で、幅はそこそこ。 やや打ち上げです! セカンドショット地点の少し前方右サイドに、大きな木が立っているので、セカンドショットは、左からまわしていくのがいいでしょう! 木の先は、まっすぐですが、フェアウェイは、かなりのうねりが・・・。 左右は、けっこう広めです! グリーン面は、やや高くなっているので、このあたりからも、やや打ち上げ。 2番 パー3。 距離の短いショートホール。 ホワイトティーからだと110ヤード。 グリーンまわりには、グラスバンカーとマウンド群がありますが、距離が短いので、このコースでは、サービスホールといってもいいでしょう! グリーン手前のマウンド手前から見たところ。 マウンドが、なにしろでかい!(^^; グリーンをはずすとアプローチが難しいですが、距離が短めなので、確実に1オンさせてパーをとりたいホールです! 3番 パー4。 やや右カーブしています。 ホワイトティーで365ヤード。 ティーグランドすぐ前方の両サイドに木々が迫っていて視界が狭く、非常に幅が狭いホールです!(^^; 両サイドはOB。 ティーショットが非常に打ちづらいホールでした!!(^^; ティーショットをクリアすれば、セカンド地点より先は視界が広くなってます! フェアウェイのうねりがものすごく、右サイドは陥没していてOB方向へ下っているので要注意! 4番 パー4。 左ドッグレッグのミドルホール。 ブラインドなので、信号機が設置されてます。 左右は林ですが、幅はそこそこ。 右OB、左は1ペナだったと思います。 距離が短めのホールで、レギュラーティーから312ヤードなので、ここもやさしめのホールといえます。 フェアウェイの左サイドは陥没しているので、確実にフェアウェイをキープしたいところ! セカンドショット地点付近。 フェアウェイは波のようにウネウネ! 左サイドは、かなり下へ陥没してます! グリーンの奥から見たグリーン。 グリーンまわりは盛り上がっているので、セカンドショットでグリーンをはずしてもオンするかもしれませんが、斜面の途中でボールが止まってしまった場合は、難しいアプローチとなります!(^^; 5番 パー4。 谷越えのミドルホール。 この日は、360ヤード。 左がOBで、右はのり面(土手)ですが、幅は広いのです。 ただ、谷(OB)が広がっているので、視覚的プレッシャーはややあり! ティーグランドすぐ前方のラインが、斜めになっているので、ティーショットがちょっと立ちづらかったです!(^^; やや右の土手裾あたりを狙うのが安全! セカンド地点から先は、ダウンスロープ。 グリーンの左サイドは陥没しているので、やや右から攻めるのがいいでししょう! 6番 パー5。 距離が長めのロングホール。 ホワイトティーから575ヤード。 (この日は565ヤード) ブルーティーからだと605ヤードあります。 幅はそこそこですが、左右はOB。 フェアウェイやや右サイドに木が1本立っています! ティーグランドが少し高くなっていますが、最初はフェアウェイは上り傾斜。 セカンドショット地点より先から、今度は急激な下り傾斜になっていて、グリーンがまったく見えず、トリッキーなホールです! この先、やや左へカーブしているのですが、まったく見えないので狙いどころが難しいです!(^^; 下り斜面の少し先。 フェアウェイ左にバンカーがあり、グリーンはずっと下。 サードショット地点付近。 急激なダウンスロープ。 左のフェアウェイバンカーの先まで来るとグリーンが見えます。 グリーン左手前にバンカー、グリーンまわりのうねりはものすごく、右手前と右は陥没しています! グリーンは、おむすびのような三角形で小さめ! 7番 パー4。 左へ直角にドッグレッグしているミドルホール。 ホワイトティーから342ヤードですが、この日は315ヤードでした。 左サイドの杉の木が内側に食い込んでいるので、幅は狭いです! 突き当たり奥にはバンカー。 フェアウェイ左サイドは陥没していて、うねりのあるグラスバンカーみたいになっています!ここに入ると最短ルートで残り100ヤードくらい。 8番 パー3。 スコアカードでは、ホワイトティーは170ヤード。 本来は、左の写真の位置からです。 ティーグランドとグリーンの間が窪んでおり、グリーンはかなりの高さのある砲台形グリーン。 バンカーはありませんが、グリーン手前にグラスバンカーがあります。 この日のホワイトティーのティーマークは写真の下の段。 127ヤードの位置で、そこからだと、やや打ち上げとなっていました!(^^; 9番 パー4。 だいたいストレートですが、距離がやや長めのブラインドホール。 ホワイトティーから405ヤード。 左右はOB。 この先、グリーンまでのフェアウェイは、左にあり非常に幅が狭くなっています! セカンドショットでグリーンまで狙えるのならいいのですが、刻むにしては、刻むエリアが非常に狭いのです!(^^; 2オン狙うのなら、グリーン右手前に木が立っているので、やや左サイドから狙うことになります。 しかし、グリーン左、右手前は陥没エリアなので、グリーンをはずすと難しくなります! 狭いフェアウェイの右は陥没エリアで、かなり段差がある上、デコボコでうねりがすごく、さらに、グリーン手前の木が邪魔になるので、セカンドを刻んで右へ落とすと、ボギーをとることでさえ、困難になるでしょう! RYOは、ティーショットの当りが今一で、それを知らずに、先が見えないところからセカンドショット。 真ん中にナイスショットしたのですが、なんと、ボールは右の陥没エリアへ落ちていて最悪!!(^^; サードショットでは、ダウンヒルのライ&木が邪魔で、グリーン左を狙うも木に枝に当り、木の根元へ。 4オンもでずに、ダブルパーになってしまったのでした!(^^; あ〜頭にきた!!このホール、もう一度やって、リベンジしたい!!!(^^; 10番 パー5。 ややS字形になっているホール。 この日のホワイトティーは、スコアカード通りの561ヤードで、たっぶり距離があります。 幅はそこそこくらい。 ティーグランドの先は少し低くなっていますが、フェアウェイの途中が盛り上がっていて、その先は下っています。 フェアウェイの盛り上がったところの少し先に木が1本立っているので、ポジションによってはスタイミーになります。 木は、ホワイトティーから235ヤードくらいの地点にあり、木の先から下り傾斜。 ロングヒッターは、その木を越えていければ、ベストです。 この先、下り傾斜で左へカーブしています。 フェアウェイは波うっているので、ボールが止まった場所によって、アップヒルやダウンヒルのライになります。 グリーンの手前から盛り上がっていて、グルーンはやや砲台形。 グリーン面はまんじゅう形で、難しいです。 11番 パー3。 スコアカード上でホワイトティーからは215ヤードですが、この日は125ヤード。 レッドティーのすぐティーボックスに設定されていました。 そのすぐ前がレッドティー。 グリーン手前には、大きなグラスバンカーがあります。 この日の距離設定であれば、それほど難しくありませんでしたが、215ヤードだったら、けっこうタフでしょう!? ただ、アコディーアの性質上、215ヤードのところにホワイトティーを設定してあることはなさそうです!(^^; 12番 パー4。 この日はホワイトティーから355ヤード。 ティーグランドのすぐ前方に谷があり、ティーショットは谷越え。 この日のホワイトティーからは355ヤード。 谷の向こう側はやや高くなっていて、やや打ち上げの感じです。 谷越え自体は、ホワイトティーから120ヤードくらいですが、その先が急な上り傾斜なので、キャリで150ヤード以上先まで行かないと、手前に戻ってしまう可能性もあります。 それよりも、左右の樹木が迫っている上、非常に幅が狭いので、プレッシャーがかかります。 しかも、谷と左右はOB。 セカンドショット地点より先は、ゆるやかに左へカーブしています。 ゆるやかな上り。 左右のラフはマウンドやグラスバンカーなど激しい起伏が・・・。 グリーン面は奥へ向かって下っているので、やや大きめにオンすると奥はこぼれる危険あり。 13番 パー5。 やや逆S字形になっているホール。 左は崖(その下は池)、右は林で、左右はOB。 幅が狭いホールです! この日のホワイトティーは、スコアカード通りの515ヤード。 ティーグランドが少し高く、ティーショットはやや打ち下ろし。 セカンドショット地点付近は、けっこう広く、多少のうねるはあるものの、フラットな方です。 サードショット地点付近より先は、幅が広く、右がやや土手状になっています。 左サイドは陥没しているので要注意! グリーンまわりにバンカーはありません! 14番 パー4。 左ドッグレッグのホール。 左は崖、右は林で、左右OBですが、幅はそこそこ。 この日のホワイトティーからは355ヤード。 ティーショットはやや打ち上げ。 奥は土手状になっていて、木々が少々。 ホワイトティーから、奥の突き当たりまで230ヤードくらいです。 この先もゆるやかな上り。 グリーンの右にバンカー、手前にグラスバンカーがあります。 また、左は陥没していて、グリーン左から奥からは砲台形。 15番 パー4。 だいたいストレートで、ティーショットは、やや打ち下ろしのホール。 この日のホワイトティーからは370ヤード。 幅はやや狭いです。 (以前はフェアウェイ真ん中よりやや右あたり(ティーグランドから90ヤードくらい前方)に木があったようですが、今はありません。 フェアウェイは、けっこうフラットな方です。 グリーン手前は花道で、ゆるやかな上りですが、左右と奥は陥没していて、グリーンをはずすと砲台形となっています。 グリーン左にはバンカーも・・・。 16番 パー3。 ティーグランドとグリーン面の高さはだいたい同じくらいだと思いますが、間が低くなっていて、グリーンが砲台形となっているため、やや打ち上げに見えます。 この日のホワイトティーからは138ヤード。 このホールにバンカーはありませんが、グリーン左手前、右、奥にはグラスバンカーがあります。 けっこう高低差があります! この時期、芝が少なくライが悪かったので、入ると難しいアプローチに・・・。 (^^; 17番 パー4。 この17番にくると、これまでのホールとは全く違うコースのような雰囲気! 視界が非常に開けているのです!(^^ ホール自体はだいたいストレートで、右がのり面(土手)、左は下への土手(その下は池)。 右の土手が広いので、ティーショットは、けっこう幅が広く打ちやすいです! この日のホワイトティーは、スコアカード通りの367ヤード。 グリーン手前には池があり、ホワイトティーから池までは、250ヤードくらいなので、ロングヒッターは要注意。 グリーン手前には丸い池があり(フェアウェイ左の池とは別の池)、池の右縁にはビーチバンカー。 アメリカンタイプのホールを思わせる、いい景観のホールといえます!(^^ フェアウェイは、けっこうフラット。 池の右には、狭いですがフェアウェイ(花道)があります。 グリーンは、写真中央やや左なので、フェアウェアウェイセンターあたりからだと、セカンドショットは池越えに・・・。 右の土手からのセカンドショットであれば、池にはかかりません。 18番 パー4。 フィニッシングホールも、17番同様に視界が広く、景観のいいホール!(^^ フェアウェイはやや左にドッグレッグしていますが、左が池、右はのり面(土手)で、幅が広いです! この日のホワイトティーは、スコアカード通りの421ヤード。 距離が長いのでタフなホールです! ティーグランドが、ほんの少し高台にあり、ティーショットはやや打ち下ろし。 このホールのフェアウェイもけっこうフラット。 ここから、グリーンセンターまで100ヤードくらい。 4人乗りと、2人乗り乗用カートのカートあり。 ガソリン式だったかな??? 4人乗り乗用カートは、カート道路のみ走行可。 2人乗り乗用カートを事前に申し込めば、フェアウェイの走行ができるようです。 ただし、コンディションによってはNG。 今回は、GSTARTにて予約。 ピンポジション表はカートについてたと思います。 (^^; 緑色に着色してありますが、あまりきれいな着色ではありません。 けっこうフカフカしていて、いい状態だったところ。 とにかく、今回は、穴ボコでボールがポコポコ跳ね、転がりは悪く、最悪でした! 3月にエアレーションしているところなんて、今まで記憶にありませんが・・・。 コンパクションは、普通。 ボールマークが少しつくくらい。 スピードは、普通といったところで、RYOの感覚では、8.5フィートくらいの感じでした。 グリーンのカラーのまわり。 (^^; このような、フカフカの部分は、少なかったです。 粒が細かく、やわらかい砂です。 新しいので、きれいです! ロビーの天井は高く、けっこう広いです! ロビーの真ん中に木がありました!(^^; 1階に、フロント、ロビー、売店、レストラン、ロッカールーム、風呂、スタート出口。 床はフカフカのカーペット。 ただ、ところどころ、何かこぼした跡のようなシミがあるところあり。 向かい合うロッカー間のスペースは、そこそこ。 扉だけ木製(たぶん外身だけ木で中はブリキ)。 ちょっと安っぽいです。 カードホルダーのキーで開閉タイプ。 幅はそこそこですが、奥行きが今一。 浴室の広さは普通。 天井はモルタル?で、きれいでした! 浴槽は長方形で平凡。 床や浴槽は、石。 窓の外は、庭園風。 湯加減が熱すぎてペケ! シャワーの湯の出が悪くペケ! 洗い場のセパレータ:あり。 サウナなし。 ジャグジーなし。 脱衣所エリアは、きれいですが、普通。 ハブラシなし。 脱衣ロッカーは、上下に分かれていてハンガーがあり。 全洋式で全ウォシュレット使用。 ハブラシなし。 窓の外の景観は、18番ホールが見えてまずまず。 メニューは全体的に料金が高め。 ミックスフライ:¥1570 を注文。 生中:¥600 写真はハンバーグ。 約160ヤード。 15打席くらい。 打ち下ろしで、幅は狭く、先が狭くなっています。 30球、¥315。 屋根付です。 人工芝マット使用。 たしか練習球だったかな? バンカー練習場あり。 有料で一台:¥525。 コースコンディションが良くなっていることを期待して、オンシーズンに、また行ってみたいと思います!(^^ ゴルフ場検索 月 日 下限 上限.

次の

近い!アクアラインゴルフクラブへのアクセス

アクアラインゴルフ コース

スタート時間• ~6時台• 7時台• 8時台• 9時台• 10時台• 11時台~ オプション• プラン• 昼食付• 2サム保証• 乗用カート有• ポイント利用可能• クーポン利用可能• 2B追加料金なし• 3B追加料金なし• 2サム予約可• 追加R無料• 宿泊プラン• キャディ付• コンペ• オープンコンペ• 9Hプレー• 除外指定 すべて選択• 9Hプレー• ジュニアプラン• レディスプラン• コンペ• レッスン• キャディ付• 宿泊プラン• オープンコンペ お得な割引• 直前割• トク割• 早期割• 期間限定 人が戻ってきました! 緊急事態宣言が解除されて、人が戻ってきました。 昼食もつくようになったので、今日の暑さの中ではスルーではなくて助かりました。 コースはきちんと整備されていて、とてもよかったです。 練習場もパターだけでなくてアプローチショットのところもあるのでいいですね。 ただバンカーが固すぎて練習になりませんでした。 スタッフの接客が残念でした。 挨拶や出迎えの態度がよくありません。 他のゴルフ場に比べて感じがよくありませんでした。 緊急事態宣言が解除されて、人が戻ってきました。 昼食もつくようになったので、今日の暑さの中ではスルーではなくて助かりました。 コースはきちんと整備されていて、とてもよかったです。 練習場もパターだけでなくてアプローチショットのところもあるのでいいですね。 ただバンカーが固すぎて練習になりませんでした。 スタッフの接客が残念でした。 挨拶や出迎えの態度がよくありません。 他のゴルフ場に比べて感じがよくありませんでした。 皆さまのご理解とご協力を賜り ますよう、お願い申し上げます。 感染拡大防止のため、体調がすぐれない、あるいは 37. <ご予約のキャンセルについて> 期間中は土日祝のご予約であってもキャンセル料は申し受けません。 キャンセルの際は予約サイトよりキャンセル手続きをお取りいただくか、 ゴルフ場までご連絡をお願い申し上げます。 (お日にちが近くなってもご登録が無い場合、 確認のご連絡をさせていただく場合がございます) ご登録が無い場合、チェックインがスムーズに行えずご来場者様へご迷惑をお掛け致しますのでご理解・ご協力の程 宜しくお願い致します。 ================================= 【メールアドレス】 aqualinegc accordiagolf. 皆さまのご理解とご協力を賜り ますよう、お願い申し上げます。 感染拡大防止のため、体調がすぐれない、あるいは 37. <ご予約のキャンセルについて> 期間中は土日祝のご予約であってもキャンセル料は申し受けません。 キャンセルの際は予約サイトよりキャンセル手続きをお取りいただくか、 ゴルフ場までご連絡をお願い申し上げます。 (お日にちが近くなってもご登録が無い場合、 確認のご連絡をさせていただく場合がございます) ご登録が無い場合、チェックインがスムーズに行えずご来場者様へご迷惑をお掛け致しますのでご理解・ご協力の程 宜しくお願い致します。 ================================= 【メールアドレス】 aqualinegc accordiagolf. com 続きを読む• アクアラインゴルフクラブの概要 アクアラインゴルフクラブ(旧:CC・ザ・ファースト)の予約ならじゃらんゴルフ。 カートの有無や利用税、キャンセル料、ナイター設備、駐車場などのコース情報はもちろん、口コミ、フォトギャラリーなどコースの難易度や攻略に役立つ情報充実、予約する度にポイントが貯まるのでお得にゴルフをお楽しみ頂けます。 アクアラインゴルフクラブ(旧:CC・ザ・ファースト)は、千葉県木更津市真里谷にあるゴルフ場です。 東京湾アクアラインの木更津東インターチェンジより3キロメートル、5分の場所にあり、都心や横浜方面からも車で約60分と好立地となります。 電車で行く場合は、JR内房線の木更津駅からクラブバスを利用するか、タクシーで約30分で到着します。 自然の地形をそのまま活かした丘陵コースが広がり、主に初心者から中級者の方におすすめのゴルフ場です。 広々としたくつろげる雰囲気のクラブハウスでは、最大80名が利用可能なコンペルームや、地元、木更津の海の幸などを味わえるレストランで楽しむこともできます。 その他、200ヤード、14打席の練習場を完備しており、プレー前のウォーミングアップ・調整も可能です。 アクアラインゴルフクラブのコース紹介 アクアラインゴルフクラブのコース設計は、日本でも有名な設計者の加藤俊輔氏によるもので、INとOUTの計18ホールで構成されています。 丘陵地帯の、ゆるやかな自然の姿そのままに造られたコースは、適度なアップダウンがあり、高い戦略性と正確なテクニックを求められ、工夫を凝らされたチャレンジ精神をかき立てられる、非常に珍しいコースと言えます。 中でも、ショートホールの4つのコースはそれぞれ違った趣を持つものとなっており、距離を長くとってあるホールや、距離は短いながらもパーは取りにくくなっているホール、グリーンが砲台となっているホールがあります。 その他の各ホールでも、さまざまな変化のあるコースレイアウトで、プレーヤーにとって、忘れられない記憶に残る名コースといっても過言ではないでしょう。

次の