猫 あご にきび。 ネコのあごニキビ、どうしていますか?

猫の顎の黒いブツブツ「あごにきび」を治してあげたい!解決法の実践と原因究明!|ねこのみっくす

猫 あご にきび

この記事でまとめたこと• 猫ニキビはあごの黒いできもの!原因は? 猫ニキビとは、猫のあごの下にできる黒い、小さなできもののことです。 動物病院では座瘡と呼ばれます。 猫ニキビの原因はハッキリとわかっていませんが、以下の4点が主な原因ではないかといわれています。 毛根の汚れ ストレスが溜まったりごはんが体質に合わなかったりすると皮脂が過剰に分泌され、毛根に脂やフケが溜まり、猫ニキビを引き起こすと考えられています。 毛づくろい 猫は自分で毛づくろいしますが、手を怪我したり、エリザベスカラーをしていたりして十分に毛づくろいができないと猫ニキビができるといわれています。 食器が不衛生 食器が汚れていると、猫がごはんを食べるときに汚れた食器があごに触れ、雑菌があごについて猫ニキビになることもあるようです。 避妊や去勢、病気を治すための薬 避妊や去勢、投薬によるホルモンバランスの乱れも猫ニキビを引き起こすといわれています。 猫ニキビ、治療法は?自然治癒はする? 自然治癒は難しいといわれています。 猫ニキビは放っておくと猫がかゆみを感じて患部をひっかくため、出血や細菌感染による新たな病気を引き起こします。 放っておいても治りづらく、他の病気を引き起こすので、猫ニキビを発見したらすぐに病院にいき、治療をしてもらってくださいね。 また、猫ニキビを潰したり、無理やり取ったりしないでください。 傷口に細菌が感染し、赤くただれることがあるからです。 動物病院を受診すると抗生物質やステロイド軟膏を処方されることが一般的です。 使用頻度と使用量を守って処置してあげてくださいね。 猫ニキビ、対策法は? 基本的には患部を清潔に保つのがポイントです。 お湯で濡らした柔らかいガーゼで定期的に患部をふいてあげましょう。 特に食事のあとは口のまわりが汚れるのできれいにしてあげてくださいね。 イソジンを薄めたものでガーゼを濡らすのも良い方法です。 病気を引き起こす細菌は湿気が大好きなので、患部を拭いたあとは濡れたままにしないでくださいね。 「あごの下の毛を短くカットして汚れが残りにくくする」「定期的に消毒薬を使って肌を消毒する」「食後に口の周りをふく」など常に清潔な状態にすることで猫ニキビができにくくなりますよ。 猫ニキビは気長に治そう 飼い主が気になって「早く治したい」と焦りがちな猫ニキビですが、気長に処置するのがポイントです。 肌を清潔にすることを心掛け、毎日のケアを怠らないようにしてくださいね。

次の

猫のあごに出来る黒い汚れの原因とケア方法【猫ニキビ】

猫 あご にきび

どうも、管理人のネコ丸です。 猫のあごをよく見てみると、何やら黒いブツブツが… これって ニキビ(アクネやざそうとも言う)なんですね。 「猫でもニキビが出来るの!?」 初めて知った時には驚いたもんですが、猫がかかる皮膚病としてはよくあるものだそうです。 ニキビなら放っといても大丈夫かと思うかもしれませんが、悪化しないうちに治療することをおすすめします。 放っておくと炎症して赤く腫れて、かゆみが出てきます。 かゆいので掻いたら出血して、痛みに変わります。 さらには脱毛状態になる場合もあります。 そうならないためにも、猫のあごはきちんとお手入れして、黒いブツブツを綺麗にとっておきましょう。 猫ニキビの原因と取り方、治療法について詳しく説明しますね。 いったんニキビが出来てしまうとなかなか治らないし、薬など猫用のものを出してもらわないといけないから、やっぱり連れていったほうがいいよ 猫ニキビを治すために病院に連れていくと、抗生剤の塗り薬を処方してもらうことが多いです。 ただ、効果が弱いといつまでたっても治りませんし、効果が強いと毛が抜け落ちることもあります。 1~2週間くらいは経過観察が必要ですが、合っていないと思ったらすぐに中止して、もう一度診察を受けるようにしましょう。 抗生剤の塗り薬と一緒に、薬用シャンプーでシャンプーをするように言われる場合もあります。 あごだけでいいので、薬用シャンプーで皮脂をしっかり落としてあげます。 回数は週2~3回が一般的ですが、獣医さんに確認するようにしましょう。

次の

猫にできた顎ニキビの治し方

猫 あご にきび

猫ニキビとは、主に唇からあごの下にかけて発生する黒いポツポツ(コメド=角栓)のことで、炎症を伴う場合は ネコざそうとも呼ばれます。 予備知識がないと「ああ、キャットフードの粉がついたんだな」くらいしか思いませんが、実はバクテリアの繁殖した一種のコロニーである可能性があります。 猫ニキビは皮膚の乾燥やかぶれなど防ぐ「皮脂」(ひし)を分泌する「脂腺」(しせん)がある部位に多く発現します。 皮脂腺のある場所は、猫のまぶた、あご、しっぽの付け根、唇ですが、発見されるものの多くはあごの下~口周りです。 猫ニキビの主な原因• プラスチック容器での食事プラスチック容器は多孔性(目に見えない小さな穴がたくさん空いている)でバクテリアが繁殖しやすいため、食事の際、あごの下にバクテリアが付着してしまうことがあります。 実際に報告例があるのはパスツレラ菌、レンサ球菌、ブドウ球菌です。 アレルギー反応食事する際、食器とあごが接触し、プラスチックや金属に対するが局所的に起こることがあります。 あるいは、食べ物そのものに対するという可能性もあるでしょう。 またの一部として猫ニキビを発症するというパターンもあります。 ストレス人間と同じように、何らかのストレスが猫の免疫力を低下させ、通常であれば抑制できるはずのバクテリアの繁殖を抑えきれなくなることがあります。 毛づくろい不足加齢や手の怪我によって「洗顔」不足になると、バクテリアの繁殖を許してしまうことがあります。 皮脂の過剰分泌エサに含まれている成分が体質に合わない場合、皮脂が過剰分泌され、それがバクテリアにとってのえさになってしまうことがあります。 ホルモンバランスの乱れなどでホルモンバランスが崩れると、時として免疫力の乱れが生じることがあります。 不衛生な生活環境食器を洗わない、水を交換しないなど、飼い主の側の節度のなさがバクテリアの繁殖を助長することがあります。 投与した薬に対する一時的な体調変化持病などで何らかの薬剤を投与している場合、内臓の機能やホルモンをつかさどる内分泌系に一時的な不調和が生まれる可能性があります。 ニキビダニニキビダニは(もうほうちゅう)とも呼ばれ、バクテリアよりもはるかに大きく、顔に寄生しているダニの一種です。 このダニによって引き起こされた炎症がにきびの原因である可能性もあります。 猫ニキビの主な治療法• プラスチック容器を変えてみるプラスチック表面にあるミクロな穴に生息しているバクテリアが原因の場合、穴の少ないガラスや陶器製、金属製のものに切り替えると、猫ニキビが改善することがあります。 食器を変えてみる金属性を使用している場合は陶器製を、陶器製を使用している場合は金属製を使うなど、使用している食器の材質を変えてみましょう。 一定の物質に対するアレルギー反応が原因の場合、これで猫ニキビが改善することがあります。 エサを変えてみるエサに含まれている何らかの成分が皮脂の分泌を過剰にしている可能性があります。 現在使用しているキャットフードの主成分(パッケージの成分表示で先頭に来るもの)が「穀物」や「コーン」となっているようなら、もう少しタンパク含量の高いフードに切り替えて見ましょう。 住環境の見直しストレスが原因で免疫力が乱れている場合、ストレスの原因となっているものを取り除くことで、本来の免疫力を取り戻せるかもしれません。 部屋の中で大きく模様替えした部分、新しく設置した電子機器、隣家で飼いはじめた犬の鳴き声、長すぎる留守番など、可能性はいろいろです。 これを機に猫にとってストレスフリーとなる最善の住空間を今一度検討してみましょう。 水やエサの容器をこまめに洗う単純に、バクテリアが繁殖する前に洗ってしまえば、あごに移動するバクテリアも少なくなり、猫の免疫力だけで自力撃退できるようになります。 ボールにヌメヌメがついていたり、ピンク色のロドトルラ(お風呂場によくできるあれ)が発生している場合は、中性洗剤できれいに洗ってあげましょう。 ダニ予防をしっかりとするニキビダニが原因の場合、ダニ予防を徹底することで改善することがあります。 市販されているダニよけグッズを使ったり、獣医さんが処方してくれるやや強力なダニよけ薬などを使用してみましょう。 ニキビダニは皮膚に常在(じょうざい=健康な猫でも保有していること)しているため完全に駆除することは難しいですが、数を減らすことができるかもしれません。 また、猫を放し飼いにしている場合は、これを機にぜひ室内飼いに切り替えてください。 動画共有サイトでは猫ニキビを取るためのいろいろな方法が紹介されています。 しかしコメドを強引に取ろうとするこうした行為は 皮膚の表面にミクロの傷をつけ、病原体の侵入や皮膚の線維化を招く危険性があるためお勧めできません。 例えばカミソリで毛を剃る、歯ブラシでこする、ストローの先端部分でこすり落とすなどです。 そのかわり、清潔なタオルを軽くぬらして電子レンジで人肌程度に温め(10秒くらい)、ニキビ周辺をふき取ってあげます。 こうすることでニキビを物理的に除去すると同時に、顔周辺の血行を促進して免疫力を局所的に高めることができるでしょう。 また怪我や高齢が原因で猫が自分で毛づくろいをできないようなときにも有効です。

次の