竜 騎士 の お気に入り な ろう。 『竜騎士のお気に入り』のコミカライズが決定 堅物騎士と竜好き侍女のラブファンタジー

竜騎士のお気に入り: 5 竜はふたりを祝福中【特典SS付】

竜 騎士 の お気に入り な ろう

世界の創造主たる竜神の末裔、竜人(ドラゴノア)。 この世界の支配者の椅子に座すことを許されるのは、竜人か、竜人に見初められ契りを交わし番(つがい)となった人間のみと古来より定められている。 人間は、満十五歳になると、竜人が定めた法によって 竜人が番として選ぶに相応しい『素質』を備えているかどうかを調べる『選定の儀』に参加することが義務付けられている。 竜人たちは、そこで高い素質を備えていると選定された者の中から、自らに相応しいと眼鏡に叶った者を己の番として選ぶのだ。 「俺は此処にいるミラ・ユッタと契りを結び、生涯を捧げる剣であり盾となることを此処に宣言する」と。 竜人族で最も高い地位と権力を有する一族の嫡男セトに見初められた人間の娘ミラは、『素質なし』の烙印を押された平凡な庶民から、一夜にして次期王候補の花嫁へと成り上がってしまったのだった。 人間族と亜人種が存在する大陸において、両者の対立が厳しい時代……。 そんな時代、あらゆる人種との共存を果たしたがゆえに、人間族 の勢力から『魔王』と蔑みと畏怖をもって呼ばれる男がいる。 ガルーナの気高き王ベリウス。 亜人種びいきの魔王と呼ばれた、人間族の王の一人である。 そして、このガルーナ王に仕える、『竜騎士』の一族がいた。 ストラウス。 この蛮勇なる剣鬼たちは、飛竜を自在に駆り王国を守ってきたのである。 しかし、その武勇を愛する王国も滅びることとなる……。 圧倒的多数の敵を前に、竜騎士である父親も兄たちも討たれた。 ストラウス家の四男ソルジェは、一族に残された最後の古竜アーレスと共に敵陣への特攻を行う。 戦場で死んだはずのソルジェは、古竜アーレスの魔力で蘇生を果たす。 古竜アーレスの亡霊は語るのだ、同盟国の裏切りに遭い、魔王は殺されたと。 裏切り者どもを殺せと、古竜アーレスはソルジェに願う。 故郷を失い、一族を殺され、竜という翼さえ無くしたソルジェ・ストラウス。 最愛の妹の骨を指に抱きしめ、彼は復讐を誓うのだ。 それから歳月は過ぎ……仇敵、ファリス王国は勢力を増しつづけ、巨大な帝国を築き上げていた。 いくつもの戦場を経て、ソルジェは白獅子と呼ばれる老いた傭兵に拾われることとなる。 『パンジャール猟兵団』……亜人種を弾圧する帝国に反する、少数精鋭の傭兵団。 エルフの弓姫、巨人の戦士、獣人の少女に、詩人の男。 心強い仲間たちを手にしたソルジェ・ストラウス、彼が再び『竜』に出逢うとき、運命は動き出す。 ……これは、13人の戦鬼と1匹の黒き竜が歌う英雄譚である……。 巨大な帝国と腕力と策略で戦う、ダークヒーローのストーリーです。 シオリは姫神に転身し、他の六人の姫神と戦うことにした。 ある日、女子高生のシオリは山中で目を覚ます。 そこで勇敢なアマン、怪力のウシツノ、博識のアカメという三匹のカエルと出会う。 魔女によればシオリは七人の姫神の一人、白姫としてこの地に降 臨したらしい。 同じく獰猛なトカゲ族の元には、女子大生のレイが黒姫として降臨していた。 姫神の力は人智を超える。 降臨した姫神を利用しようと各地で戦争が勃発。 カエル族はトカゲ族の襲撃により、あえなく滅亡してしまうのであった。 北のクァックジャード騎士団の赤き鳥タイランの助力を得て、三匹のカエルとシオリはトカゲ族、そして黒姫レイと戦うことに! 裏で暗躍する金眼の魔女オーヤ、そして火竜の力を宿す紅姫アユミの暴走! 主役級キャラ目白押しの戦略群像劇。 やがてシオリは勇猛な騎馬民族を率い、レイは亡者の群れを生み出す。 銀姫は女帝国家を統べ、紅姫はハイエルフ、藍姫は異形の戦闘怪人どもを戦線に投入する。 愛を求めた桃姫は孤独に涙し、囚われの身の金姫は終わらない磔の刑に呆然とする。 日本から転移した七人の女それぞれの生き残る方法とは。 そして〈力〉〈智慧〉〈心〉の三柱による姫神システムの真意が解き明かされるとき、人類にひとつの道標が示される。 【第1回ノベプラ大賞1次通過作品】 この作品は「ノベルアップ+」「カクヨム」にも掲載しております。 皆がすなる「俺tueee」といふものを我もしてみんとてするなり。 要は「独りだけ銃を持つ」が俺Tueee!だろ? ・・・・違う? かくして、日本が異世界に転移します。 そこは中世ヨーロッパにファンタジーを足したような異世界。 その世界は魔 法と竜騎士を要する世界帝国によって新たな時代を迎えようとしていました。 世界帝国を創ろうってくらいですから、その国家が無能なわけがないですよね。 モンゴル帝国とオスマン・トルコ帝国とローマ帝国を足して煮詰めたような、極めて合理的で優秀な国家です。 そして転移してほどなく、日本列島には国際連合が再編成されました。 ほぼ同時に国連軍が異世界に「合法的に」侵攻します。 緒戦を圧勝で飾った国連軍。 広大な異世界を前にして、世界帝国とにらみ合い。 互いに相手を滅ぼすつもりでしょうか。 そんな世界大戦のど真ん中。 ・・・・・・・・・・・・・・の端っこ。 戦争で一番難しいのは、戦場ではなく占領。 世界帝国の領土を半減させた国連軍。 一個分隊にて一国を占領すべし。 腹黒上司に左遷させられた事務系自衛官。 やる気なし、技能無し、実績なし。 ニートになりたい。 星に誓った幼いあの日を忘れない。 こまめに邪魔するパワハラ上司!! 目指せ即日解雇で失業保険! 頑張らないで無病息災上官退散! 降り立ったのは未占領の5万人都市(手始め)。 出迎えたのは貧乏くじを押し付けられた魔法使いの少女。 ハブられ者同士が、なんやかんやと(たぶん)幸せをつかむまでの物語。 テンプレートにツッコミをしたら出来上がった小説です。 ただし、否定してもつまりません。 「きっとこうなっているんだろうから説明はつく!」 という具合にシュミレーション。 日本まるごと異世界転移、中世ファンタジー世界、強大な異世界帝国との戦争、自衛隊VS魔法使い、近代兵器VSドラゴン、などなど「よくある」材料多数。 こんなネタが好きなあなたは考えたことがあるハズ。 自衛隊って戦えるの? 日本列島だけだと自活できない? 海外に、ただ行くだけで予防注射とか必要だよ? 「異世界」の人と言葉が通じても話が通じる? 在日米軍はなにしているの? 日本列島に何百万といる外国人はどうしているの? 日本が無い地球はどうなった? 何で戦争になるの? などなど。 その答えは本編にて。 怪物に無双する力があっても、瀕死のヒトを治す力があっても、 結局大事なのは、考えぬいて、疑いまくって、そして、信じてみること。 七夕の日。 少しばかり押しに弱い平凡なニンゲンのレンは、異世界に引きずり込まれる。 変な空間で女神やお城で王様に 会うわけでもなく、目覚めたら草原。 傍にいるのは喋る小竜が一匹。 そして小竜と共に、狼の化け物に殺されかけつつ、親切心から虎耳少女に殺されかけつつも、街へと向かう。 凶悪 顔 小竜。 令嬢系武術脳虎少女。 包容力虎中年騎士と、主人傾倒系馬従者という愉快な獣人達。 白銀の粒子を纏った差し棒とスマフォを手に持ち、 様々なヒト達の思惑に巻き込まれつつ、 考えて、疑って、信じながら、 レンはゆっくりと獣人世界を歩いてく。 魔術の発達した世界。 人々の生活には深く魔術が関わっていた。 生活用水、照明、食料保存等に利用された魔術は安定した生活を人々に与え、保障していた。 国家間の争いの中でも、言葉や剣と並んで魔術は利用されていた。 魔術を専門的に扱う魔術 師の存在は、国益を生み出す上でも、守る上でも、重要な存在となっていた。 魔術師の齎す魔術的利益によって、大国となった国家があった。 エアリエル王国。 大陸有数の大国であり、国家魔術師と呼ばれる国に認可された魔術師が国政に関われるほどに力を持った魔術国家だ。 その王国を治める国王とその王妃の間に一人の赤子が誕生した。 王子として生まれたその赤子は、その体内に膨大な魔力を有し、竜と並んで世界を滅ぼす力を有すると言われている魔王だった。 それから、17年の月日が流れ、王子として立派に成長した魔王に、一人のメイドが仕えることになる。 それは止まっていた歯車をゆっくりと動かす、始まりの出逢いだった。 様々な魔法や魔道具が生活の一部となっている魔法時代。 その時代に暮らすソフィア・アレクシアは大賢者として魔法の発展に寄与してきた。 そんな彼女は幼少期から【淡いの箱庭】という世界と世界の狭間に位置する、謎の場所に訪れることが出来た。 その場所 でソフィアは数多くの人物と運命的な出会いを果すこととなる。 不思議な雰囲気を纏う金髪の青年【一なる者(アインス)】 白髪に長い顎髭を蓄えた好々爺【白老】 白銀の長髪と双眸を持つ見目麗しいエルフ【銀の君】 身体の一部を竜鱗に蝕まれた漆黒の青年【鐵の王】 特にこの四人と深い仲となったソフィアは、魔法の使い方や愛など、様々なことを学んでいった。 彼女が大人になるにつれて【淡いの箱庭】に訪れる頻度は減っていき、やがて現実の生活に追われてその時のことを思い出すことが少なくなっていた。 しかし息子であるネイスと夫であるアルフレッドと共に調査という名の旅行に赴いた先々で、彼らのことを懐古していく。 そしてその旅の果てに、大きな事件が発生して、ソフィアは再び【淡いの箱庭】へと赴くこととなる。 そこで再会した【一なる者(アインス)】の口から告げられた【淡いの箱庭】に隠された秘密と彼の正体に、ソフィアは驚愕する。 狼化の呪いによって人狼になってしまった騎士・ダン。 隣国との外交を終えて愛する家族の元へ帰る途中、幸か不幸か、騎竜で空を翔る彼は、砂漠の真ん中で遭難者らしき影を発見する。 民を助けるのが騎士の役目と遭難者の保護に向かうダンだが、なんと遭難者は年 端も行かぬ少女だった!さらに話を聞くと、少女は隣国の農民の娘で、謎の集団に誘拐された所を、なんとか逃げて来たという。 だが、もしそんな事が明るみに出れば国際問題になること必至じゃないか!しかも、少女は「動物とお話ができる」なんて頭お花畑みたいな事を抜かしやがっている。 ちょっと待て、情報量が多すぎる……どうすれば……「これは、上司(王様)に判断をしてもらうしか無いな!」と言う訳で、人狼騎士は少女を龍の背に乗せて王都へと向かう。 しかし、その跡を謎の影が蛇のようにしつこく付け狙う。 彼らはその目的を諦めてはいなかった。 【毎日更新】 この小説は、マスク2枚が配布された東京で、暴虐ロリな神と契約して世界最高の効率をゲットした主人公が、その力でCOVIDと戦ったり、仲間になった少女たちとお菓子をもぐもぐしながら、20年くらい前の某世界的花札メーカーのゲームをわいわいプレイ したりする生活を送る物語です。 COVID(COnbination of VIrgin Dragoons:高潔な竜騎士たちの連合)による作戦がはじまり、かなりの被害がでている日本国。 ときの内閣総理大臣、昭和一郎は、「COVIDを自称するテロリスト集団」を2週間で殲滅するための切り札として、身につけた人がすごい力を使えるようになるアイテム、「にゅーの・ますくす」を各世帯に2部ずつ配布することを宣言した。 COVIDの活動と政府によるマスクの配布が決め手となり、政府は日本社会をコントロールする力を失った。 東京圏に住み、会社での人づきあいに悩んでいる社畜、水生冬基は、COVIDをダシにした「COVID解雇」で会社をクビになり、ぼーっとした1日を過ごしていた。 しかし、ひょんとしたことから水生は、COVIDにねらわれていた内閣総理大臣の孫娘、昭和楓、そして自らの「ウジガミサマ」であり、激情と死滅の神である清水火子命という2人の少女と出会い、共同生活を始めることになる。 昔のゲーム機に興味津々なお嬢様楓と、最強の効率厨でかつ、お菓子大好きなミコト。 2人とのふしぎな共同生活は、ただわいわいとゲームを楽しむだけじゃなくて、COVIDや政府を巻き込み、23区に眠る伝説の宝玉を探す冒険をしたり、そしてまたゲーム仲間が増えたりと、大にぎわい。 水生をリーダーとしたチーム「やすらぎと四季の庭」は、無事、わいわいゲームすることだけを楽しむ生活を手に入れることができるのか? 【352万9000PV・44万5000ユニークアクセス突破感謝。 第13部まで完結。 毎日更新】 もと騎士である青年アッシュと、彼の義理の娘とも呼べる少女ユーリィは平和で有名なアティス王国に訪れていた。 この国を第二の故郷とし、人が乗る巨人・鎧機 兵の工房を開くためだ。 しかしどうにか工房も開く事が出来た二人だが、客が一向にこない。 そこで二人は街へ客を探しに赴くのだが……。 一応、王道っぽいファンタジーを目指した作品です。 1部ごとでライトノベル一冊分ほどの文量になります。 syosetu. magnet-novels. 【132万2000PV・20万7000ユニークアクセス突破感謝。 第10部まで完結。 しかし、そのアシュレイ家には、少し変わったお嬢様がいた。 庭園の一角にある館、通称魔窟館に引きこもる公爵令嬢。 コウタの幼馴染でもある少女だ。 外出を嫌い、ひたすら魔窟館に引きこもる幼馴染に対し、コウタは常々思っていた。 次期当主がこのままではいけないと。 そして内心では彼女をどうにか更生させようと思いつつ、今日も魔窟館に通うのだが……。 一応、王道っぽいファンタジーを目指した作品です。 1部ごとでライトノベル一冊分ほどの文量になります。 syosetu. 「黒騎士ゼクード・フォルス。 君を竜狩り精鋭部隊【ドラゴンキラー隊】の隊長に任命する」 15歳の春。 念願のS級騎士になった俺は、いきなり国王様からそんな命令を下された。 「隊長とか面倒くさいんですけど」 「部下は美女揃いだぞ?」 「やらせていただきます!」 こうして俺は仕方なく隊長となった。 渡された部隊名簿を見ると隊員は俺を含めた女騎士3人の計4人構成となっていた。 女騎士二人は17歳。 もう一人の女騎士は19歳 俺の担任の先生。 「あの……みんな年上なんですが」 「だが美人揃いだぞ?」 「がんばります!」 とは言ったものの。 俺のような若輩者の部下にされて、彼女たちに文句はないのだろうか? と思っていた翌日の朝。 【書籍化】書籍版1巻、発売中です! 英雄になることを夢見る少年アルト・エステニアは、竜騎士を育成する学院に入学した。 しかし、貴族に目をつけられたことでいじめられてしまう。 周囲は見て見ぬ振り、教師も見て見ぬ振り。 肉体的にも精神的にも疲弊して しまうアルトだけど……ある日、とある女の子と出会い、一目惚れされてしまう。 女の子……ユスティーナは、アルトを追いかけて学院に入学すると、全校生徒の前で宣言する。 「これからは、ボクがアルトの騎竜になってあげるからね!」。 ユスティーナの正体は、神竜バハムートが変身した姿だった。 その日を堺に、アルトの生活は一変する。 国を簡単に滅ぼすことができるユスティーナに、貴族の権力なんてものは通用しない。 ユスティーナはアルトに絡む貴族を蹴散らして、ついでに腐った教師たちも蹴散らす。 全ては大好きなアルトのために。 「いつかきっとクルケアンの頂上に行く。 そうしなければいけない気がするんだ」 天を目指して建設されていく階段都市クルケアン、その最下層に住むセトとエルシャは上層を目指すため、仲間を集めてアスタルトの家とよばれる小さなギルドを結成する。 そこ で都市に利益をもたらしながら中層、上層へと上り詰めていく。 また、兄替わりのバルアダンは飛竜騎士団の一員として都市の治安を守り、公務で神殿や評議会など都市の支配者たちと交わる中で違和感を覚えていた。 なぜ魔獣の被害を半ば黙認し、その発生地である北方へと討伐軍を向かわせないのか、なぜ神殿は弟妹を監視しているのか…。 そして都市の表舞台で活躍するバルアダンとは対照的に、神官でありながら神の存在を否定する背教者のダレトは歴史の真実を求めて都市の裏側を調べていく。 やがて彼らは魔獣が神殿によって生み出されていると知り、互いに猜疑を向けながらも共に戦うことになる。 建設から五百年の間、クルケアンでは成人になる前に個々に祝福が授けられ、その才能を以って職業に就き、都市を上層へ発展させていた。 しかし、神の啓示を預かり、祝福を子供らに伝える神殿長のシャヘルの顔は苦み走ったものであった。 うな垂れるシャヘルを教皇であるトゥグラトが冷たい目で、都市建設の家畜よ、と言い放つ。 信心深いシャヘルはダレトとは違い神の愛、そしてその存在を確かめるために真相を欲していた。 それは権力者に阿ってでも出世をし、神殿の奥の院の知識を得ることを意味していた。 セトやエルシャはやがて市民を味方につけ、祝福に拠らない都市建設を目指して行く。 そしてバルアダンやダレトは彼らを守るべく、麾下の兵を率いて実力でクルケアンの暗部に立ち向かっていくのだ。 階段都市が天に届く時、それは人が天に近づくためか、神が地に降りるためなのかを若者達は知ることになる。 「君が何処へいっても、わたしだけは見つけてみせる」 『階段都市クルケアン』これは大切な人との絆を描いた物語。 本編小説が10万字を超えましたので、内容に訂正を入れつつ、総集編として三万~六万字を目安にまとめていきます。 まとめ読み用です。 最新話はこれまで通り階段都市クルケアンでご確認ください。 天を目指して建設されていく階段都市クルケアンを舞台に 、主人公のセトとエルが下層から上層を目指し、都市の秘密や神とのかかわり、歴史の真実を解き明かしていく。 また、兄替わりのバルアダンは飛竜騎士団として都市運営面から神殿や評議会など都市支配者たちとを渡り合っていく。 そして、背教者のダレトはすべての人を裏切りながら真実を求めて都市の暗部を調べていく。 それらがすべて交わるときに階段都市クルケアンの謎が解き明かされる。 人はなぜ天を目指すのか、神はなぜ人とつながろうとするのか。 神の時代が終わり、人の時代が始まる物語。

次の

竜騎士のお気に入り: 5 竜はふたりを祝福中【特典SS付】

竜 騎士 の お気に入り な ろう

一迅社文庫アイリス刊『 竜騎士のお気に入り』のコミカライズが決定した。 本作は幼い頃から竜が好きで、王城の侍女見習いとして働いていた少女が、憧れの竜騎士隊長の退役にあわせて辺境伯家の侍女になって始まるラブファンタジーを描く。 11月20日には最新5巻も発売されている。 コミカライズの作画は 蒼崎律氏が担当することも決定しており、連載は「」にて行われる。 【あらすじ】 「私を、助けてくれないか?」 16歳の誕生日を機に、城外で働くことを決めた王城の侍女見習いメリッサ。 それは後々、正式な王城の侍女になって、憧れの竜騎士隊長ヒューバードと大好きな竜達の傍で働くためだった。 ところが突然、隊長が退役すると知ってしまって!? 竜の集まる辺境伯領の領主になった隊長のお役に立つのなら、竜達の接待と恋人役、お引き受けいたします! 堅物騎士と竜好き侍女のラブファンタジー。 コミカライズ連載の開始時期については今後の続報を楽しみに待ちたい。 コミカライズが決定したこの機会に、ぜひ原作小説も読んでみよう。 『竜騎士のお気に入り』は、一迅社文庫アイリスより第5巻まで発売中。

次の

竜騎士のお気に入り: 5 竜はふたりを祝福中【特典SS付】

竜 騎士 の お気に入り な ろう

竜騎士のお気に入り 侍女はただいま兼務中 著:織川あさぎ 装画:伊藤明十 「私を、助けてくれないか?」 16歳の誕生日を機に、城外で働くことを決めた王城の侍女見習いメリッサ。 それは後々、正式な王城の侍女になって、憧れの竜騎士隊長ヒューバードと大好きな竜達の傍で働くためだった。 ところが突然、隊長が退役すると知ってしまって!? 竜の集まる辺境伯領の領主になった隊長のお役に立つのなら、竜達の接待と恋人役、お引き受けいたします! 堅物騎士と竜好き侍女のラブファンタジー。 ISBN 9784758049061 / 文庫判 本体638円+税 2017年01月20日発売• 竜騎士のお気に入り2 侍女はねがいを実現中 著:織川あさぎ 装画:伊藤明十 「宰相閣下よりの書簡である。 確認せよ」 王城の侍女見習いから竜が集まる辺境伯家の侍女になったメリッサ。 彼女は辺境伯領の領主となった元竜騎士隊長ヒューバードの恋人になっても、相変わらず侍女の仕事と大好きな竜達の接待に精をだしていた。 大好きなヒューバード様や竜達と引き離されるのなら、ご遠慮申し上げます! 堅物騎士と竜好き侍女のラブファンタジー第2弾!! ISBN 9784758049610 / 文庫判 本体638円+税 2017年06月20日発売• 竜騎士のお気に入り3 侍女はしばらく帰省中 著:織川あさぎ 装画:伊藤明十 「一度、一緒に王都へ行かないか」 王城の侍女見習いから竜が集まる辺境伯領の侍女になったメリッサ。 彼女は辺境伯領では、元竜騎士隊長の辺境伯ヒューバードの婚約者として扱われるようになったものの、国には認められていなかった。 そこで、彼と正式に婚約するため、王都へと旅立つことに。 両親へ挨拶をすませ、国に婚約を認めてもらうだけの帰郷。 どんなことが起こっても、ずっとヒューバード様と竜達と一緒に過ごすために、頑張らせていただきます! 堅物騎士と竜好き侍女のラブファンタジー第3弾!! ISBN 9784758090070 / 文庫判 本体638円+税 2017年11月20日発売• 竜騎士のお気に入り4 ふたりは旅を満喫中 著:織川あさぎ 装画:伊藤明十 「青の王竜の遺物を、捜索していただきたい」 竜が集まる辺境伯領の領主ヒューバードと婚約した侍女のメリッサ。 婚約者となった彼女は、本格的に領主夫人の仕事を学びつつ、彼との結婚を強く意識するようになっていた。 そんなある日、最近港町の領主に就任したヒューバードの友人の結婚祝いに向かうことに。 竜達にかかわることなら、ヒューバード様の婚約者として微力を尽くします! 堅物騎士と竜好き侍女のラブファンタジー第4弾!! ISBN 9784758090728 / 文庫判 本体638円+税 2018年05月19日発売• 竜騎士のお気に入り5 竜はふたりを祝福中 著:織川あさぎ 装画:伊藤明十 「この竜は、わたくしを選んで降りてきたのよ」 竜が集まる辺境伯領の領主ヒューバードと婚約した侍女メリッサ。 彼女は、王弟オスカーが竜騎士になったという嬉しい報告を聞きつつ、いよいよ数ヶ月後に迫った結婚の準備に追われていた。 ヒューバード様と憂いなく結婚するためにも、捕らわれの赤い竜と彼を心配する竜達のために、王女様と対峙させていただきます! 堅物騎士と竜好き侍女のラブファンタジー第5弾!! ISBN 9784758091220 / 文庫判 本体638円+税 2018年11月20日発売• 竜騎士のお気に入り6 ふたりは使命を遂行中 著:織川あさぎ 装画:伊藤明十 「最後のひとかけらまで、紫の鱗を探し出せ」 竜が集まる辺境伯領の領主ヒューバードと結婚したばかりの侍女メリッサ。 彼女は、ヒューバードとともに、とある準備に張り切っていた。 それは青の王竜の1歳の誕生日! 当日は、王竜もメリッサからの贈り物を喜び、竜達と過ごす辺境は平穏そのもの。 王竜が竜達のために願うことがあるのなら、ヒューバード様とともに全力で叶えてみせます! 堅物騎士と竜好き侍女のラブファンタジー第6弾!! ISBN 9784758091824 / 文庫判 本体638円+税 2019年06月20日発売• 竜騎士のお気に入り7 奥様は密かな恋を応援中 著:織川あさぎ 装画:伊藤明十 「我々の一族の花嫁である」 竜が集まる辺境伯領の領主ヒューバードと結婚した侍女メリッサ。 彼女は今まで行方知れずとなっていた王竜の親の鱗が戻ってきたことを喜びつつ、早速、すべてが揃っているかをヒューバードと竜騎士ルイスと確かめることに。 どんな状況であろうとも、心をこめて竜が選んだ花嫁と竜騎士の仲を取り持つために努めます! 堅物騎士と竜好き侍女のラブファンタジー第7弾! ISBN 9784758092388 / 文庫判 本体638円+税 2020年03月19日発売.

次の