ヤシャブシの実。 使い方や効果を知ってヤシャブシの実でブラックウォーターを作ろう

オオバヤシャブシ

ヤシャブシの実

【オオバヤシャブシとは】 ・福島県以南から紀伊半島にかけた太平洋岸に自生するハンノキの仲間。 荒れ地でも育つ丈夫な性質を持つことから、痩せ地の緑化などに使われるが、春に咲く花が花粉症のアレルギー源になるとして、近年は忌避される傾向にある。 ・名前のとおり葉は大振りで長さは6センチから12センチほどになる。 葉の表面には光沢があり、裏面は淡い緑色になる。 地域によっては秋になっても紅葉せず、緑色を保ったまま落葉することや、冬季になっても落葉しないことがある。 ・3月に咲く花には雌雄があり、雄花は長さ4~5センチの穂状で、葉の付け根から垂れ下がる。 雌花は長さ2センチ程度の楕円形で、斜め上を向いて咲く。 雄花よりも枝先に近いところに咲くのが特徴。 ・花の後にできる実(果穂)は10~11月にかけて成熟する。 種はタンニンを多く含み、黒八丈などの染料に使われる。 ・幹は灰褐色で樹齢を重ねるにつれて大きく剥離する。 【育て方のポイント】 ・他のやなどと同じように、根に共生する根粒菌から肥料を貰って育つ性質があり、貧弱な土壌でも十分に育つ。 ・日向を好む陽樹であり、日陰では育ちにくい。 ・樹形が整いにくいが剪定を嫌うため、枝ぶりは雑然とした感じにせざるを得ない。 【ヤシャブシとオオバヤシャブシの違い】 ・同じような場所に共存する両者だが、オオバヤシャブシの葉は文字どおり、より大きい。 また、雄花は太くて長い。

次の

オオバヤシャブシ

ヤシャブシの実

ヤシャブシとは 日本固有種で西日本に多く自生しているヤシャブシは、カバノキ科ハンノキ属の落葉高木です。 樹高は1メートルから15メートル程度であって、ヤシャブシのほとんどは日本海側ではなく太平洋側に分布しています。 また、ヤシャブシは分枝しやすい特徴を備え、互生葉序している上に葉は狭卵形で縁には細かい重鋸歯もあります。 樹皮は灰褐色で老木になるほど割れ剥がれが起きやすく、早春に開花する花は尾状花序になっています。 ヤシャブシは1月から5月に花粉を散らすので、飛散時期に当てはまるのなら花粉症の発症に注意しなければいけません。 さらにヤシャブシでは短枝の先に卵状広惰円形の果穂が付きますが、この果穂がブラックウォーターを作る際に使えるヤシャブシの実になります。 未だ若いヤシャブシの実は緑色の球果ですが、10月から11月に熟すと実の色は黒褐色や暗褐色に変わります。 熟して黒褐色になったヤシャブシの実は、山に限らず都市部の公園や河川敷に出かけても見つけることができるでしょう。 ブラックウォーターとは ブラックウォーターとは、湿地や沼地などで見られる茶褐色に染まった河川の水を示す言葉です。 こうした水の成分にはフルボ酸や腐植酸が含まれ、熱帯魚の飼育を行う際に役立つ豊富な効果を併せ持っています。 代表的なブラックウォーターにはアマゾン川の水があげられますが、もちろんアマゾン川の水をそのまま入手することはできません。 そこでブラックウォーターという言葉を用いる場合には、アマゾン川などの水質に似せたものをこのように呼ぶことが一般的になっています。 ブラックウォーターは茶褐色の見た目になりますが、水に溶け出した成分が適切でなければ、それはブラックウォーターとは言えません。 ただ単に水を茶褐色に染めてもブラックウォーターにはならないので、ブラックウォーターを作れる方法はそもそも限られています。 ブラックウォーター作りには水質調整剤やピートモスを使う方法を選べますが、ヤシャブシの実であってもブラックウォーター作りを実践していけます。 ヤシャブシの実を使ったブラックウォーターの効果 ヤシャブシの実はフルボ酸やタンニンを多く含むため、ブラックウォーター作りに適した特性を備えています。 スポンサードリンク 完成したヤシャブシの実のブラックウォーターでは、以下のような効果を期待できるでしょう。 どうしても準備の手間が気になるときには、産卵や孵化にあわせて一時的にブラックウォーターを使用する方法も選択肢のひとつです。 ヤシャブシの実の使い方 ヤシャブシの実でブラックウォーターを作る場合には、ヤシャブシの実を直接水槽に入れるだけでも構いません。 とは言っても、ヤシャブシの実は水槽になかなか沈みませんし、成分が水に溶け出すには時間がかかります。 そのため、ヤシャブシの実を使ってブラックウォーターを作りたいのであれば、事前に軽く煮沸消毒を行う方法が推奨されます。 煮沸消毒の手順には実の不要な油分を取り除く目的もありますので、煮沸に使った水は水槽の水替えに使用しないでください。 煮沸したヤシャブシの実をあらかじめ水に入れておき、水が茶褐色になってから水替えする方法をおすすめできます。 ヤシャブシの実を使う場合の注意点 ヤシャブシの実を使うブラックウォーターには様々なメリットがありますが、活用時にはデメリットもいくつか存在します。 まず、ブラックウォーターでは水が茶褐色に染まりますので、水の着色を嫌うのならブラックウォーターの使用は向いていません。 水槽にヤシャブシの実を入れたくない人にも不向きですし、ブラックウォーターには水草に光が届きにくくなるデメリットも見られます。 さらに水槽にて活性炭やゼオライトと併用すれば、ブラックウォーターの成分はこれらに吸収される結果になってしまいます。 加えて、弱酸性の水質を好まない魚やエビ類などにはリスクが考えられますから、注意点をしっかり踏まえた上で活用するかどうかを決めましょう。 カバノキ科ハンノキ属のヤシャブシは、熟すと黒褐色になるヤシャブシの実を付ける落葉高木です。 ヤシャブシの実を煮沸消毒して水に入れると、フルボ酸やタンニンが溶け出して様々な効果を発揮するブラックウォーターが完成します。 ブラックウォーターには水質を弱酸性や軟水にする効果だけでなく、殺菌作用や産卵の誘発作用といった効果もあわさっています。 水の色は茶褐色に染まってしまいますが、ブラックウォーターに生息する熱帯魚を飼育しているのなら、ヤシャブシの実は大いに活躍するでしょう。 Advertisement• シャラの木はツバキ科の耐寒性落葉高木です。 ツバキ科の木は常緑樹が多いのですが、この木は落葉樹と言うのが大きな特徴です。 夏に花を咲かせ、木の高さが1[…]• 白い可愛い花を咲かせるヤマボウシ、私たちの身近でも意外によく見かけます。 ヤマボウシの実は食用で、しかも美味しい食べ方が豊富にあります。 […]• 家の立地にもよりますが日当たりの良い土地であれば、南は太陽の光がよく当たるので落葉樹がおすすめです。 落葉樹は春から夏に葉を茂らせて、秋[…]• やはり、ツバキ・サザンカが目隠しできる常緑樹の庭木ではとても人気です。 冬から春にかけて赤い綺麗な花も咲きます。 ツバキの木は水分をたくさ[…]• 山椒の木はスパイスとしてはおなじみの山椒が出来る樹です。 樹木の中では比較的小柄であり、平均3mから4m位の高さになるのが特徴です。 春の季節になると、可[…]• 目次 1. 虫除けに有効なおすすめのハーブはペパーミント2. ゼラニウムも蚊よけに効果的3. ローズマリー・カモミールも虫除けに効果的 虫除けに有効な[…]• クロガネモチはモチノキ科モチノキ属の常緑樹で、中国をはじめ東南アジアに分布しています。 日本では関東以南の本州、四国、九州、琉球列島に生育しています。 高[…]• 生垣と垣根は同じような言葉で、実は違いがあることはご存知でしょうか。 その説明をするためには、まず垣根を理解することが必要です。 目次 […].

次の

草木染め7:ヤシャブシ(おはぐろ媒染)

ヤシャブシの実

今回はその後について詳しくお伝えします。 水量が少ないのもあると思いますが、想像以上に早く効果が現れました! 投入直後の様子 これは前回お伝えしたものです。 水は透明に見えます。 投入から「12時間後」 早くも色が黄色っぽくなってきました。 ヤシャブシの実が沈んでいます。 マジックリーフはまだ水面に浮かんでおり、この変色はヤシャブシの実の影響が多いように思えます。 投入から「24時間後」 投入から約1日が経ち、さらに黄色くなりました。 水面に浮かんでいるマジックリーフはまだ沈みませんが、葉の縁が少し水を吸っているのが分かります。 投入から「3日後」 投入から約72時間が経ち、黄色というより茶色と言えるくらい染まってきました。 反射して指が写り込んでしまいましたが、お気になさらず。 投入から「5日後」 投入から約120時間が経ち、明らかにベタちゃん(黒い)が見つけにくくなりました!笑 これはもうブラックウォーターと言っていいのでは!?という色になっています。 投入から「7日後」 投入から約168時間。 さらに色が深くなり、ますますベタちゃんが見つけにくく……笑 ヤシャブシの実とマジックリーフを入れてから1週間が経ちましたので、ここで水質をチェックしてみたいと思います!! テトラの水質検査試験紙を入れて水質をチェックします。 しっかりとアンモニアなどを分解してくれるようで一安心。 そして気になるpHは……!? 色なので正確な数値は分かりませんが、 6. 4と6. 8の中間くらいでしょうか!? pHは7が中性、7以下が酸性、7以上がアルカリ性です。 この6. 4~6.

次の