欧州 サッカー。 UEFA欧州選手権

海外サッカー : 日刊スポーツ

欧州 サッカー

人気クラブ第2弾 サッカーの人気クラブを示す要因、データはいくつかあります。 ファンの数、SNSフォロワーの数、観客動員数、 資産価値、収入、グッズの売り上げ実績などです。 第1弾では以下の8チームを紹介したんですが、 この8チームは• 人気クラブである• 大昔から強い• UEFAチャンピオンズリーグの優勝経験がある• 今回紹介する欧州の人気クラブは、 この8チームほどの実績はないんですけど、人気は凄まじいという8チームです。 レアル、バルサ、マンUのメガクラブビッグ3には及びませんが、 ファンの数、観客動員数、収入などではバイエルンやリヴァプールを上回る実績を誇ります。 ただ、近年強くなってきたクラブですので、実績は上記8クラブに及びません。 第1弾の8チームを覚えたら、次に欧州の人気クラブである8チームを覚えてみましょう。 全部覚えれば、欧州の人気クラブ16チームを覚えることになります。 サッカーに詳しくなること間違いありません 笑 なお、今回も人気チームを紹介するにあたって、様々なサイト様よりデータを参考にさせていただきました。 サポーター数やクラブの収益など詳しくみてみたい方はこちらをご覧ください。 worldfootball. ここでは「マンC」です 笑 2017年の収益が欧州、いや世界5位と言っても良いのではないでしょうかマンC。 マンCが創設したのは1880年ですが、 強くなったのは2010年以降です。 最近なんですよ。 ですから、プレミアリーグで毎年優勝争いをしますが、 チャンピオンズリーグのタイトルはありません。 それでも欧州の人気クラブのひとつです。 イングランドのプレミアリーグ、水色のユニフォームはマンCと覚えましょう。 その中で最大のクラブがアーセナルです。 アーセナルもイングランドの中では古豪と言っても良い歴史のあるクラブなんですが、 チャンピオンズリーグでは準優勝止まり。 それでも熱狂的なファンは世界中にいて、収益やファンの数は世界有数の人気クラブです。 Jリーグの名古屋で指揮を執ったベンゲルがアーセナルの監督を務めたことから、 稲本潤一、宮市亮、浅野琢磨の3人が所属しました。 稲本と宮市は2試合出場しましたけど、 浅野はレンタルに出されましたので、アーセナルでの出場はありません。 平均観客数59,809人を誇る、欧州を代表する人気クラブ、アーセナルも覚えておきましょう。 worldstopmost. マンC、アーセナルと違い、チャンピオンズリーグで優勝しています。 チェルシーも欧州を代表する人気クラブです。 psgotu. イングランド国内ではチェルシーやマンCよりも古くからの実績がありますが、 欧州での実績はこの4チームの中では一番劣ります。 しかし、ここ数年はプレミアリーグでも毎年優勝争いをするようになりましたし、 チャンピオンズリーグにも出場するようになりました。 プレミアリーグのビッグ4と言われたマンU、リヴァプール、チェルシー、アーセナルの牙城を崩しつつありますね。 トッテナムの平均観客動員数は61,222人でイングランドでは2位、欧州全体でも7位です。 戸田和幸が2シーズン在籍しました。 以上、イングランドの4クラブを紹介しました。 各クラブの収益を載せましたが、凄い額で、 イタリアのインテルやミランを大きく上回る実績で、 正に 欧州を代表する人気クラブと言えます。 マンC• アーセナル• チェルシー• トッテナム このチームを覚えておきましょう。 worldfootball. 1970年に設立され、1990年以降にフランス国内で優勝争いをするようになり、 2010年からフランスで一番強いクラブになりました。 2010年にオーナーが変わり、クラブ運営に大金を投入するようになって、 世界のスター選手を集めるようになり、強くなりました。 今やネイマール、エムバペ、ブッフォンという世界的なスーパースターや、 ディ・マリア、チアゴ・シウヴァ、アウヴェスなど世界一流の選手が集まる凄いチームになりました。 フランスNo. 1のクラブで、欧州にとどまらず世界から注目されているPSGも覚えておきましょう。 sumberbola. 今回紹介する8クラブの中で唯一バロンドール選手を輩出しているクラブです。 ドルトムントの凄いところは平均観客動員数です。 平均75,947人!毎試合7万5千人がスタジアムに来ます!! この動員数はバルセロナに次ぐ2位で、マンU、バイエルン、レアルも及びません。 しかも、ホームスタジアムが半端ねぇ! 80,720人入るんですが、座席が55,700人、立ち見が25,020人という内訳です。 毎試合2万人くらいのお客さんが立って試合を観ているということになります。 どんだけドルトムントが好きなんだ! また、香川真司が所属していたことで有名ですし、もう一人、丸岡満も在籍していました。 ドイツでバイエルンと双璧を成す人気クラブ、ドルトムントも覚えておきましょう。 blogspot. ビルバオ、バレンシア、ラ・コルーニャだったりしますが、 いつの時代も3番手あたりにいるのがアトレティコです。 スペインNo. 3のアトレティコは欧州でも人気クラブのチームです。 worldfootball. net ホ ー ム:ローマ(イタリア) スタジアム:スタディオ・オリンピコ(72,698人) 創 設:1927年 愛 称:ジャッロロッシ(黄と赤) 収 益:約296億円 SNS登録:1200万人 CL実績:準優勝1回 バロンドール:なし レジェンド:コンティ、ファルカン、トッティ イタリア国内ではユヴェントス、ミラン、インテルに次ぐ4番目のクラブとして認識されているのではないでしょうか。 2000年以降はイタリア国内で優勝争いをしています。 中田英寿が在籍したことから日本でも人気になりましたね。 イタリアの4番目のチーム、ASローマも欧州を代表する人気チームです。 以上、欧州の人気クラブである、PSG、ドルトムント、アトレティコ、ローマを紹介しました。 今回の人気クラブをまとめておきますと、• マ ン C(イングランド)• アーセナル(イングランド)• チェルシー(イングランド)• トッテナム(イングランド)• P S G(フランス)• ドルトムント(ドイツ)• アトレティコ(スペイン)• ロ ー マ(イタリア) の8チームです。 さらに、第1弾のビッグクラブ8チームと合わせて国別で整理すると、 まとめ 以上、今回は欧州の人気クラブを覚えましょうってことで、第2弾!8チームを紹介してみました。 日本人選手が所属したことのあるクラブでまとめてみますと、• レ ア ル(スペイン)• バ ル サ(スペイン)• リヴァプール(イングランド)• ユヴェントス(イタリア)• マ ン C(イングランド)• チェルシー(イングランド)• P S G(フランス)• アトレティコ(スペイン)• この日本人が所属していたクラブを覚えるのも良いかもしれません。 まだ、紹介したい人気クラブがあります!! 笑 今回は、人気があって収益のあるクラブを紹介しましたので、 第3弾は、収益は多くないけど、強いクラブを紹介しようと思います。 できればお付き合いください 笑 今回の記事が読んでくださった皆様の サッカーの楽しみにお役にたてればうれしく思います。 よかったら過去記事のもご一読ください。 最後まで読んでいただきありがとうございます。

次の

UEFA欧州選手権

欧州 サッカー

<関連記事>• UEFAのアレクサンデル・チェフェリン会長は、「我々は膨大な人が熱中する競技のかじ取りをしていて、その競技は目に見えず動きが素早い敵にやられている」と説明。 「このような時こそ、サッカー界は責任と結束、団結、利他精神を示す必要がある」と述べた。 また、「ファンやスタッフ、選手の健康が最優先だ。 UEFAはその点から、今シーズンの試合を安全に終えられるよういくつもの選択肢を検討した。 欧州サッカー界の仲間からの反応に満足している」とし、こう続けた。 「真の協力精神があった。 最善の結果を生むためには何かを犠牲にしないといけないと全員理解していた」 チェフェリン氏はさらに、UEFAが「手続きを主導し、最大の犠牲を払う」ことが重要だと主張。 「巨額の損失」が生じるが、「利益より意義が、欧州サッカー界全体のためにこの決定をした際の指針となった」と述べた。 南米でも大会を延期 欧州では来年夏、女子の欧州選手権が7月7日にイギリスで開幕予定のほか、ネーションズリーグとU-21欧州選手権も開催が予定されている。 UEFAは、これら3大会の日程もすべて変更になるとした。 一方、南米サッカー連盟(CONMEBOL)も、6月12日~7月12日に予定していた今年の南米選手権アルゼンチン・コロンビア大会(コパアメリカ2020)を1年延期すると発表した。 また、国際サッカー連盟(FIFA)は、来年6月に中国で開催予定だった、新たに拡大したクラブ・ワールドカップの延期を決めた。 新たな開催時期は、状況がより明確になり次第発表するとしている。 FIFAは世界保健機関(WHO)のCOVID-19対策の基金に1000万ドル(約10億7000万円)を寄付する予定。 欧州リーグの状況 欧州各国のトップリーグも、新型ウイルスの影響を受けている。 プレミア・リーグ(イギリス)、 ラ・リーガ(スペイン):最も早くて4月4日までは全試合を中止• セリエA(イタリア):欧州で最も感染者数が多いイタリアは国内が封鎖状態にある• ブンデスリーガ(ドイツ):最も早くて4月2日まで全試合を中止• リーグ1(フランス):無観客で試合を開催していたが現在は「発表があるまで」中断 欧州の各サッカーリーグを統括するヨーロピアン・リーグは、各国でのシーズンが6月末までに終了するよう努力するとしている。 (英語記事 ).

次の

【第2弾】欧州の人気クラブを知ろう!さらに8【サッカー】

欧州 サッカー

()の UEFA( 発音:ウエファ、 英語発音: ユー エイファ)で呼ばれることが多い。 UEFAは、、、協会間での協議の後、1954年6月15日にので設立された。 当初は、25の協会からなっていたが、1990年代初めまでに加盟協会は倍に増加した。 ヨーロッパの全ての主権国の協会がUEFAの会員となっているわけではないが、非会員の国家は全てミニ国家である。 以前はに加盟していたいくつかのの国も、政治的理由などによりUEFAへの加盟が認められている( 政治的理由 とはAFCから転籍した)。 UEFA本部は1959年までは、フランスのに位置し、後にスイスのに移転。 1995年から、同じくスイスのへ移転した。 概要 [ ] ・のに本部を置く。 欧州各国及び地域のサッカー協会を統括し、欧州各国・地域をまたがったサッカーの問題に対処している。 、などの、といった、一般的なヨーロッパの範囲に含まれない国も加盟している。 現在の加盟協会数は55。 近年、(EU)に加盟する国・地域の国内リーグでは、EU、並びに一部は(EFTA)加盟国の出身選手は国内選手と同等扱いで、何人でも選手が出場登録できるようになっているケースが多くみられる。 またサッカーの母国という伝統的配慮から4つの地域(、、、)がそれぞれ独自に加盟しているではそれぞれのリーグ戦でイギリス国内出身者も同様の扱いを受けることが出来る。 ファイナンシャル・フェアプレー [ ] 詳細は「」を参照 ファイナンシャル・フェアプレー(FFP)はUEFAの会長が提唱。 欧州各クラブの財政健全化を目指して2011年6月から(収支集計開始、2014年から制度実施)導入された制度。 具体的にはクラブが支出する移籍金、人件費などの経費(サッカークラブの本質である育成に関わる投資や、スタジアム、練習場など施設を整備するための支出は除く)は、クラブが純粋に得たサッカーによる営業利益(選手売却による移籍金、スタジアム入場料、テレビ放映権、各大会賞金、グッズ収入、スポンサー収入)を超えてはならない規則。 しかし、単年度の審査でこの制度を適用した場合、抵触するクラブが続出する可能性が高いことから3シーズンの合計で審査される。 また、猶予期間として2018年のシーズンまでは段階的に赤字許容額が設定され、2015年までは4,500万ユーロ、2018年までは3,000万ユーロまでの赤字は許容され、2019年からは赤字の無い状況にしなくてはならなくなる。 これら規則を守れないクラブが発生した場合、UEFAは対象クラブに対して警告や厳重注意、罰金、勝ち点剥奪、UEFAクラブライセンスを発行しないなどという制裁を執行し、やへの出場権を獲得しても大会への参加資格を認めないなどの措置が執られる。 FFPによる影響• -1990年代後半から2000年代まで大型補強を実施、FFPによりチームの主力を放出しチームが弱体化、収入が赤字になる悪循環に陥り、クラブを売却。 -名誉会長のポケットマネーによって運営、FFPによりチームの主力を放出しチームが弱体化。 -観光局との複数年の大型スポンサー契約を行いFFP対策の収入を確保(但しクラブ運営がカタール王族系の投資グループでその関係が疑われている)。 -ロシアのとのスポンサー契約を行いFFP対策の収入を確保(但しクラブオーナーとガスプロムとの関係が疑われている)。 -UAEアブダビのとの10年間の大型スポンサー契約を行いFFP対策の収入を確保(但しクラブオーナーがアブダビ王族でその関係が疑われている)。 2014年から制度実施されるがUEFAは5月16日に9クラブが抵触しているとしてマンチェスター・シティとパリSGは厳しい6,000万ユーロの罰金、来シーズンのCL選手登録枠を25名から4名削減、来シーズンの選手年俸総額の増額の未承認、来季以降2シーズンは移籍市場で費やす金額にも6,000万ユーロ上限設定の制裁が決定したと発表。 2: かつてはに加盟していたが、にAFCを脱退しより加盟。 3: ジブラルタルは、2006年12月8日から正会員への申請が拒否される2007年1月26日までUEFAの暫定会員であった。 2012年10月1日から再び暫定会員となり 、2013年5月に正会員となった。 4: 2019年の「北マケドニア」への国名改称前は「」(FYR Macedonia, FYROM)の名称で加盟していた。 以前加盟していた協会 [ ]• 1954 - 1956• (東ドイツ)1954 - 1990• 1954-1991; 1992年にとなった。 大会 [ ] ナショナルチーム [ ] サッカー [ ] 男子ナショナルチームの主要大会はである。 この大会は1958年に始まり、に初の決勝が行われた。 1964年までは欧州ネイションズカップとして知られていた。 またUEFAあるいはEUROとも呼ばれる。 UEFAは、、の大会も開催している。 女子代表では、UEFAは、、を運営している。 UEFAはと共にユースサッカーのためのを組織している。 1999年には、地域を代表するセミプロフェッショナルチームのためのを開始した。 フットサル [ ] については、およびがある。 頂点に位置するUEFA主催の大会はである。 この大会は、1955年から1992年まで開催され各国リーグの優勝クラブによるヨーロピアン・チャンピオン・クラブズ・カップあるいはヨーロピアンカップとして知られていた大会を再構築したものである(したがって現在よりも競争は激しくなかった)。 2番目に位置するのはである。 この大会は、国内のカップ戦優勝クラブとリーグ上位チームによる大会として1971年にUEFAによって開始され、1955年に開始されたさらにUEFAカップを引き継いだものである。 1960年に開始されたは1999年にUEFAカップに吸収された。 女子サッカーでも、UEFAはクラブチームのためのを開催している。 この大会は2001年に初開催され、2009年まではUEFA女子カップとして知られていた。 チャンピオンズリーグの勝者とUEFAヨーロッパリーグの勝者(以前はカップウィナーズカップの勝者)が対戦するは、1973年から行われている。 は夏の大会であり、以前はいくつかののサッカー協会によって運営されていたが、1995年にUEFAによって公式UEFAクラブ大会として認定された。 インタートトカップは2008年が最後の大会となった。 は、チャンピオンズリーグの勝者との勝者が対戦する大会であり、 CONMEBOL と共に組織していた。 カップウィナーズカップが終了したためこの偉業を達成するのはもはや不可能である。 3つのトロフィーのうち2つを手にしたチームは現在9つ存在する。 は、全てのUEFAの公式チャンピオンシップおよびカップで優勝した初めてのチームであり 、これを記念して1988年7月12日にUEFAによって「」が贈られた。 フットサル [ ] UEFAの最高峰の大会はである。 この大会は前身のに代わり、2001年にUEFAの公式大会として開始された。 大会一覧 [ ] ナショナルチーム [ ] 男子:• 女子:• クラブチーム [ ] 男子:• (1960—1999)• (1995—2008)• (1960—2004) 女子:• アマチュア [ ]• (1967—1978) フットサル [ ]• 主なUEFA非主催の大会 [ ] ナショナルチーム:• (1924—2001)• ()(1931—1980)• (1884—1984) クラブチーム:• (1961—1994)• (1955—1971)• (1927—1992)• (1949—1957) 決議 [ ] 表彰:• 1997—2010• 1997—2010• 2003• 資格:• 試合:• 歴代会長 [ ] 詳細は「」を参照• 1954 - 1962• 1962 - 1972• 1972 - 1983• 1983 - 1990• 1990 - 2007• 2007 - 2016• 2016 - 現在 その他の人物 [ ]• 1954-1955 - 初代事務局長• 1955-1960 - 2代目事務局長 脚注 [ ]• Uefa. com 2016年9月14日. 2016年9月14日閲覧。 Uefa. com. 2016年9月14日閲覧。 uefa. com. UEFA. 2016年9月14日閲覧。 フランス語発音:• The Guardian. 2012年10月1日閲覧。 欧州サッカー連盟 2013年5月24日. 2013年6月26日閲覧。 uefa. com. 2006年8月21日閲覧。 uefa. com. 1974年3月1日閲覧。 uefa. com. 1972年6月1日閲覧。 uefa. com. 2009年8月14日閲覧。 uefa. com. 2009年8月14日閲覧。 uefa. com. 2004年8月27日閲覧。 El Mundo Deportivo's Historical Archive. 1992年7月16日閲覧。 uefa. com. 2006年8月21日閲覧。 Spanish PDF. 1988年7月13日. 2009年11月15日閲覧。 Gazzetta dello Sport's Historical Archive. 1997年5月24日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 (英語)• UEFAcom - (英語).

次の