鬼 滅 の 刃 196。 『鬼滅の刃』最新話196話のネタバレと感想!人間へ戻って行く禰豆子、珠世の薬により無惨の分裂を防ぎ細胞破壊がはじまる

鬼滅の刃ネタバレ最新196話確定【禰豆子が人間に戻る】

鬼 滅 の 刃 196

鬼滅の刃 きめつのやいば ネタバレ最新話196話予想 鬼滅の刃196話の展開を予想 現時点で無惨には戦うメリットがない。 長引けば長引くほど危険だからだ。 逃げて隠れてしまえば無惨の勝ちだ。 しかし禰豆子が登場で、無惨に戦う理由が生まれる。 太陽を克服した鬼 禰豆子を吸収して完全な不死身になりたいからだ。 — かえるのうた~気になる情報まとめ~ GJDsPEkVJh0Bei8 【動画公開!!! 】 今回ついに登場した禰豆子。 鬼滅の刃完結説が騒がれる中、果たして本当にすんなり行くのか、考察しました! これを見れば196話を楽しく読めること間違いなし😤 【鬼滅の刃・最新考察】鬼滅の刃、完結目!? 禰豆子人間化の裏に隠された今後の展開とは!?!? 夜明けまで近く、不利と思った無惨はプライドを捨てて必死に逃げていました。 うーんラスボスなのに逃げるという 笑 いままでにない斬新なシーンでした。 195話の最後に禰豆子が登場していました。 右目が人間に戻っていたので、鬼化が解けてきているのだと思います。 炭治郎は無惨を捕まえることができるのか? 日の呼吸の12の技を繰り返し、無惨に回復する時間を与えず、夜明けまで粘っていました。 さらに伊黒まで復活し、無惨にとってはかなり大誤算だったと思います。 逃げた無惨でしたが、珠世の毒も効いていて動きも鈍くなっています。 おそらくすぐに捕まえれるでしょう。 しかもまだ柱たちは致命傷ではあるものの生きているので、炭治郎たちにとっては余力があるといえます。 おそらく無惨はつかまって、夜明けを迎えることになるでしょう! 禰豆子はどうなるのか? 右目が人間に戻ってきている禰豆子ですが、人間のときの記憶がよみがえってきています。 これは禰豆子が人間に戻るということを示唆しているのではないでしょうか! おそらく禰豆子は鬼の時の力を宿しつつ、人間に戻ることができると思います。

次の

鬼滅の刃197話ネタバレ!実弥と悲鳴嶼に義勇が復活!善逸と伊之助が炭治郎を鼓舞!|ワンピース鬼滅の刃ネタバレ考察ガジライフ

鬼 滅 の 刃 196

もちろん、無惨にとってもこの古傷は、縁壱につけられたことを深く記憶に残されているようです。 無惨は縁壱に出会ったときの印象としては、覇気のない顔つきや風貌を見て「こいつは弱い」と思いこんでいました。 しかし、実際に戦ってみると、予想とは全く違って縁壱の強さは圧倒的であり、無惨の頸に一太刀をあびせるほどの実力だったのです。 あれから時間が経過してもなお、「縁壱のような剣士はそうそういないだろう」と認めるくらいの人物なのです。 ついに無惨を追い詰める? 無惨の古傷は今でもなお、彼の肉体をむしばんでいるほど深く刻まれています。 それが、今でも縁壱に対する強い怒りを無惨に生み出していたのです。 まさか、あんな覇気のない弱そうな人間に、鬼である自分が追い詰められるとは心外。 その恨みは長い時間をかけて薄れるどころか、恨みは次第に大きくなっています。 そんな、無惨の過去に負った古傷を集中的に炭治郎も伊黒も必死に攻撃を展開。 日の呼吸と蛇の呼吸を繰り返して攻撃しており、無惨を確実に追い込んでいますが、致命傷を与えることができません・・・ ここで鴉から残り時間が告げられますが、夜明けまで残すところ40分のようです。 日が昇るまでに、無惨をこのまま引き留めておけるのか・・・ しかし、無惨はあまりにもあっさり戦闘の場から逃げることを選択します! 最初こそ無惨の圧倒的な強さでしたが、今の状況のままここに留まっていることは、かなり不利だと判断したようです。 中でも珠世の薬による老化はかなり影響しているようで、かなりの速度も落ちてきていました。 それでも、無惨の逃げ足は速く、炭治郎も伊黒もなんとか追い付こうとしますが、その差は広がっていくばかりです。 流石の無惨も自身の死をなんとか回避しようと必死! 炭治郎は取り逃がしてしまうのでは?と、とても悔しそうな表情。 無惨が逃亡する途中で、倒れている鬼殺隊員たちをなんの躊躇もなく踏みつけていきます。 このように、命を軽んじる無惨に対して、炭治郎は怒りがピークに! 炭治郎は悔しすぎて、すでに死んでいる隊員たちの刀を次々と無惨めがけて投げつけていきます。 無惨は一瞬気をとられ、すかさず伊黒が一気に飛び掛かっていきます! ここで伊黒が無惨への渾身の一撃を繰り出し、無惨の急所でもある頸を力いっぱい日輪刀で斬りつけます! 効果があったのか、無惨の頸からは血が噴出! しかし、無惨も負けじと伊黒へ触手の反撃を忘れません。 伊黒は避けられない!と思ったそのとき、なんとか追い付いた炭治郎の日の呼吸によって、攻撃を無効化することに成功します。 そして、炭治郎は愈史郎の目くらましの札を伊黒に投げつけます! ついに禰豆子が登場!? 無惨もかなりダメージを負っているようで、触手による容赦ない攻撃を繰り返しています。 愈史郎の札は、炭治郎の手からこぼれ落ちてしまいますが、その札を伊黒と鏑丸がファインプレーで受け取り、その姿は見えなくなります! ここから、伊黒たちの反撃が始まりそうですね。 この状況に無惨も、全くあきらめない2人に対して焦っているよう。 なんとか、逃げ切ろうとしますが休息に老いているので、すでに体力の限界・・・ 息切れをし始め、追い詰められてしまいます。 無惨は鬼である自分がまさかここまで追い詰められるとは思っていなかったようで、自分に対しても怒りがどんどんこみあげている様子です。 その時でした。 これまでずっと姿が見えていなかった禰豆子が、ようや前線近くまでたどり着いたようです! いきなり、飛び出してから禰豆子の登場を待ち望んでいた読者も多かったと思います。 これまで、禰豆子は右目を押さえていましたが、その手をはなすと・・・ なんと右目に変化が起きており、珠世から投与されていた「鬼を人間に戻す薬」の効果が出始めていました。 改めて無惨は縁壱の強さを認識した。 逃げる無惨の背中から伊黒が一刺し 伊黒強い!笑。 逃げる無惨。 そこに満を持して禰豆子到着。 弱っている無惨+禰豆子…これは… — ゆう 鬼滅の刃 sendai2future31 禰豆子はまだ無惨との戦闘の場からは少し離れたところにいました。 炭治郎たちが戦う最前線に到着して、その姿を炭治郎が見たら感激すると思いますね! とはいえ、引き続き伊黒と炭治郎の2人は無惨にとどめを刺そうと奮闘しているでしょうから、禰豆子の姿を確認しても声を掛ける暇はないでしょうね。 カギを握る禰豆子 禰豆子がやっと登場したことからの、動向が気になるところですが、個人的にいくつか考察してみたいと思います。 まず考えられるのは、禰豆子が到着した後にすぐ炭治郎達と共に無惨と戦うという可能性があります。 戦うという以外の参加だと、禰豆子が到着した後に戦闘の場所までの道中で、負傷してまだ息のある柱や同期組達を助けていくということも考えられるでしょう。 この時、血気術の爆血で治療するのではないでしょうか? 一番可能性として高いのは、一目散に炭治郎の元へかけつけて、無惨の毒に侵されてる炭治郎と伊黒を救うことです。 まず最初に爆血で治癒するのは、この2人かもしれません。 ただ、そのような余裕があるのかは微妙な所ですから、何とも言えないですね。 後考えられるのは、到着した後に無惨を見つけて、恨みから我を忘れて狂暴化して手がつけられなくなるというものですが、人間化してきているのであまり考えにくいと思います。 無惨は禰豆子を取り込む? 禰豆子が炭治郎の前に無事登場したとしても、相手が無惨ということで油断は禁物だと思います。 何故なら、禰豆子は鬼の身でありながら「太陽を克服した」という希少種。 この能力は無惨にとっては喉から手が出るほど手に入れたい存在に違いないです。 ということは禰豆子が戦いの場に姿を見せたら、かなり厳しい状況だとしても無惨はなんとしても自分の体に取り込もうとするでしょう。 禰豆子が人間に戻りかけているということが明かされているので、もしかすると禰豆子はすでに鬼としての戦闘能力を失いかけており、戦闘能力も落ちているかもしれません。 もし鬼のままだったらすさまじい強さを発揮していた禰豆子。 その力が弱まっているとなると、格好の餌食になりそうです。 禰豆子がどのように活躍していくのか非常に気になるので、目が離せない展開が続きそうです。

次の

漫画『鬼滅の刃』196話のネタバレと195話おさらい・197話以降の考察|イツキのアンテナ

鬼 滅 の 刃 196

スポンサーリンク 私は 竈門禰豆子!! それから、鬼殺隊の人々の顔が次々に浮かんできます。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」196話より引用 嬉しそうに花を渡してくれる善逸、どんぐりをくれた伊之助。 お館様、柱たち、そして蝶屋敷のみんな。 無限列車では炎柱の煉獄杏寿郎と共に戦いました。 遊郭では、上弦の陸である堕姫・妓夫太郎を倒すため、音柱の宇髄天元らが一緒でした。 鍛冶の里では、里の人たちをはじめ、不死川玄弥や霞柱の時透無一郎と一緒でした。 そして・・・ 鬼殺隊の制服を着た炭治郎がこちらに手を差し伸べています。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」196話より引用 炭治郎は、優しい笑顔で「禰豆子」と呼びかけました。 それを思い出したとたん、心臓が大きく脈を打ち、頭を抱えて倒れそうになる禰豆子。 そして、ついに・・ 「私は 竈門禰豆子!!」 両目とも、人間の瞳に戻ったのです。 涙があふれました。 これまでのすべての記憶を取り戻したようです。 鬼に家族を殺されたことも・・ スポンサーリンク 分裂して逃亡を試みる無惨 場面は炭治郎たちと無惨の戦いに戻ります。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」196話より引用 炭治郎はただただ、一秒、一秒をかせぐため必死でしのいでいます。 一方無惨は、体力の衰えとともに人間の命の気配を感じ取っていました。 一旦倒した柱たちですが、炭治郎の登場でとどめを刺し切れていなかったのです。 愈史郎や隠の応急手当を受けたのち、戻ってくることを予測しています。 夜明けまであと三十五分。 これ以上ここに留まって危険をおかす必要はないと判断した無惨は、分裂して逃げることを試みます。 炭治郎はそれを感じて、蛇柱の伊黒にも伝えました!! どう阻止するか!? しかし、分裂のため一旦ふくらんだ無惨の体はすぐにしぼんでしまったのです。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」196話より引用 分裂できない。 スポンサーリンク 『鬼滅の刃』ネタバレ196-197話のまとめ 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」196話より引用 禰豆子がついに、ついに人間に戻りました!! 炭治郎にも早く教えてあげたい・・・ そして、禰豆子の記憶の鬼殺隊の人たちは、皆笑顔でした。 鬼である禰豆子を認めて受け入れてくれていたのですね。 しかし人間に戻ってしまったことで、逆に気がかりなことも。 鬼だった頃は戦力になった禰豆子ですが、炭治郎たちが戦っている現場に人間の状態で向かうのは、怪我などを考えると危険です。 かといって鬼のまま向かっても無惨に吸収されてしまいそうなので、どちらにしても危険ですね。 禰豆子の血鬼術は、鬼の毒を分解できる作用があるのですが、ここで人間に戻ってしまっては炭治郎の体を完全に治すことができなくなってしまうのではないか? という心配もあります。 愈史郎が今治療で使っている血清があれば大丈夫でしょうか。 血清はもともと、禰豆子の血液を採取し研究した結果、完成したものだと思われますし。 父親である炭十郎は、禰豆子にどんな役割を期待して、向かわせたのでしょうか・・・ 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」196話より引用 そして、柱たちの消息も少しわかってきました。 無惨が止めを刺せなかったため、皆生きているようです!! そしてまた戦いに参加してくるとも。 全員重傷であることには変わりないので、無惨がこのまま珠世の薬で自滅してくれればいいのにと思います。 が、このまま弱って死んでしまうという展開はなさそうですので、油断は禁物ですね。 禰豆子や柱たち、炭治郎がこれからどう関わっていくのか、予想がつきませんが、もう誰も傷ついて欲しくない・・ そして、炭治郎と、人間に戻った禰豆子が早く再会できることを祈っています!!.

次の