木下 優樹 菜 タピオカ 報道。 「タピオカ恫喝」木下優樹菜が夫と離婚危機!?TV界「マジギレ事件」一挙公開

木下優樹菜・恫喝メール騒動が拡大…友人・鈴木紗理奈も炎上、夫・藤本敏史にも飛び火か

木下 優樹 菜 タピオカ 報道

引用元:Twitter 喜んだ木下優樹菜さんは、「姉がお店をオープンしました」とファンに報告し、 インスタで宣伝。 お店にはオープン初日からファンらが殺到しました。 木下優樹菜さんもお店にお花を贈ったり、実際にタピオカ店に足を運んだりしていたそうです。 真相を知った店長からの注意を受けて、姉はタピオカ店を 退職しました。 姉は木下優樹菜さんに店長から注意を受けたことを報告し、木下優樹菜さんがインスタで ネガキャン(ネガティブキャンペーン)。 引用元:Twitter 続いては、木下優樹菜さんが恫喝DMを送ったあと、謝罪するまでの流れをまとめました。 木下優樹菜さんが恫喝DMをタピオカ店の店長に送ったことがなぜ分かったかと言うと、ある店側の人物がTwitterでDMを公開したからです。 Twitterは拡散され、多くの人に知られることになります。 こちら実際のツイート。 【拡散希望】 木下優樹菜さんがインスタで個人で経営する店を叩いていたので、私の知っていることを記します。 影響力のある人の行動としては軽率であると思います。 皆さんの誤解を解いておきたいです。 — わをん I7o8rNo7kOJKuyq このTwitterでのDM公開を受け、木下優樹菜さんは 2019年10月9日にインスタで謝罪。 タピオカ騒動および恫喝DMが事実だったことを認めました。

次の

「タピオカ恫喝」木下優樹菜が夫と離婚危機!?TV界「マジギレ事件」一挙公開

木下 優樹 菜 タピオカ 報道

より 脅迫まがいのメッセージを送ったとして炎上中のタレント・ 木下優樹菜。 騒動の舞台となったのは、木下の姉が勤めていたタピオカドリンク店。 報道によると、木下は当初、該当店を宣伝していたものの、店側と姉の間で起きた給料未払いなどのトラブルをインスタグラムで暴露。 「もうお店には行かなくて大丈夫です」などと綴っていた(現在は削除済み)。 一方、「経営者ではございません」としながらも店の関係者のものみられるツイッターアカウントで、関係者に向けて送信したと思われる木下のダイレクトメッセージが公開された。 そこには、「弁護士たてて、法的処理、いくらでもできるからこれからの出方次第でこっちも事務所総出でやりますね」「週刊誌に姉がこういうめにあったって言えるからさ、ほんと、そろそろちゃんとしないと立場なくなるよー」など、脅迫的な文章が並んでいる。 このツイートが拡散されたことでネット上は炎上し、木下はインスタグラムで灰色の画像とともに謝罪コメントを投稿。 「私の発言はいくら大切な家族のための事とは言え一方的な凄く幼稚な発言だったと思います」との反省の言葉とともに、「事務所にも大変迷惑をかけました」「今後は自分の芸能人という立場をしっかりと考え、発言には十分注意していきたいと思います」などと記している。 ダイレクトメッセージの内容を認めて謝罪したかたちだが、木下に対する批判は一向にやむ気配がない。 ネット上では「脅迫罪の可能性を指摘されて、とりあえず謝罪文を出しておこうっていうぐらいの考え方ではないか」「自発的な謝罪ではない感じがすごく伝わってくる」「反省しているようには思えない。 事務所の弁護士から言われて謝罪しただけなんじゃない?」「世の中をなめてはいけません。 とことん発言の責任を取ってください」といった批判が相次いだ。 さらに、木下が巻き起こした騒動は、木下の友人でタレントの鈴木紗理奈にも飛び火。 木下の謝罪に「反省して、また次! みんな応援してるよーー!」とハートマークつきでコメントしたところ、「問題がどれだけ大きいかわかってますか?」「恫喝めいたメッセージなのに、よくそんな気楽に応援できますね」と厳しい声が寄せられている。 強気なキャラクターで知られる木下だが、今回ばかりは度が過ぎたと言わざるを得ない。 (文=編集部).

次の

木下優樹菜(ユッキーナ)タピオカ恫喝事件まとめ!姉の店の場所はどこ?

木下 優樹 菜 タピオカ 報道

引用元:Twitter 喜んだ木下優樹菜さんは、「姉がお店をオープンしました」とファンに報告し、 インスタで宣伝。 お店にはオープン初日からファンらが殺到しました。 木下優樹菜さんもお店にお花を贈ったり、実際にタピオカ店に足を運んだりしていたそうです。 真相を知った店長からの注意を受けて、姉はタピオカ店を 退職しました。 姉は木下優樹菜さんに店長から注意を受けたことを報告し、木下優樹菜さんがインスタで ネガキャン(ネガティブキャンペーン)。 引用元:Twitter 続いては、木下優樹菜さんが恫喝DMを送ったあと、謝罪するまでの流れをまとめました。 木下優樹菜さんが恫喝DMをタピオカ店の店長に送ったことがなぜ分かったかと言うと、ある店側の人物がTwitterでDMを公開したからです。 Twitterは拡散され、多くの人に知られることになります。 こちら実際のツイート。 【拡散希望】 木下優樹菜さんがインスタで個人で経営する店を叩いていたので、私の知っていることを記します。 影響力のある人の行動としては軽率であると思います。 皆さんの誤解を解いておきたいです。 — わをん I7o8rNo7kOJKuyq このTwitterでのDM公開を受け、木下優樹菜さんは 2019年10月9日にインスタで謝罪。 タピオカ騒動および恫喝DMが事実だったことを認めました。

次の